サイズ別価格表へ
カートへ

プラスチックブラインドのサイズの決め方

プラスチックブラインドの取付方法に応じたサイズの決め方を紹介させていただきます、参考にしてください。

大判サイズ【1.7平米(屐飽幣紂曚離屮薀ぅ鵐匹砲弔い

1.7平米以上の大判ブラインドは重量があるため、昇降操作をしない場所に取り付けてください

仕様の詳細

  • ・基本規格は全カラー共通となります。
  • ・ブラインドは全サイズ共通で1台での仕上がりになっております。(セパレートタイプではありません。)
  • ・角度調整コードは左側、昇降コードは右側で固定となっております。
  • ・角度調整コードや昇降コードの位置・長さは変更できません。
  • ・昇降コードの紐は、長さや伸び率が異なるため紐がたわむ場合があります。(サイズ等による個体差があります。)

「窓枠内側・天面」に取付ける場合

窓枠の中に収める取付け方法です。部屋の内側に製品がはみ出してくるのが気になる場合、窓枠の奥行が確保できるときには、最適な取付方法です。

窓枠の奥行きを必ずご確認下さい、奥行きが4cm以上必要です。
窓枠の奥行きを計測しているイメージ。

1横幅の決め方

●1台のブラインドを1つの窓枠に取付ける場合

窓枠の内側の幅 -1cm = ブラインドの横幅(1cm未満は切り捨て)

例) 窓枠内側の幅:51.4cm  → ブラインドの横幅:50cm
窓枠内側の幅:85.7cm  → ブラインドの横幅:84cm

●複数台のブラインドを1つの窓枠に取付ける場合

※採寸サイズに1cm未満の端数が発生する場合、小数点以下を切り捨てたサイズから-1cmしたサイズをご指定ください。

(窓枠内側の幅 - 設置台数) ÷ 設置台数= 1台あたりの横幅(1cm未満は切り捨て)

例) (172.5 - 2 ) ÷ 2 = 85.25 → ブラインド1台あたりの横幅:85cm(1cm未満は切り捨てます)

窓枠の奥行きを計測しているイメージ。

2高さの決め方

窓枠の高さを計測しているイメージ

窓枠内側の高さを測り基準にします。

窓枠内側の高さ = ブラインドの高さ

※ブラインドの構造上、スラット単位での高さ調整しかできないため、サイズダウン加工後の高さは多少長くなる場合がございます。予めご了承ください。

※ブラインドの特性上、スラット単位での調整しかできないため、多少長くなる場合がございます。予めご了承ください。

「窓枠外側・正面」に取付ける場合

窓枠にプラスチックブラインドを取付け、窓枠の存在を消す設置方法です。 この取付方法で注意が必要な点は、窓枠の厚み(幅)です。窓枠に直接ウッドブラインドの取付け金具をねじ止めしますので、ある程度の厚みがないと、窓枠に割れ等が発生する可能性があります。

窓枠の厚みを必ず確認をして下さい、厚みが2cm以上必要です

1横幅の決め方

窓枠の横幅を計測しているイメージ

まず最初に、窓枠外側の横幅を測ります。写真のようにブラケットを取付ける箇所である上部を測り、基準にします。

●1台のブラインドを1つの窓枠に取付ける場合

窓枠外側の幅 + お好み = ブラインドの横幅

※窓枠の外側まで隠れる長さを推奨しています。

●複数台のブラインドを1つの窓枠に取付ける場合

(窓枠の外側の幅 ÷ 設置台数) + お好み= 1台あたりの横幅

※窓枠の外側まで隠れる長さを推奨しています。

2高さの決め方

窓枠外側の高さを測り基準にします。

窓枠外側の高さ + お好み= ブラインドの高さ

※窓枠が隠れる高さを推奨しています。窓枠の高さぴったりから+5cmくらいまでをご指定される方が多いです。

「壁面」に取付ける場合

窓枠を覆うように、壁に直接ブラインドを取付ける場合のサイズの決め方です。壁側に十分な強度があることが条件となります。

窓枠の突き出し幅を確認して下さい。
窓枠にブラインドの取付金具を付けているイメージ。

窓枠の突出し量が1cmを超える場合

壁と取付け金具との間にスペーサが必要となります。

●突出し部分と同じ厚み

●取付金具(壁の接着面 3.6cm×2.5cm)以上のサイズ の木片等をご用意ください。

※木片はホームセンター等でお求めいただけます。あわせて、スペーサーの厚みの分だけ『長いネジ』もご用意ください。

※取付ける前に、スペーサーに下穴をあけることをお勧めいたします

1横幅の決め方

まず最初に、窓枠外側の横幅を測ります。写真のように上部を測り、基準にします。

●1台のブラインドを1つの窓枠に取付ける場合

窓枠の外側の幅 + お好み(+5cmを推奨)

