de Ladoucette de Ladoucetteドゥ・ラドゥセット家は、ロワール地方プイィ・シュール・ロワールで1805年から自社畑に囲まれた “シャトー・デュ・ノゼ”で、代々醸造し続けている名門一家です。創業から醸造しているプイィ・フ ュメ “ドゥ・ラドゥセット”は、早くも地元で別格と言われ一目置かれていました。
伝統を引き継いできたファミリーに革新が起きたのは、6代目現当主パトリック・ドゥ・ラドゥセット 男爵が父の急逝でシャトーを引き継いだ1972年です。当時、弱冠21歳だった男爵は、直ちに根本的な醸 造設備の近代化に取り組みました。それはロワール地方の醸造家誰しもが、最新技術の導入を考えもし なかった頃のことでした。彼は、ロワールワイン全体の地位向上には世界中に知れ渡るような高品質の 特別醸造ワインを、まず自分が造るべきだと考えました。試行錯誤の末、自社畑の中でも最良の畑 “ル・デゼール”で栽培されている樹齢40年以上の古木ブドウのみを使用し、さらにブドウの出来が秀 逸な年にのみ醸造する「バロン・ドゥ・エル」ファーストヴィンテージ1973年をリリースするに至りま した。
このワインを広めるため、男爵自ら何年もかけて世界中を飛び回った甲斐あって、今では世界的なグラ ンヴァンとして評価されるようになりました。自らデザインした美しいフォルムのボトルは美食のシーン に相応しくドゥ・ラドゥセット家の象徴となっています。
de Ladoucette de Ladoucetteドゥ・ラドゥセット家は、ロワール地方プイィ・シュール・ロワールで1805年から自社畑に囲まれた “シャトー・デュ・ノゼ”で、代々醸造し続けている名門一家です。創業から醸造しているプイィ・フ ュメ “ドゥ・ラドゥセット”は、早くも地元で別格と言われ一目置かれていました。
伝統を引き継いできたファミリーに革新が起きたのは、6代目現当主パトリック・ドゥ・ラドゥセット 男爵が父の急逝でシャトーを引き継いだ1972年です。当時、弱冠21歳だった男爵は、直ちに根本的な醸 造設備の近代化に取り組みました。それはロワール地方の醸造家誰しもが、最新技術の導入を考えもし なかった頃のことでした。彼は、ロワールワイン全体の地位向上には世界中に知れ渡るような高品質の 特別醸造ワインを、まず自分が造るべきだと考えました。試行錯誤の末、自社畑の中でも最良の畑 “ル・デゼール”で栽培されている樹齢40年以上の古木ブドウのみを使用し、さらにブドウの出来が秀 逸な年にのみ醸造する「バロン・ドゥ・エル」ファーストヴィンテージ1973年をリリースするに至りま した。
このワインを広めるため、男爵自ら何年もかけて世界中を飛び回った甲斐あって、今では世界的なグラ ンヴァンとして評価されるようになりました。自らデザインした美しいフォルムのボトルは美食のシーン に相応しくドゥ・ラドゥセット家の象徴となっています。
de Ladoucette de Ladoucetteドゥ・ラドゥセット家は、ロワール地方プイィ・シュール・ロワールで1805年から自社畑に囲まれた “シャトー・デュ・ノゼ”で、代々醸造し続けている名門一家です。創業から醸造しているプイィ・フ ュメ “ドゥ・ラドゥセット”は、早くも地元で別格と言われ一目置かれていました。
伝統を引き継いできたファミリーに革新が起きたのは、6代目現当主パトリック・ドゥ・ラドゥセット 男爵が父の急逝でシャトーを引き継いだ1972年です。当時、弱冠21歳だった男爵は、直ちに根本的な醸 造設備の近代化に取り組みました。それはロワール地方の醸造家誰しもが、最新技術の導入を考えもし なかった頃のことでした。彼は、ロワールワイン全体の地位向上には世界中に知れ渡るような高品質の 特別醸造ワインを、まず自分が造るべきだと考えました。試行錯誤の末、自社畑の中でも最良の畑 “ル・デゼール”で栽培されている樹齢40年以上の古木ブドウのみを使用し、さらにブドウの出来が秀 逸な年にのみ醸造する「バロン・ドゥ・エル」ファーストヴィンテージ1973年をリリースするに至りま した。
このワインを広めるため、男爵自ら何年もかけて世界中を飛び回った甲斐あって、今では世界的なグラ ンヴァンとして評価されるようになりました。自らデザインした美しいフォルムのボトルは美食のシーン に相応しくドゥ・ラドゥセット家の象徴となっています。
de Ladoucette de Ladoucetteドゥ・ラドゥセット家は、ロワール地方プイィ・シュール・ロワールで1805年から自社畑に囲まれた “シャトー・デュ・ノゼ”で、代々醸造し続けている名門一家です。創業から醸造しているプイィ・フ ュメ “ドゥ・ラドゥセット”は、早くも地元で別格と言われ一目置かれていました。
伝統を引き継いできたファミリーに革新が起きたのは、6代目現当主パトリック・ドゥ・ラドゥセット 男爵が父の急逝でシャトーを引き継いだ1972年です。当時、弱冠21歳だった男爵は、直ちに根本的な醸 造設備の近代化に取り組みました。それはロワール地方の醸造家誰しもが、最新技術の導入を考えもし なかった頃のことでした。彼は、ロワールワイン全体の地位向上には世界中に知れ渡るような高品質の 特別醸造ワインを、まず自分が造るべきだと考えました。試行錯誤の末、自社畑の中でも最良の畑 “ル・デゼール”で栽培されている樹齢40年以上の古木ブドウのみを使用し、さらにブドウの出来が秀 逸な年にのみ醸造する「バロン・ドゥ・エル」ファーストヴィンテージ1973年をリリースするに至りま した。
このワインを広めるため、男爵自ら何年もかけて世界中を飛び回った甲斐あって、今では世界的なグラ ンヴァンとして評価されるようになりました。自らデザインした美しいフォルムのボトルは美食のシーン に相応しくドゥ・ラドゥセット家の象徴となっています。
ドゥ・ラドゥセット家は、ロワール地方プイィ・シュール・ロワールで1805年から自社畑に囲まれた “シャトー・デュ・ノゼ”で、代々醸造し続けている名門一家です。創業から醸造しているプイィ・フ ュメ “ドゥ・ラドゥセット”は、早くも地元で別格と言われ一目置かれていました。  
