WINE SHOP WINEHOLIC

GOOD CONDITION     TOKYO JAPAN

HOME > ギリシャ > アクロテーラ

WINE SHOP WINEHOLIC


Acroterra  アクロテーラ



Acroterra 
アクロテーラ


thymiopulos.jpg 1.png 4.png 3.png 2.png
ドメーヌ・ティミオプロスのアポストロスと、サントリーニ島で生まれ育った、ブドウ栽培農家のスピロス・フリッソスが、意気投合し生まれたワイナリー。
ワインを選ぶ
 
Santorini 2016
サントリーニ 2016
品種:アシルティコ主体、アイダニ、アティリ
植樹:1930年代以前
位置:250m、北西向き
土壌:火山灰、軽石、バザルト
ステンレスタンク醗酵
ステンレスタンクで10カ月間熟成
例年80%以上はアシリティコ種が、使用され、アイダニ種、アティリ種などの、サントリーニ島の地品種も一部ブレンドされている。
塩気を感じる、後味。乾燥した気候と、古樹の凝縮した果実由来の、力強さも備える。
Santorini Skafida 2016
サントリーニ・スカフィーダ 2016
品種:アシルティコ100%
植樹:1910年代以前
位置:250m、北西向き
土壌:火山灰、軽石、バザルト
ステンレスタンクと木製の樽で醗酵
木製大樽で16カ月間熟成
樹齢100歳を超える、古樹のブドウ。一帯でも得に標高の高い畑で、テラス状になっている。
3時間ほどマセレーションしてから、プレス。
Santorini Assyrtiko 2016
サントリーニ・アシルティコ 2016
品種:アシルティコ100%
植樹:1910年代以前
位置:250m
土壌:火山灰、軽石、バザルト
ステンレスタンク醗酵
ステンレスタンクで10カ月間熟成

 
生産者を知る
 

ドメーヌ・ティミオプロスのアポストロスと、サントリーニ島で生まれ育った、ブドウ栽培農家のスピロス・フリッソスが、意気投合し生まれたワイナリー。アポストロスの本拠地である、マケドニアとサントリーニ島では、6週間前後の収穫時期のずれがある。アポストロスは2013年頃から、親友であるハリディモスのために、ドメーヌ・ハツィダキスのワイン醸造を手伝ってきた。年に何度もサントリーニ島へと足を運んでいるうちにスピロス・フリッソスを初めとする、

若きブドウ栽培家たちと出会い、ついに初ヴィンテージである2015VTをリリースした。最初の2ヴィンテージはハツィダキス・ワイナリーの一部で醸造していたが、現在は、偉大なクリュのあるピルゴスの村に本拠地を構える。ギリシャ国内、複数の地域でコンサルタントをするアポストロスと、何世代も前からブドウを栽培して生計を立ててきたスピロス二人による、これからが期待のワイナリーである。

 
生産者の醸造所

 
東京都世田谷区梅丘2-16-2  TEL & FAX :  03-3428-3804
営業時間 10:00-18:00 (日祝定休) 休業日を確認
iNSOLITE Corp
20歳未満の方には酒類の販売はいたしません。