Herve Villemade Herve Villemade手頃な価格帯のワインの域を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つ旧ドメーヌ・ドゥ・ムーランが、 2015年に社名変更。シュヴェルニーにあるドメーヌの歴史は、当主エルヴェ・ヴィルマードの祖父が創業した 1939年に遡る。エルヴェはティエリ-・ピュズラとの親交からヴァン・ナチュールに傾倒し、 1999年ビオロジック開始、 2002年にエコセールの認証を取得した。現在自社畑 22ha,契約畑 13ha。セラーでも、伝統的器材に潤沢に投資し、発酵は台形木製タンク(高価)も多数使用。熟成にも 15hlの木樽や、台形木製タンクを多く用いる。さらに 2014年以降は、ジョージア産アンフォラでの発酵・熟成も試みなど、意欲的。亜硫酸塩の添加は醸造時ゼロ、瓶詰め時のみ 10mg/Lにとどめる。ジューシーで格調高い酸が心地よいシュヴェルニー・ルージュは、ピノ・ノワール主体。ロワールの稀少土着品種ムニュ・ピノにも注力し、その持ち味であるくっきりとした鉱物感も見事に表現する。 Herve Villemade Herve Villemade手頃な価格帯のワインの域を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つ旧ドメーヌ・ドゥ・ムーランが、 2015年に社名変更。シュヴェルニーにあるドメーヌの歴史は、当主エルヴェ・ヴィルマードの祖父が創業した 1939年に遡る。エルヴェはティエリ-・ピュズラとの親交からヴァン・ナチュールに傾倒し、 1999年ビオロジック開始、 2002年にエコセールの認証を取得した。現在自社畑 22ha,契約畑 13ha。セラーでも、伝統的器材に潤沢に投資し、発酵は台形木製タンク(高価)も多数使用。熟成にも 15hlの木樽や、台形木製タンクを多く用いる。さらに 2014年以降は、ジョージア産アンフォラでの発酵・熟成も試みなど、意欲的。亜硫酸塩の添加は醸造時ゼロ、瓶詰め時のみ 10mg/Lにとどめる。ジューシーで格調高い酸が心地よいシュヴェルニー・ルージュは、ピノ・ノワール主体。ロワールの稀少土着品種ムニュ・ピノにも注力し、その持ち味であるくっきりとした鉱物感も見事に表現する。 Herve Villemade Herve Villemade手頃な価格帯のワインの域を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つ旧ドメーヌ・ドゥ・ムーランが、 2015年に社名変更。シュヴェルニーにあるドメーヌの歴史は、当主エルヴェ・ヴィルマードの祖父が創業した 1939年に遡る。エルヴェはティエリ-・ピュズラとの親交からヴァン・ナチュールに傾倒し、 1999年ビオロジック開始、 2002年にエコセールの認証を取得した。現在自社畑 22ha,契約畑 13ha。セラーでも、伝統的器材に潤沢に投資し、発酵は台形木製タンク(高価)も多数使用。熟成にも 15hlの木樽や、台形木製タンクを多く用いる。さらに 2014年以降は、ジョージア産アンフォラでの発酵・熟成も試みなど、意欲的。亜硫酸塩の添加は醸造時ゼロ、瓶詰め時のみ 10mg/Lにとどめる。ジューシーで格調高い酸が心地よいシュヴェルニー・ルージュは、ピノ・ノワール主体。ロワールの稀少土着品種ムニュ・ピノにも注力し、その持ち味であるくっきりとした鉱物感も見事に表現する。 Herve Villemade Herve Villemade手頃な価格帯のワインの域を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つ旧ドメーヌ・ドゥ・ムーランが、 2015年に社名変更。シュヴェルニーにあるドメーヌの歴史は、当主エルヴェ・ヴィルマードの祖父が創業した 1939年に遡る。エルヴェはティエリ-・ピュズラとの親交からヴァン・ナチュールに傾倒し、 1999年ビオロジック開始、 2002年にエコセールの認証を取得した。現在自社畑 22ha,契約畑 13ha。セラーでも、伝統的器材に潤沢に投資し、発酵は台形木製タンク(高価)も多数使用。熟成にも 15hlの木樽や、台形木製タンクを多く用いる。さらに 2014年以降は、ジョージア産アンフォラでの発酵・熟成も試みなど、意欲的。亜硫酸塩の添加は醸造時ゼロ、瓶詰め時のみ 10mg/Lにとどめる。ジューシーで格調高い酸が心地よいシュヴェルニー・ルージュは、ピノ・ノワール主体。ロワールの稀少土着品種ムニュ・ピノにも注力し、その持ち味であるくっきりとした鉱物感も見事に表現する。
手頃な価格帯のワインの域を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つ旧ドメーヌ・ドゥ・ムーランが、 2015年に社名変更。シュヴェルニーにあるドメーヌの歴史は、当主エルヴェ・ヴィルマードの祖父が創業した 1939年に遡る。エルヴェはティエリ-・ピュズラとの親交からヴァン・ナチュールに傾倒し、 1999年ビオロジック開始、 2002年にエコセールの認証を取得した。現在自社畑 22ha,契約畑 13ha。セラーでも、伝統的器材に潤沢に投資し、発酵は台形木製タンク(高価)も多数使用。熟成にも 15hlの木樽や、台形木製タンクを多く用いる。さらに 2014年以降は、ジョージア産アンフォラでの発酵・熟成も試みなど、意欲的。亜硫酸塩の添加は醸造時ゼロ、瓶詰め時のみ 10mg/Lにとどめる。ジューシーで格調高い酸が心地よいシュヴェルニー・ルージュは、ピノ・ノワール主体。ロワールの稀少土着品種ムニュ・ピノにも注力し、その持ち味であるくっきりとした鉱物感も見事に表現する。
Cheverny Rouge - Les Ardilles 2018
シュヴェルニ・ルージュ レ・ザルディーユ 2018
植樹:1970年代以降
位置:標高75~115m、平地
土壌:粘土質、シレックス
木製タンクで3週間マセレーション
500Lのドゥミ・ミュイ主体で12ヶ月熟成
特に粘土層の分厚い、畑のブドウを使用。そのための、果実味の印象も、エルヴェのワインの中でも特に強。マセレーションを他のキュヴェよりも長くし、より果皮の成分を抽出することで、バランスを取っている。そのため、スパイシーな香りも強く、熟成させてみても、面白い。
VdP Sauvignon  2018

