since 1899
青野オフィシャル
ヘルプ・ガイド 送料お・支払 メルマガ登録 プライバシーポリシー  Yahooトップへ

一歳のお祝いに「誕生餅」



一升餅(一生餅)とは

一生餅 ・ 一歳餅 ・ 力餅 ・ 立ち餅 ・ 立ったら餅 ・踏み餅・ 転ばせ餅 ・ 転ばし餅 ・ 転び餅・・・呼び名も様々です
一升のお米を使って作るお餅です。 このお餅で、一歳の誕生日を迎えたお子様を祝うことから誕生餅とも呼ばれています。
満1歳の誕生日を祝う伝統の行事で、人間の一生と餅の一升とをなぞらえて
などといった願いをこめて、1歳まで無事に成長したことを祝い、これからも健やかに成長することを祈る伝統行事です。
一升餅は、お祝いの品でもありますが、普通のお餅なので、もちろん食べることができます。
一生餅には、 「背負いきれない程の食べ物」=「一生食べ物に不自由しないように」
という願いも込められています。





さまざまな使われ方

還暦祝い

還暦や華甲、古希、喜寿、傘寿、半寿、米寿、卒寿、鳩寿、白寿、百寿、茶寿、珍寿、皇寿、大還暦の長寿の誕生日祝いの時にも一升餅が用いられる事があります。この場合は紅白の一升餅を使い、「餅」と「持ちがいい」や「長持ちする」にかけて、お飾りをし、誕生日を祝います。祝い後には長寿のご利益を受ける意味で家族でお餅を食します。

建前(上棟式)等の祝い事

一升餅を2段、3段にした物は鏡餅と言われ、住宅や建築物の建前、上棟式の際に用いられたり、正月に新年の豊作を祈願する為のお飾りとして用いられています。
この一升餅や鏡餅には太陽神の天照大神が宿ると云い伝えられており、このお餅自体が天照大神が姿を隠した天の岩戸に見立てているので、天の岩戸が開いたように、お祝いで使用された後には一升餅、鏡餅も豊作や将来の円満を願い鏡開きが行われ、餅を切って食べます。 (※参考文献Wikipedia)


※写真はイメージです。状況により実際とは変わる場合がございますのでご了承ください。



このページのトップへ戻る