よくある質問

ご購入前に多い Q&A

Q:アシストが切れたら電動自転車は重い?
電動自転車はアシストが切れたら、重くなると思われていますが、それは、昔の電動自転車でリチウムイオンバッテリー搭載の電動自転車なら、車重も軽く、外装7段変速、内装3段変速など、変速が装備されているのでギアを軽くして頂ければ、爽快に乗って頂けます。
Q:子供を乗せて走りたいけど、どの自転車が適してるの?
子供を乗せて走行される場合は、京の洛スクではプチシャッセをお勧めます。なぜなら、車体重量25.0kg(5Ah搭載車)と電動自転車の中では軽く、20インチなので、小回りも効き、お子様の乗せおろしも楽ラクです。
Q:専用子供乗せリアキャリアって何のこと?
まず、キャリアとは、荷台のことです。現在のJIS規格では、クラス18(積載量18kg)のキャリアでは、子供を乗せるシートを取付できません。クラス25(積載量25㎏)以上のリアキャリアを取付ないと、子供乗せのシートを取付出来ない事になっています。京の洛スクでは、プチシャッセ、ピルエットS、ルルベ、プリエ、パッセLに専用のクラス27のリアキャリアをご用意しています。
Q:バッテリーの扱い方はどうしたらいいですか?
バッテリーは、水や高温、低温によって不具合が起こる可能性があります。そのため、バッテリーを室内(15℃~25℃)で保管して頂く事が必要です。
満充電になったバッテリーを繰り返し充電すると、寿命が早まるので止めましょう。
長期間乗らない時は、バッテリー残量50%以上残して、室内の湿気が少ない場所で保管してください。
Q:電動自転車は、自転車店でも直せますか
パンクやチェーン外れ等の自転車部分の修理はお近くの自転車店で修理可能です。電気部分やアシストに関しては京の洛スクでの修理となります。部品交換や簡単な修理はお客様でも可能です。
Q:自転車のメンテナンスは、必要ですか?
電動自転車は、普通の自転車と比べてスピードも早く、振動もあるので定期的な点検が必要になります。お近くの自転車店で定期点検をしていただけますので、2ヶ月目、1年目と半年から1年ごとに定期点検を行ってください。
Q:自転車の組立は大変なの?
自転車はある程度組み立てて発送されますが、組立に自信が無いお客様は、組立完成車をおすすめします。ハンドルの固定をするだけで、すぐに自転車に乗っていただけます。

ご購入後に多い Q&A

Q:変速チェンジはどのタイミングですればいいの?
外装式の変速の使い方は、止まっているときにギアチェンジはしてはいけません。ペダルを漕いでいる時に、切り替えを行ってください。内装式の変速は、停車中でも可能です。
Q:走行距離が短くなったけど故障?
タイヤの空気圧の低下や、冬場で気温が下がっている場合は、バッテリーの消耗が早くなります。タイヤの空気が入っているか、ブレーキが当たっていないか、気温が低くないかをご確認ください。
Q:手元の残量メーターは、点いているけどアシストがされていない?
ペダルの軸の右側にある黒い円盤が、振動や、押されて離れている可能性があります。黒い円盤を内側に押して、センサーとの距離が1~2mmになるように設定してください。詳しくは同封されている取扱説明書をお読みください。
Q:手元の残量メーターも、点かないし、アシストもされない?
バッテリーは、きちんと充電されているでしょうか。ヒューズは焼けてないでしょうか。もし、ヒューズと書かれた蓋がバッテリーに、付いている場合は、ヒューズの交換を行ってください。それで、直らない場合は、京の洛スクにご相談ください。
Q:自転車から変な音がするんだけど?
ネジ等が弛んでいる可能性があります。お近くの自転車店で、点検、増し締めを行ってください。
Q:バッテリー鍵や取外し鍵を紛失したんだけど、どうすればいいの?
全て無くした場合は、キーシリンダーを販売していますのでご注文ください。
パッセ、シーガル、バロンの場合は、バッテリーを送って頂きシリンダー交換になります。
シーガルの場合、1本無くされた場合はキーの原版を販売していますので、ご注文頂きお近くの鍵屋さんでコピーして頂く事になります。
Q:バッテリーを長持ちさせる使い方は?
高温のところに置かない。
バッテリーは高温下にさらされるのが苦手です。バッテリーを炎天下の自動車の中や冬場の暖房器具の側など、高温下で保管しないでください。
高温、低温の環境下で充電しない。
バッテリーは充電中に内部温度が上昇します。外気温が高い場所で充電すると、満充電に近くなったとき、通常より劣化が早くなります。約15~25℃の室温で充電しましょう。
満充電になったバッテリーを繰り返し充電しない。
バッテリーが満充電での充電は劣化が進みます。満充電のバッテリーを何回も繰り返し充電するのは避けてください。
長期間乗らないときはバッテリー容量を50%以上残して涼しいところで保管。
長期間(1ヶ月以上)乗らない場合は車両から外し、バッテリー残量を50%以上残して室内の涼しく(10~20℃)湿気のない場所で保管ください。

ページTOPへ