Sold Out

Cheverny Blanc - La Bodice 2018
シュヴェルニ・ブラン・ラ・ボディス 2018
品種:ソーヴィニョン80%、シャルドネ20%
土壌:下層部はソローニュ地区特有の粘土質、表層部はチョーク質の砂地
タンク発酵、古樽で澱とともに熱成
ソーヴィニヨンとシャルドネの表現を最も強く感じる。フレッシュないし砂糖漬けのフルーツ、シダ、アンゼリカ、フェンネル、カンゾウのニュアンス。純粋な澱の上で熟成させることにより、口当たりは濃く、渋みや厚みを感じる。エレガントで余韻の長さが、白ワインの真の個性と美しい素質を与える。
VdP Sauvignon  2018

Sold Out

VdF - Orbois 2018
オルボワ 2018
品種:ムニュ・ピノ100%
土壌:粘土質、シレックス
木樽で発酵、木樽で12カ月熟成。
シュール・リーのムニュ・ピノらしい、酵母感と果実味の厚みを感じる(Gras)。Orboisとは、ロワール・エ・シェールの地域での、ムニュ(小さな)・ピノの古い呼び方だそう。ちなみに、シュナン・ブランはトゥーレーヌではグロ・ピノと呼ぶこともあるそうだ。

VdP Sauvignon  2018

Sold Out

Pinot Noir  2019
ピノ・ノワール 2019
品種:ピノ・ノワール100%
円錐台の木製樽で6ヶ月熟成
ロワール(ヴァレ・デュ・シェールVallée du Cher)からの買いブドウ。自社畑のワインと同じように、フィルター、自然酵母、醸造中の亜硫酸無添加、無濾過で造られる。
Coteaux du Giennois Rouge 2014
コトー・デュ・ジェノワ・ルージュ 2014
品種:ガメ主体、ピノ・ノワール
植樹:1980-1990年頃
全房でマセレーション
タンクで2年間熟成、木製樽で半年間熟成
友人であり、コトー・ド・ジェノワでワインを造る、ドメーヌ・ビオ・コステが、2014年に醸造し、熟成させていたワインを2017年7月に買い取った。その後、半年間自社で樽熟成をし、ワインが落ち着くまで2年間瓶熟成。
VdP Sauvignon  2018

