企業理念

豊富な経験と世界基準の商品で、「アロハの精神」をシェアします。

根底にあるのは「アロハ」。それは世界中の人々と文化に対する愛と敬意に基づいた、理想的な哲学です。この思想のもと、私たちはすべてのみなさまをあたたかくお迎えします。「アロハ」に込められた重層的かつ美しい本質的理念を尊重したい、そしてその背後にある確固たる伝統を皆で共有しつつ、アロハの精神を映し出す新たな道筋を見出していきたい――。そう願う私たちのこの輪の中に、皆さまにもご参加いただければこれほどうれしいことはありません。

ストーリー

ホノルル・クッキー・カンパニーの誕生は1998年。起業家であるキース・サン(Keith Sung)とジャネット・サン(Janet Sung)が、プレミアム・ショート・ブレッドクッキーのレシピを開発するのと同時にスタートしました。アーティストでもあるキースは、ハワイのおもてなし精神を表すようなユニークなクッキーをつくりたいと考えていました。そうして彼がつくりあげたのは、ハワイを思わせるフレーバーの、いまとなってはブランドの代名詞ともいえるパイナップル形のクッキー。レシピは年々改良が重ねられましたが、地元のアイランドフレーバーにヒントを得た上質な原材料を使い続けるそのひたむきな姿勢に変わりはありません。

世界中からハワイを訪れるゲストのみなさんに、クッキーを通しておもてなしの気持ちをしっかりと伝えるべく、ホノルル・クッキー・カンパニーはワイキキを中心としたホノルルの各所に店舗・工場を設けています。近年ではマウイ島、そしてハワイを飛び出してアメリカ本土ラスベガスやグアムにも新しい店舗をオープンしました。

ハワイで最高の時間を過ごしていただきたい――。そのために、私たちは努力を惜しみません。みなさまに喜んで頂けるようなパッケージデザイン、そしてアロハの精神にあふれた店舗…。でも、その中心にあるのはいつでもクッキーです。選び抜かれた最高品質の原材料を使って焼き上げられるクッキーを、世界中のみなさまにお届けしています。

パイナップルの形

パイナップルは世界的に「おもてなしのシンボル」とされています。ホノルル・クッキー・カンパニーのクッキーがパイナップルの形をしているのは、実はこの理由から。ギフトとして贈られることを想定している私たちのクッキー、長年の友人へのギフトとしてはもちろん、新しい出会いの場でのご挨拶として、みなさんでシェアして楽しんでいただければと思います。

私たちは世界中からのゲストをあたたかくお迎えすることによって、アロハの精神を広めていきたいと考えています。パイナップル形のクッキーその一枚一枚によって、私たちの美しきふるさとハワイを思い出していただければ幸いです。

#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#

私たちのクッキー

ハワイを思わせるプレミアム・ショートブレッド・クッキーは、正確なレシピに基づき最高品質の原材料のみを使って焼きあげられています。そしてチョコレート・ディップ、フルーツやコーヒー豆のトッピングなどは一つひとつすべて手作業。極めて高い品質で知られる我が社の製造基準を満たすため、細心の注意が払われています。1枚ずつ個包装されたクッキーを手作業でオリジナルデザインのパッケージに詰め合わせ、お客様のもとへとお届けします。