シャトー・ド・テゥール Chateau des Touresエマニュエル・レイノーはジャック・レイノーの甥だったため現在彼の実家のワインもエマニュエルが作っています。
シャトード・テゥールのワインはまるでラヤスのような雰囲気を持ったワインです。
熟成しているとそのスタイルは明確に分かるようになり、まるでラヤスの酵母をそのまま使ったのではないかと思うほどです。
ローヌにおいてここまで明確に他のドメーヌと違う個性があり、それが明確な魅力となって現れている 生産者はローヌ広といえどもそうはありません。
私は個人的にもここまでコスパの高いローヌは滅多にないと思います。
基本的にはテロワールの部分でラヤスに軍配が上がりますが、価格的な差では十分に
トゥールにも価値あり。飲み頃によってはトゥールが勝る場合すらあります。
シャトー・ド・テゥール1 Chateau des Touresエマニュエル・レイノーはジャック・レイノーの甥だったため現在彼の実家のワインもエマニュエルが作っています。
シャトード・テゥールのワインはまるでラヤスのような雰囲気を持ったワインです。
熟成しているとそのスタイルは明確に分かるようになり、まるでラヤスの酵母をそのまま使ったのではないかと思うほどです。
ローヌにおいてここまで明確に他のドメーヌと違う個性があり、それが明確な魅力となって現れている 生産者はローヌ広といえどもそうはありません。
私は個人的にもここまでコスパの高いローヌは滅多にないと思います。
基本的にはテロワールの部分でラヤスに軍配が上がりますが、価格的な差では十分に
トゥールにも価値あり。飲み頃によってはトゥールが勝る場合すらあります。
シャトー・ド・テゥール2 Chateau des Touresエマニュエル・レイノーはジャック・レイノーの甥だったため現在彼の実家のワインもエマニュエルが作っています。
シャトード・テゥールのワインはまるでラヤスのような雰囲気を持ったワインです。
熟成しているとそのスタイルは明確に分かるようになり、まるでラヤスの酵母をそのまま使ったのではないかと思うほどです。
ローヌにおいてここまで明確に他のドメーヌと違う個性があり、それが明確な魅力となって現れている 生産者はローヌ広といえどもそうはありません。
私は個人的にもここまでコスパの高いローヌは滅多にないと思います。
基本的にはテロワールの部分でラヤスに軍配が上がりますが、価格的な差では十分に
トゥールにも価値あり。飲み頃によってはトゥールが勝る場合すらあります。
シャトー・ド・テゥール3 Chateau des Touresエマニュエル・レイノーはジャック・レイノーの甥だったため現在彼の実家のワインもエマニュエルが作っています。
シャトード・テゥールのワインはまるでラヤスのような雰囲気を持ったワインです。
熟成しているとそのスタイルは明確に分かるようになり、まるでラヤスの酵母をそのまま使ったのではないかと思うほどです。
ローヌにおいてここまで明確に他のドメーヌと違う個性があり、それが明確な魅力となって現れている 生産者はローヌ広といえどもそうはありません。
私は個人的にもここまでコスパの高いローヌは滅多にないと思います。
基本的にはテロワールの部分でラヤスに軍配が上がりますが、価格的な差では十分に
トゥールにも価値あり。飲み頃によってはトゥールが勝る場合すらあります。
シャトー・ド・テゥール4 Chateau des Touresエマニュエル・レイノーはジャック・レイノーの甥だったため現在彼の実家のワインもエマニュエルが作っています。
シャトード・テゥールのワインはまるでラヤスのような雰囲気を持ったワインです。
熟成しているとそのスタイルは明確に分かるようになり、まるでラヤスの酵母をそのまま使ったのではないかと思うほどです。
ローヌにおいてここまで明確に他のドメーヌと違う個性があり、それが明確な魅力となって現れている 生産者はローヌ広といえどもそうはありません。
私は個人的にもここまでコスパの高いローヌは滅多にないと思います。
基本的にはテロワールの部分でラヤスに軍配が上がりますが、価格的な差では十分に
トゥールにも価値あり。飲み頃によってはトゥールが勝る場合すらあります。
エマニュエル・レイノーはジャック・レイノーの甥だったため現在彼の実家のワインもエマニュエルが作っています。
シャトード・テゥールのワインはまるでラヤスのような雰囲気を持ったワインです。
熟成しているとそのスタイルは明確に分かるようになり、まるでラヤスの酵母をそのまま使ったのではないかと思うほどです。
ローヌにおいてここまで明確に他のドメーヌと違う個性があり、それが明確な魅力となって現れている 生産者はローヌ広といえどもそうはありません。
私は個人的にもここまでコスパの高いローヌは滅多にないと思います。
基本的にはテロワールの部分でラヤスに軍配が上がりますが、価格的な差では十分に
トゥールにも価値あり。飲み頃によってはトゥールが勝る場合すらあります。 

