ドメーヌ・ユベール・ラミー Domaine Hubert Lamy今ブルゴーニュでも最も注目されている生産者である。現代的な自然派の生産者とは違いしっかりと作り込まれた脚色系のワインでブルゴーニュの自然派でも大きく方向性が違う生産者もいることを示しています。所謂古典の個性という良い部分を引き継ぎ、ただ葡萄の良さをそのまま引き出すような生産者とは方向性が違います。
ダヴィット・クロワとの親交もありブルゴーニュを牽引する作り手の一人です。
通常白が多いボーヌの作り手の赤はあまり期待出来ない印象が強いのですが、この作り手は例外。赤も素晴らしいのです。
ドメーヌ・ユベール・ラミー1 Domaine Hubert Lamy今ブルゴーニュでも最も注目されている生産者である。現代的な自然派の生産者とは違いしっかりと作り込まれた脚色系のワインでブルゴーニュの自然派でも大きく方向性が違う生産者もいることを示しています。所謂古典の個性という良い部分を引き継ぎ、ただ葡萄の良さをそのまま引き出すような生産者とは方向性が違います。
ダヴィット・クロワとの親交もありブルゴーニュを牽引する作り手の一人です。
通常白が多いボーヌの作り手の赤はあまり期待出来ない印象が強いのですが、この作り手は例外。赤も素晴らしいのです。
ドメーヌ・ユベール・ラミー2 Domaine Hubert Lamy今ブルゴーニュでも最も注目されている生産者である。現代的な自然派の生産者とは違いしっかりと作り込まれた脚色系のワインでブルゴーニュの自然派でも大きく方向性が違う生産者もいることを示しています。所謂古典の個性という良い部分を引き継ぎ、ただ葡萄の良さをそのまま引き出すような生産者とは方向性が違います。
ダヴィット・クロワとの親交もありブルゴーニュを牽引する作り手の一人です。
通常白が多いボーヌの作り手の赤はあまり期待出来ない印象が強いのですが、この作り手は例外。赤も素晴らしいのです。
ドメーヌ・ユベール・ラミー3 Domaine Hubert Lamy今ブルゴーニュでも最も注目されている生産者である。現代的な自然派の生産者とは違いしっかりと作り込まれた脚色系のワインでブルゴーニュの自然派でも大きく方向性が違う生産者もいることを示しています。所謂古典の個性という良い部分を引き継ぎ、ただ葡萄の良さをそのまま引き出すような生産者とは方向性が違います。
ダヴィット・クロワとの親交もありブルゴーニュを牽引する作り手の一人です。
通常白が多いボーヌの作り手の赤はあまり期待出来ない印象が強いのですが、この作り手は例外。赤も素晴らしいのです。
 今ブルゴーニュでも最も注目されている生産者である。現代的な自然派の生産者とは違いしっかりと作り込まれた脚色系のワインでブルゴーニュの自然派でも大きく方向性が違う生産者もいることを示しています。所謂古典の個性という良い部分を引き継ぎ、ただ葡萄の良さをそのまま引き出すような生産者とは方向性が違います。
ダヴィット・クロワとの親交もありブルゴーニュを牽引する作り手の一人です。
通常白が多いボーヌの作り手の赤はあまり期待出来ない印象が強いのですが、この作り手は例外。赤も素晴らしいのです。 
毎年10月から11月にかけて新ヴィンテージが入荷!ダンシテは数が少なく貴重です。
Puligny-Montrachet Les Tremblots Vieilles Vignes 2018 1500ml
ピュリニー・モンラッシェ・レ・トレンブロ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2018] 1500ml
【品種】シャルドネ100%
【畑】「レ・トレンブロ」:「Tremblot/トレンブロ」とは樹木の名前で、幹は垂直に伸び、滑らかな樹皮を持ち、根は吸水力に優れているのが特徴です。この畑の周辺に多く見られ、葉がそよ風に吹かれてサラサラと心地よい音を奏でる美しい樹です。
【植樹】1946年 と 1970年 (ヴィエイユ・ヴィーニュ)   【区画面積】0.9ha   【土壌】白い泥灰土
【剪定方法】ギュイヨ・プールサール   【収量】30hl/ha   【収穫】手摘み   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】芳醇なアロマ、繊細な酸、豊かな果実味、そして何よりヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)由来の深みと立体感のある味わいが素晴らしく、プルミエ・クリュ以上の存在感を示しています。
【アルコール度数】13.0%
Saint-Aubin La Princee 2015
本店のみ
Criots Batard Montarachet Grand Cru Haute Densite 2018
クリオ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ・オート・ダンシテ 2018
【品種】シャルドネ100%
【畑】特級畑「クリオ・バタール・モンラッシェ」:特級畑「バタール・モンラッシェ」の南側で1級畑「ブランショ・ドゥスー」との間にあり、斜面に位置しています。「Criots」とはフランス語で「小石」を意味し、石が多く散在しています。
【区画面積】0.05ha   【植樹】1975年   【土壌】粘土が少なく石の多い粘土石灰質   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール 
【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100% 
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽で発酵。
