1/10更新!
〜THE オンリーワン〜
「このワインのココが凄い!」
コンチェルト ランブルスコ レッジャーノ セッコ[2017]
メディチ エルメーテ(泡 赤)
赤いスパークリングワインの代名詞《ランブルスコ》。私は、このワインを愛飲して何年になることでしょう。いつ飲んでも、『価格・味・見た目三拍子揃っていて、凄いな〜。』と思うのです。何が凄いって?
ガブガブ飲める安ワインというイメージだった、ランブルスコのイメージを払拭したのが、このメディチ・エルメーテ社。初ヴィンテージ1993年から始まり、エミリア・ロマーニャで初めて、単一畑のブドウで、その年に収穫されたブドウで造られるミレジムの《コンチェルト》。イタリア ワイン評価本『ガンベロロッソ』において、2019年度版では、最高評価のトレ・ビッキエリを《10年連続獲得!》ランブスルコ生産者初の《スターワイナリー》を獲得したのです。
タカムラとは、かれこれ15年以上の長いお付き合い。オーナーのアルベルト氏は、私が出会ったイタリア人の中でも、トップクラスの超紳士なお方。昨年は、次期5代目当主のご子息アレッサンドロ氏と一緒にタカムラにご来店。ますます、期待が高まるひと時でした。
タンバーベイ ヨントヴィル ラビカノ[2013](赤ワイン)
このワインの『凄い』ポイントは…
◆『元Apple社のNo.2で、故スティーブ・ジョブズ氏の右腕とも言われた、バリー・ウェイト氏が設立』
◆『Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏も顧客』
という、ワインにそれほど詳しくない方でも、その凄さが伝わるのではないでしょうか?
さらに、醸造家には、《スクリーミング・イーグル》、《シュレイダー》など、錚々たるワイナリーを渡り歩いてきた、鬼才トーマス・ブラウン氏を起用。
造られるワインは、IT業界の重役、ハリウッドスターなど限られた顧客のみという希少すぎるワインですが、輸入元さんの熱意によって、日本への入荷が実現!
決して安いお値段ではないですが、世界の億万長者が求めるワインと考えれば、ここぞという時の1本にピッタリだと思いますよ♪
キルホーマン ソーテルヌカスク フィニッシュ 700ml 50度
(シングルモルトウイスキー)
ワインではないのですが…、『ここがすごい!』アイテムをご紹介!
フランスの《ソーテルヌワイン》を醸造した樽を使って造られた、シングルモルトウイスキー、《キルホーマン ソーテルヌカスク フィニッシュ》
《キルホーマン蒸溜所》は、スコットランドのアイラ島に、124年ぶりに設立された、比較的新しい蒸溜所。
ピートをしっかりと生かして造られる、個性的でスモーキーなウイスキーを造る、人気の蒸溜所です。
《バーボンバレル》で5年間熟成。その後、世界三大貴腐ワインの一つ、《ボルドー ソーテルヌワイン》の空き樽で5カ月間追熟して造られたウイスキーは、バーボン樽特有の、甘いバニラのような味わいと、貴腐によって凝縮された白ブドウのねっとりとした甘みが絡み合い、複雑な味わいと余韻が心地よく広がるウイスキーに。
このスモーキーで個性的な味わいを、是非ワイン好きな方にも楽しんで頂きたい!