伝統を引き継いできたファミリーに革新が起きたのは、6代目現当主パトリック・ドゥ・ラドゥセット 男爵が父の急逝でシャトーを引き継いだ1972年です。当時、弱冠21歳だった男爵は、直ちに根本的な醸 造設備の近代化に取り組みました。それはロワール地方の醸造家誰しもが、最新技術の導入を考えもし なかった頃のことでした。彼は、ロワールワイン全体の地位向上には世界中に知れ渡るような高品質の 特別醸造ワインを、まず自分が造るべきだと考えました。試行錯誤の末、自社畑の中でも最良の畑 “ル・デゼール”で栽培されている樹齢40年以上の古木ブドウのみを使用し、さらにブドウの出来が秀 逸な年にのみ醸造する「バロン・ドゥ・エル」ファーストヴィンテージ1973年をリリースするに至りま した。  
このワインを広めるため、男爵自ら何年もかけて世界中を飛び回った甲斐あって、今では世界的なグラ ンヴァンとして評価されるようになりました。自らデザインした美しいフォルムのボトルは美食のシーン に相応しくドゥ・ラドゥセット家の象徴となっています。  
Puilly Fume Grand Millesime 2016
ピュィ・フュメ・グラン・ミレジム 2016
ブドウ品種 ソーヴィニョン・ブラン 100% / 樹齢 3~60 年
土壌 大きく分けて、石灰質土壌、粘土質土壌、燧石土壌、 砂利質土壌が主体の 4 つのタイプの土壌。 全体的には、粘土質を豊富に含むキンメリジャンの泥灰土 に貝殻を含む石灰岩が層に成っている。
自社所有畑 104ha 生産量 1ha 当たり 55hl
醸造 醸造所は重力システムを導入。(地上 1 階、地下 2 階構造) プレスはシャンパーニュ製法と同じく 3 度に分けて行う。 (4 区画それぞれ 3 回プレスし 12 キュヴェに分けて醸造) 18°Cのステンレスタンクで 6~8 週間アルコール発酵。 定期的にバトナージュを行いながら 3~6 ヶ月間澱上で ステンレスタンク熟成。収穫から 7~8 ヶ月後に、4 つの タイプの土壌ごとに区画分けし熟成させた 12 ものキュヴェ を巧みにブレンド。ガラスタイルで内側をコーティング したステンレスタンクに貯蔵される。ソーヴィニョン・ ブランの特長であるフレッシュ感やフルーティーさを 最大限に引き出す為、樽は一切使用しない。
通常、プイィ・フュメは早飲みタイプの辛口白ワインであると認識されていますが、 最良の土壌で栽培したブドウを優良な生産者が醸造すれば長期熟成可能なワインです。 ドゥ・ラドゥセット男爵は、熟成した素晴らしいプイィ・フュメをより多くの人々に知ってもらうため 1996 年ヴィンテージからこのワインを手掛けています。特に秀作年に醸造されたキュヴェのみをカーヴで 通常よりも極めて長く熟成し出荷。約 20 年以上もの長期熟成可能なポテンシャルの高い偉大なワインです。
Puilly Fume 2018
ピュィ・フュメ2018
ブドウ品種 ソーヴィニョン・ブラン 100% / 樹齢 3~60 年
土壌 大きく分けて、石灰質土壌、粘土質土壌、燧石土壌、砂利質土壌が主体の 4 つのタイプの土壌。 全体的には、粘土質を豊富に含むキンメリジャンの泥灰土に貝殻を含む石灰岩が層に成っている
自社所有畑 104ha 生産量 1ha 当たり 55hl
醸造 醸造所は重力システムを導入。(地上 1 階、地下 2 階構造) プレスはシャンパーニュ製法と同じく 3 度 に分けて行う(4 区画それぞれ 3 回プレスし 12 キュヴェに分けて醸造)。
18°Cのステンレスタンクで 6~8 週間アルコール発酵。定期的にバトナージュを行いながら 3~6 ヶ月 間澱上でステンレスタンク熟成。収穫から 7~8 ヶ月後に、4 つのタイプの土壌ごとに区画分けして熟 成させた 12 ものキュヴェを巧みにブレンドし、ガラスタイルで内側をコーティングしたステンレスタ ンクに貯蔵される。ソーヴィニョン・ブランの特長であるフレッシュ感やフルーティーさを最大限に 引き出す為、樽は一切使用しない。
特徴 色調はクリスタルのような輝きのある緑がかった淡いゴールド。柑橘系フルーツ主体の華やかな香り。 ミネラル(火打石)、花(ニワトコ、サンザシなど)や微かにミントのようなハーブ系の香りも感じる爽や かで清々しい香り。柔らかく抑えられた豊かな酸が口全体に広がり、後味は洋梨やオレンジを思わせ る心地良い味わいがある。エレガントで気品があり、洗練された華やかな味わい。余韻は非常に長い。
Puilly Fume Baron de L 2018
ピュィ・フュメ・バロン・ドゥ・エル2017
ブドウ品種 ソーヴィニョン・ブラン 100%
土壌 第 3 紀に形成された遂石(火打石)から成る泥土と 貝殻から成る石灰岩層上にあるキンメリジャンの泥灰土
区画の位置
Saint Andelain (サンタンドゥラン)の兵陵に位置 する Chateau du Nozet (シャトー デュ ノゼ)の 特別な区画で、Le Desert (ル デセール)と呼ばれる プイィ・フュメの中で最も立地条件の良い場所。 その畑の中でも樹齢 40 年以上のブドウのみを 厳選し収穫する。
醸造 醸造所は重力システムを導入。(地上 1 階、地下 2 階構造) ファーストプレスのジュースのみ使用する。 澱を沈殿させるため 48 時間静置し、ガラスタイルで内側を コーティングしたステンレスタンクにて 14°Cを超えない 温度で発酵させる。これらを 8 ヶ月間酵母と共に熟成させ、 さらに 18 ヶ月澱と共に貯蔵される。
また、Baron de L は秀作年のみ醸造される。
エレガントで洗練された香り。力強さとフレッシュ感の調和がとれたワイン。また、野生のミント、 オレンジピール、熟した洋梨と微かに白い花の香りもある。口当たりは滑らかでボリューム感があり、 酸は穏やか。完璧とも言えるバランスと気品溢れる味わいが素晴らしい、究極の銘酒です。

