Geyerhof Geyerhof高台にあるガイヤ-ホフの名が最初に史料に登場するのは 1135年のこと。 16世紀には農業と煉瓦製造業を営み、 17世紀にはハンガリーまでの航行特権を認められ栄えた名家が、現オーナーのイルゼ・マイヤーさんの一族である。ウィーンの大学で有機農法と生態学を学び、 1986年に実家の醸造所を継ぎ、その 2年後にはビオロジックに転換した。最初は一筋縄ではいかず、様々な失敗と経験を重ねて学んで来たという。姉はニコライホーフのクリスティーネ・サースさんで、 1970年代からビオディナミを実践してきたパイオニアとして知られるが、マイヤーさんはシュタイナーの人智学を秘教的として一歩距離をおいている。一方で「ビオワイン農業の手引き」 Praxisbuch Bioweinbau (2005年 )という本を書くほど、ビオロジックには徹底して取り組んできた。ブドウは全て手作業で収穫し、全房圧搾を行い、静置してしっかりと清澄した後ステンレスタンクで、なるべく野生酵母で発酵する。白ワインでは乳酸発酵は行わない。ごく一部のワインは伝統的な大樽で熟成する。セラーは 14世紀の初めから 1700年代にかけて建築された煉瓦造り。品種は 70%がグリューナー・ヴェルトリーナー、 20%がリースリング。マイヤーさんが醸造所を継いだ当時は 5haだった畑は現在約 23haに広がった。土壌は原成岩(白斑岩)、礫、砂、厚いローム質土壌など畑によって様々だ。ブドウ栽培の他にも約 30haの農地で穀物の栽培、牧畜、養蜂を行っている。近年息子さんのヨーゼフと妻のマリアがワイン造りに参加して、次世代への引き継ぎが始まっている。 Geyerhof Geyerhof高台にあるガイヤ-ホフの名が最初に史料に登場するのは 1135年のこと。 16世紀には農業と煉瓦製造業を営み、 17世紀にはハンガリーまでの航行特権を認められ栄えた名家が、現オーナーのイルゼ・マイヤーさんの一族である。ウィーンの大学で有機農法と生態学を学び、 1986年に実家の醸造所を継ぎ、その 2年後にはビオロジックに転換した。最初は一筋縄ではいかず、様々な失敗と経験を重ねて学んで来たという。姉はニコライホーフのクリスティーネ・サースさんで、 1970年代からビオディナミを実践してきたパイオニアとして知られるが、マイヤーさんはシュタイナーの人智学を秘教的として一歩距離をおいている。一方で「ビオワイン農業の手引き」 Praxisbuch Bioweinbau (2005年 )という本を書くほど、ビオロジックには徹底して取り組んできた。ブドウは全て手作業で収穫し、全房圧搾を行い、静置してしっかりと清澄した後ステンレスタンクで、なるべく野生酵母で発酵する。白ワインでは乳酸発酵は行わない。ごく一部のワインは伝統的な大樽で熟成する。セラーは 14世紀の初めから 1700年代にかけて建築された煉瓦造り。品種は 70%がグリューナー・ヴェルトリーナー、 20%がリースリング。マイヤーさんが醸造所を継いだ当時は 5haだった畑は現在約 23haに広がった。土壌は原成岩(白斑岩)、礫、砂、厚いローム質土壌など畑によって様々だ。ブドウ栽培の他にも約 30haの農地で穀物の栽培、牧畜、養蜂を行っている。近年息子さんのヨーゼフと妻のマリアがワイン造りに参加して、次世代への引き継ぎが始まっている。 Geyerhof Geyerhof高台にあるガイヤ-ホフの名が最初に史料に登場するのは 1135年のこと。 16世紀には農業と煉瓦製造業を営み、 17世紀にはハンガリーまでの航行特権を認められ栄えた名家が、現オーナーのイルゼ・マイヤーさんの一族である。ウィーンの大学で有機農法と生態学を学び、 1986年に実家の醸造所を継ぎ、その 2年後にはビオロジックに転換した。最初は一筋縄ではいかず、様々な失敗と経験を重ねて学んで来たという。姉はニコライホーフのクリスティーネ・サースさんで、 1970年代からビオディナミを実践してきたパイオニアとして知られるが、マイヤーさんはシュタイナーの人智学を秘教的として一歩距離をおいている。一方で「ビオワイン農業の手引き」 Praxisbuch Bioweinbau (2005年 )という本を書くほど、ビオロジックには徹底して取り組んできた。ブドウは全て手作業で収穫し、全房圧搾を行い、静置してしっかりと清澄した後ステンレスタンクで、なるべく野生酵母で発酵する。白ワインでは乳酸発酵は行わない。ごく一部のワインは伝統的な大樽で熟成する。セラーは 14世紀の初めから 1700年代にかけて建築された煉瓦造り。品種は 70%がグリューナー・ヴェルトリーナー、 20%がリースリング。マイヤーさんが醸造所を継いだ当時は 5haだった畑は現在約 23haに広がった。土壌は原成岩(白斑岩)、礫、砂、厚いローム質土壌など畑によって様々だ。ブドウ栽培の他にも約 30haの農地で穀物の栽培、牧畜、養蜂を行っている。近年息子さんのヨーゼフと妻のマリアがワイン造りに参加して、次世代への引き継ぎが始まっている。
