Raphael Bartucci Raphael Bartucci1983年以来、自家消費用に造っていたこの地方伝統のドゥミ・セック・ロゼのスパークリング・ワイン、ビュジェ・セルドンが評判を呼び、 1992年に畑でスタートしたドメーヌ。当主ラファエルは 1997年にエコセールのビオロジック認証を取得。ガメイ、プルサールともメリニャ村周辺特有の痩せた石灰岩土壌で、収穫量をわずか 47hl/ha前後まで抑制。野生酵母で、醸造時は亜硫酸無添加、メトード・アンセストラル(ビン詰め自然発酵)が生む、爽やかな甘みと微笑むような優しい酸が心地よいワインは、パリのビストロなどでも高い人気となった。しかし、「ワインは崇高な自然の産物であり、けっして産業のためのものではない」とのラファエルの哲学は、自家消費ワイン生産時から不動で、畑の拡張には非常に慎重。全ての区画はセラー兼住居から半径 500m以内とし、 2017年の時点でも総面積 2.1haにとどめる。 2016年から長男も栽培、醸造に参画。 Raphael Bartucci Raphael Bartucci1983年以来、自家消費用に造っていたこの地方伝統のドゥミ・セック・ロゼのスパークリング・ワイン、ビュジェ・セルドンが評判を呼び、 1992年に畑でスタートしたドメーヌ。当主ラファエルは 1997年にエコセールのビオロジック認証を取得。ガメイ、プルサールともメリニャ村周辺特有の痩せた石灰岩土壌で、収穫量をわずか 47hl/ha前後まで抑制。野生酵母で、醸造時は亜硫酸無添加、メトード・アンセストラル(ビン詰め自然発酵)が生む、爽やかな甘みと微笑むような優しい酸が心地よいワインは、パリのビストロなどでも高い人気となった。しかし、「ワインは崇高な自然の産物であり、けっして産業のためのものではない」とのラファエルの哲学は、自家消費ワイン生産時から不動で、畑の拡張には非常に慎重。全ての区画はセラー兼住居から半径 500m以内とし、 2017年の時点でも総面積 2.1haにとどめる。 2016年から長男も栽培、醸造に参画。 Raphael Bartucci Raphael Bartucci1983年以来、自家消費用に造っていたこの地方伝統のドゥミ・セック・ロゼのスパークリング・ワイン、ビュジェ・セルドンが評判を呼び、 1992年に畑でスタートしたドメーヌ。当主ラファエルは 1997年にエコセールのビオロジック認証を取得。ガメイ、プルサールともメリニャ村周辺特有の痩せた石灰岩土壌で、収穫量をわずか 47hl/ha前後まで抑制。野生酵母で、醸造時は亜硫酸無添加、メトード・アンセストラル(ビン詰め自然発酵)が生む、爽やかな甘みと微笑むような優しい酸が心地よいワインは、パリのビストロなどでも高い人気となった。しかし、「ワインは崇高な自然の産物であり、けっして産業のためのものではない」とのラファエルの哲学は、自家消費ワイン生産時から不動で、畑の拡張には非常に慎重。全ての区画はセラー兼住居から半径 500m以内とし、 2017年の時点でも総面積 2.1haにとどめる。 2016年から長男も栽培、醸造に参画。 Raphael Bartucci Raphael Bartucci1983年以来、自家消費用に造っていたこの地方伝統のドゥミ・セック・ロゼのスパークリング・ワイン、ビュジェ・セルドンが評判を呼び、 1992年に畑でスタートしたドメーヌ。当主ラファエルは 1997年にエコセールのビオロジック認証を取得。ガメイ、プルサールともメリニャ村周辺特有の痩せた石灰岩土壌で、収穫量をわずか 47hl/ha前後まで抑制。野生酵母で、醸造時は亜硫酸無添加、メトード・アンセストラル(ビン詰め自然発酵)が生む、爽やかな甘みと微笑むような優しい酸が心地よいワインは、パリのビストロなどでも高い人気となった。しかし、「ワインは崇高な自然の産物であり、けっして産業のためのものではない」とのラファエルの哲学は、自家消費ワイン生産時から不動で、畑の拡張には非常に慎重。全ての区画はセラー兼住居から半径 500m以内とし、 2017年の時点でも総面積 2.1haにとどめる。 2016年から長男も栽培、醸造に参画。
1983年以来、自家消費用に造っていたこの地方伝統のドゥミ・セック・ロゼのスパークリング・ワイン、ビュジェ・セルドンが評判を呼び、 1992年に畑でスタートしたドメーヌ。当主ラファエルは 1997年にエコセールのビオロジック認証を取得。ガメイ、プルサールともメリニャ村周辺特有の痩せた石灰岩土壌で、収穫量をわずか 47hl/ha前後まで抑制。野生酵母で、醸造時は亜硫酸無添加、メトード・アンセストラル(ビン詰め自然発酵)が生む、爽やかな甘みと微笑むような優しい酸が心地よいワインは、パリのビストロなどでも高い人気となった。しかし、「ワインは崇高な自然の産物であり、けっして産業のためのものではない」とのラファエルの哲学は、自家消費ワイン生産時から不動で、畑の拡張には非常に慎重。全ての区画はセラー兼住居から半径 500m以内とし、 2017年の時点でも総面積 2.1haにとどめる。 2016年から長男も栽培、醸造に参画。
Bugey Cerdon méthode ancestrale 2020
ビュジェ・セルドン・メトード・アンセストラル 2020
【ガメ98%、プルサール2%】
優しくチャーミングな味わいで人気のビュジェ・セルドンの中でも、もっとも人気の高い造り手です。生産量が大変少ないために、日本に入荷する数もほんのわずかです。まるで洋梨のような香りと味わいがあり、過去最高の出来映えと言っても過言ではない見事な出来映えです。