Sold Out

Cheverny Rouge - Domaine 2019
シュヴェルニ・ルージュ ドメーヌ 2019
品種:ガメ主体、ピノ・ノワール
植樹:1980-1990年頃
全房でマセレーション
タンクで2年間熟成、木製樽で半年間熟成
友人であり、コトー・ド・ジェノワでワインを造る、ドメーヌ・ビオ・コステが、2014年に醸造し、熟成させていたワインを2017年7月に買い取った。その後、半年間自社で樽熟成をし、ワインが落ち着くまで2年間瓶熟成。

VdP Sauvignon  2018

Sold Out

Cour Cheverny Blanc - Les Acacias 2017
クール・シュヴェルニ・ブラン レ・ザカシア 2017
品種:ロモランタン100%
植樹:1964年~1994年
土壌:シレックス混じりの砂質
バリックとドゥミ・ニュイでアルコール発酵とマロラクティック発酵。80%は500Lの樽、残りはバリックで1年熟成。エナメル加工のステンレスタンク内でバリックとドゥミ・ニュイをアッサンブラージュし、4ヶ月タンク内熟成を経てビン詰め。
VdP Sauvignon  2018

Sold Out

Pet Nat Blanc - What's up 2018
ペット・ナット・ブラン・ワッツ・アップ 2018
品種:ピノ・ドニス、グロロー、ムニュピノ
植樹:1960年代
位置:南向き、標高95m
土壌:シレックス混じりの砂質
ステンレスタンクで醗酵
マセレーションなし
醗酵終了前に瓶詰め
瓶詰後5カ月おいた後にデゴルジュマン
買いブドウ。メトード・アンセストラルなのでペット・ナットといえるが、デゴルジュマンをしているところが、エルヴェらしい。

Sold Out

Cheverny Blanc  2019
シュヴェルニー・ブラン・ドメーヌ 2019
【ソーヴィニョンブラン70%、シャルドネ30%】

VdP Sauvignon  2020
ソーヴィニョン 2020
【ソーヴィニョン・ブラン100%】
VdP Sauvignon  2018

Sold Out

Cour-Cheverny Blanc - Les Saules 2018
クール・シュヴェルニ・ブラン・レ・ソール 2018
品種:ロモランタン
植樹:1970年代
位置:標高75~115m
土壌:粘土質、シレックス
木樽で発酵、木樽で12カ月熟成
ロワールの地品種である、ロモランタン。シュヴェルニー地域の他の白ワインよりも、しっかりとした香りが味わいで、蜂蜜のような香りがすることもあるが、酸味と長い後味がエルヴェのスタイル。
 
 

エルヴェ・ヴィルマードとは

 
 

地域:Loire  
地区:ChevernyCour-Cheverny シュヴェルニ
村:Cellette 
造り手:Isabelle et Hervé Villemade エルヴェ・ヴィルマード
Homepage :  http://www.villemade.net


創業年:1939
1939年より祖父のDesire Villemadeが創業。
1976年より、父のHenri Villemadeが販売を開始。
1999年より、HervéIsabelle Villemadeがドメーヌを継ぎ、ヴァン・ナチュールの転換を果たした。
Hervéはアンボワーズとマコンのダヴィエの学校で各2年ずつ栽培を中心に学び、ロワールのワイナリーで研修した後、1992年頃よりドメーヌに戻った。
 

ドメーヌ解説

シュヴェルニィは1993年に格付けされた歴史の浅いAOC。 ピュズラのワイナリーがあるモンティの東隣になる。エルヴェ・ヴィルマードはティエリー・ピュズラとも親交が深い。90年代にはいってから、 ヴァン・ナチュールの造りにとりくむようになった。
哲学:ビオロジック栽培で、出来る限りの優れたブドウ栽培を行う
 

