STYLING COLLECTION

スタッフコメント

近年キレイめスタイルの定番となったジャケパンのセットアップスタイルも、カットソーとスニーカーを合わせればこなれ感漂うタウンユースなスタイリングに。ジャケパンのセットアップスタイルは、キメ過ぎるとビジネスライクに寄ってしまうので、コーデの中に程よく抜け感をプラスするのがポイント。さらにオシャレ加点を狙う場合は、今期も引き続きトレンドカラーであるベージュやブラウンなどのコロニアル・サファリといった自然系のカラーをコーデに取り入れるだけで、シンプルなコーデでもグッと旬なトレンドスタイルにブラッシュアップ。

2018-2-21 UP

スタッフコメント

同素材のパンツと合わせたセットアップスタイル。ボトムスにはあえてジョガーパンツデザインのものを合わせることで程よくカジュアルダウンさせ、定番のセットアップスタイルとは違うスポーツMIXコーデに仕上げました。カラーもカジュアルな印象が強いネイビーをチョイス。ホワイトと合わせることで爽やかさを演出します。

2018-2-20 UP

スタッフコメント

ステンカラーコート×パーカーの重ね着でワンランク上の着こなしを実現。全体的にカジュアルな要素が強いアイテムの合わせも、TR素材のステンカラーコートを使用したことで、カジュアルになりすぎないバランスの取れたコーディネートに仕上げています。

2018-2-19 UP

スタッフコメント

同素材によるキレイめセットアップは上下であえて色を揃えないことでカジュアルダウン。かっちり決まりすぎず、こなれたセットアップスタイルが完成します。ジャケットには意外とスタイリングに取り入れやすいテラコッタと呼ばれる赤茶色をチョイス。手軽に感度の高さが演出されるカラーです。

2018-2-16 UP

スタッフコメント

子供っぽくなってしまいがちなチェック柄のシャツも、全体をモノトーンでまとめることで一気に抜け感のある大人の印象に。インナーをホワイトではなくグレーにしたこともポイントの一つです。子供っぽくなってしまいがちな柄や色を選ぶ際は、コチラのコーディネートを参考に、大人っぽさを意識したアイテム選びをするように注意してみて下さい!

2018-2-15 UP

スタッフコメント

"春を先取るならまずは素材から・・・"。シンプルなステンカラーコートのコーデながら、綿麻混紡のステンカラーコートをチョイスし、パンツをロールアップしてくるぶしを魅せることで軽やかな春先を連想させる技アリ春コートスタイル。また、インナーに白のカットソーを合わせることで、ドレス要素が強いコーデに抜け感をプラスし、こなれ感を演出。

2018-2-14 UP

スタッフコメント

ビジネスシーンでも大活躍のブロード生地のシャツを使った大人のオフコーデをご提案!春を感じさせるピンクのシャツにはホワイトのインナーを合わせて顔周りを爽やかに演出。パンツはあえてブラックではなくネイビーをチョイス。小物は全てホワイトで統一感がありスマートな印象になります。爽やかでいて好感度も上がること間違いなしのオススメコーデです!

2018-2-13 UP

スタッフコメント

トレンドのテラコッタ色のシャツはモノトーンアイテムと組み合わせて大人っぽく着こなすスタイルがオススメ!センタープレスパンツとローファーでかっちりとした大人っぽさを演出し、インナーの白シャツでヌケ感と清潔感を出しています。このコーデを参考にモノトーン+カラー1色コーデを試してみてください!

2018-2-9 UP

スタッフコメント

同素材の上下で合わせたセットアップスタイルならサッと上級お洒落コーディネートが完成。襟の付いたコーチジャケットに合わせるならインナーはバンドカラーのシャツがオススメ。程よくキレイめなエッセンスとカジュアル感をMIXさせて、こなれた印象に。

2018-2-8 UP

スタッフコメント

ライトでしなやかな素材のツイルチェスターコートにバンドカラーシャツを合わせて季節感と程よいヌケ感を取り入れた春のキレカジチェスターコーデ。インナーなどのどこかワンポイントにホワイトを取り入れると簡単にコーデに軽さを出すことができるので、これからの季節にオススメ。

2018-2-7 UP

スタッフコメント

簡単にオシャレが楽しめる、SPU風アンクルパンツの着こなしをご提案!スリムシルエットのカーディガンと足元のローファーのブラックで統一感を出し、白インナーでメリハリを与えるのがポイントです!さらにアンクルパンツはあえてキャメルを入れることでモノトーンにしがちなところをしっかりアクセントをプラスし、ワンランク上の着こなしになります!是非試してみてください!

2018-2-6 UP

スタッフコメント

ツヤ感のある生地で色気を演出するテーラードジャケットを使ったジャケパンスタイル。パンツにリジットのデニムを使うことで程よくカジュアルダウンしつつキレイめな印象を崩さないようにしています。春のお出かけにオススメです!

