目次
漬物容器特集

漬物容器特集

ぬか漬けや浅漬けなど、お漬物を漬けるのにぴったりな漬物容器を集めました。
おもしが必要ない押し板蓋一体型の漬物容器や、
水抜き付きの漬物容器などが揃っています。
梅酒瓶も一緒に紹介していますので、あわせてどうぞ。

漬物容器を素材で選ぶ

ホーロー製(琺瑯製)の漬物容器


プラスチック製の漬物容器


陶器の壺(陶器の漬物容器)


ガラス製の漬物容器


保存袋


木製の漬物容器


漬物容器を大きさ(サイズ・容量)で選ぶ

~0.9Lの漬物容器


1L~1.5Lの漬物容器


1.6L~2Lの漬物容器


2.1L~の漬物容器


冷蔵庫に入るサイズの漬物容器


漬物の種類から漬物容器を選ぶ

漬けたい野菜・漬物の種類で容器を選ぶ
漬けたい野菜・漬物の種類で容器を選ぶ
白菜やかぶなど大きな野菜を漬けるなら押し板蓋一体型を選びましょう。 力が弱い方でもしっかりと漬けることができます。 浅漬けなら冷蔵庫にしまえるような少量の保存容器がおすすめ。 ハンドルを回すだけで漬けられる容器もありますよ。 ぬか漬けは毎日混ぜる必要があるため、深さがあるタイプを選びましょう。

ぬか漬け向き漬物容器


浅漬け向き漬物容器


漬物容器と一緒に揃えたい便利アイテム

漬物の色を鮮やかにしたい場合は鉄玉を一緒に入れましょう。浅漬けをする場合は漬物石やおもしが必要です。

梅酒瓶

梅酒を漬ける時の注意点

梅酒瓶の消毒方法

おすすめの梅酒瓶


漬物の作り方

ぬか漬けの作り方


ぬか漬けのQ&A


浅漬けの作り方

材料
漬けたい野菜……漬物容器に入る分だけ
塩……野菜の重さの2%
昆布……野菜の重さの1~2%
野菜を切り、塩と昆布を一緒に漬け込むだけ。 お好みで下記の材料を加えるとさらにおいしくなります。

唐辛子、生姜、柚子、みりん、酒

味噌漬けの作り方

味噌漬けの作り方
材料
味噌……100g
料理酒……大さじ2
みりん……大さじ2
漬けたい野菜(キャベツ、キュウリなど)

味噌、酒、みりんを混ぜて野菜を漬けこむだけ。 野菜には塩をまぶして水気を抜いてから漬けるのがベスト。 2~3日漬けこめば出来上がり。 食べる時は味噌を水で落として、一口大に切りましょう。 味噌床はぬか床のように繰り返し使えません。 一度漬けた後の味噌は、スープにしたり、炒め物や焼きうどんの味付けに使って食べ切ってください。

おすすめの特集

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