高台にあるガイヤ-ホフの名が最初に史料に登場するのは 1135年のこと。 16世紀には農業と煉瓦製造業を営み、 17世紀にはハンガリーまでの航行特権を認められ栄えた名家が、現オーナーのイルゼ・マイヤーさんの一族である。ウィーンの大学で有機農法と生態学を学び、 1986年に実家の醸造所を継ぎ、その 2年後にはビオロジックに転換した。最初は一筋縄ではいかず、様々な失敗と経験を重ねて学んで来たという。姉はニコライホーフのクリスティーネ・サースさんで、 1970年代からビオディナミを実践してきたパイオニアとして知られるが、マイヤーさんはシュタイナーの人智学を秘教的として一歩距離をおいている。一方で「ビオワイン農業の手引き」 Praxisbuch Bioweinbau (2005)という本を書くほど、ビオロジックには徹底して取り組んできた。ブドウは全て手作業で収穫し、全房圧搾を行い、静置してしっかりと清澄した後ステンレスタンクで、なるべく野生酵母で発酵する。白ワインでは乳酸発酵は行わない。ごく一部のワインは伝統的な大樽で熟成する。セラーは 14世紀の初めから 1700年代にかけて建築された煉瓦造り。品種は 70%がグリューナー・ヴェルトリーナー、 20%がリースリング。マイヤーさんが醸造所を継いだ当時は 5haだった畑は現在約 23haに広がった。土壌は原成岩(白斑岩)、礫、砂、厚いローム質土壌など畑によって様々だ。ブドウ栽培の他にも約 30haの農地で穀物の栽培、牧畜、養蜂を行っている。近年息子さんのヨーゼフと妻のマリアがワイン造りに参加して、次世代への引き継ぎが始まっている。
Gruner Veltliner Rosensteig 2020
グリューナー・フェルトリナー・ローゼンシュタイク 2020
畑名:Rosensteig
品種:グリューナー・ヴェルトリーナー100%
土壌:礫岩
畑の標高:200m
畑の向き:南
栽培面積:1ha
仕立て方法: ギュイヨ
平均樹齢:20年
植樹密度:4000本/ha
収穫量:42hl/ha
 醸造
選果の場所:畑
マセレーション:なし
酵母の添加:なし
醗酵容器:ステンレスタンク
アルコール醗酵期間:20日間
醗酵温度コントロール:有
熟成容器:ステンレスタンク
熟成期間:
濾過:あり
清澄:なし
当キュヴェの年間生産量:15000本
このVTのコメント
明るい黄緑色、青々とした牧草のニュアンス。フレッシュ、溌剌としてスパイシー。飲む楽しみを感じられる。
ワインまたは畑の名前の由来】:
畑の名前から。畑はHollenburgに位置する。
【追記】
Wine Enthusiast2017にて94ポイント獲得
Gruner Veltliner - Landwein 2019(1000ml)
 グリューナー・ヴェルトリーナー ラントヴァイン 2019  1000ml
畑名Furthフュルト
土壌:岩石、砂質土壌
畑の標高:230m
畑の向き:北東
栽培面積:3ha
仕立て方法:ギュイヨ式
品種:グリューナー・ヴェルトリーナー100%
平均樹齢:6年
植樹密度 : 3,800本/ha 
収量:50hl/h 
<醸造>
選果の場所:畑の中
マセレーション:なし
酵母の添加:あり
醗酵容器:ステンレスタンク
アルコール醗酵期間:20日間
醗酵温度コントロール:あり
熟成容器:ステンレスタンク
熟成期間:5ヶ月間
濾過:あり
清澄:なし
SO2添加のタイミングと量 : 熟成中と瓶詰前
当キュヴェの年間生産量 : 5,000本
Gruner Veltliner - Hoher Rain 2020
グリューナー·ヴェルトリーナー ホーハー·ライン 2020
品種:グリューナー・ヴェルトリーナー
植樹:1990年頃
位置:標高248m、南西向き
土壌:砂質ローム土壌
ステンレスタンクで醗酵、ステンレスタンクで熟成。
畑の名前から。畑はOberfuchaに位置する、砂質ローム土壌。