2018-2-5 UP

スタッフコメント

全体的にキレイめに振ったコーディネートも、あえてミリタリーがベースにあるMA-1を使用することでお洒落感が一気にUP。MA-1の素材感をTR素材にしたことでキレイめのコーディネートの中に上手く溶け込ますことができています。全体のイメージから少し外したアイテムを上手く取り入れた難易度の高い着こなしです。

2018-2-2 UP

スタッフコメント

セットアップでカッチリと決めつつ、キャンバス生地のバッグやスニーカーの小物使いでヌケ感を作った上級キレイめスタイル。ゆったりめのボトムスはセットアップでのスタイリングでもカジュアルダウンがしやすく、着回し力が高いアイテムです。

2018-2-1 UP

スタッフコメント

グリーンのロングコートをデニムとニットで爽やかに着こなしたキレイめ王道コーデ。有彩色が入っていたり、デニムを使っていたりとカジュアルに見えますが、足元を革靴にすることで全体の印象を引き締めています。人の視線は先端に集まりやすいので、足元などにキレイめアイテムを持ってくることで全体の印象を簡単に変えることが出来ます。カジュアルになりすぎた時は足元を革靴にして全体の印象を引き締めてみてください!

2018-1-31 UP

スタッフコメント

キャメルのジャケットに相性の良いボーダーニットを合わせたこれからの季節にぴったりなキレイめカジュアルスタイル。一見ニットとデニムでカジュアル色が強いコーデでも、足元にレザーシューズを取り入れ、全体のシルエットをタイトにまとめることで上品な印象に。

2018-1-30 UP

スタッフコメント

着膨れになりがちな今の季節もSPUらしく細身シルエットでスマートにコーディネートしてみました。アウターの前は1つ留めて、首元のマフラーをあえてアウターの中にしまうことですっきりとした印象に仕上がります。小物はブラウンで統一感を持たせることも大事なポイントです。是非試してみてください!

2018-1-29 UP

スタッフコメント

全体をブルーの色味で統一したコチラのコーディネートは、上半身と下半身で色味の差をつけることで、違和感を与えないまとまりのあるコーディネートに仕上げています。インナーや足元のアイテム合わせも、ややカジュアルに振ることで、アウターとパンツのカジュアルな雰囲気を崩すことなくコーディネートすることができています。また、インナーに使用しているニットの下からカットソーを見せることで、コーディネート奥行きを作っている点も、コーディネートが単調にならない工夫の一つです。

2018-1-26 UP

スタッフコメント

アウターとボトムスがダークトーンのカラーで重なってしまうときは、白など明るいカラーのインナーを裾からチラリと見せて着こなすのが冬のお洒落ポイント。似通ったカラーの上下のアイテムを白でセパレートすることによりスタイリングにメリハリが出てお洒落な印象にまとまります。

2018-1-25 UP

スタッフコメント

全体をモノトーンカラーで統一しシンプルにまとめながらも、コートにイタリアンカラーをチョイスすることでこなれ感も取り入れた、大人のこなれコートスタイル。色味がシンプルなコーデの場合は、小物使いや素材選び、ディティールに拘ってコーデの表情を豊かにすることを意識するとGOOD。

2018-1-24 UP

スタッフコメント

存在感のあるブルーグリーンのトップスも、落ち着いたアイテムをベースにコーディネートを組むことで、子供っぽくなりすぎない大人コーディネートに仕上げることができます。寒くなる季節はどうしても全体の色合いが重くなりがちなので、トップスの色味に変化を付けるだけでも簡単に周りと差をつけることができます。コチラのコーディネートを参考に、トップスに色味を持たせた冬のコーディネートに是非挑戦してみてはいかがでしょうか!

2018-1-23 UP

スタッフコメント

SPU定番アイテム、イタリアンジャケットを使った着こなしのご提案です。全体をモノトーンでまとめつつ、差し色としてワインのマフラーを入れてみました。マフラーはあえて首から垂らすことで程よいリラックス感を演出しつつ、こなれた印象に仕上がります。是非試してみてください!

2018-1-22 UP

スタッフコメント

メンズの定番スタイルであるジャケパンスタイルを裏起毛パンツで組んだコーデ。裏起毛であれば寒い季節も暖かくお洒落をお楽しみいただけます。インナーは白いカットソーで清潔感を演出。パンツはデニム地を選ぶことで、スタイリング全体の色味の印象が重くなることを防いでいます。

2018-1-19 UP

スタッフコメント

ダークトーンでまとめたスタイリングにベージュのアウターで明るさをプラス。明暗のバランスが取れ、重たい印象になることを防いでいます。インナーにシャツを用いて首元から白色を見せることで、ニットとボトムスのダークトーン同士の合わせもキレイにまとまっています。

2018-1-18 UP

スタッフコメント

コーデの定番スタイルであるシャツとニットの合わせをツヤ感のあるオックスフォードシューズで締めたキレイめスタイル。ニットとシャツは明るい色合いで爽やかに。パンツと靴をクロの同色でまとめることで足を長く見せる効果があります。どのアウターにも合わせやすいスタイルなのでインナーの合わせに困った時はぜひ参考にしてみてください!

