サイズ別価格表へ
カートへ

プラスチックブラインドの取付方法

プラスチックブラインドの窓のタイプ別の取付方法を説明しています、ご希望の取り付け方法をクリックして下さい。

「窓枠内側・天面」に取付ける場合

以下の手順でお取付けいただけます。

1取付金具の位置を決める

右端はチルターとコードロックユニットの間、左端はチルター付近に取り付けていただきますようお願いいたします。

取付金具が2つの場合は指定位置、2つ以上の場合は指定位置に加えてなるべく均等の位置に振り分けます。※位置を決めたら、キリなどを使ってしっかりと下穴を開けると後の取付け作業が楽になります。

ブラインドを取り付ける金具の位置を決めているイメージ

※ブラインドはコードを引っ張って操作するものですので、負荷が掛かる部分の強度を高めるためにも、 指定位置に取付金具を設置してください。

指定位置以外に取り付けて破損した場合、保証対象外になります。 詳しくは、『取付けのギモン』をご参照ください→

取付金具の指定位置のイメージ

2取付金具の取付け

製品に同梱されている取付金具をプラスのドライバーで、窓の木枠内側に直角・水平に2か所ネジ止めします。

反対側も同様に固定します。窓枠の材質によっては、きちんと固定できない可能性がありますので、ブラインドを支えられる強度が有るか、必ず事前にご確認ください。また、窓枠の材質に応じた、ネジやアンカーが必要になる場合もあります。その場合は、適宜ご準備ください。

ブラインドを金具を取り付けてるイメージ

3ブラインドをはめ込む

取付金具にブラインドをはめ込みます。

ブラインドを窓枠内に取り付けるイメージ

上の金具を降ろします。

取付金具にブラインドをはめ込むイメージ-2

下の金具の爪部分を、パチンとはめ込みます。

ブラインドを窓枠内に取り付けるイメージ-3

しっかりと留まっているか確認します。

ブラインドを窓枠内に取り付けるイメージ-4

反対側も同様にブラインドをはめ込み、金具を留めます。

ブラインドを窓枠内に取り付けるイメージ-5

4チルトロッド取り付け

左側のチルトギアボックスのフック部分に、チルトロッドを取り付けます。

ブラインドのチルトロッドを取り付けるイメージ

チルトロッドをきちんとフックに通してください。

5取付け完了

確認 全体のバランスを見て、歪んでないようなら取付け完了です。

ブラインドを窓枠内に取付をした画像

「窓枠外側・正面」に取付ける場合

以下の手順でお取付けいただけます。

1取付金具の位置を決める

右端はチルターとコードロックユニットの間、左端はチルター付近に取り付けていただきますようお願いいたします。

取付金具が2つの場合は指定位置、2つ以上の場合は指定位置に加えてなるべく均等の位置に振り分けます。※位置を決めたら、キリなどを使ってしっかりと下穴を開けると後の取付け作業が楽になります。

ブラインドを「窓枠外側・正面」に取付けるイメージ

※ブラインドはコードを引っ張って操作するものですので、負荷が掛かる部分の強度を高めるためにも、指定位置に取付金具を設置してください。

指定位置以外に取り付けて破損した場合、保証対象外になります。 詳しくは、『取付けのギモン』をご参照ください→

ブラインドを「窓枠外側・正面」に取付けるイメージ

2取付金具の取付け

製品に同梱されている取付金具をプラスのドライバーで、窓枠に直角・水平に3か所ネジ止めします。

取付金具をドライバーで固定しているイメージ

反対側も同様に固定します。窓枠の材質によっては、きちんと固定できない可能性がありますので、ブラインドを支えられる強度が有るか、必ず事前にご確認ください。また、窓枠の材質に応じた、ネジやアンカーが必要になる場合もあります。その場合は、適宜ご準備ください

取付金具をドライバーで固定しているイメージ2

3ブラインドをはめ込む

取付金具にブラインドをはめ込みます。

ブラインド本体を取付金具に取り付けるイメージ

上の金具を降ろします。

ブラインド本体を取り付けるイメージ-2

下の金具の爪部分を、パチンとはめ込みます。

ブラインド本体を取り付けるイメージ-2

しっかりと留まっているか確認します。

ブラインド本体を取り付けるイメージ-3

反対側も同様にブラインドをはめ込み、金具を留めます。

ブラインド本体を取り付けるイメージ-4

4チルトロッド取り付け

左側のチルトギアボックスのフック部分に、チルトロッドを取り付けます。

ブラインドのチルトロッドを取り付けるイメージ

チルトロッドをきちんとフックに通してください。

5取付け完了

確認 全体のバランスを見て、歪んでないようなら取付け完了です。

ブラインドを取付完了したイメージ

「壁面」に取付ける場合

以下の手順でお取付けいただけます。

1取付金具の位置を決める

右端はチルターとコードロックユニットの間、左端はチルター付近に取り付けていただきますようお願いいたします。

取付金具が2つの場合は指定位置、2つ以上の場合は指定位置に加えてなるべく均等の位置に振り分けます。※位置を決めたら、キリなどを使ってしっかりと下穴を開けると後の取付け作業が楽になります。