Puilly Fume Baron de L Collecrion 2009
ピュィ・フュメ・バロン・ドゥ・エル・コレクション 2009
ブドウ品種 ソーヴィニョン・ブラン 100%
土壌 第 3 紀に形成された遂石(火打石)から成る泥土と 貝殻から成る石灰岩層上にあるキンメリジャンの泥灰土
区画の位置
Saint Andelain (サンタンドゥラン)の兵陵に位置 する Chateau du Nozet (シャトー デュ ノゼ)の 特別な区画で、Le Desert (ル デセール)と呼ばれる プイィ・フュメの中で最も立地条件の良い場所。 その畑の中でも樹齢 40 年以上のブドウのみを 厳選し収穫する。
醸造 醸造所は重力システムを導入。(地上 1 階、地下 2 階構造) ファーストプレスのジュースのみ使用する。 澱を沈殿させるため 48 時間静置し、ガラスタイルで内側を コーティングしたステンレスタンクにて 14°Cを超えない 温度で発酵させる。これらを 8 ヶ月間酵母と共に熟成させ、 さらに 18 ヶ月澱と共に貯蔵される。
また、Baron de L は秀作年のみ醸造される。
エレガントで洗練された香り。力強さとフレッシュ感の調和がとれたワイン。また、野生のミント、 オレンジピール、熟した洋梨と微かに白い花の香りもある。口当たりは滑らかでボリューム感があり、 酸は穏やか。完璧とも言えるバランスと気品溢れる味わいが素晴らしい、究極の銘酒です。
 
