アルミブラインド(立川機工ファーステージ)の取付方法


アルミブラインドの窓のタイプ別の取付方法を説明しています、ご希望の取り付け方法をクリックして下さい。


ブラインド取付けに必要な道具一覧

標準・耐水タイプの取付方法

「窓枠内側・天面」に取付ける場合

標準タイプの取付方

天井付けの取付方法詳細

1取付金具(ブラケット)の位置を決める

ブラケットは製品本体のヘッドボックスの端から約4僂琉銘屬房萇佞韻討ださい。(コードと干渉しないようにご注意下さい。)

ブラケット3つ以上の場合はそれぞれが等間隔になるように取付けてください。(※幅が151儖幣紊寮宿覆魯屮薀吋奪箸3個になります。)※位置を決めたら、キリなどを使ってしっかりと下穴を開けると後の取付け作業が楽になります。

ブラインドを取り付ける金具の位置を決めているイメージ

※ブラインドはコードを引っ張って操作するものですので、負荷が掛かる部分の強度を高めるためにも、 指定位置にブラケットを設置してください。

指定位置以外に取付けて破損した場合、保証対象外になります。

取付位置のイメージブラケット2個 取付位置のイメージブラケット3個

2取付金具(ブラケット)の取付け

製品に同梱されているブラケットをプラスのドライバーで、窓の木枠内側に直角・水平にネジ止めします。

ブラケットをドライバーで取付け

反対側も同様に固定します。窓枠の材質によっては、きちんと固定できない可能性がありますので、ブラインドを支えられる強度が有るか、必ず事前にご確認ください。また、窓枠の材質に応じた、ネジやアンカーが必要になる場合もあります。その場合は、適宜ご準備ください。

ブラケットを取付けてるイメージ

3ブラインドをはめ込む

ブラインド下部が手前に来るように傾け、ブラケットのツメに引っ掛けます。

ブラインドを窓枠内に取り付けるイメージ

その後奥側を上へ押し上げ、ブラケットからカチッという音がすれば固定完了です。

ブラケットにブラインドをはめ込むイメージ-2

4取付け完了

取付け後の確認 製品をお付け頂いた後は、製品本体がブラケットに 確実に固定されているか確認してください。

ブラインドを窓枠内に取付をした画像

「つっぱり式」で取付ける場合

つっぱり(テンション)・浴室タイプの取付方法

標準タイプの取付方

つっぱり式の取付方法詳細

1プレート受けの貼付位置を決める

貼付位置を決めたら、プレート受けのツメ側が下になるように、両方の壁面に付属の両面テープを使って貼り込んでください。

取付け下地の確認 プレート受けを貼り付ける際に、貼り付け面に汚れ・水分等が付着していると、両面テープの粘着力が弱くなり、製品落下の原因となりますので、必ず、汚れ、水分等は完全に拭き取ってからプレート受けを貼り付けてください。

プレート受けの位置を決めているイメージ

※凹凸のある壁や、布壁、土壁、砂壁やベニヤなどのザラザラした面、またはフッ素コーティングが施してある取付け面の場合には、製品を取付けられませんので、 ご注意ください。

※つっぱりタイプは、窓枠の両側に強い圧力(テンション)がかかるので、しっかりとした下地が必要です。

貼付位置のイメージ両面テープ

2ヘッドボックスのはめ込み

レバーが壁面側に倒れていることを確認し、ヘッドボックスをプレート受けに押し当てて、はめ込んでください。

ヘッドボックスのはめ込みイメージ

※左右の隙間が均等になるように製品の位置を調整してください。

位置を調整イメージ

3ヘッドボックスを固定

・手で、左右のダイヤルが固くなるまで、左右均等に回してください。
(※左右でダイヤルの回転方向は逆になります。)

ブラインドを窓枠内に取り付けるイメージ

レバーを「カチッ」と音がするまで製品の中心に向かって倒して、ヘッドボックスを固定させてください。ボックスカバーをスライドさせて、取付完了です。

レバーを「カチッ」とイメージ ボックスカバーをスライドイメージ

4取付け完了

取付け後の確認 製品をお付け頂いた後は、製品本体がブラケットに 確実に固定されているか確認してください。

ブラインドを窓枠内に取付をした画像

「窓枠前面・正面」に取付ける場合

標準タイプの取付方

1取付金具(ブラケット)の位置を決める

ブラケットは製品本体のヘッドボックスの端から約4僂琉銘屬房萇佞韻討ださい。(コードと干渉しないようにご注意下さい。)

ブラケット3つ以上の場合はそれぞれが等間隔になるように取付けてください。(※幅が151儖幣紊寮宿覆魯屮薀吋奪箸3個になります。)※位置を決めたら、キリなどを使ってしっかりと下穴を開けると後の取付け作業が楽になります。

ブラインドを取り付ける金具の位置を決めているイメージ

※ブラインドはコードを引っ張って操作するものですので、負荷が掛かる部分の強度を高めるためにも、 指定位置にブラケットを設置してください。

指定位置以外に取付けて破損した場合、保証対象外になります。

取付位置のイメージブラケット2個 取付位置のイメージブラケット3個

2取付金具(ブラケット)の取付け

製品に同梱されているブラケットをプラスのドライバーで、窓の木枠内側に直角・水平にネジ止めします。

ブラケットをドライバーで取付け

反対側も同様に固定します。窓枠の材質によっては、きちんと固定できない可能性がありますので、ブラインドを支えられる強度が有るか、必ず事前にご確認ください。また、窓枠の材質に応じた、ネジやアンカーが必要になる場合もあります。その場合は、適宜ご準備ください。

ブラケットを取付けてるイメージ

3ブラインドをはめ込む

ブラインド下部が手前に来るように傾け、ブラケットのツメに引っ掛けます。

ブラインドを窓枠内に取り付けるイメージ

その後奥側を上へ押し上げ、ブラケットからカチッという音がすれば固定完了です。

ブラケットにブラインドをはめ込むイメージ-2

4取付け完了

取付け後の確認 製品をお付け頂いた後は、製品本体がブラケットに 確実に固定されているか確認してください。

ブラインドを窓枠内に取付をした画像

カーテンレールに取付ける

カーテンレールへの取付

高さ調整機能

高さ調節機能

商品の注文はこちら

営業日カレンダー