STYLING COLLECTION

スタッフコメント

杢調の表情豊かなテーラードジャケットのような雰囲気を持つショールカーデは黒のアイテムでまとめて男らしくクールに着こなすのがオススメ。首元が開くショールカーディガンを用いたスタイルはコインモチーフのネックレスを一つプラスするだけでグッと男らしさが高まります。

2018-10-15 UP

スタッフコメント

クールなレザージャケットの着こなしを楽しめる季節がやってきました。シングルライダースのデザインは男らしさを与えつつもスマートな雰囲気を演出できるアイテム。ニットにさっと羽織るだけで、簡単にかっこいいスタイルが完成します。

2018-10-12 UP

スタッフコメント

落ち着いた印象を与えてくれるショールカーデに清潔感のあるワンウォッシュデニムを合わせた秋の大人カジュアルコーデ。シューズとクラッチはレザーで揃え、きちっと感をプラスしてみました!

2018-10-11 UP

スタッフコメント

キレイめカーディガン×キレイめパンツの王道大人キレイめコーデ。アイテム合わせ自体はシンプルですが、パンツをネイビー、シューズには明るいキャメルを合わせ色彩を追加することで、こなれた清潔感のあるコーディネートに仕上げています。

2018-10-10 UP

スタッフコメント

ワインカラー×コーチジャケットという季節感とオシャレ感度を盛り込んだトレンドカジュアルスタイル。一見カジュアル感の強いアイテムも、サイズ感や全体の色調に気をつければ、品のある大人コーデも手軽に楽しめます。

2018-10-9 UP

スタッフコメント

カーディガンではなく、ジャケットのように羽織ることができるニット地のアウターウェア。伸縮性抜群のニット地によって出来上がる細身のシルエットは大人の色気を演出。シューズはプレーントゥを合わせて更に艶っぽく仕上げるのがマスト。

2018-10-5 UP

スタッフコメント

細身シルエットのジャケットに合わせてボトムスも細身のものをチョイス。Iラインで美しいシルエットが完成します。立体的な襟を持つイタリアンカラージャケットは羽織るだけで男らしい印象を際立たせてくれるアイテム。クールに決めたいときにオススメです。

2018-10-4 UP

スタッフコメント

首元からインナーのモックネックデザインを見せ、ニットはモカの色味を選べばシックモダンな印象が出来上がり。あえて見せる白ソックスで抜け感がプラスされ、更に奥行きのあるお洒落なスタイルに。

2018-10-3 UP

スタッフコメント

シンプルなカーディガンスタイルはサイズ感で魅せるのがポイント。ジャストサイズなカットソーと合わせてすっきりしたシルエットでスタイリングしています。光沢感のあるボトムを選び、艶っぽく仕上げることでシンプルながらも品のある大人な着こなしに。

2018-10-2 UP

スタッフコメント

ワインのグラデーションニットを活かした艶感のある大人キレカジコーデ。パンツとシューズをブラックで統一することによりスッキリとした印象を演出しています。また、コーディネートに軽さを持たせるためインナーのホワイトをレイヤードさせたこともポイントの1つ。シューズのソールとインナーでホワイトカラーをリンクさせることでまとまりのあるコーディネートに仕上げています。

2018-10-1 UP

スタッフコメント

ミリタリーライクなシャツにスキニージーンズを合わせた王道的なカジュアルコーデも、全体のシルエットをジャストサイジングで合わせるだけで、洗練されたおとなの着こなしにランクアップ。ミリタリーやデニムなどのカジュアルアイテムを上手に着こなすポイントは、サイズ感に気をつけること。細身のシルエットを選ぶと、無骨さや野暮ったさを感じさせないスマートな印象に仕上がります。

2018-9-28 UP

スタッフコメント

アクティブな印象が強いコーチジャケットも渋めのカラーをチョイスすれば落ち着いたシックな雰囲気でスタイリングしていただけます。インナーには全体を引き締めるブラックを。すべてダークトーンだと重たくなってしまうので、シューズに白を合わせてバランスを取りました。

2018-9-27 UP

スタッフコメント

今年トレンドのコーチジャケットを着用する事で、ブラックスキニーを使用したシンプルなスタイリングの中にトレンド感をプラスし、お洒落な大人のコーディネートに仕上げました。コーチジャケットはスポーティな要素が強いアイテムなので足元にはスニーカーを合わせるのがオススメ。

2018-9-26 UP

スタッフコメント

一見単調になりがちなシャツ×ニットのレイヤードコーデも、グラデーションカラーのニットをチョイスすることで、さりげない遊び心で表情豊かなコーデにランクアップ。レイヤードのシャツはバンドカラーにすることで、より首元をスッキリさせ洗練された大人の印象に。

2018-9-25 UP

スタッフコメント

カジュアルなボーダー柄ニットをキレイめなテイストに。パンツとブーツはブラックでとことんビターな装いにしてみました。艶感のある大人の着こなしは、ボーダー柄を取り入れても創り出すことができます。

2018-9-21 UP

スタッフコメント

MA-1ジャケットにロングカットソーを合わせたキレカジコーデ。ジャケットとパンツは細身の物を選び、カジュアルな印象が強いMA-1ジャケットを大人なお洒落でスマートなスタイルに仕上げました。

2018-9-20 UP

スタッフコメント

ネイビーのセーターとキレイめなベージュのパンツを合わせた定番爽やかキレイめコーデ。セーターはあえてVネックのものを使用し、インナーのホワイトを胸元と裾からレイヤードさせることで、コーディネートに奥行きと程よい軽さを与えています。また、ロールアップや袖まくりをすることで抜け感を演出したこともポイントの1つ。秋の立ち上がりに是非挑戦してほしい一押しのコーディネートです。

2018-9-19 UP

スタッフコメント

ミリタリーテイストなMA-1ジャケットを使って落ち着きのあるアーバンな印象でスタイリング。キレイめな雰囲気で統一感を出すためにボトムスにはセンタープレスパンツ、シューズにはスポーティーとキレイめ両方のテイストを併せ持つ白スニーカーを選んでいます。

2018-9-18 UP

スタッフコメント

すっきりとしたシルエットのジャガードニットにホワイトのシャツを合わせ、上品にまとめた着こなし。パンツはきちんと感のあるセンタープレスを採用。足元であえてラフにホワイトのスニーカーをプラスし、こなれ感を演出してみました。

2018-9-14 UP

スタッフコメント

今季トレンドカラーであるベージュのコーチジャケットにブラックデニムというカジュアルアイテムの合わせながら、ジャストサイジングでスマートなシルエットを演出したSPU流トレンドカジュアルスタイル。シンプルなコーディネートもトレンドカラーを取り入れることで簡単にオシャレ感度をアップさせられるので、今季はベージュ・ブラウンカラーを要CHECK。

2018-9-13 UP

スタッフコメント

オリーブのニットにグレーのスラックスを合わせた上品なコーディネート。ボトムに定番のブラックではなくグレーのパンツを合わせることで一気にこなれ感が上がります。またインナーのカットソーやスニーカーをホワイトで統一しクリーンな印象をプラスしました。

2018-9-12 UP

スタッフコメント

グレー×ネイビーの爽やかな色合わせをベースとしたキレイめコーディネート。杢調のテーラードカーデが爽やかな印象を引き立てます。ブラックの小物使いで締まりを持たせつつ、手首や足首を見せることでコーディネートにこなれ感を演出しています。

2018-9-11 UP

スタッフコメント

編みで描かれたブロック模様でクールな表情を演出したニットがメインアイテム。落ち着きのある大人なワインカラーはブラックのアイテムでクールにまとめ上げるのがポイント。男らしくかっこいいニットスタイルが完成します。

2018-9-10 UP

スタッフコメント

SPU定番アイテムのテーラードジャケット風カーディガンを使った鉄板コーデ。ホワイトのインナーにブラックのスキニーパンツと王道な組み合わせに、さらりと1枚羽織るだけで簡単に上品さときちんと感を演出できます!

