ドメーヌ・フランソワ・ジャニアール Domaine Francoise Jeanniard 古典的な良質のムルソーを彷彿とさせる抜群の白ワイン!
作り自体はけっこう古い感じです。故に多少の熟成が必要。しかし開いたときの魅力はさすがフィネスが輸入するだけのことはあります。
古典派ブルゴーニュが好きな方にとって魅力的なワインと言えます。
ドメーヌ・フランソワ・ジャニアール1 Domaine Francoise Jeanniard 古典的な良質のムルソーを彷彿とさせる抜群の白ワイン!
作り自体はけっこう古い感じです。故に多少の熟成が必要。しかし開いたときの魅力はさすがフィネスが輸入するだけのことはあります。
古典派ブルゴーニュが好きな方にとって魅力的なワインと言えます。
ドメーヌ・フランソワ・ジャニアール2 Domaine Francoise Jeanniard 古典的な良質のムルソーを彷彿とさせる抜群の白ワイン!
作り自体はけっこう古い感じです。故に多少の熟成が必要。しかし開いたときの魅力はさすがフィネスが輸入するだけのことはあります。
古典派ブルゴーニュが好きな方にとって魅力的なワインと言えます。
 古典的な良質のムルソーを彷彿とさせる抜群の白ワイン!
作り自体はけっこう古い感じです。故に多少の熟成が必要。しかし開いたときの魅力はさすがフィネスが輸入するだけのことはあります。
っこてんはブルゴーニュが好きな方にとって魅力的なワインと言えます。
Aloxe Corton 2017
アロース・コルトン [2017]
ピノ ノワール種100%。コルトンの丘の東側に位置する「Les Morais(レ モレ)」と南側の特級コルトン シャルルマーニュに隣接する「La Combe(ラ コンブ)」の2区画があり、葡萄の樹齢は70年で、鉄分を多く含む深い粘土質土壌です。15日間のコンクリートタンク醗酵、新樽率約20%で10~12ヵ月間樽熟を行います。色調はペルナンヴェルジュレスよりも濃く、柑橘系フルーツやミントの香り、酸味柔らかくオイリーで素晴らしい凝縮感があり、若いうちは余韻がタニックです。フェミナリーズ(Féminalise)という審査員が女性限定のコンクールで銅メダルを獲得しています。
Pernand Vergelesses 2019
ペルナン・ヴェルジュレス 2019
葡萄の収穫はすべて手摘みで、除梗は80%程行います。選別された葡萄は白はステンレスタンク、赤はコンクリートタンクで低温マセラシオンやアルコール醗酵を行います。アルコール醗酵は最初の3日間は15℃の低温で浸漬し、その後28~31℃で約15日間醗酵させます。熟成は樫樽で約12か月間行い、新樽は赤のみ約25%の割合で使われます。古典的な良質のムルソーを彷彿とさせる抜群の白ワイン!
Bourgogne Blanc 2019
ブルゴーニュ・ブラン 2019
【シャルドネ100%】

Aloxe Corton 2014
アロース・コルトン [2014]
ピノ ノワール種100%。コルトンの丘の東側に位置する「Les Morais(レ モレ)」と南側の特級コルトン シャルルマーニュに隣接する「La Combe(ラ コンブ)」の2区画があり、葡萄の樹齢は70年で、鉄分を多く含む深い粘土質土壌です。15日間のコンクリートタンク醗酵、新樽率約20%で10~12ヵ月間樽熟を行います。色調はペルナンヴェルジュレスよりも濃く、柑橘系フルーツやミントの香り、酸味柔らかくオイリーで素晴らしい凝縮感があり、若いうちは余韻がタニックです。フェミナリーズ(Féminalise)という審査員が女性限定のコンクールで銅メダルを獲得しています。
Pernand Vergelesses VV 2018
ペルナン・ヴェルジュレス・ヴィエイユ・ヴィーニュ ルージュ 2018
ピノ ノワール種100%。アロース・コルトンとの境界線、上記の白のすぐ近くに区画あり、こちらも樹齢60年以上の古木になります。南東向きの丘の斜面の岩の上に畑がにあり、日当たりがよく風通しの良い畑です。濃厚な果実味と繊細な酸味、タンニンがバランスよく混在していて深みのある味わいになっています。若いうちはとても固い印象があります。仔羊のグリル、赤身の肉、串焼きなどと良く合います。
 
 

ドメーヌ・フランソワ・ジャニアールとは

 
 

コルトンの丘の麓にある、ペルナン ヴェルジュレス村にあるこのドメーヌは現当主であるフランソワーズ アルペランジュ女史で4代目になります。アロース コルトンとペルナン ヴェルジュレスに僅か2.5haの畑を所有する、とても小さな家族経営の造り手で、植物学に基づいて畑の耕作や手入れをしっかり行い、除草剤も使わずにとてもナチュラルな葡萄を作っています。葡萄の木の樹齢は35~65年で古木が多く、摘房で収量を制限し、定期的に除葉を行って畑の中の通気性を良好な状態に保って健康で凝縮した葡萄が出来るように心掛けています。葡萄の収穫はすべて手摘みで、除梗は約80%行います。白はステンレスタンクで醗酵前浸漬を行い、アルコール醗酵を20℃で7~8日間行います。赤はコンクリートタンクで5~6日間低温浸漬後、最大30℃でアルコール醗酵を8日間ほど行います。熟成は樫樽で白は9~10ヵ月、赤は約12ヵ月間行い、新樽は白赤共に10~15%の割合で使われます。 

 

 

Wine Shop WINEHOLIC