ムーラン・ド・ガサック Moulin de Gassacムーラン・ド・ガサック当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースしたマス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって
、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。
テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。
現在エチケットがリニュアル中です。どんどん新しいエチケットに変更されます。
ムーラン・ド・ガサック1 Moulin de Gassacムーラン・ド・ガサック当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースしたマス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって
、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。
テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。
現在エチケットがリニュアル中です。どんどん新しいエチケットに変更されます。
ムーラン・ド・ガサック3 Moulin de Gassacムーラン・ド・ガサック当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースしたマス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって
、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。
テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。
現在エチケットがリニュアル中です。どんどん新しいエチケットに変更されます。
ムーラン・ド・ガサック4 Moulin de Gassacムーラン・ド・ガサック当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースしたマス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって
、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。
テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。
現在エチケットがリニュアル中です。どんどん新しいエチケットに変更されます。
ムーラン・ド・ガサック5 Moulin de Gassacムーラン・ド・ガサック当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースしたマス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって
、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。
テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。
現在エチケットがリニュアル中です。どんどん新しいエチケットに変更されます。
  ムーラン・ド・ガサック当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースしたマス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって
、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。
テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。
現在エチケットがリニュアル中です。どんどん新しいエチケットに変更されます。
Terrasses de Guilhem Rose
テラス・ド・ギレム・ロゼ
Terrasses de Guilhem Viognier
テラス・ド・ギレム ヴィオニエ
アプリコットやマンゴーのような南国果実やアカシアのような白い花、ヘーゼルナッツなど
熟したフルーツを連想させるたっぷりとした味わい、フレッシュなレモンのような酸味もありとてもバランスが良く白身魚やクリーミーな料理と合う
地中海沿岸の粘土石灰質、 100%除梗後に3時間の果皮浸漬、ステンレスタンクで温度コントロールをしながらアルコール醗酵, ステンレスタンクで5ヵ月
Terrasses de Guilhem Blanc
テラス・ド・ギレム・ブラン
2010年ヴィンテージの葡萄品種はグルナッシュ ブラン種40%、クレーレット種40%、ソーヴィニヨン ブラン種20%で土壌は粘土石灰質と粘土珪素質、樹齢は約20年で除梗100%、マセラシオン ペリキュール(醗酵前浸漬)を冷却タンクで2~3時間行ない、果皮の香気成分を抽出します。辛口できれいな酸味があり、果実味もしっかりしていてバランス良く飲みやすいワインです。

Picpoul de Pinet
ピクプール・デ・ピネ
淡い金色、 フレッシュで爽やか、ほのかに黄色い花、 とても新鮮で素晴らしいバランス、 酸味とともに軽やかなコク、砂利混じりの石灰岩土壌で100%除梗、温度管理下で醸造 ステンレスタンクで4~5ヵ月
Terrasses de Guilhem Chardonnay
テラス・ド・ギレム・シャルドネ
シャルドネ種100%で土壌は泥灰土と砂岩石灰質から成り、樹齢は少なくとも25年にはなります。3時間ほど果皮浸漬をすることでシャルドネのコクのある豊かな果実味と酸味がしっかりと表現されています。
Terrasses de Guilhem Sauvignon Blanc
テラス・ド・ギレム・ソーヴィニョン・ブラン
ソーヴィニヨン ブラン種100%で畑は砂と砂利の段丘にあり、葡萄の樹齢は25年以上で100%除梗されます。柑橘系フルーツのような果実味で、フレッシュでクリアな、キレのある辛口のワインです。

Terrasses de Guilhem Merlot 
テラス・ド・ギレム・メルロー
メルロー種100%で土壌は砂岩石灰質と泥灰土で葡萄の樹齢は25年以上になります。同じくステンレスタンクで醗酵、熟成させます。濃厚な果実味でバランスが良く、少しスパイシーながらも丸みがあって深みも感じられるワインです。
Terrasses de Guilhem Cabernet Savignon
テラス・ド・ギレム・カベルネ・ソーヴィニョン
カベルネ ソーヴィニヨン種100%で土壌は砂岩石灰質と泥灰土で構成されています。葡萄の樹齢は約25年でステンレスタンクで醗酵、熟成させます。カベルネ ソーヴィニヨンのがっちりとした骨格のある味わいでタンニンもしっかりしており、スパイシーで飲みごたえのあるワインです。    
Terrasses de Guilhem Rouge
テラス・ド・ギレム・ルージュ
2010年ヴィンテージの葡萄品種はシラー種40%、グルナッシュ種25%、ムールヴェードル種20%、カリニャン種15%でジュラ紀の石灰質の丘に畑があり、樹齢は約25年で除梗100%、マセラシオンは26~32℃で10~12日間行ないます。少しスパイシーながらも優しいタンニンがワインの味わいを引き立てています。2010年ヴィンテージが「MONDE SELECTION」のインターナショナルワインコンテストでフランスワイン唯一の特別金賞を受賞しました。    

Pinot Noir
ピノ・ノワール
 
 

ムーラン・ド・ガサックとは

 
 

 フランスワインの約40%を生産するこの地方は、多彩な土壌と地中海性の温暖な気候の恩恵によって数多くの葡萄品種が栽培されています。市場に出回っている殆どのヴァン ド ペイがこの地方で造られますが、葡萄の成長が順調すぎて酸や深み、複雑味に欠け、アルコール過多のスッキリ感のないワインが多いのが現状です。一方、このドメーヌはモンペリエの町から内陸に20kmの所にあり、標高500mのガサック渓谷の影響で寒暖の差が激しく、それが葡萄の酸と糖分のバランスをとり、各品種に独自の特徴を持たせるので、シンプルさと複雑味を兼ね添えた飽きることのないワインを造っていす。 
   1970年に革手袋の製造業者であった現当主のエメ ギベール氏がエイニナン近郊の農場を購入しました。

そこを訪れたボルドー大学の地質学教授アンリ アジャベール氏に「ここの恵まれたテロワールは独特のものを持っていて、素晴らしいワインが出来る」と評され、当時シャトー マルゴーの再建に尽力した同大学のエミール ペイノー教授に指導を仰いで1978年にマス ド ドーマス ガサックを造りました。そのワインはイギリス、フランスのワインジャーナリストが新聞紙上でシャトー ラフィットやシャトー ラトゥールと比較対照したことで有名になりました。テラス ド ギレムはエメ氏が伝統のワイン造りを信念に日常的に飲めるワインとして醸造しています。
   7000以上の小さな区画に殆どがクローンではない、オリジナルの古木が植えられていて、ラングドックの太陽の恵みや地中海から来る沃土などが葡萄に様々な要素を与えています。土壌は粘土石灰質を主として、砂質、赤土、塵質、珪素など、植えられている品種によって様々です。醗酵、熟成共にステンレスタンクで行われます。

 

Wine Shop WINEHOLIC