2018-9-7 UP

スタッフコメント

アウトドアからタウンユースまで幅広いシーンで活用できる撥水加工が施された機能的かつスタイリッシュなマウンテンパーカーにブラックのスキニーパンツを合わせた、大人も楽しめるスポーティカジュアルスタイル。色合いが重くなりがちな秋冬コーデも、このようにレイヤードのインナーやシューズなどでホワイトを取り入れるとカラーバランスを手軽に調整できるので、ぜひデイリーユースで取り入れていただきたいテクニック。

2018-9-6 UP

スタッフコメント

微光沢のあるシャツジャケットとブーツを合わせることで、男らしさとスマートさを兼ね備えたスタイリングに仕上げました。インナーにはシルケット加工が施され滑らかな質感になった白Tシャツを使用し、コーディネートに軽さと清潔感を演出しています。

2018-9-5 UP

スタッフコメント

ネイビーのコーディガンにブリーチのデニムやホワイトのアイテムなど明るい色味を多く取り入れ、爽やかに仕上げました。ロング丈のアウターには細めのパンツを合わせることでスタイルアップが期待できるコーディネートに仕上がります。

2018-9-4 UP

スタッフコメント

ジャケットよりリラックス感がありつつも、襟のあるデザインできちんとした印象が創り出されるテーラードカーディガン。さっと羽織るだけでキレイめなスタイルを簡単に完成させられるテーラードカーディガンは着回し力の高い便利なアイテムです。

2018-9-3 UP

スタッフコメント

SPUがオススメする絶対失敗しない大人のセットアップコーデ!上下ブラックの着こなしに小物は全てブラウンで統一することでキメ過ぎない落ち着いた印象が完成します。

2018-8-31 UP

スタッフコメント

スキニーとはまた違う脚のラインに沿ったスリムなシルエットのデニムで程よくキレカジスタイルに仕上げました。濃いめのインディゴデニムにはブラックではなくブラウンのプレーントゥシューズを合わせ、少し軽やかさをプラスするとバランス良くキレカジスタイルが出来上がります。

2018-8-30 UP

スタッフコメント

光沢感のあるコーディガンをダークトーンにまとめたコチラのコーディネートは、最後にネックレスをプラスして男らしく艶っぽいスタイリングに仕上げました。あえてブラックのデニムパンツを使用しカジュアルダウンを図ることで、程よく抜け感のあるコーディネートが完成しています。

2018-8-29 UP

スタッフコメント

鮮やかなブルーのニットをアクセントに、キレイめに大人っぽくまとめたコーディネートです。ニットとブラックパンツの定番スタイルですが、襟元のバンドカラーシャツや足元にホワイトのソックスを差し込むことで単調になりすぎないお洒落なコーディネートが完成します。

2018-8-28 UP

スタッフコメント

モードな印象があるコーディガンにはブラウンをチョイスし、落ち着いたシックなスタイリングにまとめました。ジャケットほどカッチリとせず、ラフな雰囲気を演出するコーディガンにシャツを合わせるなら襟のないバンドカラーシャツがマスト。ラフでこなれたスタイリングが完成します。

2018-8-27 UP

スタッフコメント

男らしく無骨な印象を与えるモカ色のニットを使った大人コーデ。首元にホワイトのカットソーをレイヤードさせるのが最大のポイントです。カットソーを入れるという一工夫でコーデに奥行きが出て、シンプルながらも表情のある着こなしが完成します。

2018-8-24 UP

スタッフコメント

上品なショールカラーカーディガンとモカの色味の相性が大人の色気を感じさせる、秋冬にイチオシなキレイめカジュアルスタイル。ショールカラーのような襟付きのアイテムはさらっと羽織るだけでもコーデがキレイめにまとまるので、軽いお出かけから外食時まで幅広いシーンで活躍間違いナシ。

2018-8-23 UP

スタッフコメント

トレンドのコーチジャケットデザインを取り入れたオーバーサイズシャツジャケットに、ロングカットソーを合わせることでこなれ感を演出。ホワイトのロングカットソーをインナーとして使用することでコーディネート全体のホワイトの面積が多くなりすぎて野暮ったい印象にならないように、シューズ選びにおいてはホワイトの面積が少ないアイテムを採用し、コーディネートに締まりを持たせています。

2018-8-22 UP

スタッフコメント

全身をモノトーンでまとめたコーディネート。アンクル丈のボトムスでスッキリとした印象を持たせ、全体が重くならないようにバランスをとっています。時計などのアクセサリーもシューズと合わせたブラックにすると統一感のあるお洒落なコーディネートが完成します。

2018-8-21 UP

スタッフコメント

タートルネックカットソーをインナー使いするという感度の高いテクニックで完成させたレイヤードスタイル。首元から見せるタートルネックの白でクリーンで、クラシカルな印象が出来上がります。

2018-8-20 UP

スタッフコメント

落ち着いたカラーのニットのインナーにはあえて白シャツではなくダンガリーシャツを合わせ、こなれたキレカジスタイルを完成させました。襟ぐりのリブが細いニットはキレイめな印象が強くなるのでシャツとの相性が良く、キレイめスタイルで着回しがしやすいアイテムです。

2018-8-17 UP

スタッフコメント

全体をブラックとホワイトで統一したモノトーンコーデです。少し重めな印象を与えてしまう組み合わせですが、インナーにホワイトのカットソーを合わせ、足元や手元をロールアップし軽さを出す事でバランスの取れたスタイリングになっています。またトップスには艶感のあるゆったりとしたシルエットのものを選びトレンド感を演出、モード系でお洒落な印象で着こなせます。

2018-8-16 UP

スタッフコメント

艶感のあるカーディガンを落ち着いた色使いとキレイめなアイテム選びで上品に仕上げたイチオシコーディネート。全体的に暗めな色使いも、足元にホワイトのスニーカーを使用することでコーディネートに軽さを演出することができます。

2018-8-9 UP

スタッフコメント

光沢感のあるワイドシルエットシャツにタートルネックカットソーをインした、トレンド感溢れるキレイめモードスタイル。手軽にトレンドを楽しめるワイドシルエットは、シンプルでツヤのある素材を選ぶと、適度に抜け感を出しつつ上品な印象に。インナーとソックスの色合わせも秋冬に取り入れたい技アリPOINT。

2018-8-8 UP

スタッフコメント

今期もトレンドが続くコーチジャケットが『SLICK』からさらにキレイめに着こなせる新作アイテムとして登場!シャツ型のコーチジャケットを使った上質な大人の着こなしのご提案です!インナーはカジュアルにもキレイめにも生かせるネイビーカラーのニットを採用。首元にホワイトをレイヤードさせるのが最大のポイント!ホワイトをちらっと見せることでシューズのホワイトとリンクし全体のスタイリングにメリハリを与えてくれます。ちょっとした気遣いできちっと感とオシャレな印象を同時に演出できるので是非試してみていただきたいです!