2018-1-17 UP

スタッフコメント

エレガントなドンキー襟とマットな素材感が特徴のレザージャケットを使用したこちらのコーディネートは、モカパンツ×ブーツでさらに男らしさを追加し、男の色気漂うコーディネートに仕上げました。全体をダークトーンのアイテムでコーディネートを組む際は、インナーをホワイトにすることで、重たくなりすぎないコーディネートに仕上げることができますので、是非参考にしてみてください。

2018-1-16 UP

スタッフコメント

スラブニットとカットソーをレイヤードし、ダメージジーンズを合わせた、シンプルながらも遊びを取り入れたカジュアルニットコーデ。トップスと同色のスニーカーを取り入れることでバランスの取れたスタイリングに。ダメージジーンズにトライしてみたいけどキレイに着こなせるか不安な方にオススメ。

2018-1-15 UP

スタッフコメント

今期も引き続き人気のミリタリーテイストなフライトジャケットに、とっつきやすく馴染みのあるプルオーバーパーカを合わせた鉄板コーデのご提案。SPUらしくすっきりとしたシルエットを基調にモノトーンで大人カジュアルをテーマにスタイリングしてみました。インナーのパーカはあえてオフホワイトにすることで暖かみのある印象に仕上がります。少し季節感を意識するだけで一気に旬な着こなしになるので是非試していただきたいです!

2018-1-12 UP

スタッフコメント

シャツをインしたキレイめ定番スタイルに、光沢感のあるナイロンダウンベストを合わせてスポーツテイストをバランス良くミックス。艶やかな表情のダウンベストがスタイリングに大人の色気をプラスし、お洒落に仕上げてくれます。

2018-1-11 UP

スタッフコメント

モノトーンでまとめたこちらのスタイリングはシンプルながら絶妙な色合わせでこなれ感を演出してみました。ホワイトのダウンのインナーにあえて同系色のオフホワイトを合わせ重く見えがちなダウンジャケットを爽やかな印象に仕上げ、下半身はブラックのスキニーでVラインシルエットを意識してコーディネートしました。野暮ったさのないハイセンスな大人のコーデです。

2018-1-10 UP

スタッフコメント

ドロップショルダーがワイドなシルエットを作りだすナイロンジャケットを、モノトーンでクールな印象にまとめたスタイル。白と黒の単調な色使いにならないよう、グレーのタンクトップをレイヤードさせてこなれた雰囲気を演出しています。またスニーカーをタンクトップと同色にすることで、統一感が生まれコーデがまとまりやすくなります。同色合わせはグレー以外にも使える技術なので、このスタイリングを参考にお手持ちのアイテムで試してみてください!

2018-1-9 UP

スタッフコメント

トレンドカラーであるテラコットのハイゲージニットを使用したコチラのコーディネートは、全体をブラック中心でまとめたことで、子供っぽくならない男らしい印象に仕上げました!また、インナーや足元などにホワイトを取り入れることで、ブラック中心のコーディネートの中にも軽さを作ることができますので、是非参考にして頂ければと思います!

2018-1-5 UP

スタッフコメント

同色のアイテムを合わせる上級テクニックでシックなムードが演出された感度の高いスタイリング。ニットとアウターの同色合わせも、グレーという無彩色であればうまくまとまります。足元にツヤ感のあるシューズを組み合わせることが、大人でクールな印象に仕上げるポイントです。

2018-1-4 UP

スタッフコメント

柔らかく可愛らしい印象のスライバーウールを使用したステンカラーコートに、上品なタートルネック、キレイめなデニムパンツを合わせ、カッチリしすぎないカジュアル寄りのキレイめスタイルに仕上げました。スライバーウールなど特徴的な素材感のアイテムを使用する場合、その素材が与える印象を加味してコーディネートを組むことで、アイテムを活かしたコーディネートが組みやすくなると思いますので、コーディネートを組む際はアイテムの素材感にも注意してみて下さい!

2017-12-27 UP

スタッフコメント

軽やかでしっかり暖かいスライバーウールを採用したチェスターコートに、ニット・シャツをレイヤードした王道キレイめチェスターコーデ。あえてダメージジーンズをチョイスすることで、キレイめを保ちつつ肩の力が入り過ぎない程よい抜け感をプラス。定番コーデの中にもレザーシューズとレザートートの配色を併せて、小物使いにも拘りを感じさせるのが周りと差をつける"大人のお洒落"。

2017-12-26 UP

スタッフコメント

トレンドのベロア生地を使用したセットアップコーデ。程よい光沢感が魅力のジャケットを同素材のパンツと合わせてキレイめな印象に。靴はあえてスニーカーで合わせることでコーデに程よいヌケ感をプラスしています。素材を変えると簡単にトレンドを取り入れられるので是非参考にしてみてください!

2017-12-25 UP

スタッフコメント

落ち着いた配色で仕上げたこちらのスタイリングは、SPUのロングヒット商品、モカパンツを使った王道キレイめコーデのご提案です。ウエストラインがすっきりとしたステンカラーコートのインナーには相性の良いタイトめのリブタートルを合わせ着膨れ感のないスマートで上品な印象に仕上げました。好感度間違いなしの大人な着こなしなので是非試していただきたいです。

2017-12-22 UP

スタッフコメント

色使いが重くなりがちな冬シーズンにはキャメルのコートがオススメ。キャメルのカラーが優しい印象を演出してくれます。白いシャツをニットの下にインすることで清潔感をプラス。シーンを問わずに着ていただける外れナシのキレイめスタイルです。

2017-12-21 UP

スタッフコメント

トラッドな色合わせが目を引くコーデ。インナーのシャツと白スニーカーがヌケ感を出すポイントです。ネイビーのアウターは長めの丈を選ぶことで、程よくトラッドな雰囲気を出しつつも、イマドキの着こなしに仕上げることができます。

2017-12-20 UP

スタッフコメント

トレンドのコーデュロイ素材を使用したキレイめコーデ。トップスはニットにシャツを合わせたシンプルなスタイルですが、パンツに旬のコーデュロイを取り入れることで今年らしい雰囲気に様変わりします。首元と靴に白を入れることでヌケ感と清潔感をプラス。色味が重くなりがちな冬にオススメのスタイルです!

