8/10更新!
新種探検!この品種ご存知ですか?
ストランパラート[2012]ラーチノ(赤ワイン)
『マリオッコ』
イタリア・ワイン愛好家の方だとご存知かもしれません。イタリアをブーツに例えると、つま先部分にある『カラーブリア州』の土着品種です。ガリオッポとか、マリオッコとか、結構響きが可愛いブドウ品種があるんです♪
マリオッコは、乾燥に強く、ポリフェノールを多く含む、色調の濃いブドウと言われてますが、このワインは、ちょっと違います(汗)
じゅ〜わ〜っと旨みが染み出て、飲んでてニタニタしてしまうワインです(笑)
元々ブドウ栽培やワイン醸造と関わってなかった若者3人が、共同出資して立ち上げたワイナリーで、カラーブリアの土地を表現したワインを、農薬に頼らない栽培方法で作ってます。これから期待の持てるワイナリー。私は注目しております★
パンノンハルミ・オラスリズリング[2016]パンノンハルミ・アパーチャーギ・ピンツェーセト(白ワイン)
『オラスリズリング』
最近、グルジアやモルドバ、ブルガリアなど東欧のワインが、日本にも続々と入荷するようになり、タカムラでも少しづつラインナップが増えてきました。
そして東欧は一般的に知られていない品種の宝庫♪
ワイン名も含めて発音しくいのが難点ですが…(汗)そんなことはさておき、今回ご紹介するワイン(品種)は、ハンガリーの『オラスリズリング』です!
実は、ハンガリーを代表する白品種で、オーストリアで栽培されている『ヴェルシュリースリング』の通称とも言われてますが、国際的な品種の『リースリング』との共通項は無いのだそう。
青リンゴや柑橘などフレッシュ感に溢れ、ミネラリーでクリーンな味わい。喉の渇きを癒してくれる飲みやすさが魅力♪
特に、白ワイン好きの方には、絶対にオススメです!
ジェルソ・ビアンコ[2016]ポデーレ29(白ワイン)
『フィアーノ・ミヌートロ』
って、あまり聞きなれないブドウの名前。
ワインを買う時って、ブドウの品種って結構需要ですよね。
特に長くワインを飲んでいる人は、お気に入りのブドウの品種って決まっていたりするものですし。
でも、新しい品種を試してみるのも、ワインを楽しむ醍醐味です!
この『フィアーノ・ミヌートロ』で造られたポデーレ29のジェルソ・ビアンコ。プーリアに古くからある大変珍しい品種で、香りがなんとも豊か!!
トロピカルさと、程よく酸味も感じられて、もしかすると、お気に入りの品種に加わるかも。
新しい出会いを楽しんで下さい〜♪