2018-8-7 UP

スタッフコメント

バンドカラーシャツの襟を首元から見せることでベロアニットの重厚感に抜け感をプラスしたこなれた印象のクラシカルなキレイめコーデ。重めなカラーのアイテム合わせにオススメのお洒落度UPのポイントは襟、裾から出たインナーやソックスで見せるわずかなホワイトカラー。たった少しのホワイトが、重たい印象の色味の中にも軽さとこなれた着こなしを演出してくれます。

2018-8-6 UP

スタッフコメント

風合い豊かなデニム生地のN-3Bにブラックスキニーパンツとトレッキングブーツを合わせたミリタリーライクな王道Yラインシルエットコーデ。デニム生地やミリタリー色の強いアウターには、ブラックやグレーなどの落ち着いたカラーのパンツを合わせるとコーデがキレイにまとまります。

2018-8-3 UP

スタッフコメント

男らしく装えるモッズコートを都会的でスタイリッシュな印象になるようコーディネートしてみました。ポイントはモッズコートならではの“土臭さ”を一切感じさせない洗練した色使い。あえてモノトーンカラーで全身をまとめることで洗練された印象を与えてくれます。スニーカーは今期トレンドのvansの定番デザインでもあるオールドスクールを採用!一気にこなれ感のある最旬コーデに生まれ変わります!

2018-8-2 UP

スタッフコメント

ロードバイクを利用するときなどオススメのアクティブなコーディネートです。白スウェット、スニーカーとシンプルなアイテムの中に赤のアウターやニット帽を採用することでグッとスポーツライクな印象になります。高機能なダウンジャケットで暖かさや防風性もバッチリです。冬、街中でロードバイクを利用しながらも周囲の目を惹くお洒落を楽しみましょう。

2018-8-1 UP

スタッフコメント

ナイロンコットンの素材感で高級感が演出されるモッズコートを、モノトーンのアイテムでスマートにまとめることにより、ミリタリー特有の男らしい雰囲気と艶感を演出したコーディネートに仕上げました。カジュアル要素が強いカラーをメインアイテムに取り入れる場合、その他に使用するアイテムは「キレイめ」なテイストのものを選びドレスアップさせるよう心掛けるとお洒落に見えるスタイリングが完成します。

2018-7-31 UP

スタッフコメント

存在感のあるロングコートが目を引くスタイリング。アウターを活かすシンプルにまとめられたモノトーンなアイテムの組み合わせによって感度の高いスタイルが完成しています。アウターが主役になる季節、周囲と差を付けるアウター選びはいかがでしょうか。

2018-7-30 UP

スタッフコメント

近年トレンドのアイテムとしてオシャレさんに大人気のコーチジャケットを使ったハイセンスコーデのご提案です。インナー・パンツ・小物はモノトーンでまとめ、主役のコーチジャケットで鮮やかなオレンジカラーを選びコーデにアクセントをプラス。合わせるアイテムはシンプルながらも個性を感じさせる上級者な着こなしになるようスタイリングしています!

2018-7-27 UP

スタッフコメント

メインアイテムである上品なマット素材と高級感漂うファーが特徴のN-3Bジャケットを、インナーのシャツ使いやメガネなどの小物使いでドレスアップさせたことで大人のキレイめカジュアルスタイルが完成。全体のシルエットがYラインに仕上がるように意識したスタイリングでスマートな印象を演出しました。

2018-7-26 UP

スタッフコメント

秋冬先取りのJohnbullアウターコーデ。たっぷりボリュームのあるリアルファーを施した本格派高機能ジャケットアウターが主役のスタイリングです。ミリタリーの雰囲気がありますが、すっきりとしたキレイめな印象のブーツを選ぶことでワークっぽくならず、クールにまとめられています。

2018-7-25 UP

スタッフコメント

猛烈な暑さが続く今年の夏。爽やかな印象で見た目にも涼しいサンダルコーデで快適に過ごしたい季節です。サンダルを合わせるときフルレングスのボトムスはロールアップし、足首を見せて穿くのがオススメ。さらにフロントのココナッツボタンの素朴な風合いが夏らしい表情を演出するスラブ生地シャツをプラスし、リゾート感漂うスタイリングが完成しています。

2018-7-23 UP

スタッフコメント

ホワイトとネイビーの色合わせが涼し気で爽やかな印象のポロシャツコーデ。センタープレスパンツにポロシャツという王道キレイめコーデにあえてドレスシューズではなくスニーカーを合わせてカジュアルダウンさせました。さらにボトムスにアンクル丈を選ぶことで軽やかなサマースタイルが完成します。

2018-7-19 UP

スタッフコメント

爽やかな着心地の綿麻ニットはグラデーションカラーをチョイスし、モノトーンながらも華やいだ印象を持つスタイリングを完成させました。バッグとシューズは艶感のあるものを選ぶことで落ち着いた大人の雰囲気を漂わせます。

2018-7-17 UP

スタッフコメント

爽やかなサックスカラーの開襟シャツに濃紺のジーンズを合わせ、色味に統一感を持たせた夏らしさ抜群スタイル。インナーとサンダルのカラーをホワイトでリンクさせると軽さが引き立つので、夏のコーデにぜひ取り入れたいワンポイントテクニック。

2018-7-13 UP

スタッフコメント

色彩豊かなショーツをモノトーンのアイテムでまとめ、落ち着きと遊び心のあるコーディネートに仕上げました。足元にブラックのサンダルを使用し、夏らしい爽やかさを残しつつもコーディネート全体を引き締めたことがポイントです。足元の重い印象を避けたいこれからの季節、是非こちらのコーディネートを参考にサンダルを取り入れたコーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか!

2018-7-12 UP

スタッフコメント

定番のモノトーンを基調としたキレイめSPUらしい大人の夏コーデ!トレンド感を意識させトップスはビッグシルエットをチョイス。素材はハリ感のあるシャツ生地なのでラフでありつつも程よく引き締まった印象を与えてくれます。パンツはきちっと感を与えてくれるセンタープレスのスラックスパンツを合わせ、さらに足元は黒のローファーにすることでコーデ全体が上品に仕上がるようスタイリングしました。

2018-7-11 UP

スタッフコメント

トップスに無地の長袖カットソーを合わせることで子供っぽい印象になりやすいショーツを大人に着こなしました。シューズとバッグはトレンドのストリート感があるアイテムで揃えて統一感を出しています。またインナーにグレーのタンクトップをレイヤードすることで、シンプルながらもスタイリングに奥行きが生み出されています。

2018-7-10 UP

スタッフコメント

鮮やかなサマーニットでパワフルな夏らしさが演出されたスタイリング。裾から見せるインナーの白タンクトップと開放的なサンダル合わせによって涼し気な印象にまとまっています。鮮やかなトップスのカラーを活かすには、その他のアイテムをモノトーンで統一するのがマストなテクニックです。

2018-7-9 UP

スタッフコメント

トレンドのリネン×コットン素材の開襟シャツに、ジョガーパンツとスニーカーを合わせたカジュアルながらも自然なこなれ感漂うリラックスコーデ。シンプルなスタイリングも旬なアイテムを取り入れるだけでさりげなくオシャレ感度UP。

2018-7-6 UP

スタッフコメント

夏に人気のオルテガ柄を使った大人のリゾートスタイルのご提案です。派手な印象をもたれやすいオルテガ柄ですが、全体をホワイトとネイビーで統一することで爽やかなすっきりとした印象に仕上がります。さらに赤のビーズネックレスを差し色に取り入れることでコーディネートに奥行きが生まれ大人の余裕を感じさせるリゾートスタイルを楽しめます!

