ドメーヌ・ド・ロルチュ Domaine de L'Hortus この地域では最も古い時代から突出した存在として君臨していた作り手で
ムーラン・ド・ガサックと共にこの地域の名声を勝ち得てきた生産者。
代が変わり更に酒質が上がり安定度も抜群!
ドメーヌ・ド・ロルチュ1 Domaine de L'Hortus この地域では最も古い時代から突出した存在として君臨していた作り手で
ムーラン・ド・ガサックと共にこの地域の名声を勝ち得てきた生産者。
代が変わり更に酒質が上がり安定度も抜群!
ドメーヌ・ド・ロルチュ2 Domaine de L'Hortus この地域では最も古い時代から突出した存在として君臨していた作り手で
ムーラン・ド・ガサックと共にこの地域の名声を勝ち得てきた生産者。
代が変わり更に酒質が上がり安定度も抜群!
 この地域では最も古い時代から突出した存在として君臨していた作り手で
ムーラン・ド・ガサックと共にこの地域の名声を勝ち得てきた生産者。
代が変わり更に酒質が上がり安定度も抜群!
Bergerie de L’Hortus Classique 2018
ベルジュリード・ロルチュ・クラッシック 2018
葡萄品種は基本的にシラー種60%、グルナッシュ種20~30%、ムールヴェードル種10~20%になっています。白亜紀の石灰質と褐色土土壌で海抜150~200m、少し傾斜のある畑です。アルコール醗酵はステンレスタンクで25日間行い、同じくステンレスタンクで10ヵ月間熟成させます。日当たりの良い所に畑のあるムールヴェードル種を僅かに加えることによってワインに厚みと力強さを与えつつ、ステンレスタンク醗酵熟成によるフレッシュな果実味と酸味、バランス良く飲みやすいワインに仕上げています。
Bergerie de L’Hortus Classique 2018
ベルジュリード・ロルチュ・クラッシック 2018
葡萄品種はシャルドネ種、ソーヴィニヨン ブラン種、ヴィオニエ種、ルーサンヌ種などが使われますが、年によって比率が変わります。沖積土と泥石灰質土壌、褐色土土壌で海抜120m、ほとんど傾斜のない畑です。ルーサンヌ種のみ果皮浸漬を行い、繊細でふくよかなアロマを引き出します。アルコール醗酵にはステンレスタンクを使い、17~18℃の低温で約8週間行います。熟成にもステンレスタンクを使い、樽には一切触れさせず、フレッシュなワインを目指しています。グレープフルーツやパイナップルのような爽やかな香りで、柑橘系の新鮮な果実味と酸味、コクが楽しめます。
Bergerie de L’Hortus Grande Cuvee 2014

Sold Out

Bergerie de L’Hortus Grande Cuvee 2014
ベルジュリード・ロルチュ・グラン・キュヴェ [2014]
葡萄品種は毎年変わりますが、およそシャルドネ種60~70%、ヴィオニエ種20~25%、ルーサンヌ種10~15%となっています。沖積土や泥石灰質土壌で標高120~150mの比較的緩やかな傾斜の畑です。醗酵前浸漬はせず、すぐにプレスして、デブルバージュした後にアリエの大樽(新樽)で4週間アルコール醗酵を行い、週1回バトナージュを行いながら新樽100%で8ヵ月熟成されます。香りは杏子やアカシアの花を連想させ、口当たりは柔らかくて果実味がしっかりしており、余韻がとても長く残ります。大樽を使うことによって、ワインをよく空気に触れさせ、コクがあり余韻の長いこの地方のワインとしては長熟のものに仕上がります。

1970年代に当時はまだ農業技師であったジャン オルリヤック氏がモンペリエ近くのロルチュとピク サン ルーという2つの丘の間を開墾しました。第2次世界大戦後、放置され荒れ放題だったこの土地の気候風土に、良いラングドックのワインが造れるであろうと感じたジャン氏は畑、住居、醸造所などをゼロから造り上げて葡萄栽培に臨みました。現在はジャン氏の4人の子供が葡萄栽培、醸造、販売など担当ごとに分けてドメーヌを運営しています。
 白亜紀の隆起現象によって出来た2つの丘に守られるような場所にある畑は、降水量がやや多く涼しい地中海性気候に分類されます。畑の広さは60haにも及び、南向きの日当たりの良い、ロルチュの丘側の斜面の区画にはムールヴェードル、北向きのピク サン ルーの丘側の斜面の区画にはシラー、その間の平地の区画にはグルナッシュや白品種のシャルドネやソーヴィニヨン ブラン、ルーサンヌなどが植えられています。
 醸造所に運ばれて除梗された葡萄は品種ごとに分けて醸造され、最後にアサンブラージュされます。「GRANDE CUVÉE」は樽熟成で深みやエレガントさを与え、「CLASSIQUE」については一貫してステンレスタンクで醸造が行われ、フレッシュで爽快感のあるワインに仕上がります。また、各ワインの葡萄品種の使用割合については毎年葡萄の出来具合によって変わります。

 

Wine Shop WINEHOLIC