Ridolfi Montalcino Ridolfi Montalcinoワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。2011年にオーナーが変わり、2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博す。ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のブルネッロで延べ25年間ブルネッロ造りに携わった。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献した。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。なお、モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも産する。
モンタルチーノに14haある畑は、町の北東部にあり、ガレストロ土壌と、“塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌”とが点在する。それぞれの区画にあった7つのクローンを選別し、栽培。自然酵母で、ステンレスタンク発酵。ワインは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、大樽で熟成させる。キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特にブルネッロに備わる例外的なまでの澄明軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現している。繊細な感性と、近代醸造技術への深い理解を感じるワイン。
Ridolfi Montalcino Ridolfi Montalcinoワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。2011年にオーナーが変わり、2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博す。ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のブルネッロで延べ25年間ブルネッロ造りに携わった。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献した。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。なお、モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも産する。
モンタルチーノに14haある畑は、町の北東部にあり、ガレストロ土壌と、“塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌”とが点在する。それぞれの区画にあった7つのクローンを選別し、栽培。自然酵母で、ステンレスタンク発酵。ワインは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、大樽で熟成させる。キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特にブルネッロに備わる例外的なまでの澄明軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現している。繊細な感性と、近代醸造技術への深い理解を感じるワイン。
Ridolfi Montalcino Ridolfi Montalcinoワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。2011年にオーナーが変わり、2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博す。ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のブルネッロで延べ25年間ブルネッロ造りに携わった。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献した。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。なお、モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも産する。
モンタルチーノに14haある畑は、町の北東部にあり、ガレストロ土壌と、“塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌”とが点在する。それぞれの区画にあった7つのクローンを選別し、栽培。自然酵母で、ステンレスタンク発酵。ワインは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、大樽で熟成させる。キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特にブルネッロに備わる例外的なまでの澄明軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現している。繊細な感性と、近代醸造技術への深い理解を感じるワイン。
Ridolfi Montalcino Ridolfi Montalcinoワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。2011年にオーナーが変わり、2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博す。ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のブルネッロで延べ25年間ブルネッロ造りに携わった。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献した。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。なお、モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも産する。
モンタルチーノに14haある畑は、町の北東部にあり、ガレストロ土壌と、“塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌”とが点在する。それぞれの区画にあった7つのクローンを選別し、栽培。自然酵母で、ステンレスタンク発酵。ワインは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、大樽で熟成させる。キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特にブルネッロに備わる例外的なまでの澄明軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現している。繊細な感性と、近代醸造技術への深い理解を感じるワイン。
Ridolfi Montalcino Ridolfi Montalcinoワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。2011年にオーナーが変わり、2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博す。ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のブルネッロで延べ25年間ブルネッロ造りに携わった。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献した。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。なお、モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも産する。
モンタルチーノに14haある畑は、町の北東部にあり、ガレストロ土壌と、“塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌”とが点在する。それぞれの区画にあった7つのクローンを選別し、栽培。自然酵母で、ステンレスタンク発酵。ワインは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、大樽で熟成させる。キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特にブルネッロに備わる例外的なまでの澄明軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現している。繊細な感性と、近代醸造技術への深い理解を感じるワイン。
独特の個性が素晴らしい!作り込まれた素晴らしい世界!
Brunello di Montalcino Riserva Mercatale 2015
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ・メルカターレ 2015
位置:モンタルチーノ北東斜面、標高300m
土壌:粘土質土壌、海洋性化石、高地にアルベレーゼ(風化した砂岩)を多く含む
ステンレス・スチールタンクで60日間醗酵
25-35hlのスラヴォニアオーク樽で45ヶ月熟成ののち、最低12ヶ月瓶内熟成。ノンフィルター
僅かにぼんやりとした印象の明るいルビー。注ぎたては還元の影響か火打ち石の様なミネラル感とかすかに揮発酸があるがすぐに飛んでいく。酸のレベルが高く、現段階で飲んでも既に液体としてのレベルが高いが、熟成を経た進化に期待を抱けるワイン。 
Brunello di Montalcino 2016
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2016
位置:モンタルチーノ北東斜面、標高300m
土壌:粘土質土壌、海洋性化石、高地にアルベレーゼ(風化した砂岩)を多く含む
ステンレス・スチールタンクで60日間醗酵
スラヴォニアオーク樽で36ヶ月熟成ののち、最低12ヶ月瓶内熟成
端に僅かにオレンジのニュアンスが出始めている輝きのあるルビー。ベリー系のエッセンスを思わせる軽やかな赤い香りにピンクペッパー、ローズマリーにうぐいす餡。黒い果実やカラメルのような濃厚さとは無縁な透明感のある流麗なサンジョヴェーゼ。