2018-7-5 UP

スタッフコメント

リゾート感のあるスイムショーツを使用したサマーコーデは、華やかな印象を演出しながらも、全体をブルーで統一することでまとまりのあるコーディネートに仕上げました。小物にもブルーレンズのサングラスを選ぶことで、色味の統一感を崩すことなくコーディネートに奥行きを与えています。小物使いが重要になるこれからの季節。こちらのコーディネートを参考に小物の色使いにも注目してみてください!

2018-7-4 UP

スタッフコメント

オリーブのトップスにワンウォッシュのボトムは季節的にも少し重い印象を与えてしまう組み合わせですが、インナーにホワイトのタンクトップを差し込むことで抜け感を作り出して軽やかに仕上げています。足元のブラックのサンダルでさらに爽やかさをプラス。またリュックなどの小物と足元のカラーを統一することでまとまりのあるコーディネートになっています。

2018-7-3 UP

スタッフコメント

素朴な風合いを持つフレンチリネンシャツの雰囲気を活かしたナチュラルな印象の爽やかスタイル。ボトムス以外をあえて淡いカラーで統一したことで涼しい雰囲気を演出しています。フレンチリネンなどの素材感に特徴のあるアイテムは、その他のアイテムをさっぱりシンプルなもので組み合わせることが大人なキレイめスタイルに仕上げるポイントです。

2018-7-2 UP

スタッフコメント

鮮やかなブルーが目を引く、水陸両用のアクティブな印象のショーツにネイビーのカーディガンを合わせて、落ち着きのあるをサマースタイルを完成させました。足元にエスパドリーユを合わせることで、夏らしい爽やかな雰囲気に仕上げています。今回のブルーのショーツのように差し色をワンポイント取り入れることで、ワンランク上のお洒落感を演出することができますので、是非こちらを参考に、差し色を意識したコーディネートに挑戦してみてください!

2018-6-29 UP

スタッフコメント

これからの季節重たい印象になりがちなダークトーンのトップスには、ホワイトのパンツを合わせて簡単に爽やかなスタイリングを完成させてみるのはいかがでしょう。ダークトーンなトップスがシャツであれば前を開けてインナーを見せることで更に涼し気な印象をプラスすることができます。夏らしいテイストを引き立てる開放的なサンダルも是非一緒に合わせていただきたいアイテムです。

2018-6-28 UP

スタッフコメント

ミントグリーンのシャツにネイビーのボーダーショーツを合わせた、これからの季節にピッタリの爽やかなコーディネートです。トップスは無地でまとめつつもボトムにボーダー柄を持ってくることでシンプルになりすぎないオシャレなマリンテイストに。ブラックのサンダルは全体のコーディネートを引き締めてくれるだけでなく夏らしさの演出もしてくれます。

2018-6-27 UP

スタッフコメント

ビッグシルエットの綿麻カットソーに、ロングインナーによるレイヤードやストラップサンダルを合わせ、トレンド感を取り入れたコーデ。更に全体をモノトーンカラーで統一して感度溢れるトレンドカジュアルコーデが完成。シンプルながらタイトシルエットのパンツを合わせることで、カジュアルすぎない上品なキレイめスタイルを演出。

2018-6-26 UP

スタッフコメント

ショートパンツを大人っぽく着こなしてこそ真のオシャレさん!ということで少し敬遠されがちな夏のアイテム『ショートパンツ』を使った大人コーデのご提案です。先ずショートパンツは失敗の少ないネイビーカラーをチョイス!カットソーとスニーカーはホワイトにすることでスタイリング全体に統一感が生まれます。無地のネイビーとホワイトの組み合わせだけでは単調でのっぺりとした印象になってしまうのでチェック柄のシャツを羽織り奥行きのあるスタイリングに仕上げてみました。

2018-6-25 UP

スタッフコメント

好印象を与える春夏のシャツスタイルを作るなら、SPUオリジナルの綿麻シャツがオススメです!オシャレが苦手な方はつい無難な『ホワイト、ブラック、ネイビー』を選びがちだと思いますが、暑くなるこれからの季節こそ明るい印象を与えてくれるパープル(ラベンダー)を是非試してみていただきたいです!カットソーは抜け感を与えるホワイトを、ボトムスにはトレンドのジョガーパンツを合わせることでリラックス感のある大人の着こなしが完成します。

2018-6-22 UP

スタッフコメント

清涼感のあるホワイトの半袖シャツのインナーにボーダーカットソーを合わせ、ボトムにユーズド感のあるブラックジーンズとブラックのストラップサンダルを取り入れたシンプルながらしっかりと季節感漂うモノトーンコーデ。トレンドのストラップサンダルはキレイめスタイルにも相性抜群なので、今年の足元にぜひ1足は取り入れたいアイテム。

2018-6-21 UP

スタッフコメント

最近のトレンドでもあるジャージラインパンツを着こなすポイントは「トレンド感」を意識することです。ビッグシルエットのアイテムやロング丈のアイテムを合わせることで、ジャージラインパンツの持つトレンド感を崩すことなくコーディネートを仕上げることができますので、是非こちらのコーディネートを参考にトレンド感を意識したコーディネートに挑戦してみてください!

2018-6-20 UP

スタッフコメント

ホワイトのシャツとネイビーのパンツを合わせたシンプルなコーディネート。シンプルな中にもトレンドのワイドパンツを取り入れることでオシャレな雰囲気を演出できます。またブラックのクラッチバックとローファーで色を合わせることでカジュアルになりすぎないよう引き締め、バランスの良いキレカジコーディネートを作っています。

2018-6-19 UP

スタッフコメント

デニムまでブラックで合わせて完成させたモノトーンコーデ。普段のデニムスタイルに新鮮さを生み出すブラックデニムは今年トレンドアイテムのひとつです。トップスにブラックを持ってくるとボトムスはインディゴやブルーを合わせることが多くなると思いますが、あえてブラックデニムを合わせることでカジュアルながらもクールで落ち着きのある男らしいテイストにまとめられます。

2018-6-18 UP

スタッフコメント

ショートパンツで夏の軽やかさを演出しつつ、この季節使い勝手抜群のサマーカーディガンを取り入れた夏のカジュアルスタイル。室内の冷房や朝晩の涼しさに備えてこうした薄手のサマーカーディガンを持っておくと、気温や天候を気にせず夏のオシャレを楽しめます。

2018-6-15 UP

スタッフコメント

ポップで爽やかな柄の綿麻サマーショーツはトップスにネイビーのビッグロングTシャツを合わせ、コーディネートの色に締まりを持たせることで、落ち着いた大人の雰囲気を演出しています。また、肌の露出が多くなるショーツには、あえて長袖のアイテムを合わせることも大人っぽくこなれ感を演出するポイントの1つです。ショーツの使用頻度も多くなるこれからの季節、是非こちらのコーディネートを参考に、大人のショーツスタイルに挑戦してみてください!

