ニコロズ・アンターゼ Nikoloz Antadzeカヘティ地方のマナヴィ村の醸造家。 1974年生まれ。父はモスクワの劇場監督、母は 13世紀から続く貴族の家柄の出身、兄は日本でも知られた画家という芸術家の家庭に育つ。 19世紀まで祖先が所有していた、王室に献上するワインとなるブドウを栽培していた畑「ロイヤル・クリュ」 1.2haを 2006年に購入し、独学でワイン造りを始めた。当初友人や隣人のセラーを借りて醸造していたが、 2013年からブドウ畑の近くの高台に従兄弟と二人でマラニの建築を続けている。マナヴィ村の畑はゴンボリ山脈の麓の標高 650mの斜面で、茶褐色の粘土石灰質土壌。土着品種のムツヴァネとルカツィテリを栽培している。他にトフリアウリ村、カカベティ村に借りている合計 2.2haの畑で、赤ワインのサペラヴィや樹齢 100年を越すルカツィテリを栽培。毎年新しい試みに取り組んでおり、サペラヴィの果梗を取り除いてルカツィテリのものを加えて醸造したりと、労力と工夫を惜しまない。芸術家肌の意欲的な生産者である。 ニコロズ・アンターゼ1 Nikoloz Antadzeカヘティ地方のマナヴィ村の醸造家。 1974年生まれ。父はモスクワの劇場監督、母は 13世紀から続く貴族の家柄の出身、兄は日本でも知られた画家という芸術家の家庭に育つ。 19世紀まで祖先が所有していた、王室に献上するワインとなるブドウを栽培していた畑「ロイヤル・クリュ」 1.2haを 2006年に購入し、独学でワイン造りを始めた。当初友人や隣人のセラーを借りて醸造していたが、 2013年からブドウ畑の近くの高台に従兄弟と二人でマラニの建築を続けている。マナヴィ村の畑はゴンボリ山脈の麓の標高 650mの斜面で、茶褐色の粘土石灰質土壌。土着品種のムツヴァネとルカツィテリを栽培している。他にトフリアウリ村、カカベティ村に借りている合計 2.2haの畑で、赤ワインのサペラヴィや樹齢 100年を越すルカツィテリを栽培。毎年新しい試みに取り組んでおり、サペラヴィの果梗を取り除いてルカツィテリのものを加えて醸造したりと、労力と工夫を惜しまない。芸術家肌の意欲的な生産者である。 ニコロズ・アンターゼ2 Nikoloz Antadzeカヘティ地方のマナヴィ村の醸造家。 1974年生まれ。父はモスクワの劇場監督、母は 13世紀から続く貴族の家柄の出身、兄は日本でも知られた画家という芸術家の家庭に育つ。 19世紀まで祖先が所有していた、王室に献上するワインとなるブドウを栽培していた畑「ロイヤル・クリュ」 1.2haを 2006年に購入し、独学でワイン造りを始めた。当初友人や隣人のセラーを借りて醸造していたが、 2013年からブドウ畑の近くの高台に従兄弟と二人でマラニの建築を続けている。マナヴィ村の畑はゴンボリ山脈の麓の標高 650mの斜面で、茶褐色の粘土石灰質土壌。土着品種のムツヴァネとルカツィテリを栽培している。他にトフリアウリ村、カカベティ村に借りている合計 2.2haの畑で、赤ワインのサペラヴィや樹齢 100年を越すルカツィテリを栽培。毎年新しい試みに取り組んでおり、サペラヴィの果梗を取り除いてルカツィテリのものを加えて醸造したりと、労力と工夫を惜しまない。芸術家肌の意欲的な生産者である。 ニコロズ・アンターゼ3 Nikoloz Antadzeカヘティ地方のマナヴィ村の醸造家。 1974年生まれ。父はモスクワの劇場監督、母は 13世紀から続く貴族の家柄の出身、兄は日本でも知られた画家という芸術家の家庭に育つ。 19世紀まで祖先が所有していた、王室に献上するワインとなるブドウを栽培していた畑「ロイヤル・クリュ」 1.2haを 2006年に購入し、独学でワイン造りを始めた。当初友人や隣人のセラーを借りて醸造していたが、 2013年からブドウ畑の近くの高台に従兄弟と二人でマラニの建築を続けている。マナヴィ村の畑はゴンボリ山脈の麓の標高 650mの斜面で、茶褐色の粘土石灰質土壌。土着品種のムツヴァネとルカツィテリを栽培している。他にトフリアウリ村、カカベティ村に借りている合計 2.2haの畑で、赤ワインのサペラヴィや樹齢 100年を越すルカツィテリを栽培。毎年新しい試みに取り組んでおり、サペラヴィの果梗を取り除いてルカツィテリのものを加えて醸造したりと、労力と工夫を惜しまない。芸術家肌の意欲的な生産者である。
カヘティ地方のマナヴィ村の醸造家。 1974年生まれ。父はモスクワの劇場監督、母は 13世紀から続く貴族の家柄の出身、兄は日本でも知られた画家という芸術家の家庭に育つ。 19世紀まで祖先が所有していた、王室に献上するワインとなるブドウを栽培していた畑「ロイヤル・クリュ」 1.2ha2006年に購入し、独学でワイン造りを始めた。当初友人や隣人のセラーを借りて醸造していたが、 2013年からブドウ畑の近くの高台に従兄弟と二人でマラニの建築を続けている。マナヴィ村の畑はゴンボリ山脈の麓の標高 650mの斜面で、茶褐色の粘土石灰質土壌。土着品種のムツヴァネとルカツィテリを栽培している。他にトフリアウリ村、カカベティ村に借りている合計 2.2haの畑で、赤ワインのサペラヴィや樹齢 100年を越すルカツィテリを栽培。毎年新しい試みに取り組んでおり、サペラヴィの果梗を取り除いてルカツィテリのものを加えて醸造したりと、労力と工夫を惜しまない。芸術家肌の意欲的な生産者である。
Mtsvane Amber 2017