※窓枠と壁の間の広さやお好みによって、窓枠の幅ぴったり~+10cmなど、プラスする大きさを調整してください。

●複数台のブラインドを1つの窓枠に取付ける場合

窓枠の外側の幅 ÷ 設置台数+ お好み= 1台あたりの横幅

例) 窓枠外側の幅:175.5cmに2台のブラインドを設置する場合
175.5 ÷ 2 = 87.75 + 5cm(お好み) → ブラインド1台あたりの横幅:92cm

※窓枠の外側まで隠れる長さを推奨しています。

2高さの決め方

壁面にブラインドを取り付けるために窓枠の高さを計測しているイメージ3
壁面にブラインドを取り付けるために窓枠の高さを計測しているイメージ4

窓枠内側の高さを測り基準にします。

窓枠外側の縦の長さ + ヘッドボックスの高さ分(約2.3cm) + お好み = ブラインドの高さ

※ヘッドボックスの高さ(約2.3cm)がございますので、そちらをご考慮いただきサイズをお決めください。

※ブラインドの特性上、スラット単位での調整しかできないため、多少長くなる場合がございます。予めご了承ください。

「カーテンレール」に取付ける場合

カーテンレールに直接設置する際の採寸方法です。穴を開けることなく取付けできるので、賃貸の方におすすめです。

なお、カーテンレール自体が壁や窓枠等にしっかりと取付けされているかを必ずご確認ください。カーテンレール自体がしっかりと取付けされていない場合、昇降操作による重みや衝撃等で、カーテンレールごと落下したり破損の原因となります。
※ダブルタイプのカーテンレールに取付ける場合は、必ず壁(窓側)のレールに取付けてください。

サイズを確認して下さい

図(1):屋内側に窓枠が飛び出している場合は、窓枠から奥行を計測してください。

●窓枠からカーテンレール中央まで: 3cm以上

図(2):カーテンレール取付金具の幅は1.5cmあります。カーテンレールの内寸・カーテンレールの下口部のサイズを確認してください。

●カーテンレールの内寸: 1.7cm以上

●カーテンレールの下口部: 0.4cm~0.7cm以内

※スペースに余裕がある場合でも設置できない場合もございますので十分にご検討ください。
※I型・ポール型など、一部の特殊な形状のカーテンレールはお取付けができません。詳しくは、下記の画像をご確認ください。

ブラインドが取付可能なカーテンレールの形状
ブラインドが取付可能なカーテンレールの形状

1横幅の決め方

カーテンレールの横幅を計測してる画像

カーテンレールの横幅を測ります。

●1台のブラインドを1つのカーテンレールに取付ける場合

左右のエンドキャップを含まないカーテンレールの長さの範囲内 = ブラインドの横幅(1cm未満は切り捨て)

※カーテンレールの左右のエンドキャップを含まない長さの範囲内でお好みに応じて長さを設定してください。 エンドキャップをはみ出る場合は、カーテンレール以外の取付方法を推奨しております。

●複数台のブラインドを1つのカーテンレールに取付ける場合

(エンドキャップを除いたカーテンレールの長さ ÷ 設置台数) + お好み = 1台あたりの横幅(1cm未満は切り捨て)

2高さの決め方

カーテンレールにブラインドを取り付けるために高さを図っている画像
カーテンレールにブラインドを取り付けるために高さを図っている画像2

カーテンレールから窓枠下部までの長さ+ お好み

※ブラインドの特性上、スラット単位での調整しかできないため、多少長くなる場合がございます。予めご了承ください。
※カーテンレールから窓枠下部までの長さを最低限の長さとして推奨しております。あとは、お好みによってプラスの長さをお決めください。

営業日カレンダー