2018-6-14 UP

スタッフコメント

ボトムはトレンドのゆったりしたものを選らびつつもトップスに細身なものを着用することで、スッキリとした印象を持たせることができます。また足元はアンクル丈に白のスニーカーで爽やかな雰囲気を演出しました。気温が更に上がっていく季節なので明るめの色を中心に組み、オリーブなど1点暗めのカラーを取り入れることでぼんやりし過ぎない、バランスの良いコーディネートになります。

2018-6-13 UP

スタッフコメント

梅雨が明ければ夏本番!ということで、花柄ショーツを使った大人のリゾートコーデをご提案。普段シンプルな着こなしが多い方は花柄ショーツを取り入れるとなると少し勇気が必要ですが、落ち着きのあるネイビー系で合わせれば頑張りすぎない清涼感のある大人のリゾートスタイルに仕上がります!

2018-6-12 UP

スタッフコメント

汗ばむ季節にはゆったりとしたシルエットのボトムスでリラックス感を漂わせたセットアップスタイルがオススメ。ブラックで上下揃えるならば、足首の出るアンクル丈やそこに合わせるホワイトのスニーカーで清涼感の演出は忘れずに。ゆったりシルエットのスタイリングのとき、バッグに大きいものを選ぶとメリハリのないスタイリングになるので、コンパクトなものにしましょう。

2018-6-11 UP

スタッフコメント

夏のシャツスタイルは、ボトムにモカ、ベージュ、杢グレーなどやや軽めな印象の色味を選ぶことがポイント。黒のスキニーなどを合わせるよりも季節感のあるスタイリングが完成します。さらにシャツもシアサッカー生地など暑い季節でも涼しく快適に過ごせる生地のものを選べば、爽やかな夏らしい表情が際立ちます。

2018-6-8 UP

スタッフコメント

落ち着きのあるさりげない千鳥柄のパンツは、細身なシルエットで全体をスッキリまとめて上品な仕上がりに。組み合わせるアイテムには、シックな千鳥柄の雰囲気を引き立てるバンドカラーポロシャツ、クラッチバック、ローファーなどのこなれ感のあるものをチョイス。柄をコーディネートに取り入れる際は、是非こちらを参考に「柄の持つ雰囲気を活かす」ことを意識してみてください!

2018-6-7 UP

スタッフコメント

涼しく爽やかな素材感のクロップドパンツにビッグTを合わせた夏のリラックススタイルのご提案です。足元をサンダルにすることで更に夏らしいコーデに。また半端丈のパンツを穿く時にはトップスを長袖にするのがマスト、子供っぽい印象になりにくいオススメの組み合わせです。全体がモノトーンな時はネックレスやサングラスなど味付けのアクセサリーを持ってあげると簡単にこなれ感が演出できます!

2018-6-6 UP

スタッフコメント

こなれ感を演出してくれるアンクルパンツに今期のトレンドアイテムでもあるオープンカラーシャツを使った旬な着こなしのご提案です。トップスとシューズは明るい色でまとめ、パンツはネイビーを採用!着こなしに明暗をはっきりさせることで全体的にまとまった印象になります。

2018-6-5 UP

スタッフコメント

抜け感を演出するアンクル丈デザインと清涼感のあるクールマックス素材で爽やかな履き心地のボトムスは、見た目にも涼し気なベージュカラーをセレクト。ベージュと相性のいいネイビーをトップスに合わせ、靴とインナーをホワイトで揃えることで軽やかで季節感のあるスタイリングが完成しました。

2018-6-4 UP

スタッフコメント

艶感のあるワイン色と、こなれ感のあるバンドカラーデザインのシャツを使用したこちらのスタイリングは、その他に使用するアイテムの色味を無彩色で揃えることで、ワインの色味を活かした上品なコーディネートに仕上げることができています。また、ブラックで統一しがちな小物使いも、あえてグレーのクラッチバックを取り入れることにより、コーディネートに奥行きを与えています。無彩色のアイテムを多く取り入れる際は、こちらのコーディネートを参考に「無彩色の中にも変化を持たせること」を是非意識してみてください。

2018-6-1 UP

スタッフコメント

淡いカラーが涼しげなバンドカラーのポロシャツに、同系色であるネイビーのスキニーパンツを合わせた爽やかさと上品さを兼ね備えた夏のキレイめカジュアルスタイル。襟のないバンドカラーは首周りがよりスッキリと見えるので、ガッチリ体型をスマートに見せたい方や、キレイめは保ちつつコーデに抜け感を取り入れたい方にオススメ。

2018-5-31 UP

スタッフコメント

鮮やかな色味のタウンユースなナイロンショーツを使ったコーデをご提案。カジュアルで子どもっぽく見えてしまいそうなビビットなショートパンツは、その他のアイテムをモノトーンで合わせることで、スタイリングのアクセントに変化。大人も着やすい爽やかなスタイルが完成します。カットソーも程よくビッグサイズを選んであげることで今年らしいシルエットを楽しめるオススメのスタイルです!

2018-5-30 UP

スタッフコメント

シアサッカー素材のポロシャツを使った大人のカジュアルコーデをご提案。大人のこなれ感を演出してくれるダメージデニムにスニーカーはホワイトで全体的に涼感のある印象になるようにまとめてみました。ピンク×ブルーの配色は意外と相性が良く、清潔感のある印象を与えてくれるオススメの組み合わせです!

2018-5-29 UP

スタッフコメント

鹿の子ではなく裏毛天竺を用いたことで本来のスポーティなテイストが和らいだポロシャツ。ここに艶感のある小物とホワイトパンツを合わせることで大人の色気あるスタイルが完成。無駄のないシンプルなアイテム合わせがスタイリッシュさをより引き立てます。

2018-5-28 UP

スタッフコメント

トレンドのビッグシルエットTを取り入れながらも、細身のパンツと色調を抑えたカラーリングでカジュアルになり過ぎないようバランスの取れた大人のトレンドカジュアルスタイルを実現。レイヤードのインナーと小物の色使いをホワイトで統一し、軽さを演出しているのも技有りポイント。

2018-5-25 UP

スタッフコメント

全体をダークトーンで統一したモードなスタイリング。センタープレススラックスや革靴などのカッチリしたキレイめアイテムを組み合わせながらも、白ソックスを入れて適度に抜け感を出しているので重たい印象を与えません。カットソーも程よくビックシルエットになっているのでトレンドの着こなしが楽しめるオススメコーデです!

2018-5-24 UP

スタッフコメント

サックスシャツにボーダーカットソーを合わせることで、単調になりすぎないコーディネートに仕上げています。着こなしのポイントはバランスよくホワイトを配した色使いと、さりげなくロールアップをすることで生まれる「軽さ」や「清涼感」。気温が上がるこれからの季節、色使いや小技を駆使してコーディネートに軽さを作ることを意識してみてください!