 

ドゥ・ラドゥセットとは

 
 

ドゥ・ラドゥセット家は、ロワール地方プイィ・シュール・ロワールで1805年から自社畑に囲まれた “シャトー・デュ・ノゼ”で、代々醸造し続けている名門一家です。創業から醸造しているプイィ・フ ュメ “ドゥ・ラドゥセット”は、早くも地元で別格と言われ一目置かれていました。 
伝統を引き継いできたファミリーに革新が起きたのは、6代目現当主パトリック・ドゥ・ラドゥセット 男爵が父の急逝でシャトーを引き継いだ1972年です。当時、弱冠21歳だった男爵は、直ちに根本的な醸 造設備の近代化に取り組みました。それはロワール地方の醸造家誰しもが、最新技術の導入を考えもし なかった頃のことでした。彼は、ロワールワイン全体の地位向上には世界中に知れ渡るような高品質の 特別醸造ワインを、まず自分が造るべきだと考えました。試行錯誤の末、自社畑の中でも最良の畑 “ル・デゼール”で栽培されている樹齢40年以上の古木ブドウのみを使用し、さらにブドウの出来が秀 逸な年にのみ醸造する「バロン・ドゥ・エル」ファーストヴィンテージ1973年をリリースするに至りま した。 
このワインを広めるため、男爵自ら何年もかけて世界中を飛び回った甲斐あって、今では世界的なグラ ンヴァンとして評価されるようになりました。自らデザインした美しいフォルムのボトルは美食のシーン に相応しくドゥ・ラドゥセット家の象徴となっています。 
 
