目次
タイトル

キャンドル・ろうそく特集

「日々の疲れを癒やしてくれるグッズがほしい……。」
そんな方にはキャンドルがおすすめです。
ゆらめく火を見つめているだけで癒やされて心が落ち着きますよ。
香りも楽しめるアロマキャンドルや、火を使わないから安全なLEDキャンドルなど、
あなたにぴったりのキャンドルを見つけてくださいね。
キャンドルとろうそくの大きな違い
キャンドルとろうそくの大きな違い
キャンドルとろうそくの大きな違いは原料です。ろうそくはもくろうなど植物性の素材で、キャンドルは石油由来のパラフィンが主な原料です。芯の素材も異なっており、キャンドルの芯は基本的には糸、ろうそくは燈芯を使用しています。
キャンドルの特徴
キャンドルの特徴
キャンドルは石油由来のパラフィンがよく使われるため、機械による大量生産ができ、価格も安価な物が多いです。ソイワックスなど別の原料のキャンドルも増えており、LEDキャンドルなど燃やす必要がないキャンドルもあります。

キャンドルの種類から探す

アロマキャンドル

アロマキャンドルはその名前の通り、香料が使われているキャンドルです。灯された火と香りで癒やしてくれます。キャンドルの中でも人気が高く、形や大きさが様々なところも特徴です。

ヤンキーキャンドル

世界No.1のフレグランスブランドYANKEE CANDLE社。そのアロマキャンドルは、香りの良さと豊富さから日本でも多くの愛好家を得ています。
ヤンキーキャンドル特集

アロマキャンドルの種類

LEDキャンドル

本物の火を灯しているかのように見えますが、火をつけていないので火傷などの心配がいらず、安心してお使いいただけます。小さなお子様やペットのいるご家庭など、火を使うのは不安という方にもぴったりです。

キャンドルホルダー

キャンドルホルダーを使うと、キャンドルがホルダーに守られて安心なだけでなく、キャンドルの火を素敵に演出できます。ガラスに映った火や、色とりどりのガラスがキャンドルの火で周りに映し出される光景は、キャンドルホルダーでしか味わえません。

パーティキャンドル

バースデーキャンドルはもちろん、ホームパーティなどでキャンドルを用意すると、ムード作りに役立ちますよ。カラフルなキャンドルなら楽しい雰囲気づくりに、シックなテーブルキャンドルなら大人な雰囲気を演出するのにぴったりです。
ホームパーティーグッズ特集

フローティングキャンドル

フローティングキャンドルは水に浮かべて楽しめる、幻想的なキャンドルです。複数浮かべるとより神秘的な印象に。ガラスボウルを使って浮かべたり、お風呂に入りながらバスタブに浮かべるなど色々な方法で楽しめます。

おもしろろうそく

お団子キャンドルなど和菓子のようなキャンドルや、桜茶キャンドルなどまるで本物のような面白いろうそくを集めました。

キャンドルの人気ランキング

おすすめキャンドル

おすすめシリーズ

アロマワックスサシェを手作り

当店ではアロマワックスサシェを作ることができるキットも取り扱っております。アロマワックスサシェキットの紹介、手作りの手順、当店スタッフが作った感想などを掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

サシェ手作りキット&シリコン型

当店スタッフが実際に作ってみました

作り方
作り方
1、ドライフラワーの配置を決める。
2、ワックスを溶かす。10分ほどで溶ける。
3、温度を確認。85度が適温。
4、ワックスを注ぐ。固まると縮むのでぎりぎりまで注ぐ。
5、ドライフラワーを手早く乗せる。
6、型から外す。取りにくければ冷蔵庫で冷やす。
7、ひもを通せば完成。
当店スタッフが実際に作ってみました
思っていたよりも簡単
実際に作ってみるまでは「難しいんだろうな」と身構えていました。でも、やってみると本当に簡単にできました。友人同士や親子で楽しんで作れると思います。

おすすめの特集

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