2017-12-19 UP

スタッフコメント

ダウンベストとスウェットのトップスでリラックス感を生み出したスタイリング。ラフになりすぎないように艶感のあるシューズを合わせて印象を引き締めました。カジュアルな雰囲気が強くなりがちなダウンベストは、モノトーンな色の組み合わせにすることでクールな大人の着こなしを作ってくれます。

2017-12-18 UP

スタッフコメント

ハリ感のあるトップスとパンツで全体的に清潔感のを与え、インナーのタンクとソックスはホワイトで差し色使いした少しハイレベルな着こなしではありますが是非挑戦していただきたいオススメコーデです!シンプルな色合わせも素材やシルエットで一気に旬顔コーデが作れます。

2017-12-15 UP

スタッフコメント

モノトーンにまとめたコチラのコーディネートも、トップスの裾からレイヤードさせたホワイトと、靴下に使用したホワイトを合わせることで、シンプルながらまとまりのあるコーディネートに仕上げています。また、一見すると単調な組み合わせに見えながらも、柔らかい印象が特徴的なラグランスウェットに、あえてキレイめのアイテムを合わせることで、コーディネートに抜群の抜け感を与えています。このように、主役となるアイテムの特性を活かしてスタイリングすることで、ワンランク上のコーディネートも作りやすくなると思いますので、アイテム一つ一つの特性に注目しながらスタイリングすることを意識してみて下さい!

2017-12-14 UP

スタッフコメント

ここ最近定番になりつつあるアンクル丈のパンツにグレーのソックスでトップスのタートルとのカラートーンを絶妙にリンクさせたハイセンスな着こなし。パンツはあえてネイビーを使用することで単調な印象にならないオススメコーデです!

2017-12-13 UP

スタッフコメント

キレイめの定番テーラードジャケットに、ソフトな肌触りでリラックス感のあるアンクル丈パンツを合わせることでバランス良くカジュアルダウンさせたこなれキレイめスタイルです。パンツの素材感や靴下をあえて見せる小技から演出されるヌケ感に、全体の印象をキュッと引き締める艶っぽいシューズやバッグの小物使いが合わさり相乗効果を発揮。キメ過ぎずユル過ぎない、バランスの取れたこなれたスタイリングが完成しました。

2017-12-12 UP

スタッフコメント

コーチJKTライクなステンカラーコートのインナーにひょうたんキルトのライナーJKTを合わせた、ファッション感度と防寒性を兼ね備えた冬のトレンドコートスタイル。一見シンプルな合わせながら、コートからチラッと見えるひょうたん柄が絶妙な抜け感とこなれ感を演出。こちらのひょうたんキルトJKTはお洒落なインナー使いとしてはもちろん、耐久撥水加工を施してあるので悪天候の日でも安心して着用できるアウターとしても最適。

2017-12-11 UP

スタッフコメント

カジュアルになりがちなダウンを上品に着こなしたスタイル。防寒性が高く寒い時期活躍するダウンは、どうしてもカジュアルになりがちなことが多いと思います。ですが、今回のようにキレイめな印象のタートルや艶感のある靴を合わせてもらうことで品のあるスマートなスタイルを作ることが出来ます。秋冬はダウンのスタイルが多くなると思うので、今回のコーデを是非参考にしてみてください!

2017-12-8 UP

スタッフコメント

可愛さのあるボアフリース素材のアイテムも、他の色味を抑え、キレイめ要素の強いアイテムで固めることで、抜け感のある大人のコーディネートに仕上げることができます。ボアフリース素材のアイテムは、難易度が高く思われがちな部分もありますが、着こなすことができれば、他のアイテムではなかなか表現できない独特の洒落感を演出できますので、是非一度挑戦してみて下さい!

2017-12-7 UP

スタッフコメント

チェスターコートにタートルネックとこの季節王道の合わせながら、ワッフル素材やリブ素材を取り入れ生地選びから拘った大人のキレイめコーデ。シューズとマフラーの小物をブラウンで統一させているところも技ありポイント。コーデ自体がシンプルな場合、マフラーをストライプ柄にすることで縦のラインが強調されてよりスマートなでエレガントなスタイリングに仕上げることができます。本格的な冬のシーズンが到来したこの時期、小物使いや素材感で周りと差をつけましょう。

2017-12-6 UP

スタッフコメント

加工ジーンズ、ワークブーツという王道のアメカジスタイルを、色使いを意識することで野暮ったさのないクリーンな着こなしに仕上げたオシャレ感度高めのスタイリング。ファー付きネイビーのダウンとダメージありのブリーチデニムを合わせ、インナーはシンプルにホワイトのカットソーでこなれ感を演出。さらにワークブーツは明るめのベージュスエードを合わせることでアメカジ独特の土っぽさをなくし清潔感をプラスします。

2017-12-5 UP

スタッフコメント

ムートン生地のナチュラルな印象と男らしいジップアップデザインが融合した、カジュアル・キレイめどちらにも合わせられる万能アウター。艶っぽいシューズと顔回りを引き締める効果のあるタートルネックで作る定番キレイめスタイルに、程よい男らしさをプラスする大人メンズ向けコーディネートです。

2017-12-4 UP

スタッフコメント

珍しいワッフル素材コートを使ったキレイめスタイル。キャメルなどの明るめのニットを入れることで、ダークトーンでまとめられたかっちりキレイめスタイルを程よくカジュアルダウンできます。また清潔感をプラスするために首や足元に白を入れることもポイントの1つです。秋冬はダークトーンなスタイルが多くなると思うので今回のコーデを是非参考にしてみてください!