2018-5-23 UP

スタッフコメント

半袖シャツを大人っぽくスマートな雰囲気にまとまるようスタイリングしてみました。好感度UP間違いなしの王道キレイめネイビーシャツに、インナーは柔らかい印象の杢グレーを合わせ、前を開けた羽織りスタイルがこなれ感を演出します。パンツはホワイトで爽やかな色合いでまとめつつ、足元はブラックでメリハリをつけた春オススメコーデです。

2018-5-22 UP

スタッフコメント

天竺生地を用いてカットソーのような感覚でカジュアルに着用できるよう仕立てたポロシャツに合わせて、全体をややラフな印象にまとめました。ボタンダウンデザインと艶感のあるPU素材のスニーカーによりラフさが程よく引き締められます。ポロシャツのボタンを開け、インナーの白をチラリと見せることで清涼感が生まれます。

2018-5-21 UP

スタッフコメント

難易度が高く感じられるレッドの色味が特徴のポロシャツも、その他に使用するアイテムの色味を無彩色にすることで、上手くコーディネートにまとまりを作ることができています。また、レッドのポロシャツの胸元と裾からホワイトのインナーをレイヤードさせたことで、コーディネートに変化と軽さを演出しています。単調コーディネートになりがちなこれからの季節、是非コチラのコーディネートを参考にインナーの使い方も意識してみてください!

2018-5-18 UP

スタッフコメント

シャツを羽織り使いしたシンプルで定番的なスタイリングですが、インナーを杢調のものに、シャツはバンドカラーデザインにすることでこなれた印象を演出。落ち着きのある色味で統一し、大人な雰囲気の中でそっと感度の高さを感じさせるスタイリングに仕上げました。

2018-5-17 UP

スタッフコメント

カジュアルにもきれいめにも使える万能アイテムのポロシャツをモノトーンで大人っぽくまとめてみました。インナーはホワイトでレイヤードし、小物は全てホワイトで統一させることが最大のポイントです。トップスとパンツは黒で、ぼやっとせずに締まりのある着こなしが完成します!

2018-5-16 UP

スタッフコメント

スキニーにスニーカーという定番カジュアルな組み合わせに藍染のスウェットを合わせることで、感度の高いキレイめカジュアルコーデへと仕上げました。ラフな印象のスウェットは、藍染を施すことで落ち着きのある大人な印象に。トップスとボトムスの間の白い裾部分を一度指で隠して見てみると一目瞭然ですが、黒いパンツにネイビーなどの濃色のアイテムを合わせるときは、白のロングタンクをインナーとしてプラスして色味にメリハリを付けるのがお洒落に仕上げるポイントです。

2018-5-15 UP

スタッフコメント

ホワイトの綿麻シャツにブラックのスキニーパンツを合わせたシンプルスタイルながら、インナーに鮮やかなピンクを取り入れることで色味の季節感も取り入れた春夏にピッタリなコーディネート。ピンクなどの淡いカラーアイテムを取り入れる際は、その他のアイテムの色味を抑えてあげるのが失敗しないポイント。暖かい日はこうした淡いカラーで季節感を取り入れることで、グッとオシャレ度UP。

2018-5-14 UP

スタッフコメント

モノトーンコーデをこなれ感のあるリラックススタイルでまとめてみました!きちっと感とオシャレ感の両方を演出できるセンタープレスのアンクルパンツはオシャレ初級者にも簡単に取り入れられるオススメのアイテムです。トップスはブラックをベースに裾と首元からアイボリーがチラ見せするフェイクレイヤードのカットソーでバランスの良い着こなしが自然と作れます。足元はスニーカを合わせ、おしゃれな人がよくやるテクニック“はずし”を効かせた少しハイセンスな着こなしです。

2018-5-11 UP

スタッフコメント

シンプルなアイテム合わせのコーディネートも、レイヤード部分のカラーで変化を持たせることで、奥行きを感じるスタイリングに。ホワイトスニーカーを合わせがちな足元も、あえて落ち着いたグレースニーカーを合わせることで、大人の雰囲気を演出しています。また、グレースニーカーを合わせることで重くなってしまう足元も、パンツをロールアップし足首を見せることで、コーディネートに程よく軽さを作り出しています。気温の上昇に伴い、軽さや爽やかさが求められるこれからの季節、是非コーディネートの参考にしてみて下さい!

2018-5-10 UP

スタッフコメント

テレコ素材のカットソーにホワイトのインナーをレイヤードして、シューズとバッグもホワイトで統一した、スッキリとした色使いのカットソーコーデ。カットソーがメインになるこれからの季節、素材感やサイジング選びに拘るのが大人カジュアルの秘訣。

2018-5-9 UP

スタッフコメント

爽やかなサックスのシャツにワンウォッシュデニムで合わせた初夏を思わせるコーデ。小物を革アイテムに統一することで、ラフな着こなしの印象をグッと大人っぽく引き締めています。またシャツの袖をロールアップしていることも、こなれ感を演出するポイントの1つです。これからの季節は軽やかながらも大人の落ち着きを感じさせるオススメスタイルをぜひお試しください!

2018-5-8 UP

スタッフコメント

ジョガーパンツ、ボディバッグ、スニーカーなどスポーティーなテイストで統一感を持たせたスタイリング。ボディバッグをアクセサリー感覚でプラスするのがポイント。スポーティな印象のスタイリングのときはモノトーンでまとめると、落ち着きのある大人な雰囲気を演出することができます。

2018-5-7 UP

スタッフコメント

テーラードジャケットのようなデザインのカーディガンにダメージデニムを合わせた感度の高いお洒落スタイル。キレイめにまとめつつも、ダメージ入りのデニムでヌケ感をプラスしています。かっちり決め過ぎずに、程よくきちんと感は演出してくれるテーラードジャケット風のカーデはちょっとした羽織りとして役立つアイテム。カーディガンのラフな雰囲気が、こなれ感の漂うスタイリングへとブラッシュアップさせます。

2018-5-4 UP

スタッフコメント

アクティブな印象で今期特に注目の旬なアイテム『ジョガーパンツ』は、細身のシルエットを選びキレイめに仕上げましょう。ボトムにはチャコールグレーという落ち着きのある色を、トップスには爽やかなブルーのシャツをサッと羽織らせ、更にインテリジェンスな雰囲気を漂わせる小物をプラスし、スマートな印象のキレイめスタイルにまとめています。いつものボトムスを細身のジョガーパンツに変えて、トレンドを取り入れたワンランク上のお洒落なキレイめスタイリングに是非挑戦してみてください。

2018-5-3 UP

スタッフコメント

この時季はロングシャツをコートとして使うのがお洒落。生地の素材に麻を使用した軽くて爽やかな風合いを持つシャツならロング丈でも重たい印象にならず、涼し気なレイヤードスタイルに仕上がります。意外と着回せるロングシャツは一枚は持っておきたいアイテムです。

2018-5-2 UP

スタッフコメント

裏毛素材を使用したボーダーカットソーと、柔らかく優しい印象のカットテーラードカーディガンを合わせて完成させた着心地も良いレイヤードスタイル。このトップスの2つは組み合わせたときに完璧なサイジングになるように作られたアイテムなので、手軽にかっこいいレイヤードスタイルが出来上がります。テーラードのデザインを取り入れたキレイめ度の高いトップスには細身のボトムがマストです。

2018-5-1 UP

スタッフコメント

爽やかな雰囲気のあるボーダーレイヤードカットソーを使用したこちらのスタイリングは、足元にブラックデニムパンツ+キャンバススニーカーを取り入れることで、季節にマッチした涼感を演出しています。また、手に持ったトレンチコートを羽織ることで、色味を追加し、コーディネートに奥行きとキレイめな印象をプラス。暖かくなるこれからの季節、こちらのスタイリングを参考に、取り入れるアイテムに季節感を持たせることを意識してみてください!