Sold Out

Mtsvane Amber 2017
ムツヴァネ・アンバー(マセレーションあり)
植樹:1970年代
位置:標高700-750m、南向き
土壌:粘土石灰質土壌
クヴェヴリで6ヶ月スキンコンタクト
そののち3か月間クヴェヴリで熟成
2016年から、果房を100%スキンコンタクトさせたものは、キュヴェ名にアンバーとつけるようになった。
Rkatsiteli 2018 (with skin contact)
ルカツィテリ (スキンコンタクト有り) 2018
植樹:1970年代
位置:標高650m
土壌:粘土石灰質土壌
クヴェヴリで6ヶ月マセレーション
クヴェヴリで1年間熟成
カヘティを代表する白品種で、さまざまなスタイルのワインが作られる。
Rkatsiteli 2017 (with skin contact)
ルカツィテリ (スキンコンタクト有り) 2017
植樹:1970年代
位置:標高650m
土壌:粘土石灰質土壌
クヴェヴリで6ヶ月マセレーション
クヴェヴリで1年間熟成
カヘティを代表する白品種で、さまざまなスタイルのワインが作られる。

Saperavi 2019
サペラヴィ 2019
品種:サペラヴィ100%
植樹:1980年年代
位置:標高500m、南向き
土壌:粘土石灰質土壌
クヴェヴリで1ヶ月スキンコンタクト
クヴェヴリで9ヶ月熟成(スキンコンタクト期間含め)
サペラヴィの梗は青く、強いタンニンを残すので、よりデリケートなタンニンを得るため、スキンコンタクト中にルカツィテリの梗を入れる。
2014、15年はピジャージュをしていたが、2016年はルモンタージュのみ、など試行錯誤している。重すぎず、しかしサペラヴィ種の個性は可能な限り引き出すことを心掛けたキュヴェ。
Rkatsiteli - KAKABETI 100 Years Old Vines 2019
ルカツィテリ・カカベティ 2019
品種:ルカツィテリ100%
植樹:1900年代
位置:南西向き
土壌:石灰質に富む土壌
クヴェヴリで6ヶ月スキンコンタクト
そののち3か月間クヴェヴリで熟成
ニキのワイナリーのある、マナヴィ村から、車で20分ほどのカカベティという村にある、ゴブレにしたてられた、古い畑。
高い樹齢ならではの、スケールの大きいワイン。
 
 
 

ニコロズ・アンターゼとは

 
 

