乾山写し菊の向附
京焼・乾山写菊型向付・伏原博之|和食器の愉しみ・工芸店ようび
どこか謙遜さを感じる器の究極

 「辻留」先代辻嘉一氏著の「名品 茶懐石」は、昭和四十八年(一九七三年)三月初版ですので一九七一〜一九七二年に撮影されたものです。京都の善田さん(名立たるお道具屋さん)で撮影するので手伝いに来るようにとお声がかかりました。ようび開業一〜二年後のことです。修業中の私に盛り付けを見せて上げようとの御配慮です。

 何年間かの間にいろんなところに呼んでいただきました。中村記念館、逸翁美術館などなどでお手伝いをさせていただきました。

 撮影に立合わせていただくについて必要な御注意がありました。

  • 髪は一切金属のピン類はつけない。ゴムで結ぶこと
  • アクセサリーは一切つけないこと
  • ベルトは紐にすること
  • 着るものの色は白、ベージュ、グレー、黒で、気になる色のものは身につけないこと
 みんな名器たちを傷つけないための配慮と、色がちらつくと盛りつけの時邪魔になるということだったと思います。

 盛りつけは白い布をかけた机の上で誠に真剣そのもので緊張度の高いお仕事でした。時々お謡いなど口づさまれながら、あらかじめご用意のお料理を一つずつ蔵から出して来られるお道具に盛られるのですから、粗相があっては一大事。お箸を渡したり布巾をお渡ししたり包丁を用意したりするのにも渡し方が間違っていたりするとひどく叱られます。終わるといつも気が抜けてぐったり疲れてしまいました。

 善田さんのお手伝いの時は、「名品 茶懐石」の「祝賀の懐石」撮影でした。乾山の菊の向附があり「この向附は鯛しか乗せられへんナ」とおっしゃったのをよく覚えています。それほど格の高いものだと云うことだったと思います。

 写真どりの後、お許しをいただいてしっかり見せていただきました。それはそれは魅力的なすばらしいもので、目にとびこんだ時の印象が強く、ずっとずっとあこがれ続けて来ました。いつの日かこんなものに挑戦して写しが造らせていただくことが出来ればと強く思ったことでした。

 その時善田さんで撮影されたものは圧倒されるものばかりの一揃いで、これは、さるお家にこのまま行くのだと聞きました。九谷の蓮弁の鉢の見込には、髪を洗っている中国女性の図があって、大変めずらしいものだと聞きました。

 徳利は鴻池家旧蔵の卍牡丹唐草の青磁、八寸には南京赤絵の大皿とようび開店から二年目のかけ出し者には目のくらむようなものばかりでした。

 特にこの菊の向附は思い切り装飾的なのにそれが邪魔にならず、品格があり贅澤なものなのに控え目でどこか謙遜さを感じる器の究極のようなものを見る思いでした。どうしてこんなお取合わせになったのか、一つずついろいろなお話を聞き、御二人の慧眼に恐れを抱いた程でした。まだまだ解るなどと云うことにはほど遠い昔の思い出です。

 その菊のお向附を造っていただく時がやっとやって来ました。伏原氏、森本氏の御二人にひとまずこれまでと思う夢を叶えていただきました。うれしくて棚に並んでいるのを見ながらこのお仕事をさせていただいている果報を思っています。

工芸店ようび 店主 真木
乾山写しいろいろ
乾山写し 乾山写し
乾山銹絵呉須梅文平向付・伏原博之
乾山雪笹鉋目紋四方皿・伏原博之 色絵雪松図平鉢・伏原博之 京焼・乾山写雪杉図向付・伏原博之
錆絵菊文平向付・伏原博之 京焼・乾山写雪笹向付・伏原博之
乾山写春草紋平向付・伏原博之
乾山写銹絵呉須絵替り醤油差し・伏原博之 乾山写色絵春草紋醤油差し・伏原博之 乾山写桔梗紋湯呑[深向付]・伏原博之
乾山写春草紋向付・伏原博之 乾山写春草紋蓋向付・伏原博之
乾山写色絵夕顔文蓋向付・伏原博之
京焼・乾山絵替菊文平向付・伏原博之 京焼・乾山写ゆり文平向付・伏原博之
価格に消費税は含まれていません。(外税)