Sold Out

Cote du Rhone 2016
コート・デュ・ローヌ 2016
グルナッシュ種65%、シラー種20%、サンソー種15%。海藻のような香りの赤ワインですがオイリーさもあります。果実味とタンニンも凝縮していて余韻が長いワインです。

Sold Out

Vacqueras Reserve 2011
ヴァケラス・レゼルヴ 2011
グルナッシュ種92%、シラー種8%。タンニンが木目細かいながらも豊富で力強く、とても凝縮した味わいです。酸と果実味もしっかりしていて飲み応えがあります。

Sold Out

Cote du Rhone 2016
コート・デュ・ローヌ 2016
グルナッシュ ブラン種100%。果実味がたっぷりしていてオイリー、舌触りもまろやかで余韻がとても長く残ります。

Sold Out

Extra Vergine  Olive Oil 500ml
エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 500ml
 
 
 

シャトー・ド・テゥールとは

 
 

現当主であるエマニュエル レイノ氏は現在3つのシャトーを運営しています。1880年にエマニュエル氏の曾祖父が葡萄栽培を始めたところからスタートしたこのシャトーは、1920 年には瓶詰を始めてシャトーのワインとして売り出すようになりました。その後、レイノ家はシャトー デ トゥール、シャトー ド フォンサレットを購入してワイン造りの幅を広げ、現在では合計約60haの葡萄畑を所有しています。シャトー デ トゥールはエマニュエル氏の父から、シャトー ライヤとシャトー ド フォンサレットは叔父のジャック レイノ氏から引き継いで運営しています。
シャトー デ トゥールはシャトーヌフ デュ パプの東にあるサリアン村に位置し、こちらはシャトー ライヤの醸造所とは対照的に照明が明るく、近代的な設備が完備されています。約40haの葡萄畑では赤ワイン用にグルナッシュ種、サンソー種、シラー種、 メルロー種、クノワーズ種、白ワイン用にグルナッシュ ブラン種、カリニャン種が栽培されています。
 

● ヴァケラス ルージュ  VACQUEYRAS ROUGE 

グルナッシュ種92%、シラー種8%。タンニンが木目細かいながらも豊富で力強く、とても凝縮した味わいです。酸と果実味もしっかりしていて飲み応えがあります。
 

● コート デュ ローヌ グランド レゼルヴ ルージュ  COTES DU RHONE GRANDE RESERVE ROUGE 

グルナッシュ種92%、シラー種8%。上記のヴァケラスで使われなかった葡萄で造られるもので、良い年のみ生産されます。タンニン、果実味とも柔らかく、ふくよかでレイノ氏が造る比類なきグルナッシュを最もリーズナブルに味わえるワインです。
 

● コート デュ ローヌ ルージュ   COTES DU RHONE ROUGE 

グルナッシュ種65%、シラー種20%、サンソー種15%。海藻のような香りの赤ワインですがオイリーさもあります。果実味とタンニンも凝縮していて余韻が長いワインです。
 

● コート デュ ローヌ ブラン   COTES DU RHONE BLANC 

グルナッシュ ブラン種100%。果実味がたっぷりしていてオイリー、舌触りもまろやかで余韻がとても長く残ります。

 

Wine Shop WINEHOLIC