2019年2月nutrthの食卓提案

夕食主食

煎り大豆と舞茸の炊き込みご飯

節分に行う豆まきは、季節の変わり目に邪気を追い払う儀式として行われていたようです。
せっかくかった豆も節分が終われば余ってしまう…
ぜひ節分の翌日にお試しください♪豆の香ばしさと食感が感じられる炊き込みご飯です。
調理時間:60分

#
夕食主菜

梅と大葉の鶏つくね

2月4日は、立春。1年の始まりとされています。
西洋では、1年がぐるぐると回るという考え方ですが、日本では、1年が終わりまた始まるという考え方をします。
そしてその1日目が立春。節分で邪気を追い払い、1年が始まる節目の日です。
テーブルではやや明るい色を取り入れ、春の訪れを感じる梅や桜餅・うぐいす餅等を食べて、気持ち良くスタートを切りましょう~!
調理時間:40分

#
その他おやつ

ざくざくチョコレートバー

2月14日。大切な人へチョコレートを届ける日。
組み合わせるのは有機とうもろこしと、わずかな有機砂糖、赤穂の天塩のみで味付けしたシンプルなコーンフレーク。
優しい味がチョコレートの甘さを邪魔せず、ザクザク感でよりおいしく仕上がります。
溶かして混ぜて固めて、あっという間にできあがりです。
調理時間:30分

#