2017-12-1 UP

スタッフコメント

一歩間違えると可愛い過ぎる印象になりがちなダッフルコートも、その他に使用するアイテムの「色味を抑えること」、「Yラインシルエットを意識すること」で、スマートな印象を保ちつつも、程よく抜け感のあるコーディネートに仕上げることができます。さらに、上品な印象を演出してくれる「ストライプ柄」のマフラーを取り入れることで、コーディネートに奥行きを持たせつつ、スマートな印象をプラスしています。作りたい印象を意識した小物選びを心がけることで、他と差をつけるコーディネートも簡単に作ることができると思いますので、是非アイテムの持つ「特性」を活かした小物選びを意識してみて下さい!

2017-11-30 UP

スタッフコメント

シンプルなモノトーンコーデにフェアアイル柄のジャガードニットで季節感とこなれ感を取り入れた大人の冬ニットスタイル。単調になりがちなオフィスカジュアルのグレードアップに、プライベートのお出かけやお食事会にと、オンオフどちらでも使い勝手抜群なので、幅広いシーンで活躍できるコーデをお探しの方にオススメ。

2017-11-29 UP

スタッフコメント

モノトーンでシックにまとめたこちらのコーデはホワイトのタートルとちらっと見えるホワイトの靴下で程よい統一感をプラス。マフラーはあえて首から垂らすことでこなれ感を演出できるだけでなく、ストライプ柄により顔周りがすっきりと細身にみえ、スタイルアップ効果も期待できます。スタンダードな着こなしの中にも手抜きを感じさせない大人のコーデです。

2017-11-28 UP

スタッフコメント

大人の色気があるイタリアンカラーコートと、上品なタートルネックが相性抜群のコチラのコーデは、ワインカラーのマフラーを差し込むことで、単調な色の組み合わせの中に程よくアクセントを与えています。

2017-11-27 UP

スタッフコメント

本格N-3Bジャケットをキレイめに組んだスタイリング。カジュアルになりがちなミリタリージャケットもタートルニットや白スキニーのような上品なアイテムと合わせることで、程よくドレスアップすることが出来ます。

2017-11-24 UP

スタッフコメント

モノトーンでまとめつつも、無骨さを感じるデザインのジャケットを取り入れたことで男らしい雰囲気漂うスタイリングとなりました。落ち着きのあるカラーバランスが大人のカジュアルスタイルを創り出すポイントです。

2017-11-22 UP

スタッフコメント

ドンキー襟のジャケットに程よくウォッシュのかかったダメージジーンズで男らしいカジュアルを演出しながらも、ジャケットをキャメルにインナーのUネックカットソーとシューズをホワイトで合わせて色味の柔らかさをプラスすることで、無骨すぎない洗練されたメンズコーデに。ドンキー襟のような襟などの首回りにボリュームがあるトップスは目線を高く持ってくることで背を高く見せる効果があるので、身長を高く見せたい方にオススメ。

2017-11-21 UP

スタッフコメント

シックなダウンを合わせて男らしさも感じさせるキレイめスタイルが完成。モノトーンで落ち着いた印象を持たせながらも、柄マフラーや艶っぽい靴、バッグの組み合わせで華やかさもプラス。インナーに白を選ぶと全体が重たくならずスッキリとした印象になります。

2017-11-20 UP

スタッフコメント

全体的にビターで男らしさもありながら清潔感のある大人の着こなしに仕上げてみました!トップスはすっきりとしたシルエットのブラックニットのインナーにホワイトカットソーがセットのアンサンブルアイテムをチョイス。クリーンな印象を受けづらいダメージデニムをあえて使用。ニットとデニムの色のトーンを同じにすることでまとまった印象になります!

2017-11-17 UP

スタッフコメント

高級感のある生地で作られたダウンベストを取り入れたこちらのコーディネートは、思い切ってキレイめに振ったことで、抜け感のある大人の着こなしを作り出すことができました。ダウンベストに表情が少ない場合は、インナー選びを工夫することで、適度に存在感のあるコーディネートが作れますので、ダウンベストを取り入れる際はインナー選びに注意してみて下さい!

2017-11-16 UP

スタッフコメント

ショート丈のピーコートを合わせてスッキリと爽やかにまとめたスタイル。動きやすいショート丈のコートはカジュアルな印象が強くなるので、足元はアクティブな雰囲気を演出するスニーカー合わせがオススメです。

2017-11-15 UP

スタッフコメント

ミリタリー色が強いモッズコートも、シルエットや色使いでSPU流キレイめコーデにアレンジ。ダークトーンのアウターとパンツの合わせに、インナーとシューズを明るいカラーで合わせることで柔らかい印象もプラスした技ありコーデ。重たくなりがちな冬のコーデはインナーや小物の色使いで周りと差をつけましょう。