2018-4-27 UP

スタッフコメント

爽やかな綿麻素材のベージュのジャケットに同系色のメガネや革トートのキレイめ小物を合わせつつ、デニムやスニーカーでカジュアルダウンさせたこなれ感のあるジャケットスタイル。デニムはロールアップをして足首を見せることで春らしさを演出させました。

2018-4-26 UP

スタッフコメント

ボーダーの長袖カットソーに軽やかな印象のクロップドパンツを合わせ、キャンバス素材の白トートとスニーカーをプラスしたマリンテイストを感じさせる爽やかなカジュアルスタイル。小物使いの色と素材感を意識するとコーディネートのお洒落ポイントUP。

2018-4-25 UP

スタッフコメント

デイリー使いにピッタリなボーダーを大人上品にスタイリングしてみました!大人っぽく見せるポイントはネイビーのロング丈のコート。程よくこなれ感を演出できるだけでなくキレイめな印象の強いアイテムなので、カジュアル感が強いボーダーも全体の印象を大人っぽく演出してくれます。

2018-4-24 UP

スタッフコメント

アクティブな印象のジョガーパンツにカーディガンというラフな組み合わせを、シックなカラーリングで合わせることでモード寄りの雰囲気に仕上げています。リブ付きの裾による足首でキュッと引き締まったシルエットにツヤ感のあるローファーをプラスすることで、こなれたキレイめコーディネートが完成します。クラッチバッグは艶感を引き立てるアクセントにオススメの小物です。

2018-4-23 UP

スタッフコメント

キメ過ぎた印象になりがちなアイテム合わせのコーディネートも、ジャケットの素材に柔らかさを持たせたことや、シューズにブラウンの色味を取り入れたことで、程よくカジュアルさをMIXしたコーディネートに仕上げました。キレイめなアイテムを多く取り入れるコーディネートは、どうしてもキメ過ぎた印象になりがちですので、そういった場合は、素材や色使いを工夫し、カジュアルダウンすることを意識してみてください。

2018-4-20 UP

スタッフコメント

ミリタリーの定番アイテムであるM-65にイージーパンツを合わせて程よくリラックス感を取り入れた、こなれ感溢れる旬なカジュアルスタイル。無骨なイメージのあるミリタリーも、サイジングと素材感を意識すればキレイめコーデに相性抜群。

2018-4-19 UP

スタッフコメント

今期トレンドのハーフジップパーカは上まで締め、インナーはホワイトのカットソーで裾からちら見せし、ボトムスはブラックスキニーがマスト!落ち着きのある雰囲気ながら、感度の高さが演出されます。さらに足元はくるぶしが見えるくらいにロールアップすることで野暮ったさがなくなります!

2018-4-18 UP

スタッフコメント

ハーフジップパーカーを使ってトレンド感のあるカジュアルスタイルを完成させています。ハーフジップパーカーはインナー見せが楽しめるアイテム。インナーのカットソーやスニーカーを白にすることで、ブラックの重たい印象を中和しています。パンツには色落ちデニムセレクト。爽やかなブルーがコーデを春の装いに変化させるオススメスタイルです!

2018-4-17 UP

スタッフコメント

ワインのカラーを杢調で魅せたテーラードジャケットでスタイリングに爽やかさと華やかさをプラスしました。かっちりとさせつつもラフな印象を併せ持つカット地の柔らかな質感のテーラードはキレイめカジュアルスタイルに合わせやすく、こなれた着こなしを生み出してくれるアイテムです。

2018-4-16 UP

スタッフコメント

モード感のあるノーカラージャケットを取り入れ、キレイめに仕上げたこちらのコーディネートは、インナーにバンドカラーシャツを取り入れることでさらにモードな印象に。足元もロールアップをして軽さを出しつつ、よりこなれた雰囲気を演出するため、艶感のあるローファーを取り入れました。モードな印象が強いアイテムを使用する際は、「こなれ感」を意識することでバランスの取れたコーディネートも組みやすくなりますので、是非意識してみてください。

2018-4-13 UP

スタッフコメント

"新生活にまず揃えたい王道キレイめコーデ"。オックスシャツにジャストシルエットのパンツを合わせたSPUの定番コーデながら、さりげない格子柄が特徴のウィンドウペンシャツをチョイスした、シンプルにまとめつつ飽きのこないキレイめカジュアルスタイル。ロールアップや小物の色合わせなどの小技も意識するとよりお洒落度UP。

2018-4-12 UP

スタッフコメント

爽やかな綿麻シャツを使った、春にピッタリのキレイめコーデ。シャツは素材を変えることで簡単に季節感を演出することができます。パンツに青の同系色のネイビーを使うことでスタイリングに統一感をプラス。またサイドから白カットソーを見せていることもポイントです。白スニーカーとリンクしてこなれ感を演出しています。

2018-4-11 UP

スタッフコメント

定番の色合わせの中にもトレンドを意識したキレイめコーデ!ここ最近定番になりつつある、ゆったりシルエットのシャツにセンタープレスのアンクルパンツでこなれ感を演出してみました。トレンドアイテムを無理なく着こなすにはまず“モノトーンカラー”で合わせることが第一のオシャレテクニックです!是非試してみてください!

2018-4-10 UP

スタッフコメント

同素材の麻100%で仕立てられた涼しく爽やかな印象のジャケットとボトムスをセットアップスタイルで。軽やかでラフな雰囲気がある麻素材であれば足元はスニーカーがgood。気取りすぎないこなれたセットアップスタイルで周囲と差を付けられるはずです。

2018-4-9 UP

スタッフコメント

ノーカラーのカーキJKTに淡い色味のクラッシュジーンズをロールアップして"軽さ"と"こなれ感"をプラスした、春夏にイチオシのカジュアルコーデ。加工感の強めなジーンズは、ジャストサイジングでシルエットをスッキリ魅せればキレイめカジュアルにも相性抜群。

2018-4-6 UP

スタッフコメント

子供っぽくなりがちなボーダーTシャツのコーディネートも、全体的に取り入れるアイテムの彩度を抑えることで、落ち着いた大人の雰囲気を演出しています。また、季節に合わせた軽やかな印象を演出するため、所々にホワイトを取り入れた点もポイントの1つです。徐々に暖かくなるこれからの季節は、是非こちらのコーディネートを参考に、軽さを意識した爽やかコーデに挑戦してみてください!

2018-4-5 UP

スタッフコメント

タイプライター生地を使用し、素材感で差をつけたショップコートを合わせたスタイリングのご提案。ナチュラルな雰囲気を演出するシワ感と軽やかな印象が程よく抜け感を出してくれます。パンツにリジットデニムを使うことでキレイめな印象を崩さず程よくカジュアルダウンさせていることもポイントです。

2018-4-4 UP

スタッフコメント

大人の色気を与えてくれるワイン色のシャツを生かしたスタイリングのご提案です。カジュアルシャツの定番、バンドカラーは前を開けホワイトのカットソーで清潔感をプラス!下半身はきちっと感を演出してくれるセンタープレスのパンツとローファーを合わせ、全体的に上品な印象になるようまとめてみました!

