Alain Renardat Fache Alain Renardat Facheビュジェ・セルドン、すなわちガメとプルサールによる、サヴォワ地方の伝統的ロゼ・スパークリングの名手。通常、 40g /L前後糖分を残した、ほのかな甘口となる。現当主、エリー・ルナルダ=ファッシュは、この地方で8世代続くドメーヌを継承。それ以前に 1996年、ボーヌの醸造学校を修了し、ブルゴーニュとアルザスで研修。 2008年からは所有する約 12.8haの畑全てをビオロジックに転換し、エコセールの認証も得た。粘土石灰質豊富な畑には、樹齢 50年前後の古木も多数現存。「可能な限り介入しない醸造」を標榜し、補糖や酵母添加は無縁。発泡は、発酵途中で残糖ある果汁を王冠で瓶に密閉するメトード・アンセストラル方式。澱引きも、瓶から瓶へワインを静かに移す方法をとる。亜硫酸総添加量もわずか 30~ 50mg/L。そうして生まれる細やかでクリーミーな泡立ちと、フランボワーズの香り、優しい甘みを引き締める整った酸は6~8 ℃の温度帯で最も心地よく花開く。 Alain Renardat Fache Alain Renardat Facheビュジェ・セルドン、すなわちガメとプルサールによる、サヴォワ地方の伝統的ロゼ・スパークリングの名手。通常、 40g /L前後糖分を残した、ほのかな甘口となる。現当主、エリー・ルナルダ=ファッシュは、この地方で8世代続くドメーヌを継承。それ以前に 1996年、ボーヌの醸造学校を修了し、ブルゴーニュとアルザスで研修。 2008年からは所有する約 12.8haの畑全てをビオロジックに転換し、エコセールの認証も得た。粘土石灰質豊富な畑には、樹齢 50年前後の古木も多数現存。「可能な限り介入しない醸造」を標榜し、補糖や酵母添加は無縁。発泡は、発酵途中で残糖ある果汁を王冠で瓶に密閉するメトード・アンセストラル方式。澱引きも、瓶から瓶へワインを静かに移す方法をとる。亜硫酸総添加量もわずか 30~ 50mg/L。そうして生まれる細やかでクリーミーな泡立ちと、フランボワーズの香り、優しい甘みを引き締める整った酸は6~8 ℃の温度帯で最も心地よく花開く。 Alain Renardat Fache Alain Renardat Facheビュジェ・セルドン、すなわちガメとプルサールによる、サヴォワ地方の伝統的ロゼ・スパークリングの名手。通常、 40g /L前後糖分を残した、ほのかな甘口となる。現当主、エリー・ルナルダ=ファッシュは、この地方で8世代続くドメーヌを継承。それ以前に 1996年、ボーヌの醸造学校を修了し、ブルゴーニュとアルザスで研修。 2008年からは所有する約 12.8haの畑全てをビオロジックに転換し、エコセールの認証も得た。粘土石灰質豊富な畑には、樹齢 50年前後の古木も多数現存。「可能な限り介入しない醸造」を標榜し、補糖や酵母添加は無縁。発泡は、発酵途中で残糖ある果汁を王冠で瓶に密閉するメトード・アンセストラル方式。澱引きも、瓶から瓶へワインを静かに移す方法をとる。亜硫酸総添加量もわずか 30~ 50mg/L。そうして生まれる細やかでクリーミーな泡立ちと、フランボワーズの香り、優しい甘みを引き締める整った酸は6~8 ℃の温度帯で最も心地よく花開く。
ビュジェ・セルドン、すなわちガメとプルサールによる、サヴォワ地方の伝統的ロゼ・スパークリングの名手。通常、 40/L前後糖分を残した、ほのかな甘口となる。現当主、エリー・ルナルダ=ファッシュは、この地方で8世代続くドメーヌを継承。それ以前に 1996年、ボーヌの醸造学校を修了し、ブルゴーニュとアルザスで研修。 2008年からは所有する約 12.8haの畑全てをビオロジックに転換し、エコセールの認証も得た。粘土石灰質豊富な畑には、樹齢 50年前後の古木も多数現存。「可能な限り介入しない醸造」を標榜し、補糖や酵母添加は無縁。発泡は、発酵途中で残糖ある果汁を王冠で瓶に密閉するメトード・アンセストラル方式。澱引きも、瓶から瓶へワインを静かに移す方法をとる。亜硫酸総添加量もわずか 3050mg/L。そうして生まれる細やかでクリーミーな泡立ちと、フランボワーズの香り、優しい甘みを引き締める整った酸は6~8 の温度帯で最も心地よく花開く。
Bugey Cerdon methode ancestrale 2020
ビュジェ・セルドン メトード・アンセストラル [2020]
品種: ガメ70%、プルサール30%
土壌: 粘土・粘土質
畑: 標高300~500m、東・南東向き
仕立て: ギョイヨ式
平均樹齢: 1~54年
植樹密度:7200本/ h
収穫量: 55~65hl/ha
醸造:
選果場所:畑
マセラシオン:数時間行う
酵母の添加有無: なし
アルコール醗酵:15~20日間(温度コントロール:0~5℃)
熟成容器: ステンレスタンク
清澄: あり、濾過: なし
このヴィンテッジのコメント:細やかでクリーミーな泡。2013年に比べて色の濃いローズ色。フランボワーズやいちご、ブドウを基調としたとてもフルーティーな香り。それらのフルーツが口の中で弾けるような味わいで、長い余韻を愉しめる。
2014年ヴィンテッジ:
収穫は2014年9月22日~10月2日。6月から7月にかけて大変多い雨が降ったが、9月の素晴らしい好天でブドウが良く熟した。不結実により、期待の収量は下回った。損害に対しては、銅や亜硫酸、煎じ茶、イラクサなどを用いる。
Bugey Cerdon methode ancestrale 2018 1500ml
ビュジェ・セルドン メトード・アンセストラル [2018] 1500ml
品種: ガメ70%、プルサール30%
土壌: 粘土・粘土質
畑: 標高300~500m、東・南東向き
仕立て: ギョイヨ式
平均樹齢: 1~54年
植樹密度:7200本/ h
収穫量: 55~65hl/ha
醸造:
選果場所:畑
マセラシオン:数時間行う
酵母の添加有無: なし
アルコール醗酵:15~20日間(温度コントロール:0~5℃)
熟成容器: ステンレスタンク
清澄: あり、濾過: なし
このヴィンテッジのコメント:細やかでクリーミーな泡。2013年に比べて色の濃いローズ色。フランボワーズやいちご、ブドウを基調としたとてもフルーティーな香り。それらのフルーツが口の中で弾けるような味わいで、長い余韻を愉しめる。
2014年ヴィンテッジ:
収穫は2014年9月22日~10月2日。6月から7月にかけて大変多い雨が降ったが、9月の素晴らしい好天でブドウが良く熟した。不結実により、期待の収量は下回った。損害に対しては、銅や亜硫酸、煎じ茶、イラクサなどを用いる。
 
