Ernst Triebaumer Ernst Triebaumer トリーバウマー家の初代はルター派の宗教難民として1691年にルストに移住し、代々農業を営んできた。世間に知られるようになったきっかけは1988年、雑誌ヴィナリアVinariaが世界の赤ワインをテーマにした品評会で、エルンスト・トリーバウマーの父が1960年代に植樹し、エルンストが醸造した1986年産ブラウフレンキッシュ「リート・マリエンタール」の優勝だった。このワインは現在もオーストリアでは伝説のワインとして語り継がれている。ルスト周辺は本来貴腐ワインのルスター・アウスブルッフの名産地として知られているが、トリーバウマーは約20haのブドウ畑のうち75%を赤ワイン用品種(50%ブラウフレンキッシュ、残りはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなど)と辛口の白(シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴェルシュリースリング、グリューナー・ヴェルトリーナー)を栽培。環境に対する意識が高く、土壌を健康に保つ為には労を厭わない。CO2排出量を抑えるためトラクターの使用を出来るだけ避けて、耕耘の回数を減らし、ブドウ畑に羊を放し飼いにして除草と除葉と堆肥を与え、ミツバチを養い、鳥の巣箱を設置し、野菜を育て、豚も飼い、農地全体の調和とバランスを考えて経営している。ノイジードラー湖に近い畑では甘口の貴腐ワイン用を、ルストの南西の珪岩、粘板岩、片麻岩、結晶片岩に粘土が混じる畑では辛口白用のブドウを、ルストの北の貝殻石灰質が多く含まれる畑では赤ワイン用品種を栽培。手作業で選び抜いた収穫を、バリック樽を多用して必要なだけ十分な時間をかけて醸造する。現在はエルンストの二人の息子達がワイン造りの伝統を継いでいる。 Ernst Triebaumer Ernst Triebaumer トリーバウマー家の初代はルター派の宗教難民として1691年にルストに移住し、代々農業を営んできた。世間に知られるようになったきっかけは1988年、雑誌ヴィナリアVinariaが世界の赤ワインをテーマにした品評会で、エルンスト・トリーバウマーの父が1960年代に植樹し、エルンストが醸造した1986年産ブラウフレンキッシュ「リート・マリエンタール」の優勝だった。このワインは現在もオーストリアでは伝説のワインとして語り継がれている。ルスト周辺は本来貴腐ワインのルスター・アウスブルッフの名産地として知られているが、トリーバウマーは約20haのブドウ畑のうち75%を赤ワイン用品種(50%ブラウフレンキッシュ、残りはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなど)と辛口の白(シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴェルシュリースリング、グリューナー・ヴェルトリーナー)を栽培。環境に対する意識が高く、土壌を健康に保つ為には労を厭わない。CO2排出量を抑えるためトラクターの使用を出来るだけ避けて、耕耘の回数を減らし、ブドウ畑に羊を放し飼いにして除草と除葉と堆肥を与え、ミツバチを養い、鳥の巣箱を設置し、野菜を育て、豚も飼い、農地全体の調和とバランスを考えて経営している。ノイジードラー湖に近い畑では甘口の貴腐ワイン用を、ルストの南西の珪岩、粘板岩、片麻岩、結晶片岩に粘土が混じる畑では辛口白用のブドウを、ルストの北の貝殻石灰質が多く含まれる畑では赤ワイン用品種を栽培。手作業で選び抜いた収穫を、バリック樽を多用して必要なだけ十分な時間をかけて醸造する。現在はエルンストの二人の息子達がワイン造りの伝統を継いでいる。
歴史の長さを感じさせる見事な個性と深み。
個性が表に出にくいオーストリアワインの赤においても
とびっきりの旨みを表現している。
Blaufrankisch Mariental 2008
ブラウフレンキッシュ・マリエンタール 2008
【畑】 
畑名:マリーエンタール                           
栽培技術:1haあたりの植樹本数は約4000本
栽培面積:4ha
品種:100% ブラウフレンキッシュ
樹齢:30-60年
収穫量:30hl/ha
土壌:石灰岩などから成る土壌
【醸造】
圧搾技術:空気圧プレスによる圧搾
発酵技術:乳酸発酵を行い木樽で熟成
清澄・濾過技術:濾過なし
亜硫酸添加量: 24mg/l(瓶詰前に一度のみ添加)  
Rose 2019
ロゼ 2019
【畑】
畑名:パンドクレフテン(Pandkräften)、オーベラー ヴァルト(Oberer Wald), マリーエンタール(Mariental)他
栽培技術:1haあたりの植樹本数は約4000本
品種:50%ブラウブルグンダー(ピノ・ノワール) 50%ブラウフレンキッシュ
樹齢:10-60年 
収穫量: 20hl/h
土壌:レス土、石灰岩土壌他
【醸造】
圧搾技術:空気圧プレスによる圧搾
発酵技術:自然酵母により19-20度の温度のもとステンレスタンクで醗酵
清澄・濾過技術:一度だけ濾過
亜硫酸添加量:27 mg/l(瓶詰前に一度のみ添加) 

