テヌータ・レ・カルチナイエ Tenuta le Calcinaieサン・ジミニャーノに、高品質ワインを復活させた立役者の一人。常に快活でエネルギッシュなオーナー、シモーネ・サンティーニは、 1995年から畑に化学肥料、除草剤、殺虫剤などを排したビオロジック栽培を続ける、慧眼の持ち主。加えて栽培で重視するのは、低収穫と、葉を多めに残しブドウの房をしっかり陰にするキャノピー・マネージメント。それにより、ヴェルナッチャの魅力の核心である美しく多層的な酸が得られると語る。酸を重視するため、主要な畑の大半は北向きである。亜硫酸添加は通常、トータルで 45mg/L以下に抑制。理想とするヴェルナッチャは「瓶詰め直後は 14歳の少女のように純粋でプリティ。その後熟成により、多彩な要素に美しいハーモニーが生まれるが、けしてビッグではなくフェミニンでエレガントなワイン」とのヴィジョンは、困難な年にさえ、見事にワインに現れる。 テヌータ・レ・カルチナイエ1 Tenuta le Calcinaieサン・ジミニャーノに、高品質ワインを復活させた立役者の一人。常に快活でエネルギッシュなオーナー、シモーネ・サンティーニは、 1995年から畑に化学肥料、除草剤、殺虫剤などを排したビオロジック栽培を続ける、慧眼の持ち主。加えて栽培で重視するのは、低収穫と、葉を多めに残しブドウの房をしっかり陰にするキャノピー・マネージメント。それにより、ヴェルナッチャの魅力の核心である美しく多層的な酸が得られると語る。酸を重視するため、主要な畑の大半は北向きである。亜硫酸添加は通常、トータルで 45mg/L以下に抑制。理想とするヴェルナッチャは「瓶詰め直後は 14歳の少女のように純粋でプリティ。その後熟成により、多彩な要素に美しいハーモニーが生まれるが、けしてビッグではなくフェミニンでエレガントなワイン」とのヴィジョンは、困難な年にさえ、見事にワインに現れる。
サン・ジミニャーノに、高品質ワインを復活させた立役者の一人。常に快活でエネルギッシュなオーナー、シモーネ・サンティーニは、 1995年から畑に化学肥料、除草剤、殺虫剤などを排したビオロジック栽培を続ける、慧眼の持ち主。加えて栽培で重視するのは、低収穫と、葉を多めに残しブドウの房をしっかり陰にするキャノピー・マネージメント。それにより、ヴェルナッチャの魅力の核心である美しく多層的な酸が得られると語る。酸を重視するため、主要な畑の大半は北向きである。亜硫酸添加は通常、トータルで 45mg/L以下に抑制。理想とするヴェルナッチャは「瓶詰め直後は 14歳の少女のように純粋でプリティ。その後熟成により、多彩な要素に美しいハーモニーが生まれるが、けしてビッグではなくフェミニンでエレガントなワイン」とのヴィジョンは、困難な年にさえ、見事にワインに現れる。
Vernaccia di San Gimignano 2020
ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ [2020]
品種:ベルナッチャ
畑:小区画、東向き、石灰・ローム質土壌、石灰が豊富
植樹:1987年
醸造:コールド・マセレーションの後、80%は、18℃で3~5週間ステンレスタンク発酵、残り20%はバリック発酵、翌春まで熟成させた後、ブレンド、ビン詰め。
年産:6600本
色:濃く明るいわら色
香り:複雑、厚みがあり長く続く香り。エキゾチックな果実のほんのりアロマティックな香り。バニラ香。
味わい:ふくよかでやわらかく、フレッシュ。構成美をもつ。
Vernaccia di San Gimignano Reserva Vigna Ai Sassi 2018
ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ・レゼルヴァ・ヴィーニャ・アイ・サッシ [2018]
【ヴェルナッチャ95%、シャルドネ5%】
 
 

テヌータ・レ・カルチナイエとは

 
 

地域:TOSCANA  
地区、村: サン・ジミニャーノ
造り手:シモーネ・サンティーニ
 
出会い:
歴史:
創業年:1985
ドメーヌ解説:
フォンテレオーニとほかの数件の造り手とともにテヌータ・レ・カルチナイエは、ヴェルナッチャに高品質のワインが復活したことを示している。高品質志向のヴェルナッチャという考えは、一世代前には誰も顧みなかったものである。
シモーネ・サンティーニは働き者で、一人でこのカンティーナをきりもりしている。典型的なトスカーナ人らしいユーモアのセンス、 一鋭さ、軽さ、刺激  があり、彼が造るヴェルナッチャによく似ている。彼のワインを見れば、サン・ジミニャーノがなぜ最初にDOCを得たかがわかる。ソアベ・オルヴィエートとともにヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノは、イタリアの白ワインの中で傑出しているという名声を裏付けるようなワインだからだ。

 そのワインは華やかさと神経質さを併せもち、しっかりした骨格がありながら溌刺としている。しかもアフターはなめらかでヴェルナッチャ酒の独特なほろ苦いアーモンドのタッチがある。カルチナイエのヴェルナッチャはいわばコケティッシュな可愛らしい女性で、生産量は少ないが、もっと欲しくなってしまう。ヴェルナッチャ ヴィーニャ・アイ・サッシは単一畑の産で、取れる量はもっと少ない。こちらは一部樽発酵で、控えめで静かなおもむきがある。
 シモーネ・サンティーニの赤ワインにぞっこん惚れた人も少なくない。キャンティ・コッリ・セネージ(無清澄、無濾過)はサン・ジミニャーノの気候とテロワールが生み出すしなやかサンジョベーゼの素晴らしい実例であり、気取らない柔らかな、大変親しみのある味わいがする。テオドーロはここの華である。芳酵で凝縮した味わいのこのワインは、メルロとカベルネ、サンジョベーゼの混醸ワインで小樽熟成させた、見事な出来映えだ。
マルク・デ・グラツィア・セレクション
Fine Wines 2005より
栽培品種:ヴェルナッチャ、サンジョヴェーゼ
自社畑面積: 11ha
土壌:
醸造: 
熟成: 
生産量: 70,000/

 

Wine Shop WINEHOLIC