Sold Out

Chianti Rocchetto 2019
キアンティ・ロッケット 2019
標高:100~200m
ステンレスタンクで20日間マセレーション
ステンレスタンクで半年間熟成
サンジョヴェーゼらしいシリアスな印象だが食事に対して一歩引いてくれる懐の広さも感じられる。気軽ながら、丁寧な造りを感じさせるテクスチャー。
フィレンツェ西部の、ラルチアーノ地区にオリーブ園11haとブドウ畑5haを所有する。

Rosso di Montalcino 2018
ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2018
位置:モンタルチーノ北東斜面、標高300m
土壌:粘土質土壌、海洋性化石、高地にアルベレーゼ(風化した砂岩)を多く含む
ステンレスタンクで30日間マセレーション
トノーと大樽で12ヶ月熟成、12ヶ月瓶内熟成
明るく澄んだルビーレッド。
伸びやかな酸が最初に口の中に広がり、後味に果実味とストラクチャーの素性の良さが印象に残る。
 
Chianti Rocchetto 2020
キアンティ・ロッケット 2020
標高:100~200m
ステンレスタンクで20日間マセレーション
ステンレスタンクで半年間熟成
サンジョヴェーゼらしいシリアスな印象だが食事に対して一歩引いてくれる懐の広さも感じられる。気軽ながら、丁寧な造りを感じさせるテクスチャー。
フィレンツェ西部の、ラルチアーノ地区にオリーブ園11haとブドウ畑5haを所有する。
 
 

リドルフィとは

 
 
  ワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。 2011年にオーナーが変わり、 2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作 2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博す。ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のブルネッロで延べ 25年間ブルネッロ造りに携わった。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献した。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。なお、モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも産する。
 
【ジャンニ・マッカーリ】
19902009 ポッジョ・ディ・ソットでジューリオ・ガンベッリ( 2012年死去)の右腕として働き、最後の 10年間は醸造責任者として勤務。
20092014 サリクッティで醸造責任者として勤務。
 
モンタルチーノの街の北東部に畑を所有し、ガレストロ土壌と 塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌 とが点在しています。それぞれの区画にあった 7つのクローンを選別し、栽培。ジャンニがやってきた 2014年にはすぐにビオロジック栽培へと転換をして、現在はトータルで 21ha、そのうち 14haをブルネッロの畑を持っています。
この 塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌 は、ブドウを含む植物の栽培には適さないと長い間言われてきましたが、ジャンニはこの土壌の与える、ストラクチャーに大きく興味を惹かれ、研究を重ね、最適な台木とクローンを選び抜いて、 6ha2013年に植樹しました。
 年 23回の間引きを行い、それぞれのブドウ房が適切な熟度のなるように調整。しかし過度な凝縮感は必要ありません。農薬は、ボルドー液、硫黄、ゼオリーテと呼ばれる鉱物の粉(湿度を吸収し、菌の繁殖を抑える)を使用しています。
 
醸造
2014年に改装されたセラーの設備は近代的で、自然酵母でステンレスタンクにて発酵。亜硫酸添加は通常、醗酵前と醗酵後、澱引きの際に必要であれば行う。マロラクティック醗酵を安定させるために、乳酸菌の添加を行う。
ロッソ・ディ・モンタルチーノとブルネッロは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、トノーと大樽で熟成(パウシャ、バロン、タランソー、グルニエ)。
リゼルヴァだけは毎年造るわけではなく、イタリアのガンバ社のスラヴァニアオーク樽 100%で熟成、無濾過で瓶詰めしています。
 
キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特に軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現しています。繊細な感性と、近代醸造技術への深い理解を感じるワインです。

 

Wine Shop WINEHOLIC