Sold Out

Gruner Veltliner  2018
グリューナー・ヴェルトリーナー 2018
【畑】
畑名:ルドマイシュ(Ludmaisch)、クラクスナー(Kraxner)、ガイアー(Geier)、ギレスベルク(Gillesberg)、フォーゲルザンク(Vogelsang)など
栽培技術:1haあたりの植樹本数は約4000本
栽培面積:0.5 ha
品種:100%グリューナー・ヴェルトリーナー
樹齢:27年
収穫量:50hl/h
土壌:石灰岩、石英、片麻石、粘板岩、粘土などから成る土壌
【醸造】
圧搾技術:空気圧プレスによる圧搾
発酵技術:自然酵母により19-22度の温度のもとステンレスタンクで醗酵、大樽で熟成
清澄・濾過技術:一度だけ濾過
亜硫酸添加量:23 mg/l(瓶詰前に一度のみ添加) 

Tridendron 2017
トリデンドロン 2017
【畑】
栽培技術:1haあたりの植樹本数は約4000本                              
品種:80%メルロ 10% ブラウフレンキッシュ 10%カベルネ・ソーヴィニョン
樹齢:15-30 年
土壌:レス土、石英、石灰岩などから成る土壌
【醸造】
圧搾技術:空気圧プレスによる圧搾
発酵技術:乳酸発酵を行い木樽で熟成
清澄・濾過技術:一度だけ濾過
亜硫酸添加量:22mg/l (瓶詰前に一度のみ添加)  
Blaufrankisch Gemark 2018
ブラウフレンキッシュ・ゲメルク 2018
位置:湖にむかってなだらかに傾斜する畑。湖面に近く、背後に森がある。
土壌:石灰を含む粘土質土壌
野生酵母で発酵。容量300ℓと500ℓの木樽(一部新樽)で熟成。ノンフィルターで瓶詰。
Blaufrankisch Rusterberg 2018
ブラウフレンキッシュ・ルスターベルク 2018
植樹:1985年頃、2000年頃
位置:標高140~200m、南東向き
土壌:レス土、石英、片麻石などから成る土壌
ステンレスタンクで20日間マセレーション。容量1100~3000ℓの木樽(一部新樽)で約6カ月熟成。
 
 

エアンスト・トリーバウマーとは

 
 

オーナー : Herbert Triebaumer ヘルベルト・トリーバウマー、
Gerhard Triebaumer ゲーアハルト・トリーバウマー
地域 : Neusiedlersee-Hügelland ノイジードラーゼー=ヒューゲルラント 
地区、村 : Rust ルスト
醸造責任者 : Herbert Triebaumer ヘルベルト・トリーバウマー、
Gerhard Triebaumer ゲーアハルト・トリーバウマー
栽培責任者 : Herbert Triebaumer ヘルベルト・トリーバウマー、
Gerhard Triebaumer ゲーアハルト・トリーバウマー
コンサルタント名 : なし
 

ドメーヌについて

ドメーヌ創業年 : 1691
ドメーヌ解説
歴史:トリーバウマー一族はもともとブックリゲン・ヴェルト地方のクルムバッハ周辺の出身で、初代トリーバウマーは1691年に対抗宗教改革の中でルター派の宗教難民としてルストに移住しました。ワイン農民の娘との結婚以来、我々トリーバウマー一族にとってワインは常に重要なテーマでした。幾世代にも渡る経験を通して、一族には農作業に関する知識と勘という基礎が出来ました。
我々の醸造所はノイジードラー湖の西岸の町ルストにあります。ルストはオーストリア連邦州のブルゲンラント州にありますが、ブルゲンラントは1921年以来オーストリア領です。以前は千年もの間ドイツ・西ハンガリーを含む神聖ローマ帝国の統治下にありました。ドイツ語を話すルストの住民は努力家で、長い時間をかけて「ルスター・アウスブルッフ」という高品質で特別なワインを作り上げてきました。そのたぐいまれな市場価値は、1681年に純金6万グルデンとともに、最も高貴なルスト産ワイン500アイマー(3000ℓ)で、国王直轄自由都市の権利をルストが獲得したことに端を発します。今も町の中心に残るバロック時代の家並みには住民達の誇りと自信が伺えますが、それはルストの葡萄畑がもたらしたものと言えるでしょう。
造り手略歴 :
Ernst Triebaumer エアンスト・トリーバウマー : ワイン醸造学校卒業
Herbert Triebaumer ヘルベルト・トリーバウマー : ワイン醸造学校卒業
Gerhard Triebaumer ゲーアハルト・トリーバウマー  : ワイン醸造専門学校卒業、Umathum醸造所で研修
 
