目次
タイトル

クローゼット収納術

憧れのスッキリ使いやすいクローゼット…。
頭ではわかっていても、なかなか実践できない方も多いのではないでしょうか。
思い切って整理したいアナタのために、収納のコツと共に役立つ収納アイテムをご紹介します。

クローゼット収納の基本

クローゼット収納の基本
上段は使用頻度が低い軽めのものを
少し取り出しにくい場所になるので、使用頻度が低く、軽めのものを置きましょう。
「あまり取り出さない=ホコリをかぶりやすい」ということですので、しっかり収納ケース等に入れて保管しておくことがポイントです。 フタ付きケースを見る
中段は使用頻度が高い衣類の収納
使用頻度が高い衣類の収納に向いています。
パイプハンガーに吊るす収納は、出来るだけ同じ高さの衣服をそろえるように収納していくのがコツです。
ポールを増やして2段にしたり、前後に取り付けて2列にしたりすると更に収納力アップ。
下段はあまり使わない物を置く
吊るせないものは、衣装ケース等を使って下段に収納。 あまり使わないものを出来るだけ下に置いて、よく使うものほど上に置くと取出しが楽です。
キャスター付の衣装ケースだと、出し入れが便利。 キャスター付の衣装ケースを見る

場所別に探す


上段におすすめの収納アイテム

上段におすすめの収納アイテム

収納ケースより軽い布製収納ボックス

軽くて取り出しやすい布製収納ボックスは、上段にしまうのにぴったりです。
上段は、取り出すときに落としてしまう可能性もあるので、布製収納ボックスなら安心して使えますよ。

小物などの収納にいいファイルケース

ファイルケースは、軽くて複数並べても威圧感がないので、クローゼットの上段をスッキリ片付けられます。
シーズンオフの衣類をしまったり、たまにしか使わない雑貨をしまうなど、様々なものを収納できるのも魅力です。

中段におすすめの収納アイテム

中段におすすめの収納アイテム

ハンガー 衣類収納アップハンガー 幅90~120×奥行6×高さ12cm 伸縮式衣類収納アップハンガー ワイド
ハンガーで掛けるだけの衣類収納
クローゼットのポールには、よく使う衣類を掛けてサッと取り出せるようにしましょう。
ハンガーの種類は揃えた方が見栄えもよくコンパクトにしまえます。
掛ける服の丈の長さによって、下に収納する収納ケースの高さを調節しましょう。 ハンガーを見る
吊り下げ収納 6段 衣類 小物収納 幅23×奥行30×高さ80cm クローゼット収納
吊るすボックスで収納力アップ
吊るして使う収納ボックスなら、帽子やバッグなども型崩れせずに収納できますよ。
衣類を畳んで収納することもでき、収納スペースをグッと増やせます。 吊り下げ収納を見る
突っ張り棒 取付幅:110~190cm M 強力 ステンレスポール
突っ張り棒で掛ける場所を増やす
掛ける収納の方が服をたたまない分楽ですよね。
突っ張り棒を使えば掛けられる範囲が広がるので、衣類の収納スペースを増やすのに役立ちますよ。 突っ張り棒を見る

下段におすすめの収納アイテム

下段におすすめの収納アイテム

キャスター付き収納ケース

下段には取り出しやすいキャスター付きの収納ケースを置きましょう。
収納ケースの高さは、ポールに掛けている衣類の丈から床までの高さを測って決めましょう。 高さを調節しやすい、サイズが豊富なフィッツケースなどもおすすめです。

キャスター付きラック・チェスト

キャスター付きのラック、チェストを下段にしまうという手もあります。
衣類だけでなく、本や生活用品のストックなども収納できますよ。

アイテムから探す


衣装ケース

衣類収納なら「収納ケース」

やはりメインで活躍するのは、スタンダードな収納ケース。衣類収納には欠かせないアイテムです。
種類が豊富なので、収納量やスペースに合わせて色々と組み合わせられるのが嬉しいですね。
どこに置く?
どこに置く?
基本的には、クローゼットの下段で使うことが多いでしょう。特に引き出し式のケースなら、下段で使うことで中身が取り出しやすく整理も楽です。
様々なタイプやサイズがあるので、入れたいものとスペースを考えて組み合わせてくださいね。
収納ケース、どれがいいの?
収納ケース、どれがいいの?
よく使うものには、取り出しが便利な引き出し式がオススメ。 間口が広く、何が入っているかわかりやすい前開き収納も使い勝手良し、です。
また、あまり使う機会がないものや重いものは、頑丈なフタ式ケースが向いています。