畑について

栽培方法: ビオロジック
その栽培方法の開始時期: 1999年より開始。2002年にエコセール認証取得。
その栽培方法を適用している畑名:現在は全ての畑
1999年当時所有していた9ha中、4haから始めるが霜害が続き広範囲を抜根。2006年に16ha賃借、2009年には10haを購入、それぞれビオロジックでの栽培を続け認証に至る。
栽培方法の将来的な展望:現時点では変える予定はない


認証機関:エコセール
土壌:シレックス(火打石)の砂質、粘土質、表層部チョーク質の砂地
自社ブドウ畑面積:22ha
契約ブドウ畑面積:13ha
自社ブドウ畑の数:大きく分けてArdillesBodiceMontcrochetの3区分ベースMontcrochetは2009年に購入し
10haのうち5haの畑名、ソーヴィニョン・ブラン、ソーヴィニョン・グリ、ムニュ・ピノが植えられている。
自社栽培ブドウ品種:ピノ・ノワール、ガメ、コ、ソーヴィニョン・ブラン、ソーヴィニョン・グリ、シャルドネ、ムニュ・ピノ、ロモランタン、シュナン・ブラン。ピノ・ドニスは全て抜いてしまっており、泡用に使用する場合はピエール・オリヴィエ・ボノムから購入したブドウを使用。
ブドウ以外の自社農作物:なし 

主な仕立て方法:
コルドン・ロワイヤル(ガメ、ロモランタン、コ、ムニュ・ピノ、ピノ・ノワール)、ギュイヨ・サンプル(その他)
 仕立ての支柱の素材:木(アカシア)
仕立ての添え木の素材:木(アカシア)
堆肥:自家製とAB認証の堆肥を両方使用(自家製は1/3牛, 1/3羊, 1/3植物性のくず(主に木を破砕したもの)で作る。
 
 

醸造について

酵母のタイプ: 野生酵母
    圧搾方式:空気圧式プレス(40hl)
醗酵容器:台形型木製タンク、琺瑯タンク、コンクリートタンク、樹脂製タンク、ドゥミ・ミュイ(400、500L)、ブルゴーニュ産小樽(228L)
白には全てのタンクと樽類を使用、赤は木製タンクとコンクリートタンク、樽類を使用。
このほかに2014年から楕円形と円形の15Lフードル、卵型コンクリートタンクを各1台購入。その他にジョージア製アンフォラ2台試験的に使用している。各タンクそれぞれを使用するキュヴェは収量次第で毎年変わる。
熟成容器:台形型木製タンク、琺瑯タンク、コンクリートタンク、Demi-Muids(400、500L)、ブルゴーニュ産小樽(228L)、フードル(15hl), 卵型コンクリートタンク、ジョージア製アンフォラ
フードル2台はまだ新しく、木の風味が強く出るので2014年はキュヴェ・ル・ドメーヌに使用。古樽はChassornayから購入することが多い。アンフォラはピュズラと同時期(2013ヴィンテージ)には購入していたが2013年が非常に収量の低い年となったので試作を一年延期、2014年が初となる。
 
セラー環境: 一番遠い畑がセラーから5kmほどのMontcrochet、8haはセラーの周りに集中している。セラー自体は全て地階でコンクリート造り。
年間平均生産量:100000~120000本。通常およそ40hl/ha平均。2012年から数年は非常に低い収量が続いている。
 

基本的な醸造情報

選果場所:畑の中
マセレーション:赤のみあり、基本的に全房。1520日間程度。
酵母の添加:なし
アルコール醗酵:赤 約1ヶ月~1ヶ月半、白 約25ヶ月
温度コントロール:赤 最大25℃、白 最大20℃まで
熟成:スーティラージュは樽熟成のキュヴェのみ二次発酵が終わった際に一度、全てのキュヴェで瓶詰め前に一度。タンク熟成のものは基本的に行わないが、触れている澱のポテンシャルがヴィンテージによってあまり良くない場合は例外的に行う。
亜硫酸添加:醸造後、ビン詰め後に10mg/Lのみ添加
総亜硫酸量:2025mg/L程度

 

Wine Shop WINEHOLIC