哲学 : トリーバウマー家の四人兄弟のうち二人の兄弟、ヘルベルト・トリーバウマー、ゲーアハルト・トリーバウマーを中心とした、家族経営の醸造所です。その他の兄弟も近隣で自然派農業や畜産を営んでいます。
葡萄畑の75%前後が赤ワイン品種を栽培しており、主に土着品種のブラウフレンキッシュに力を入れています。栽培地に適した葡萄品種の選択に際し、幾世代にもわたる経験をから最適な品種を最適な畑に栽培しています。そして土壌を健康に保つことは、調和のとれた体によいワインの基本的な前提条件であると考えています。
私達の仕事がどうあるべきかという考えた時、ゆっくりとしたテンポを大切に仕事をすることが非常に重要だと考えています。私達は以前から植物の成長が全般に早まっていることに気が付いていましたが、それはとりわけ人為的なCO2を蓄積し合成しようとする、自然の浄化作用によるものと思われます。その結果として必然的に、生産性と多様性の減退し、寄生虫と病菌類がより繁殖しやすくなりました。我々は葡萄畑でこうした現象に対処する為に、以下のような取組みを行ってきました。

・太陽光発電により醸造所の全ての電力をまかなう
・養蜂により自然的に安定した食糧生産を目指す
・羊などの家畜を葡萄畑で放牧することにより、葡萄畑での除草と腐葉土の増加を試みる
このような取り組みは植物の多様性を育み、実を結んでいます。
 

畑について

栽培方法 : リュットレゾネ(羊、ホメオパシーを用いた自然に近い栽培方法)
その栽培方法の開始時期 : 60年以上前から 
その栽培方法を適用している畑名 : 全て
栽培方法の将来的な展望 : ブドウ栽培だけでなく生活の全てを自然に近い方法で営めるようにする(自家発電等)
 
認証機関 : 認証は取っていないが、可能な限り自然な栽培を試みている
土壌 :
 (白品種) 主に結晶質(スレート粘板岩、風化片麻岩、石英)に粘土質が混ざり堆積した土壌
(赤品種)主に貝殻及びサンゴ礁石灰質土壌
微気候 : 葡萄畑を北と西から遮るように連なるルストの丘に囲まれて、エアンスト・トリーバウマー醸造所の葡萄畑は大半が南か
ら東向きの斜面に位置します。この立地条件により葡萄樹には朝日が当たりやすいのです。釜の底のような形をした葡萄畑の斜面
は湖に向かってひらけており、葡萄は湖が造りだすミクロ気候の恩恵を存分に受けています。これらの条件が有利に働いて、毎年
葡萄は理想的な生理的完熟に到達することが出来ます。
自社ブドウ畑面積 : 20ha
契約ブドウ畑面積 : 0ha
自社ブドウ畑の数 : 回答なし 
自社栽培ブドウ品種 : 
(白品種)グリューナー・ヴェルトリーナー、ゲルバー・ムスカテラー、ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ブラン(ヴァイスブルグンダー)、トラミーナー、ヴェルシュリースリング 
(赤品種) ブラウフレンキッシュ、カベルネ・ソーヴィニヨン、ブラウブルグンダー(ピノ・ノワール)、メルロ、サンクト・ラウレント、ツヴァイゲルト
ブドウ以外の自社農作物 : 農作物ではないが、養蜂、養豚、養鶏、羊やアヒルを飼っている
ブドウ畑以外の自社畑総面積 : 10ha 
主な仕立て方法 : ギュイヨ式
仕立ての支柱の素材 : 木、ステンレス、金属、コンクリ
仕立ての添え木の素材 : 木、金属
堆肥 : 葡萄の搾りかす、木や藁などから自作した肥料
 

醸造について

酵母のタイプ : 野生酵母
圧搾方式 : 空気圧式プレス
醗酵容器の素材と容量(L) : 300500Lのステンレスタンク
熟成容器の素材 : ステンレスタンク(白の一部)、及び木樽(白の一部及び赤)
セラー環境 : 地階3階にセラー、石を積み上げた壁
年間生産ボトル本数 : 年間約100,000

 

Wine Shop WINEHOLIC