出会い:
201211月のとある機会に、チュハベリ・ロゼ/イベリエリ・マラニ2011を味わい、その可能性と個性にうたれ、すぐにジョージア行きを決めました。緊急に設けた旅程の中で、ジョージア滞在はわずか 36時間。短い滞在時間で何ができるか、と黒海周辺の地図をながめながら考えました。ワインバー「グヴィーノ・アンダーグラウンド」には、伝統的な醸造で造られた十数人の造り手のワインをテイスティングできるということは事前に分かっていました。が、すべてを飲むわけにはいかず、あらかじめ目安をつけておく必要があるので、このたびは訪問をしない塚原と、情報をいろいろと検索してみました。独特の人間鑑定術を有する塚原が「きっと、この人物だな」と、最も気になった人がラマズ・ニコラゼでした。ラマズ・ニコラゼは、マネジャーとしてワインバー「グヴィーノ・アンダーグラウンド」を運営しています。彼はソリコ・ツァイシュヴィ(Soliko Tsaishvi/アワ・ワイン・ワイナリー)と共に、2010年にクヴェヴリ(甕)・ワイン協会を設立しました。ラシーヌが独自に選んでご紹介する10人(うち5人のワインが入荷済み)の造り手は、この会の重要なメンバーです。グルジアの甕仕込みワインは、スローフードのプレジディオ(保護しなければならないもの)に認定されています。
 
*合田泰子 とジョージアワインの出会い [ 日録風に
20106 ボルドーにて。ルネッサンス・デ・アペラシオンで、「アワ・ワイン」を試飲。
(2011年、2012年、2013年「ヴィニ・ヴェリ」にて「アワ・ワイン」を試飲。)
20121113   ニース在住の写真家 Keiko & Maikaさんに、ズラブとイアゴのワインを試飲させて頂く。
20121122   Keiko & Maikaさんにご案内いただいて、ジョージア初訪問。
イアゴ・ワインズ(イアゴ・ビタリシュヴィリ)訪問。
グヴィーノ・アンダーグランドにて、ラマズとズラブ・トプリゼに会い、彼らのワインをテイスティングする。運よくトビリシに来ていたガイオス・ソプロマゼに会い、ワインをテイスティングする。

20121123   グリアのイベリエリ・マラニ(ズラブ・トプリゼ)を訪問。
2013 128   パリのシャトーブリアンにて、クヴェヴリ・ワイン協会の試飲会。
ニコロズ・アンターゼ(通称ニキ)他、5名に会う。ニキのワインの仕入れを決める。
2013 62         二回目のジョージア訪問。ズラブを再訪。
2013 63        ラマズの案内で、ディディミ、ガイオス、ラマズのマラニを訪問。
201364         Amiran Vepkhvadze, Archil Guniava, 他3つのマラニを訪問。
2013 6 5       イアゴを再訪 アンダーグラウンドにてZaza Darsavelidzeに会う。
Alex Tsikhelishvili のワインをテイスティング。
創業年:2006
ドメーヌ解説:
ニコロズ・アンターゼは、1974年、ワイン造りと嗜みの伝統の根づくジョージアはトビリシで、芸術家と言語学者の一家に生まれました。17世紀からニコロズの家族がカヘティ地方(Manavi村とTokhliauri村)に畑を所有していましたが、ジョージアがソヴィエトの政権下に落ちた時に国に没収されました。2006年、彼はマナヴィ村にブドウ畑を購入し、有機農法により、クヴェヴリでのワイン造りを始めました。
栽培品種は、ジョージアの土着品種であるムツヴァネ・カフリとルカツィテリ。ブドウ畑は海抜650mに位置し、土壌は明るい茶色で、岩の多い粘土石灰質です。マナヴィ村の土壌は、ジョージアが君主制をひいていた19世紀までの間、この畑でできたブドウで王室に献上されるワインを作っていたことから、「ロイヤル・クリュ」と呼ばれていました。2013年に、ニコロズ・アンターゼは自身のマラニの建設を始めましたが、それ以前は友人のセラーを醸造と保管場所に充てていました。その年の気候条件が反映するワイン造りを目指し、手入れをする前にブドウの樹を観察して極力介入せずに済むよう心がけています。醸造においては、常に新しい試みをもって行うため、ヴィンテッジによって味わいが異なります。この努力が、品種とテロワールの可能性を引き出した味わいになると考えての行動です。
 
 
畑について
栽培品種:ムツヴァネ・カフリ、ルカツィテリ
栽培面積:1ha
地質:黄みがかった茶褐色の粘土石灰質土壌
 
醸造について
熟成:ビン詰め前に13カ月間
年間平均生産量:3000-3500/

 

Wine Shop WINEHOLIC