2017-11-14 UP

スタッフコメント

エレガントな印象の強いイタリアンカラーコートと、ホワイトのパンツを合わせたこちらのコーディネートは、その他のアイテムをダークトーンでまとめることにより、嫌らしくなりすぎない程よく艶感のあるコーディネートに仕上がりました。また、単調な組み合わせになってしまうコーディネートも、小物をうまく使用することで、アクセントを与えることができたり、簡単にお洒落感を演出することができますので、是非これからの季節は、小物使いも意識したコーディネートに挑戦してみて下さい。

2017-11-13 UP

スタッフコメント

上品な印象のレッドのニットを使ったキレイめスタイル。レッドのニットを程よいヌケ感を出す『外しアイテム』として活用しました。また首元に白を入れることで清潔感のある印象に仕上げでいます。

2017-11-10 UP

スタッフコメント

SPU定番アイテムのイタリアンカラージャケットをこなれ感ある大人の着こなしをご提案!グレーのジャケットにあえてインナー、パンツ、シューズをブラックで統一。このスタイリングの大事なポイントはニットの中にホワイトのシャツをさすこと!ホワイトのシャツがあるだけで全体が重たくならずすっきりとした印象を与え上品な着こなしに仕上がります。

2017-11-9 UP

スタッフコメント

ライダースにシャツというキレイめなトップスにあえて機能性抜群のスウェットライクなパンツとスニーカーをチョイスし抜け感をプラスすることで、より洗練されたタウンユースな着こなしに。野暮ったくならないよう色味をモノトーンに統一しているポイントもGOOD。

2017-11-8 UP

スタッフコメント

柔らかな色彩のパンツとパーカーに全体の印象を引き締めるレザージャケットを合わせたコーデ。首元が寂しくなりがちなシングルレザージャケットにパーカーを合わせてあげることで小顔効果があるスタイリングに。肌寒くなってきたこれからの時期にオススメのカジュアルコーデです!

2017-11-7 UP

スタッフコメント

シンプルになりがちなコーディネートもアクセントカラーを追加するだけで、奥行きを感じるコーディネートに。アクセントカラーを取り入れる際のポイントとしては、取り入れる面積を狭く、そして、コーディネートのベースとなっているカラーの補色に位置するカラーを選ぶことがオススメです!

2017-11-6 UP

スタッフコメント

定番のGジャンとスキニーのブラックの合わせも、上にベージュのロング丈コートを合わせて上品さをプラス。中のGジャンは濃いめブルーで合わせるのもGOOD!肌寒い今の時期にオススメしたいワンランクアップできる大人コーデです。

2017-11-2 UP

スタッフコメント

シャツにテーラードを羽織ったスタンダードなキレイめスタイル。よくあるスーツ地ではなくツイード素材のテーラードをあわせることで、適度に遊びを効かせつつ、好印象な着こなしに仕上げています。

2017-11-1 UP

スタッフコメント

男らしさのあるレザージャケットに、キレイめな要素のあるタートルネックニット、白パン、革靴を合わせることで、大人の色気と艶感を感じさせるコーディネートに仕上げました。一歩間違えると、ギラついた印象が強くなりすぎてしまう恐れがあるので、そういったとき場合は、使用するアイテムの色味により一層注意を払いましょう!

2017-10-31 UP

スタッフコメント

イタリアンカラーコートでYラインを作ったキレイめスタイル。インナーには地味にならないようケーブル編みのニットをチョイス。パンツとブーツの色をあえて黒色で統一することで足長効果も期待できる秋冬のオススメコーデです!

2017-10-30 UP

スタッフコメント

SPUおすすめのキルティングジャケットは柄が控えめなタートルと加工なしのリジットデニムをチョイス。すっきりとした着こなしの中にキルティング柄のジャケットでシンプルながら着こなしにアクセントを与えてくれます。

2017-10-27 UP

スタッフコメント

ボリューム感のある黒いアウターを着用するときは、意外と使いやすいモカという色味のパンツを合わせることで重たい印象になるのを避けることができます。足元に白を持ってくることも秋冬のスタイリングを明るい印象に仕上げるポイントの一つです。

2017-10-26 UP

スタッフコメント

ダークトーンになりがちな秋冬のスタイリングには、マフラーで取り入れる差し色がおすすめ。柔らかい印象のライトブラウンのマフラーと落ち着きのあるネイビーのアウターというシックな色合わせでスタイリッシュに仕上げています。

2017-10-25 UP

スタッフコメント

無彩色の色合わせが多くなりがちな秋冬にも使いやすいのがオリーブ色。落ち着いたキレイめな印象を損なうことなく、程よくカジュアルな雰囲気にスタイリングをまとめてくれます。

2017-10-24 UP

スタッフコメント

トラッドな雰囲気漂うグレンチェック柄を合わせてシックな印象にまとめたベストコーデ。袖をまくり、手首を見せることでこなれ感が演出されます。シルバーアクセサリーを取り入れると手軽にスタイリングに感度の高さをプラスすることができます。

2017-10-23 UP

スタッフコメント

ネイビー・グレー・ホワイト・ブラックと、落ち着きのある色味でバランスよく構成した定番のキレイめスタイル。重ための色のアウターを合わせる分、ボトムスの色は明るめに。更に足元に黒を持ってきてボトムスの明るさを引き締める、というのが外れナシのキレイめスタイルを作り出すポイントです。