2018-4-3 UP

スタッフコメント

ニット地の柔らかい質感でラフに魅せる新鮮なテーラードスタイル。カーディガンのような感覚で羽織れるテーラードジャケットが、グッとこなれた印象を与えます。かっちりしたイメージのテーラードジャケットは素材感を変えて異なるテイストに着こなせば、感度の高さが演出できます。

2018-4-2 UP

スタッフコメント

豊かな表情を持つワッフル生地を使用したカーディガンが、ラフでこなれた雰囲気を演出するキレイめコーデ。小物も白で統一することと、パンツはブラックではなくネイビーを使うことで爽やかな印象に。春にオススメの清潔感のあるお出掛けコーデです。

2018-3-30 UP

スタッフコメント

ロングシャツをカーディガン感覚でさらっと羽織るだけで、こなれた印象を演出できます。パンツはあえてネイビーにすることで重くなりすぎず軽やかな雰囲気に。更に足元はパンツをロールアップしてバブーシュを合わせることできちっと感と清潔感のある着こなしを完成させています。

2018-3-29 UP

スタッフコメント

"季節の変わり目はくるぶしで魅せる・・・"心地よい気温の日に着たい、カーディガンを使った大人のリラックスコーデ。ご自宅でのオフスタイルにはもちろん、カーディガンとカットソーで抜け感を出しつつ、ジャストサイジングのパンツにレザーシューズで引き締めているのでタウンユースにもオススメ。これからの季節重くなりがちなブラックパンツは、ロールアップの"くるぶし魅せ"で軽さとこなれ感をプラス。

2018-3-28 UP

スタッフコメント

白シャツを爽やかに着こなしたこちらのスタイリングのポイントは、アイテムの色に統一感を持たせたこと。眼鏡、時計、鞄、靴の小物の色味をブラウンに統一したことで、まとまりのあるコーディネートに仕上がり、シンプルながらも感度の高さが垣間見えるシャツコーデに。きちっとしたスタイルの中でシャツの袖を折り返して見せたブルーのストライプ柄がお洒落なアクセントとなっています。

2018-3-27 UP

スタッフコメント

コーデのポイントは、男らしさはちゃんと演出しつつ決め過ぎていないリラックスした印象も与える、スタンドカラーデザインが新鮮なジップアップジャケット。裾にリブが付いたデザインのジョガーパンツを合わせればアクティブなテイストがMIXされ、周囲と差がつく艶っぽいスタイリングの完成です。

2018-3-26 UP

スタッフコメント

モノトーンにまとめたこちらのコーディネートも、差し色にワインを取り入れることで、コーディネートに奥行きを与えてシンプルになりすぎることなくまとめました。また、着こなしのポイントとして、全体的にキレイめなアイテムを取り入れつつも、インナーにカットソーを取り入れたり、ロールアップをして足首を見せることで、程よく抜け感を演出しています。コーディネートが単調になりがちなときは、是非こちらのコーディネートを参考に、色やアイテム、小技の取り入れ方を意識してみてください!

2018-3-23 UP

スタッフコメント

さりげない編み模様で落ち着きのあるお洒落な雰囲気を持つニットを使った大人なキレイめスタイル。インナーに白のバンドカラーシャツを入れることで、首元にチラリと見える小さな襟がこなれ感を演出しています。またスニーカーも白で合わせて、インナーの白シャツとリンク。コーデに爽やかさをプラスしてまとめています。

2018-3-22 UP

スタッフコメント

風合い豊かなパイル素材を使用したジップパーカーにクラッシュデニムを合わせた、タウンユースはもちろんリゾートにも適した大人のリラックスオフスタイル。カジュアルになりすぎてしまいがちなパーカーは、余計な装飾がないシルエットと素材感でアイテムを選ぶのがポイント。

2018-3-20 UP

スタッフコメント

日に日に暖かくなり、外に出かけることも多くなるこの時期にさりげなくオシャレな雰囲気を演出できるロング丈のコートを使った大人のお出かけスタイルのご提案です。ロング丈コートのインナーには清潔感のあるバンドカラーシャツをチョイス!シャツの柄はストライプにすることで絶妙なカジュアル感と上品な印象を与えてくれます。パンツはスキニーで少し裾をロールアップし足首を見せるのがポイントです。足元はバブーシュシューズを合わせ、こなれ感を与えつつきちっとした雰囲気に仕上げてみました。

2018-3-19 UP

スタッフコメント

カット地のテーラードジャケットでかしこまりすぎずラフな印象にまとめたキレイめカジュアルスタイル。細ボーダーのカットソーできちんとした雰囲気を出しつつ、バッグ・スニーカーの小物部分でカジュアル感をプラス。バランスよくキレイめとカジュアルのテイストをMIXしました。

2018-3-16 UP

スタッフコメント

シンプルになりがちなモノトーンコーデも、トップスにリラックス感のあるジャケットとカットソーを合わせて抜け感を演出することでワンランク上のコーディネートに早変わり。手首や足首を出すことも抜け感のあるコーディネートに仕上げるためのポイントの1つです。全体的にシンプルになりがちなコーディネートは、取り入れるアイテムの素材感に差をつけたり、手首や足首を出して抜け感を演出するだけでも、一味違った雰囲気を作ることができますので、是非こちらのコーディネートを参考にワンランク上のコーディネートにしてみてください!

2018-3-15 UP

スタッフコメント

少しずつ暖かくなり冬から春の装いに変わる今の時期、一足早く春を感じる着こなしをご提案!ベージュのパイル生地テーラードが印象的なこちらのスタイリングは、小難しい着こなしを一切排除してブラックのスキニー + ホワイトのカットソーという定番アイテムの組み合わせで完成させました。オシャレが苦手な方でも絶対に外さないSPUオススメコーデです。

2018-3-14 UP

スタッフコメント

テレコの素材感で上品なフェイクレイヤードカットソーに、清潔感のある白スキニーを合わせたコーデ。小物をブラックで統一することで、シャープな印象を残しつつ足首や手首を見せて程よく抜け感を出しています。

2018-3-13 UP

スタッフコメント

"上品な風合いのタスラン生地を用いたチェスターコートに、ホワイトのカットソーを合わせたこれからの季節に取り入れたい春のチェスターカジュアルコーデ。 インナーの色を拾ってホワイトのソックスを見せる小技も季節感を演出するポイント。"

2018-3-12 UP

スタッフコメント

鹿の子という爽やかな生地を使用したテーラードジャケットの色はグレーをチョイスし、軽やかに仕上げたスタイル。デニムやスニーカーを使ったスタイリングもテーラードジャケットを合わせれば手軽にキレイめな印象にまとめることができます。着回し力の高いテーラードジャケットは、素材感やカラー別でいくつか持っておきたいアイテムです。

2018-3-9 UP

スタッフコメント

カラーパンツを取り入れつつシックなトーンでまとめたムードのある大人のカジュアルスタイル。バンドカラーのシャツを合わせることで更にこなれた印象を与えます。ツヤ感のあるスニーカーは程よくキレイめとカジュアルをMIXさせたテイストに最適です。

2018-3-8 UP

スタッフコメント

爽やかなネイビーのシャツを使用したこちらのコーディネートは、全体をモノトーンでまとめたことで大人の雰囲気を上手く演出することができています。また、ブラックではなくあえてチャコールのパンツを使用したことで、軽やかさを演出した点もポイントの一つです。キャンバス生地でトートバックとスニーカーを合わせる小物遣いでコーディネートに統一感を持たせつつ、春らしさをさらにプラスしています。軽やかさを演出したくなる季節は、こちらのコーディネートを参考に、アイテムのちょっとした色遣いや、生地感に注意してコーディネートを組むことを意識してみて下さい!

2018-3-7 UP
2018-3-6 UP