 

 
 

ラファエル・ヴァルテゥッチとは

 
 

 地域:Savoie/Bugey Cerdon  
地区、村:Mérignatメリニャ村
造り手:Raphaêl Bartucci ラファエル・バルトゥッチ
創業年:1992年
 

歴史

1981年に電気工学を修学しロレーヌ地方の製鉄所で電気技師として役10年間働いたが、農業に携わりたい思いを持っていたラファエルは、サヴォア、アン県のメリニヤに家といくつかの未墾の地を購入する機会に恵まれる。以来この地に住み着き、ブドウ栽培に専念することを決心した。醸造学校などには行っていないが、以前より栽培に関心が高く、ワインは崇高な自然の産物であって、決して産業のためのものではないと考えていたラファエルは、初めは自身の消費のためにワインを造っていた。1983年の最初の醸造から、現在までに2.1ha、10区画を所有するドメーヌに成長した。低い収量で、大切に畑作りを行うラファエルにとってはこの2.1haが十分な広さであり、現時点ではこれ以上に畑を広げる予定はない。
 

畑について

栽培方法: ビオロジック
その栽培方法を適用している畑名:全て
栽培方法の将来的な展望:今後も変える予定はない
認証機関:エコセール(1997年)、32600 L’lste Jourdain
土壌:泥灰岩質の石灰石堆積山
自社ブドウ畑面積:2.1ha
自社ブドウ畑の数:10 
自社栽培ブドウ品種:ガメ、プルサール
主な仕立て方法:ギュイヨ式
仕立ての支柱の素材:木(アカシア、栗)
仕立ての添え木の素材:ステンレス
堆肥:ランバールという地のビオロジック堆肥(UFAB:Union Francaise d’Agricultue) 
 

醸造について

酵母のタイプ: 野生酵母
圧搾方式:水平式プレス
醗酵容器:ステンレス、琺瑯、樹脂タンク
熟成容器:ステンレス、琺瑯、樹脂タンク
セラー環境:セラーは半地下にあり、一番離れた所でも500m以内にブドウ畑がある
年間生産ボトル本数:15000本

ワインは全てクール便で発送。梱包条件、送料に関してはショッピングガイドをご覧ください。


 
東京都世田谷区梅丘2-16-2  TEL & FAX :  03-3428-3804
営業時間 10:00-18:00 (日祝定休) 休業日を確認
iNSOLITE Corp
20歳未満の方には酒類の販売はいたしません。
 
東京都世田谷区梅丘2-16-2  TEL & FAX : 03-3428-3804 営業時間 10:00-18:00 (日祝定休)営業日を確認
iNSOLITE Corp 20歳未満の方には酒類の販売はいたしません。   酒販店免許北法442  海外への発送は行っておりません。
 

Wine Shop WINEHOLIC