Rose Zweigelt 2020
ロゼ・ツヴァイゲルト 2020
【ツヴァイゲルト100%】
 
 

ガイヤーホフとは

 
 

国:オーストリー
地域:ニーダーエステライヒ地方
地区、村:Kremstal クレムシュタール
造り手:Ilse MAIER イルゼ・マイヤー
 
 
歴史
 ガイヤーホフは、クレムスの東、ドナウ(ダニューブ)川の渓谷にあり、クレムシュタール(クレムス渓谷)として知られるニーダーエステライヒ州のワイン生産地区の一角を占めています。ここ、ドナウ川に近いことで知られている最上の土地で、ヨーゼフとイルゼ・マイヤーの夫妻は、15haのブドウ畑を耕しています。昼夜の顕著な温度差が、特有のアロマの醸成に資するだけでなく、最高品質のワインを造る基盤になっています。しかし、ワインの特長と個性はなによりも、夫妻のワインに対する情熱と自然への愛情、伝統とジョワ・ド・ヴィーヴル(生きる喜び)に対する愛着から、もたらされるものです。逆にまた、それらのものごとのすべてが、彼らの生き方と判断に影響を与えているのです。
 
ドメーヌ解説
自社畑面積:15ha
土壌:黄土や砂、第三紀層の砂利など多種多様な地質の土壌
栽培:1988年よりビオロジック。畑の手入れ、収穫などひとつひとつ手作業で行っている。
 
ワイン
ガイヤーホフのブドウ畑
ガイヤーホフのブドウ畑は、非常に多種多様な地質の土壌を含んでいます。黄土や砂、第三紀層の砂利の土壌が、各ブドウ品種に特有の要求を満たしており、ために各品種から産する最高品質のワインの基礎をなしているのです。

区画あるいは異なる土壌のタイプによって、白ブドウわけてもグリューナー・フェルトリナーは、このワイナリーの基盤を成しています。グリューナー・フェルトリナーがブドウ畑ごとに異なった表情を見せる一方で、リースリングは対照的にフルーティな表情を見せ、熟成への大きな可能性に特徴づけられています。これに、ピノ・ブランとシャルドネ、そして赤ワイン用品種ではブラウワー・ツヴァイゲルトとカベルネ・ソーヴィニョンが加わって、最高品質の製品が勢揃いします。
オーガニックなワイン造り
オーガニックなブドウ栽培は、品質向上をめざす最新の大いなる挑戦です。安全網なしで空中ブランコをするようなもので、詳細なノウハウと非常に繊細な感覚を要します。このプロセスは、ワインを商う者にとって非常に大きな負担であり、実際、精密で的確な作業が必要となります。徹底的に、そしてタイミングよく、必要とされる予防策と手段をすべて講じてきたでしょうか?小さな失敗でも、ブドウ栽培の過程では決定的な影響を与えかねません。手遅れになれば、救済策は存在しないのです。
「過去15年間、私たちは専門的なノウハウの研究に取り組んできました。そのためにかなりの学習と勇気と忍耐が必要でした。」とイルゼ・マイヤーは振り返ります。「高い品質のワインは、ブドウ畑にその基礎を置くので、そういった経験はごく自然と私たちのワインの品質に現れてくるのです。」
 
オーガニックなブドウ栽培は、どのように機能するのか?
オーガニックなブドウ栽培は、単に化学的な添加物を控えるというだけではありません。最も重要となる必要条件は、自然の法則を理解することです。自然の法則は不動のものです。それを理解し、共に生きることは過去数千年にわたって当然のこととされてきたものであって、自然と文明との間の絶え間ない均衡作業なのです。
ブドウは、土によってだけでなく、太陽によって成長します。植物は人間にはできないことができます。つまり、光合成によってエネルギーを物質に変換できるのです。人が木を切り倒して燃やすと、太陽に由来する部分はエネルギーへと戻り、土壌に由来する部分は灰分(乾留エキス分)になって残ります。太陽に由来するものがなんと多く、土に由来するものがなんと少ないことでしょうか!

 

Wine Shop WINEHOLIC