プイィ・フュメのエリアで最上と言われるサン・タンドラン地区を中心に104ha の畑を所有するドゥ・ラドゥセット男爵はロワール地方最大の造り手であり巨匠と 称されています。 ブドウ本来のアロマを生かしたシンプルな醸造こそが、ソーヴ ィニヨン・ブランの特徴を最大限に引き出せると考えています。 
畑の土壌は、石灰質、粘土質、燧石、砂利質の 4 つのタイプに大別 でき全体的には、粘土質を豊富に含むキンメリジャンの泥灰土に貝 殻を含む石灰岩が層に成っている。
 
醸造所は重力システムを導入。(地上 1 階、地下 2 階構造) プレスは シャンパーニュ製法と同じく 3 度に分けて行う(4 区画それぞれ 3 回プレスし 12 キュヴェに分けて醸造)
のステンレスタンクで 6~8 週間アルコール発酵。定期的にバ トナージュを行いながら 3~6 ヶ月間澱上でステンレスタンク熟成。 収穫から 7~8 ヶ月後に、4 つのタイプの土壌ごとに区画分けして熟 成させた 12 ものキュヴェを巧みにブレンドし、ガラスタイルで内 側をコーティングしたステンレスタンクに貯蔵される。ソーヴィニ ョン・ブランの特徴であるフレッシュ感やフルーティーさを最大限 に引き出す為、醸造・熟成に樽は一切使用しない。 
 
 
ドゥ・ラドゥセット家は、ロワール地方/プイィ・シュール・ロワールで 1805 年から自社畑に囲まれた"シャトー・デュ・ノゼ"で、代々醸 造し続けている名門一家です。創業から醸造している"ドゥ・ラドゥセット"は、早くもプイィ・フュメの中で別格と評されていました。 
伝統を代々引き継いできたファミリーに革新が起きたのは、6 代目現当主パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵が父の急逝でシャトーを引 き継いだ 1972 年です。当時、弱冠 21 歳だった男爵は、直ちに根本的な醸造設備の近代化に取り組みました。それはロワール地方の醸造家 が誰も現代的醸造技術の導入を考えてもみなかった頃のことでした。男爵は、ロワールワイン全体の地位向上には世界中に知れ渡るような 高品質の特別醸造ワインを、まず自分が造るべきだと考えました。そこで試行錯誤の末、自社畑の中で最良の区画(ル・デゼール"など 4 区 画)で栽培されている樹齢 40 年以上のブドウのみを使用し、さらにブドウの出来が秀逸な年のみ醸造する「バロン・ドゥ・エル」を 1973 年にリリースしました。ドゥ・ラドゥセット氏自らデザインした美しいボトルのフォルムは極上ワインに相応しく、ファーストヴィンテー ジの 1973 年以来このワインを象徴するものとなっています。 
現在プイィ・フュメのエリアで最上と言われる、サン・タンドラン地区を中心に 100ha 以上の畑を所有するドゥ・ラドゥセット男爵は、ロ ワール地方最大の造り手であり、プイィ・フュメ全体の生産量の半分以上を生産しています。200 年以上の歴史を誇るドメーヌで、ドゥ・ ラドゥセット男爵が手掛ける「バロン・ドゥ・エル」「ドゥ・ラドゥセット」は、ロワールワインの最高峰と称賛されています。 木樽は一切使用せず、ブドウ本来のアロマを生かしたシンプルな醸造こそが Sauvignon Blanc の特徴を最大限に引き出せると考えています。 

 

Wine Shop WINEHOLIC