 

アラン・ルナルダ・ファッシュとは

 
 

地域Savoie  
地区、村:ヴュジェ地区、メリニャ(Merignat)村 
オーナー:Elie et Alain Renardat-Fache
造り手:Alain Renardat-Fache アラン・ルナルダ=ファッシュ
HomePagehttp://www.alain-renardat-fache.com/
 
創業年:1789
 

ドメーヌ解説:

ルナルダ・ファッシュ家は、少なくとも8世代に渡り続く歴史あるドメーヌです。
ビオロジック栽培で、出来る限り介入しない、自然のままの醸造に努めています。
略歴:Elie Ranardat-Facheは、1996年にボーヌの醸造学校を修了(BTS Viti-Oeno)。ブルゴーニュとアルザスのいくつかのドメーヌで研修を行いました。
 

畑について

栽培方法:ビオロジック、2008年より全ての畑で適用
認証機関:エコセールFR-BIO-01
自社畑面積:12.79ha (畑の数:30 
栽培品種:ガメ(70%)、プルサール(30%)
土壌:粘土・石灰質
標高:300メートルを超える
畑:南向きの斜面が多い
平均樹齢:4-50
仕立て:ギュイヨ式/支柱の素材:木、鉄
堆肥:羊の糞
 

醸造について

酵母:野生酵母
醗酵容器の素材と容器:保温性ステンレスタンク(50100hl
熟成容器:保温性ステンレスタンク
セラーの環境:2階建ての造り。醸造所は1階、瓶内二次発酵を行うセラーは地下にある。
畑は全てメリニャ村にありセラーからは遠くても800m圏内に位置する。
収穫:手摘みで収穫、50リットルの小さな背負い籠に入れられ、すばやく貯蔵庫(カーヴ)へ運ばれる。
圧搾:収穫の午後にブドウは圧搾される。破砕や果皮浸漬はせず、果汁の着色ができるのに十分な強さで行われる。
平均年間生産量: 110000本

 

Wine Shop WINEHOLIC