乾山写4.5寸絵替り土器皿
乾山写4.5寸絵替り土器皿 絵替わりで五種。乾山の写しの素朴な土器皿です。
伏原博之
42,000円(五客一組)
  乾山写4.5寸絵替り土器皿

乾山写3.5寸桐文土器皿
乾山写3.5寸桐文土器皿 桐文が描かれた素朴な土器皿です。
伏原博之
6,300円
  乾山写3.5寸桐文土器皿

京焼・乾山写葵文飯碗
京焼・乾山写葵文飯碗 腰高のお茶碗は白いきらきら光る炊きたてのご飯が似合います。
伏原博之
6,930円
  京焼・乾山写葵文飯碗

京焼・乾山銹絵呉須梅文平向付
京焼・乾山銹絵呉須梅文平向付 乾山の梅文を写しました。お造りのお皿にどうぞ。
伏原博之
13,860円
  京焼・乾山銹絵呉須梅文平向付

京焼・乾山絵替菊文平向付
京焼・乾山絵替菊文平向付・伏原博之 乾山写しの菊です。清々しい印象です。
伏原博之
14,400円
  京焼・乾山絵替菊文平向付・伏原博之

乾山写雪笹向付
乾山写雪笹向付・伏原博之 乾山の笹雪です。はんなり風雅な小鉢となりました。
伏原博之
14,280円
  乾山写雪笹向付・伏原博之

京焼・乾山写雪笹文蓋向付
京焼・乾山写雪笹文蓋向付・伏原博之 松に雪。乾山の写しです。
伏原博之
24,800円
  京焼・乾山写雪笹文蓋向付・伏原博之

乾山写色絵夕顔文蓋向付
乾山写色絵夕顔文蓋向付・伏原博之 乾山の夕顔です。源氏物語の夕顔がモチーフです。
伏原博之
32,000円
  乾山写色絵夕顔文蓋向付・伏原博之

乾山写春草紋向付
乾山写春草紋向付・伏原博之 春草文の茶碗を小鉢に写していただきました。
伏原博之
18,300円
  乾山写春草紋平向付・伏原博之

乾山写春草紋向付
乾山写春草紋平向付・伏原博之 春草文の平向付を写していただきました。
伏原博之
15,600円
  乾山写春草紋平向付・伏原博之

京焼・乾山雪笹鉋目紋四方皿・小
乾山雪笹鉋目紋四方皿・小・伏原博之 乾山の笹雪です。鉋目で動きのある表情がプラス。
伏原博之
11,550円
  乾山雪笹鉋目紋四方皿・小・伏原博之

京焼・乾山雪竹鉋目紋四方皿・大
乾山雪竹鉋目紋四方皿・大 乾山の笹雪です。鉋目で動きのある表情がプラス。
伏原博之
17,850円
  乾山雪笹鉋目紋四方皿・小・伏原博之
 
乾山写5寸絵替り土器皿
乾山写4.5寸絵替り土器皿 絵替わりで五種。乾山の写しの素朴な土器皿です。こちらは金彩が施されています。
伏原博之
65,100円(五客一組)
  乾山写4.5寸絵替り土器皿

乾山写菊型向付
乾山写菊型向付 菊がおおらかに描かれかたどられた小皿です。乾山の写しになります。
伏原博之
23,100円
  乾山写菊型向付

乾山写雪杉図向付
乾山写雪杉図向付 雪をまとった杉の木を写した乾山の粋な向付を写しました。
伏原博之
13,650円
  乾山写雪杉図向付

色絵雪松図平鉢
色絵雪松図平鉢・伏原博之 冬の庭を切り取ったようなおおらかな平鉢です。
伏原博之
52,500円
  色絵雪松図平鉢・伏原博之

京焼・乾山写ゆり文平向付・伏原博之
京焼・乾山写ゆり文平向付・伏原博之 乾山のゆり文を写しました。魚の塩焼きのお皿にもどうぞ。
伏原博之
14,400円
  京焼・乾山写ゆり文平向付・伏原博之

