目次
おすすめの水切りかご特集

おすすめの水切りかご特集

しっかり乾かして清潔に食器をしまうためにも、水切りかご選びはとても大事!
食器をすぐ拭いてしまう派の方にもおすすめの水切りマットや、
置き場所に困らないスリムなタイプなど様々な水切りかごを集めました。

スタッフのおすすめランキング


水切りかごはいる?いらない?

「食器をすぐ拭くから水切りかごはいらない」「キッチンがすっきり見えない」など、水切りかごを使わない方もいらっしゃいますよね。
しかし、たとえ「すぐ拭く」方でも、水切りかごがあることで得られるメリットもあります。
水切りかごのメリット
水切りかごのメリット
  • 一度にたくさんの食器を洗うことができる
  • 大きな鍋やフライパンも置ける
  • しっかり乾かせて清潔
  • 食器を洗っては拭かなくて済むので時短になる
  • 食洗器非対応の食器類も乾かせる
水切りかごのデメリット
水切りかごのデメリット
  • 定期的にお手入れが必要
  • 調理などの作業スペースが減る
当店では、スリムな水切りかごや折り畳める水切りかご、水切りマットやトレイなども揃えております。 水切りかごの置き場所に困っている方はぜひチェックしてみてくださいね。
場所をとらない水切りを探す

水切りかごをタイプから選ぶ

おすすめのスリムタイプ水切りかご

スリムな水切りかごなら、調理スペースが減らずに食器を乾かせますよ。 コンパクトな水切りかごでも大容量のタイプもあり、食器をたくさん乾かしたい方にもおすすめです。

おすすめのシンク渡しタイプの水切りかご

シンクに掛けて使うタイプです。調理スペースの邪魔にならないのが一番の魅力です。そのままシンクに水が落ちるのも◎。トレーのように薄いタイプは、調理スペースとしても使えますよ。
シンク掛け式を全て見る

おすすめの折り畳みタイプ水切りかご

折り畳める水切りかごなら、使う時だけ取り出せばいいのでスペースを取らず置き場所に困りません。コンパクトに収納できるので、水切りかごを複数持っておきたい方にもおすすめです。

おすすめの伸縮タイプ水切りかご

洗い物の量に合わせて伸縮できる水切りかごです。調理中や洗う食器が少ない時はコンパクトに、洗い物が多い時は大きく広げられるので状況に合わせてサイズを変えられます。

おすすめの2段タイプ水切りかご

ベーシックな水切りかごです。トレーに落ちた水滴が、自動的にシンクに流れるタイプもあります。たくさん乾かせるワイドな水切りかごもあり、サイズが豊富なのも魅力です。

おすすめの水切りトレー

トレー式の水切りで、カゴのように高さがないため圧迫感なく置くことができます。薄いため、使わない時にはちょっとした隙間に収納できるのもメリットです。
水切りトレーを全て見る

おすすめの水切りマット

水切りかごと併用したり、代用品としても使える水切りマットです。食器拭きとしても使えるタイプや、かわいい柄やおしゃれなデザインの水切りマットもあるので、一枚持っていると便利ですよ。
水切りマットを全て見る

置き場所で水切りかご・水切りラックを選ぶ

シンク横タイプの水切りかご・水切りラック

シンク横に水切りかごを置くと、「洗って置く」という流れ作業がスムーズに行えます。傾斜付きのトレーや排水用ノズルがついているなど、溜まった水をそのままシンクに流せるタイプも多数!

シンク奥タイプの水切りかご・水切りラック

シンク奥に水切りかごを置いた場合、調理台などの作業スペースを広く使うことができます。また、突っ張りタイプや蛇口を邪魔しない高さのあるタイプが多く、シンク上のデッドスペースを活用できるのも魅力。

シンク中タイプの水切りかご・水切りラック

シンクのフチに引っ掛けるように設置して、シンクの中に水切りを設置できるタイプもあります。トレーなどの水受けは不要でお手入れしやすいのがポイント!

場所を取らない水切りかご・水切りマット


容量で選ぶ

少量タイプの水切りかご

大容量タイプの水切りかご


あなたのおうちにピッタリの水切りラックは?

食器の量や乾かす場所は、ご家庭によって様々ですよね。
色々見たけどどれが我が家に合うんだろう…と迷ったら、 こちらの水切りラック診断をお試しください。
水切りラック診断

「キッチン収納」のおすすめ特集

特集から「キッチン用品」を探す

続きを見る

人気のメーカー・ブランド特集

続きを見る
おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