香典返しには、弔事を滞りなく終えたことを伝えるという意味があり、一般的には、「忌明け」の法要後1ヶ月以内(仏式なら四十九日を過ぎた後)を目処に行います。
本来は、喪主が直接持参して、あいさつとともに贈るのがマナーですが、最近では、挨拶状とともに配送するのが通例です。
また、葬儀当日やお斎の席で、会葬御礼とともに香典返しも贈り、持ち帰っていただくことも多いようです。

<まとめ>
忌明けの法要後1ヶ月以内が目安。
仏式…49日目の忌明け法要から1ヶ月以内
神式…50日目の五十日祭から1ヶ月以内
キリスト教式(プロテスタント)…1ヶ月後の昇天記念日後
キリスト教式(カトリック)…30日後の追悼ミサ後

香典返しの金額は、香典の3分の1から半分程度が一般的です。一万円のお香典をいただいた場合は、五千円程度がお返しの目安になります。お香典の金額は人によって異なるため、金額毎に3段階くらいの品物を用意しておくとよいでしょう。

<当日返し(即日返し)の場合>
お通夜や葬儀の当日にお返し物をお渡しする場合は、金額に関係なく全ての方に同じ品物をお渡しします。だいたい、二~三千円程度の品物を選ばれる方が多いようです。もし、香典返しの倍額以上になるような大きい金額のお香典をいただいたときは、忌明け過ぎにあらためてお礼の品を用意します。予算は「いただいたお香典の半額から、当日返しの分を引いた程度」を目安とするとよいでしょう。

「不祝儀は残さない方がいい」という考えから、香典返しには「すぐ使ってなくなるもの」を贈るのが一般的です。
「肉魚を避ける」「お酒などの嗜好品を避ける」それを踏まえた上で、さらにお相手のためになるものを贈るとよいでしょう。

香典返しの定番には「お茶や乾物、お菓子」「洗剤やタオルなどの日用品」があります。
香典返しでは「商品券・金券」はなるべく避けたほうが良いでしょう。

会社や、グループなどから香典を頂いた場合は、皆で分けられるようなものを選び、たとえばコーヒーやお茶などにするのもよいでしょう。

【使用する水引】
黒白の結びきりが一般的ですが、関西では黄白やあわじ結びを用いることもあります。
【表書き】
のし上・・・関東では“志”、関西では“満中陰志”を用いることも多い。
のし下・・・喪主の名前、もしくは、○○家

ウェルチギフト

3,710円(税込)

収穫から出荷までおいしさと品質にこだわり続けています。濃厚で上質な味わいが魅力の果汁100%ジュースギフトです。

バスクリン 湯の国ギフト

4,440円(税込)

温泉地にこだわった湯質と、名産品の心地よい香りに満たされる。そんなちょっとした贅沢な入浴をお届けするギフトです。

中央軒煎餅 花色しおん 米菓詰合せ 20L

4,170円(税込)

彩り鮮やかな抹茶や梅、可愛らしい形の小花や木の葉など、見た目も楽しいあられ煎餅の詰合せです。