ブルーエア 日本総代理店のセールス・オンデマンド(株)が運営しています。

Concept

Breathe blue air


「人は誰でも、きれいな空気の中で生活をする権利がある。」

ブルーエア社はこの思いのもと1996年にスウェーデンのストックホルムで、空気清浄機専業メーカーとして創業されました。
卓越した技術で空気清浄機を開発し、欧米や中国など世界60カ国以上で支持され、着実に信頼を集めてきました。

病院や高級時計の工房、大手コンピューターメーカーのリペアセンターといった、
空気にこだわる施設に導入され、世界中に愛用者を増やしています。

世界基準※1No.1※2の空気を実現する3つのこだわり

1

空気清浄機専業メーカーならではの高い空気清浄技術

独自開発のHEPASilent®テクノロジーでハイスピード&高い除去力を両立。

2

シンプルな美しさを追求した北欧デザイン

あらゆる空間に調和する美しさで、世界各国のデザイン賞を多数受賞。

3

フィルター清掃不要のお手軽メンテナンス

メンテナンスは約6カ月毎のフィルター交換だけ※3、面倒な清掃は必要ありません。

※1:米国家電製品協会(AHAM)によるクリーンエア供給性能に関する基準CADRが、アメリカ、カナダ、中国、韓国などで利用されていることから事実上の世界基準とする(2018年10月現在)。
※2:CADR(クリーンエア供給率)の公開値でブルーエア600シリーズが最高値以上を取得。
※3:24時間使用の場合の目安。

世界には空気清浄機の性能を数値化した指標があります。
CADR値で比較してみてください。

空気清浄機のグローバルスタンダードは“清浄スピード”にあります。
目に見えない空気清浄機の性能を数値化した指標、それが米国家電製品協会(AHAM)が定める
クリーンエア供給率(CADR=Clean Air Delivery Rate)です。

CADRとは空気清浄機が1分間あたりに供給する清浄な空気の量を表した指標のこと。
この値が高いほど、空気清浄機の性能が高いことを示しています。

ブルーエア空気清浄機はCADR値で最高値以上を取得
つまり、世界最高レベルの優れた空気清浄機だと証明されているのです。

ブルーエアの提案する『推奨フロア面積』とは?

ブルーエアはCADR値より算出された空間サイズに基づき、その空間の空気を1時間に5回清浄できる広さを『推奨フロア面積』としています。
これは日本の規格よりも、実空間での使用に配慮した厳密な考え方。
絶えず発生する空気の汚れを速く除去し、常にきれいな空気で満たす、最適な1台の選び方を提案しています。

※CADR(クリーンエア供給率)の公開値でブルーエア600シリーズが最高値以上を取得。

ブルーエアはスウェーデンデザイン
その美しさはあらゆるインテリアに調和します。

ブルーエアは、北欧ならではの「いいものを長く使う」という思想に基づいて開発されています。
時代を超えて愛される北欧デザインは、さまざまなライフスタイルに溶け込み、
モダンで洗練された空間を演出。
常に技術革新とスウェーデンデザインを融合し、卓越したプロダクトを開発し続けています。

ブルーエアはスウェーデンデザイン
その美しさはあらゆるインテリアに調和します。

ブルーエアは約6カ月に一度フィルター交換するだけ。
交換のたびに初期性能に生まれ変わります。

フィルターが汚れてしまうと空気清浄機の性能は著しく低下します。
高い清浄性能を長く維持するためには、汚れたフィルターは定期的に交換すること。
空気清浄機専業メーカーとしてブルーエアはそう考えます。
約6カ月に一度フィルター交換するだけでわざわざフィルター自体を掃除したり、
汚いホコリに触れる必要はありません。

※24時間使用の場合の目安

24時間365日使える、暮らしにやさしい設計。

誰でも迷うことなく使えるシンプルな操作パネルのほか、
24時間365日動かすものだからこそ、動作音の静かさにもこだわりました。
ボディは遮音性の高いスチール製のため、32db(A)※1とほぼ無音です。
また、省エネ性能も高く、1日の電気代も約5円※1 ※2に抑えています。

※1:ブルーエア400シリーズ「スピード1」の場合
※2:単位電気代27円/kWhで計算。実際の使用方法や環境により異なる。

きれいな空気と暮らそう。
世界基準No.1ブルーエア。

Product Line