2017-10-20 UP

スタッフコメント

ハリのある布帛素材のトップスとセンタープレスパンツでキレイめにスタイリングしつつも、靴下や裾からトップスの見せるインナーのカット素材でヌケ感をプラス。力んだキレイめスタイルを程よくカジュアルダウンさせた感度の高さを感じさせるスタイリングです。

2017-10-19 UP

スタッフコメント

ゆるめのシルエットのトップスには艶感のある靴や細身のパンツを合わせて印象を引き締めることがポイント。だらしなくなることなくスマートなキレイめスタイルが完成します。袖をたくし上げて手首の細さを見せることも、ゆるっとしたシルエットを引き締めて見せるポイントの一つです。

スタッフコメント

スポーティーなアイテムを散りばめた大人のスポーツミックススタイル。色味をダークトーンでまとめ、ボトムスを細身のシルエットにすることでアウトドアな印象からキレイめカジュアルの印象へ寄せることができます。

スタッフコメント

くるみボタンが特徴的なきちんと感のあるショールカラーコートを使ったスタイル。ブラックのアウターでも重くならないよう、チャコールのスキニーを合わせています。グラデーションカラーのニットがシンプルな組み合わせの中にも華やかさをプラスしています。

スタッフコメント

コーデに迷ったらコレ!SPU定番のアンサンブルアイテムを大人の色気があるモノトーンスタイルでまとめたコーディネート。アンサンブルアイテムなら悩まずすぐにキレイなバランスのレイヤードスタイルがキマります。

スタッフコメント

上品なストライプが浮かび上がるストライプ編みシャツを使用したコチラのコーデは、全体をモノトーンでまとめることで、大人のキレイめスタイルを実現しています。 キレイめなアイテムをモノトーンでスタイリングすると、シーンによってはカッチリした印象が強くなりすぎてしまう場合もあるので、そういった場合は、シャツのボタンを開けたり、靴をスニーカーにしたりなど、シーンに合わせたカジュアルダウンを心がけましょう!

スタッフコメント

Gジャン×ニット×黒スキニーを合わせた鉄板のキレイめスタイル。細身のシルエットでまとめることで、都会的かつスタイリッシュな印象に。インナーにスムースではなく表情のあるケーブルのニットを合わせることで、華やいだ着こなしに仕上がっています。

スタッフコメント

明るいトーンの色合いでまとめたコーディネートは足元も明るくライトブラウンで合わせると爽やかな印象に。シンプルでさっぱりとしたコーディネートには、アクセサリーをプラスしてお洒落度をUPさせましょう。

スタッフコメント

古着のような加工が魅力的なパーカーのスタイリング。USED感があるパーカーにクールで男らしいライダースジャケットを合わせたことで、全体の印象を引き締められています。また襟のないアウターに首元にボリューム感のあるパーカーを組み合わせると、小顔効果も期待できます。

スタッフコメント

リブニットにレザージャケットを合わせた大人のキレイめ休日コーデ。ジャケットを脱いでもモノトーンの落ち着いた色使いが様になるので、室内での食事やドライブの予定がある日にぜひ試して頂きたいスタイリングです。

スタッフコメント

艶感のあるTR生地で作られたコーチジャケットを使用したコチラのスタイリングは、着丈の長いインナー、ガチャベルト、ロールアップ、スニーカーといったカジュアルな要素を取り入れることにより、こなれ感のあるコーディネートを実現しています。 また、全体的にカジュアルな要素の多い組み合わせも、カラーリングをモノトーンにまとめドレスアップすることで、引き締まった印象に仕上げる事ができるので、カジュアルなアイテムを多く使用する際は、アイテムの「色味」に注意してスタイリングしてみてください!

スタッフコメント

SPU定番のレイヤードカットソーをさらにランクアップしたこなれ感あるコーデのご提案。 簡単に取り入れられるレイヤードアイテムにウォッシュデニムを合わせ、スニーカーとインナーは白でリンクさせることでまとまりのあるコーデになります!

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

ショールネックカットソーのインナーにシャツを合わせたお洒落上級者向けのレイヤードスタイル。ショールネックで顔回りにボリュームが出て華やかな印象になります。袖と裾からもインナーのシャツの白い部分を覗かせることでヌケ感を作り出しています。

スタッフコメント

テーラードジャケットと細身のパンツという定番のキレイめスタイルですが、今回はカーディガンのような感覚で着られるニットで作られたジャケットがポイント。ニットの風合いがテーラードジャケットのカッチリした印象を少しラフにカジュアルダウンさせます。素材感を変えるテクニックで、感度が高く見えるスタイリングを創り出しています。

スタッフコメント

光沢感のあるショールカラーコートを使用したこちらのスタイリングは、 足元にキャンバス地のスニーカーを使用することで、コーディネートにプレッピーな印象を与えています。 キレイめになりすぎてしまう場合などは、足元を程よくカジュアルダウンすることで、 こなれ感を演出できるので、TPOに合わせて挑戦してみてください!