引き出し式

Fitsシリーズ

収納ケースの定番「Fitsケース」
収納ケースの定番「Fitsケース」
長く使える頑丈さと豊富なサイズが魅力で、長年愛され続けている収納のベストセラーです。
丈夫な前枠を使用した作りで、ケースを積み重ねて使っても、たわみにくく引き出しやすいので、長くご利用していただけます。
引き出しは中身がわかる半透明タイプ。
フィッツ特集

ストラシリーズ

シンプルで使いやすい「stora」
シンプルで使いやすい「stora」
お求め安い価格で、溢れてしまった大量の衣服・小物の収納に役立ちます。
シンプルなデザインで使いやすく、積み重ねて使えるので省スペースになります。

その他におすすめの引き出し式収納ケース

引き出し式をもっと見る 衣装ケース特集

前開き収納

カバコシリーズ

カバコシリーズ
大きな口で収納「KABAKO」
カバのような大きな口で収納できるカバコシリーズ。
洋服を重ねたままでも出し入れが簡単にできます。
引き出しタイプだと高い場所では使いにくいですが、前開きタイプなので高い場所で使っても収納物の出し入れが簡単。
KABAKOシリーズを見る

フロックシリーズ

フロックシリーズ
見た目もカワイイ「froq」
積み重ねても使いやすい、前開き収納のフロックシリーズ。4段階にストッパーが付いているので、フタが止まって出し入れしやすくなっています。
見た目もかわいく、クローゼットの外に出しても使えます。
froqシリーズを見る

その他におすすめの前開き収納

前開き収納をもっと見る

フタ付きケース

フタ付きのケースなら中の物がホコリをかぶることがなく、清潔に保管できますよ。
シーズンオフの衣類や、たまにしか使わない季節小物など、生活に合わせて収納するものを選びましょう。
フタ付き収納ボックス特集を見る

バスケット

バスケットをもっと見る
チェストタイプ

収納力バツグンの「チェストタイプ」

チェストタイプの収納は、クローゼットの外でももちろん使えますが、クローゼットの中の整理ににも役立ちます。 すでに組みあがっているチェストタイプは、1段目はインナーや靴下類、2段目はシャツ類など、わかりやすく収納できます。
どこに置く?
どこに置く?
衣装ケースと同様、基本的には下段に置くことになります。奥行に注意しつつ、ちょうど良い高さのチェストをすっぽり入れれば、それだけでグッと整理しやすくなります。
クローゼットの外に出しても使えるので、例えば季節でチェストごと入れ替え…なんていう風にも使えます。

フィッツプラスシリーズ

フィッツプラスシリーズ
ロングセラーの「fits」シリーズ
「fitsケース」の、多段式引き出しケースバージョン。安心・安全・使いやすさが追求されたプラスチック製チェストです。
サイズバリエーションが豊富なので、希望のチェストが見つかります。
フィッツプラス特集

その他におすすめのチェストタイプ

タンス・チェストをもっと見る
収納袋・圧縮袋

省スペースに「収納袋・圧縮袋」

かさばる布団や冬物の衣類を、省スペースに収納するなら「圧縮袋」を活用。
圧縮せず収納袋に入れるだけでも、ホコリを防いだり防虫効果を期待できます。
布団の収納について
押入れのない住宅の場合、布団の収納に困ることもあるかと思います。
クローゼットに収納するにもスペースが…とお悩みの方は、出来るだけコンパクトにまとめられる「布団収納袋」や「圧縮袋」を是非活用してみてくださいね。

円筒型収納袋

立てて収納する「円筒型収納袋」
布団を丸めて収納袋に入れるだけ。
コンパクトにまとまって、クローゼットにしまえます。
布団を丸めるだけなので、圧縮袋のように掃除機で吸う必要はありません。圧縮しないので、羽毛布団の羽根ををつぶしてしまう心配もありません。
円筒型収納袋シリーズを見る

その他におすすめの収納袋

収納袋をもっと見る

その他におすすめの圧縮袋

圧縮袋をもっと見る 布団収納特集
突っ張り・吊り下げ袋

かしこく収納「突っ張り・吊り下げ」

主にクローゼットの中段で活躍する「突っ張り・吊り下げ収納」。
つっぱり棚をプラスしたり、吊るす収納でカバンや靴などの小物をわかりやすく整理できます。
プラス機能を付けられる突っ張り・吊り下げ収納で、クローゼットをもっと有効活用しちゃいましょう。

つっぱり棒

つっぱり棒
「かける収納」をプラス
基本的にはクローゼット内にパイプ(ポール)が備え付けられていることが多いと思いますが、例えば突っ張り棒をその奥に設置したり、下部に取り付けたりして、パイプを2段にすることで収納力をアップさせることが出来ます。
また、複数を並べて棚として活用することも出来ます。
耐荷重に注意しつつ、「かける収納」を手軽に増やしちゃいましょう。
つっぱり棒をもっと見る