ブラインドを「壁面」に取付けるイメージ

※ブラインドはコードを引っ張って操作するものですので、負荷が掛かる部分の強度を高めるためにも、指定位置に取付金具を設置してください。

指定位置以外に取り付けて破損した場合、保証対象外になります。 詳しくは、『取付けのギモン』をご参照ください→

ブラインドを「壁面」に取付けるイメージ

2取付金具の取付け

製品に同梱されている取付金具をプラスのドライバーで、壁面に直角・水平に3か所ネジ止めします。

ブラインドの取付金具をかべにドライバーでつけているイメージ画像

反対側も同様に固定します。壁面の材質によっては、きちんと固定できない可能性がありますので、ブラインドを支えられる強度が有るか、必ず事前にご確認ください。また、壁面の材質に応じた、ネジやアンカーが必要になる場合もあります。その場合は、適宜ご準備ください。

ブラインドの取付金具をかべにドライバーでつけているイメージ画像2

窓枠の突出し幅が1cmを超える場合

窓枠の突出し幅が1cmを超える場合には、壁と取付け金具との間に窓枠の突出し幅相当のスペーサーが必要となります。取付け金具と同じ大きさの木片等と、スペーサー分の厚み+壁までしっかりと固定できる長さのねじを別途ご用意ください。(スペーサーに予め、ねじ穴を開けておくことをおすすめします。)

金具を壁面に取付たイメージ

3ブラインド本体をはめ込む

取付金具にブラインド本体を取り付けます。

ブラインド本体を取り付けるイメージ

上の金具を降ろします。

取付金具の蓋を閉めるイメージ

下の金具の爪部分を、パチンとはめ込みます。

ブラインド本体に金具を取り付けるイメージ-3

しっかりと留まっているかご確認ください。

ブラインド本体を取り付けるイメージ-4

反対側も同様にブラインドをはめ込み、金具を留めます。

ブラインド本体を取り付けるイメージ-4

4チルトロッド取り付け

左側のチルトギアボックスのフック部分に、チルトロッドを取り付けます。

チルトロッドを取り付けている画像

チルトロッドをきちんとフックに通してください。

チルトロッドを取り付けている画像

5取付け完了

確認 全体のバランスを見て、歪んでないようなら取付け完了です。

ブラインドを取付完了したイメージ

カーテンレールに取付ける

以下の手順でお取付けいただけます。

※カーテンレール自体が壁や窓枠等にしっかりと取付けされているかを必ずご確認ください。
※ダブルタイプのカーテンレールに取付ける場合は、必ず壁(窓側)のレールに取付けてください。

サイズを確認して下さい

図(1):屋内側に窓枠が飛び出している場合は、窓枠から奥行を計測してください。

●窓枠からカーテンレール中央まで: 3cm以上

図(2):カーテンレール取付金具の幅は1.5cmあります。カーテンレールの内寸・カーテンレールの下口部のサイズを確認してください。

●カーテンレールの内寸: 1.7cm以上

●カーテンレールの下口部: 0.4cm~0.7cm以内

※スペースに余裕がある場合でも設置できない場合もございますので十分にご検討ください。
※I型・ポール型など、一部の特殊な形状のカーテンレールはお取付けができません。詳しくは、下記の画像をご確認ください。

ブラインドが取付可能なカーテンレールの形状
ブラインドをカーテンレールに付ける場合の注意 ブラインドをカーテンレールに付ける場合の注意

1カーテンレールの下準備

カーテンレール自身がしっかりついていることを確認し、カーテンレールのサイドキャップを外します。

※カーテンレールがきちんと固定されていないと、落下や破損の原因となります。

カーテンレールのキャップを外しているイメージ

カーテンレールのランナーを全て取り出してください。

カーテンレールのランナーを外しているイメージ

2取付金具の下準備

付属の取付金具・カーテンレール用プレート・ネジを用意します。

ブラインド付属の取付金具・カーテンレール用プレート・ネジを用意します。イメージ画像

取付金具にプレートを軽くネジ止めします。この時、ネジ穴の大きさがネジにぴったりでスムーズに通らない時は、プラスドライバーで回しながらネジを通してください。

ブラインドの取付金具をかべにドライバーでつけているイメージ画像2

このように軽く留めて、取付金具とプレートの間に隙間を残しておいてください。

金具を壁面に取付たイメージ

3取付金具の設置

軽く留めた状態のままカーテンレールに差し込みます。

チルトロッドを取り付けている画像

サイドキャップを元に戻します。

カーテンレールにキャップを付けている画像

ご希望の取付け位置に金具を合わせたら、ネジを強く締めてカーテンレールにしっかりと固定してください。

カーテンレールにキャップを付けている画像2

※ブラインドはコードを引っ張って操作するものですので、負荷が掛かる部分の強度を高めるためにも、指定位置に取付金具を設置してください。

指定位置以外に取り付けて破損した場合、保証対象外になります。 詳しくは、『取付けのギモン』をご参照ください→

カーテンレールにキャップを付けている画像2

4ブラインドをはめ込む

取付金具にブラインドをはめ込みます。

カーテンレールにキャップを付けている画像

上の金具を降ろします。

ブラインドを金具に取り付けている画像2

下の金具の爪部分を、パチンとはめ込みます。

ブラインドを金具に取り付けている画像2

しっかりと留まっているか確認します。

ブラインドを金具に取り付けている画像2

反対側も同様にブラインドをはめ込み、金具を留めます。

ブラインドを金具に取り付けている画像2

5チルトロッド取り付け

左側のチルトギアボックスのフック部分に、チルトロッドを取り付けます。

チルトロッドを取り付けている画像

チルトロッドをきちんとフックに通してください。

チルトロッドを取り付けている画像

6取付け完了

確認 全体のバランスを見て、歪んでないようなら取付け完了です。

ブラインドを取付完了したイメージ
オーダーブラインドのご注文はこちら
ブラインドを取付完了したイメージ

営業日カレンダー