スタッフコメント

少し着丈の長いコートは体系カバーできるだけでなく遊びが効く大人のマストアイテム! インナーに濃いめのGジャンとホワイトのカットソー、下は黒で統一することでだれでも簡単に上級者コーデが楽しめます。

スタッフコメント

SPU定番アイテムのミリタリージャケットはオリジナル商品!ワーク感と土っぽさを感じさせず程よいヴィンテージスタイルが楽しめる一押しアイテムだからこそカーキのジャケットは黒でまとめることでビターで大人な着こなしキメてほしい。

スタッフコメント

秋を感じさせるダークトーンでシックに大人っぽくまとめたスタイリング。インナーの裾からわずかにレイヤードしているカットソーの白を見せることで重すぎる印象になることを防いでいます。コーチジャケットというカジュアルなアイテムに合わせるなら足元はスニーカーが外れナシ。スポーティかつキレイめなお洒落カジュアルスタイルです。

スタッフコメント

スーツの上に防寒着としてダウンジャケットを羽織ったスタイリングです。こちらのダウンジャケットは生地にピュアウールメルトンを採用することで、ナイロンやフェイクレザーのダウンジャケットとは違った趣のある表情を見せてくれます。差別化しづらいスーツスタイルこそ、素材感で周りと差を付けてはいかがでしょうか?

スタッフコメント

濃淡のグレーでスマートにまとめたキレイめシャツスタイル。センタープレスの入ったカッチリめのパンツをロールアップして穿くことでこなれた印象になっています。靴に黒を合わせることで、グレーなどの淡い色を使っていても全体の雰囲気が引き締められています。

スタッフコメント

モノトーンをベースにコーディネートを組むことで、程よい大人っぽさを演出しているこちらのスタイリングは、 インナーに表情のあるケーブルニットを使用したことで、シンプルになりすぎない存在感のあるスタイリングに仕上がっています。 また、ブーツ×ロールアップで足元に軽さを出したことで、重くなりすぎない程よく抜け感のあるスタイリングを実現しています。

スタッフコメント

メルトン地の落ち着いた雰囲気を損なわないトーンでアイテムを統一したスタイリングです。首元からチラリと覗かせるインナーの白がポイント。シンプルながらもこなれたお洒落度の高さを感じさせるさりげないレイヤードテクニックです。

スタッフコメント

スウェードのシングルライダースとパーカーを重ね着したコチラのコーデは、ライダースの色以外を無彩色にまとめることで、ギミックを効かせながらもまとまりのあるコーデに仕上がっています。ライダースだけだとどこか寂しさを感じる場合は、ライダース×パーカーの重ね着に挑戦してみてはいかがでしょうか!

スタッフコメント

全体をモノトーンで統一したスタイリング。光沢感のあるパンツとローファーを合わせてカッチリした印象にまとまったスタイリングにニットソージャケットをプラスして程よくカジュアルダウンさせています。カジュアルダウンさせるアイテム合わせで、こなれた雰囲気を感じさせるスタイリングの完成です。

スタッフコメント

モノトーンにオフベージュのライダースジャケットを合わせた秋冬の大人コーデです。スタイリッシュで老若男女問わず好印象を与えてくれます。室内に入ってジャケットを脱いだときのことも考慮してニットの裾からインナーを出してバランスを取っている点もポイントの1つです!

スタッフコメント

ネイビーのニットに明るめのデニムで説妙な統一感が◎ インナーとシューズはホワイトを合わせることでまとまった印象になります。 だらしなく見られがちなダメージデニムも程よく清潔感を感じさせるハイセンスな着こなしです!

スタッフコメント

スニーカーでヌケ感を出したこなれたニットスタイル。シャツと光沢感のあるパンツでまとめたキレイめスタイルに、あえて外しのスニーカーを合わせることでグッとお洒落な印象に。艶感のあるスニーカーなら、キレイめなスタイルに合わせても浮くことはありません。

スタッフコメント

ナイロン素材の軽やかなコートをメインにスポーツテイストで統一したまとまりのあるスタイリング。スポーティーアイテムは他に組み合わせるアイテムをさっぱりシンプルなものにすることで、お洒落なカジュアルスタイルを作ることができます。

スタッフコメント

ブラックのニットに、深みのある色合いのパンツを合わせたコチラのコーデは、インナーのカットソーをニットの裾部分から見せることで、程よい抜け感をコーデに与えています。また、全体的に重くなりがちな色合わせもロールアップし足首を見せることで、軽やかな印象をプラスしています。シンプルな色合わせの中にも、気が利いた技が散りばめられたこちらのコーデを、是非参考にしてみてください!

スタッフコメント

全体をモノトーンでまとめつつ、プルオーバーパーカーにスニーカーで絶妙なワーク感をプラス!大人の余裕を感じさせる大人の着こなしです。

スタッフコメント

ジャケットにボーダーを合わせたコーデ。ベージュとモノトーンの組み合わせがフレンチスタイルの上品な印象を作ります。足元に白スニーカーを合わせることで、程よくヌケ感がでるのでキメ過ぎな印象になりません。品良くお洒落にまとまる休日の大人のオススメスタイルです。

スタッフコメント

知的な印象と男らしい印象を絶妙なバランスで兼ね備えた大人の休日スタイル。シングルライダースでスタイリッシュに男らしさを演出しながらも、インナーにニットを合わせることで、程よくカジュアルダウンしています。小洒落たバーでのデートの待ち合わせにも最適な着こなしです。

スタッフコメント

一見シンプルながら、トップスに合わせる同色のアウターでグッとお洒落度が高くなった上級者向けスタイリング。表面に凹凸感がある表情豊かなワッフル生地を使用したアウターを合わせたことがポイント。アイテム同士で異なるテクスチャーであれば、同色の組み合わせもお洒落に仕上げることができます。