つっぱり棚

つっぱり棚
棚を追加で小物置きに
例えば上段に棚がない場合、つっぱり棚を設置して小物を置くスペースを作ってみるのはいかがでしょう?
こまごまとしたものでよく使うものなら、いちいち収納ケースにしまうと面倒…という場合、棚に置いておけば出し入れはとっても楽になります。
サイズも様々なので、コンパクトなタイプを収納ケースと壁の間に設置する…なんてことも出来ます。
つっぱり棚をもっと見る 突っ張り棒収納特集

吊り下げ収納

吊り下げ収納
カバンやマフラーの収納に
置き場所に困るカバンやベルト、マフラーやスカーフなどの小物を、使い勝手よく収納。
隙間にスッと収まるので、デッドスペースを利用して省スペースに収納できます。
ごちゃっとしてしまいがちな小物収納も、吊り下げ収納でスッキリ片付きます。

ハンガー・フック

フック・ハンガー
衣服に合ったハンガーを。
サイズが合わずにずり落ちてしまったりすると、せっかくハンガーに掛けていても型崩れの原因になってしまいます。
衣類に合ったサイズのハンガーを選ぶのはもちろん、最近では滑り落ちにくい加工のハンガーも多くありますので、型崩れしないハンガーを選びましょう。
フック特集 衣類ハンガー特集

クローゼット収納のコツ

着ない服をしまわない
着ない服をしまわない
クローゼットに入れっぱなしになっている服や小物はありませんか?
流行が入れ替わる衣類は、いつか着るかも…と取っておいた服よりも、 新しい服を購入して着る可能性のほうが高いので、入れっぱなしの洋服は思い切ってさようならしましょう。
デッドスペースを作らない
デッドスペースを作らない
服をハンガーにかけて仕舞うと、その下にスペースが出来ることがあると思います。
そういったスペースを有効に使うために、まずは出来るだけ洋服の長さを揃えて 掛けていき、空いたスペースに収納ケースなどを置けば収納力がアップします。

隙間に入るスリムな収納ボックス

工夫次第でもっとわかりやすく
小物は専用の吊り下げ収納にしまう
置き場所に困るカバン等の小物は、小物をしまう用の棚を用意するのも手ですが、 専用の吊り下げ収納などを使うとわかりやすく、場所を取らずに収納できます。
入れたいものの量と相談して組み合わせを考えてみてくださいね。 吊り下げ収納を見る
ハンガー 衣類収納アップハンガー 2本組
普段使いの服を掛ける
普段使いの服は、そのまま掛ければ畳む手間が省けて服選びも簡単になりますよ。
服が多い、掛ける場所に限りがあるなどでお困りなら、収納アップハンガーはいかがでしょうか。
掛けられる数を増やせて、見た目もスッキリ気持ちよく収納できます。 商品ページを見る
収納ケース フタ付き ロッキンポッド L 収納ボックス 前開き フラップボックス 日本製
収納の色を統一
人気の白収納で、爽やかで洗練されたクローゼットを目指しませんか?
白で統一するだけで、簡単におしゃれな収納が実現できますよ。 白で揃える収納特集を見る
収納ケース 約 幅60×奥行45×高さ14cm クローズケース キャスター付き 日本製
キャスター付きで取り出しやすい
クローゼットの扉が邪魔で取り出しにくいなら、キャスター付きを使いましょう。
スムーズな出し入れができれば収納が簡単なだけでなく、掃除もしやすくなりますよ。 キャスター付き収納ケースを見る
衣類収納ボックス プロフィックス ジッパー開閉ボックス 幅43cm ライトブラウン
窓付きやタグで一目でわかる
窓付きの収納袋なら、何が入っているか一目でわかるので出し間違いを防げます。
中が見えるのが嫌な方なら、タグ付きのものを使って何をしまっているかわかるようにしましょう。

おすすめの窓付き収納

ハンガー モノクローゼット トップスハンガー クリップバー 白
衣類ハンガーをスリムに
衣類ハンガーをスリムにすれば収納力がアップしますよ。
服の型崩れを防ぐためにもハンガーは必須アイテムです。
ハンガーに掛ければ自分の服の量もすぐにわかるので、買いすぎ防止にもなりますね。 衣類ハンガー特集を見る
押入れ収納キャリー 幅54~76×奥行37×高さ11cm 押入れ キャリー 台車 キャスター付き
台車を使って大きい日用品を収納
下段にキャスター付きの収納グッズを使えば、スムーズに出し入れができますよ。
扇風機やストーブなどの大きいものも取り出しやすくなります。

おすすめの台車など


おしゃれな収納アイテム


コチラもおすすめ関連特集

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