Domaine Charly Nicolle Domaine Charly Nicolle フランスの有名レストランのリストに採用されるシャルリー・ニコルはまだ世界的には知名度が低いが、
その実力はたいしたものでシャブリの古典的な良さを十二分に感じさせる味わいは実に魅力的だ。最近少なくなっていたブルゴーニュの原点を感じさせる。
飲み応えのあるボディーをしっかりとした酸が支え古典と現代が入り交じったような姿は実に見事。
Domaine Charly Nicolle Domaine Charly Nicolle フランスの有名レストランのリストに採用されるシャルリー・ニコルはまだ世界的には知名度が低いが、
その実力はたいしたものでシャブリの古典的な良さを十二分に感じさせる味わいは実に魅力的だ。最近少なくなっていたブルゴーニュの原点を感じさせる。
飲み応えのあるボディーをしっかりとした酸が支え古典と現代が入り交じったような姿は実に見事。
Domaine Charly Nicolle Domaine Charly Nicolle フランスの有名レストランのリストに採用されるシャルリー・ニコルはまだ世界的には知名度が低いが、
その実力はたいしたものでシャブリの古典的な良さを十二分に感じさせる味わいは実に魅力的だ。最近少なくなっていたブルゴーニュの原点を感じさせる。
飲み応えのあるボディーをしっかりとした酸が支え古典と現代が入り交じったような姿は実に見事。
  フランスの有名レストランのリストに採用されるシャルリー・ニコルはまだ世界的には知名度が低いが、
その実力はたいしたものでシャブリの古典的な良さを十二分に感じさせる味わいは実に魅力的だ。最近少なくなっていたブルゴーニュの原点を感じさせる。
飲み応えのあるボディーをしっかりとした酸が支え古典と現代が入り交じったような姿は実に見事。 
Chablis Per Aspera 2018
シャブリ・ペル・アスペラ 2018
【キュヴェ名】「Per Aspera」:フランス語で 「困難を切り抜ける」という意味
【品種】シャルドネ 100%
【産地】フレイ村、ベリュ村、シシェ村   【区画総面積】約9.4ha   【平均樹齢】約35年 【土壌】キンメリジャン層の上に重なる粘土石灰岩質 【発酵槽】《80%》ステンレスタンク(50~130hl)、《20%》オーク樽(500L) 【熟成】発酵槽のままシュールリーにて10~15カ月間   【マロラクティック発酵】あり 【テイスティングノート】鮮やかなイエローゴールドに輝き、アロマには夏に咲く花やフレッシュな柑橘系のフルーツなど、軽やかで魅惑的なニュアンスが感じられ、味わいにはヨードの特徴である牡蠣や貝殻を思わせる風味があり、まさに「シャブリ」の見本のような生き生きとした飲み心地です。 【サーヴィス温度】12°C   【熟成期間】3~5年   【年間生産量】450hl
【アルコール度数】12.5%
Chablis Grand Cru Bougros 2018
シャブリ・グラン・クリュ・ブーグロ [2018]
ブーグロに0.15haの小さな区画を所有しています。土壌はキンメリジャン層を下部に持つ粘土石灰岩質。非常にミネラルが豊かで、グランクリュの全ての特徴を備えた力強いワインです。
Chablis 1er Cru Mont de Milieu 2017
シャブリ・プルミエ・クリュ・モン・ド・ミリユー [2017]
モンドミリユーに2haを所有しています。50~60年の高樹齢の畑です。土壌はキンメリジャン層を下部に持つ粘土石灰岩質で、まさにこの土壌からアカシアの花の香りを持つワインは生まれます。ミネラル感に富み、ほど良く熟した果実の香りにあふれ、豊かで力強いワインです。
 
  

シャルリー・ニコルとは

 
 

詳細・歴史

シャブリの中心地から東へ約4キロ、人口180人程の小さな村、フレイに拠点を置き26haを所有する家族経営のドメーヌです。歴史は古く、一族は1780年からこの村で働いている記録があります。現当主はシャルリー・ニコル彼自身で、幼少より父ロベール氏と畑で過ごしていました。シャルリー氏は1999年にボーヌの醸造高校を卒業、彼の名を冠したラベルは2004年からリリースされています。畑のすぐそばにある曾祖父の家に住み、代々伝わる伝統的な醸造方法を継承してテロワールの滋味をそのままボトリングしたようなピュアなシャブリを産しています。
ピック、ル・プチ・ニース、オーヴェルジュ・デュ・ヴュー・ピュイ、ジョルジュ・ブラン、ポール・ボキューズ、ラ・コート・サン・ジャック等々・・・名だたるレストランで取り扱われていることがその高品質を証明しています。
 

シャブリを流れるセラン川の右岸を中心に樹齢約30~65年の畑を管理しています。畑には貝殻の化石が非常に多く見られます。化学薬品は一切使用していません。
 

醸造

果実は空気圧の圧搾機で優しくプレスします。温度管理の出来るステンレスタンクで16~18度前後に管理し約1か月間発酵、花や果実のアロマを最大限に引き出します。澱を残したまま、12か月間ステンレスタンクで熟成。マロラクティック発酵を経て、ごく軽めの清澄・濾過後に瓶詰します。

 

Wine Shop WINEHOLIC