Gerard Marula Gerard Marulaシノンの赤は古典的なワインが多くシノン独特の個性が魅力的だがなかなかいいものは少ない。
そんな中においてジェラール・マリュラのワインは質感がよくシノンらしい個性も明確で生まれて初めてこのような質の良いシノンに出会い感激。
白はアンジュで作られるがボディーがたっぷりとして魅力的な姿。
入荷数が少ないため毎年手に入れるにに苦労しそうだ。
Gerard Marula Gerard Marulaシノンの赤は古典的なワインが多くシノン独特の個性が魅力的だがなかなかいいものは少ない。
そんな中においてジェラール・マリュラのワインは質感がよくシノンらしい個性も明確で生まれて初めてこのような質の良いシノンに出会い感激。
白はアンジュで作られるがボディーがたっぷりとして魅力的な姿。
入荷数が少ないため毎年手に入れるにに苦労しそうだ。
 シノンの赤は古典的なワインが多くシノン独特の個性が魅力的だがなかなかいいものは少ない。
そんな中においてジェラール・マリュラのワインは質感がよくシノンらしい個性も明確で生まれて初めてこのような質の良いシノンに出会い感激。
白はアンジュで作られるがボディーがたっぷりとして魅力的な姿。
入荷数が少ないため毎年手に入れるにに苦労しそうだ。
Chinon - Clos de Baconnelle 2016
シノン・クロ・ド・バッコネル [2016]
品種: カベルネ・フラン100%
原産地呼称 : Chinon シノン
畑名:   Clos de Baconnelle クロ・ド・バッコネル 
 土壌: 砂
 畑の標高: 80m 
畑の向き: 南
栽培面積: 0.78 ha
仕立て方法: ギュイヨ式 
植樹年:1989年~2002年
植樹密度: 5,000本/ha
収量: 26hl/ha
醸造
選果場所: 畑の中
マセレーション: 21日間
酵母の添加: なし     
アルコール醗酵: 醗酵が終わる前にデキュヴァージュ
 醗酵温度コントロール: あり(18℃ほど)
熟成: バリックで1年間
濾過: あり
清澄: なし
澱引き: 熟成後に1度
SO2添加のタイミングと量: ビン詰め前に20mg/L
このキュヴェの年間生産ボトル本数: 3,000本   
このヴィンテッジのコメント:
柔らかくリッチなヴィンテッジに仕上がった
熟成: バリックで2年間
濾過: なし
清澄: なし
澱引き: 熟成後に1度
SO2添加のタイミングと量: 0 mg/L (無添加)
このキュヴェの年間生産ボトル本数: 400本   
VdF - J'ai Vu Rouge 2018
ジェ・ビュ・ルージュ 2018
【メルロー100%】
Chinon - Que Votre Joie Demeure 2015
シノン・ク・ヴォートル・ジョワ・ドゥミュール [2015]
品種:カベルネ・フラン100%
植樹:1950年
位置:標高700m、南向き
土壌:黄土
21日間のマセレーション
ファイバータンクで5ヶ月の熟成
キュヴェ名は大切な人へのオマージュとのこと

Chinon - Que Votre Joie Demeure 2018
シノン・ク・ヴォートル・ジョワ・ドゥミュール [2018]
品種:カベルネ・フラン100%
植樹:1950年
位置:標高700m、南向き
土壌:黄土
21日間のマセレーション
ファイバータンクで5ヶ月の熟成
キュヴェ名は大切な人へのオマージュとのこと
Touraine rouge Les Gruches 2017
トゥーレーヌ・ルージュ レ・グリュッシュ 2017
品種:カベルネ・フラン
植樹:1989年
位置:標高700m、南向き
土壌:フリント粘土
28日間のマセレーション
木樽で15ヶ月の熟成
VdF - Ange 2016 (Magnum)
アンジュ 2016 1500ml
【シュナン・ブラン100%】
 
 

ジェラール・マリュラとは

 
 

 歴史: シノンの近隣集落ティゼの外れに居を構える小さな造り手。ロワール=アトランティック県ヴァレの醸造学校で学び、アンジュのドメーヌ・ジョー・ピトンで研修したのち、2004年から2013年までの9年間、エティエンヌ・ボナヴァンチュール氏のシャトー・ド・クーレーヌで仕事に就く。初ヴィンテッジは2005年で、つい最近まで二足の草鞋を履いていた。長年ワインを愛好していたが、ジョー・ピトン氏との出会いが新しい展望を導き、自分自身でワインを造りたいと思うようになる。
生産量は収量の多いヴィンテッジでも年間20,000本に満たず、2014年は約12,000本、2013年はわずか8,000本程度。45アールの畑からワイン造りを始め、少しずつドメーヌを拡げ、現在3.2ヘクタールの畑を所有している。セラーと醸造所は、16世紀に岩壁をくり抜いて造られた小さな穴倉で、セラーと呼ぶにはあまりに原始的なもの。もちろん機械らしい機械もほとんど置いていない。テロワールと、その地に育つ植物の事をよく理解し、生育の手助けを行うだけにとどめ、この地で産するブドウを最大限尊重したワイン造りを目指している。結果は、個性豊かで滋味あふれ、芯があるワイン。シノン出身の文豪フランソワ・ラブレーならば必ずや絶賛し、ガルガンチュアに何本も飲み干させたがること疑いなしの、地に足の着いた味わいである。
 

畑について

 栽培方法: ビオロジック
認証機関: 現在認証は取得してない。以前は取得していたが、2012年以降は認証を放棄、その分のお金と時間を畑にかけたいという信念のもと、しごく適切な作業を行っている。

その栽培方法の開始時期: 創業当初より
その栽培方法を適用している畑名: 全ての畑
栽培方法の将来的な展望: 特に大きな変更の予定はない
 自社ブドウ畑面積: 3.20ha
契約ブドウ畑面積: 3.20ha
自社ブドウ畑の数: 10ヶ所に分散
自社栽培ブドウ品種: カベルネ・フラン、シュナン・ブラン
ブドウ以外の自社農作物: なし
ブドウ畑以外の自社畑総面積: 0
主な仕立て方法: ギュイヨ式
仕立ての支柱の素材: 木 
仕立ての支柱の素材: 木
堆肥: 畑から集めたイラクサやタンポポの煎じ茶
 

醸造について

 
 醗酵容器: グラスファイバー・タンク、木樽(2500L~4000L)
熟成容器: グラスファイバー・タンク、木樽(2500L~4000L)
セラー環境: 畑から3~15kmのところにある16世紀に岩壁をくり抜いて造られた小さな穴倉
年間生産ボトル本数:10,000 ~12,000本

 

Wine Shop WINEHOLIC