錆絵菊文平向付
錆絵菊文平向付・伏原博之 乾山の写しです。白菊が咲き競うはんなりとした風景が魅力です。
伏原博之
15,120円
  錆絵菊文平向付・伏原博之

乾山写ゆり文蓋向付
乾山写ゆり文蓋向付・伏原博之 こちらも乾山の写しです。
伏原博之
24,800円
  乾山写ゆり文蓋向付・伏原博之

京焼・乾山写桔梗紋湯呑[深向付]
乾山写桔梗紋湯呑[深向付]・伏原博之 桔梗が描かれた愛らしい湯呑です。深向付としてもお使いいただけます。
伏原博之
7,770円
  乾山写桔梗紋湯呑[深向付]・伏原博之

乾山写春草紋蓋向付
乾山写春草紋蓋向付・伏原博之 乾山の春草文の蓋物を写していただきました。
伏原博之
27,600円
  乾山写春草紋蓋向付・伏原博之

乾山写色絵春草紋銚子
乾山写色絵春草紋銚子・伏原博之 春一杯のお銚子です。
伏原博之
46,200円
  乾山写色絵春草紋銚子・伏原博之

乾山写色絵春草紋醤油差し
乾山写色絵春草紋醤油差し・伏原博之 小さな醤油入れも乾山写しではんなり・・・。
伏原博之
26,460円
  乾山写色絵春草紋醤油差し・伏原博之

色絵雲菊紋銚子
色絵雲菊紋銚子・伏原博之 雲菊のはんなり愛らしい銚子です。
伏原博之
56,700円
  色絵雲菊紋銚子・伏原博之

乾山写銹絵呉須絵替り醤油差し
乾山写銹絵呉須絵替り醤油差し・伏原博之 小さな醤油入れも乾山写しではんなり・・・。
伏原博之
18,900円
  乾山写銹絵呉須絵替り醤油差し・伏原博之
呉須鉄絵葵文平向付 京焼・呉須鉄絵葵文蓋丼
京焼・乾山写葵文飯碗・伏原博之
乾山写葵文大鉢 京焼・乾山写葵文飯碗・伏原博之 乾山写葵文大鉢
立葵

 立葵の皿、向附、飯碗、蓋物、鉢などたくさん揃いました。
 立葵は乾山が好んで用いた図柄です。琳派と呼ばれる人たち、等伯や宗達も、野生ではないでしょうがこの路傍の花を美しく画いています。
 中でも乾山は花だけをズームアップしているものが多く、牡丹のようにも見えるものもありますが私は以前から立葵の花だと思っています。
 この花の一つ一つに好んで画くに足る何かを発見したのでしょう。さまざまに転回させています。この文様が何故か好きでいつか復原したいと考えていました。
乾山は古清水や清閑寺、粟田、等の京焼と言われるものとは一線を画した作家ですが、京のエッセンスはしっかり持っている人でしたので、当時から独自の芸術性を賞でた人々も多かったはずです。
 何とかこの魅力に近づいて来たように思います。「立葵は今咲いていますよ」と絵を画いて下さる方に声をかけて、今年も一つ一つの花をしっかり見て、乾山がこの花の何に魅力を感じたかを会得して教えてほしいと思っています。

工芸店ようび 店主 真木
価格に消費税は含まれていません。(外税)

京焼・乾山写葵文大鉢
京焼・乾山写葵文大鉢 大きな鉢は、季節の素朴なお料理をたっぷり盛りつけられます。
伏原博之
40,530円
  京焼・乾山写葵文大鉢

京焼・乾山写葵文飯碗
京焼・乾山写葵文飯碗 腰高のお茶碗は白いきらきら光る炊きたてのご飯が似合います。
伏原博之
6,930円
  京焼・乾山写葵文飯碗
 
京焼・呉須鉄絵葵文蓋丼
京焼・呉須鉄絵葵文蓋丼 蓋物は蒸し寿司にもぴったり。雛祭りにもどうぞ。
伏原博之
20,790円
  京焼・呉須鉄絵葵文蓋丼

京焼・呉須鉄絵葵文平向付
京焼・呉須鉄絵葵文平向付 大きめの取り皿としていかがでしょうか。
伏原博之
9,450円
  京焼・呉須鉄絵葵文平向付





和食器の愉しみ・工芸店ようび > ようびのうつわ