【熟成】古樽にて23ヶ月間   【マロラクティック発酵】あり
【生産量】75本
【アルコール度数】13.0%
Saint-Aubin La Princee 2015
本店のみ
Saint-Aubin 1er Cru Derriere Chez Edouard Blanc Haute Densite 2018
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・デリエール・シェ・エデュアール・ブラン・オート・ダンシテ [2018]
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「デリエール・シェ・エドゥアール」:「エドゥアール家の裏」という意味で、畑の側には19世紀まで名家エドゥアール家の館がありました。
【区画面積】0.1ha   【立地】東向きの急斜面の上部   【植樹】2004年   【土壌】岩の多いまばらな粘土石灰質
【剪定方法】ギュイヨ・プールサール    【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽で発酵。
【熟成】古樽にて23ヶ月間   【マロラクティック発酵】あり
【アルコール度数】13.0%

Chassagne-Montrachet La Goujonne 2015
本店のみ
Domaine Hubert Lamy / Puligny Montarachet Les Tremblots  VV Haute Densite 2018
ドメーヌ・ユベール・ラミー / ピュリニー・モンラッシェ・レ・トレンブロ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・オート・ダンシテ 2018
【品種】シャルドネ100%
【畑名】「レ・トレンブロ」:「Tremblot/トレンブロ」とは樹木の名前で、幹は垂直に伸び、滑らかな樹皮を持ち、根は吸水力に優れ ているのが特徴です。この畑の周辺に多く見られ、葉がそよ風に吹かれてサラサラと心地よい音を奏でる美しい樹です。
【樹齢】40年    【土壌】粘土石灰質       【剪定方法】ギュイヨ・プールサール 
【収穫】手摘み  【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽で発酵。
【熟成】古樽にて23ヶ月間。MLFあり。  【生産量】430本
【アルコール度数】13%
Saint-Aubin La Princee 2015
本店のみ
Saint Aubin 1er Cru Les En Remilly 2018
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・レ・アン・レミー [2018]
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「アン・レミリィ」:グラン・クリュ「ル・モンラッシェ」に隣接し、「シュヴァリエ・モンラッシェ」からもわずか数メートルの位置
【区画面積】2ha   【植樹】1989年   【立地】南向きの斜面、標高260m~320m
【土壌】石灰岩を多く含む浅い粘土質   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【収量】30hl/ha   【収穫】手摘み   【全房使用率】100% 
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて24ヶ月間
【テイスティングノート】フレッシュな柑橘系果実の風味と、グラン・クリュに匹敵するほどの構造のしっかりとしたミネラル感が特徴的で、フィネス溢れる極上の「サン・トーバン」です。
【アルコール度数】13.0%
Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles 2015
本店のみ
Domaine Hubert Lamy / Saint Aubin 1er Cru Les Murgers des Dents de Chien 2018
ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・レ・ミュルジェ・デ・ダンド・シアン 2018
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン」:ピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュ「シュヴァリエ・モンラッシェ」や1級畑からわずか数メートルに位置しており、最適な日当たりと、ワインに上品な塩分とミネラルを与える石灰岩豊富な土壌という恵まれたテロワールのおかげで、サン・トーバン村において最も重要な畑の一つです。畑名の「Murgers/ミュルジェ」は「小石の山」、「Dents de Chien/ダン・ド・シアン」は「犬の歯」という意味で、この畑に多く見られる尖った小石の形に由来しています。
【区画面積】0.25ha   【畑立地】急勾配(40%!)の丘の上部で、東向き、標高280~300m   【植樹】1985年
【土壌】浅い石灰岩土壌(10~20cm)   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】アロマは非常に華やかで、豊かな果実味とミネラルのバランスがよく、広く奥行きのある味わいです。 
【アルコール度数】13.0%

Saint-Aubin La Princee 2018
サン・トーバン・ル・ブランセ [2018]
【品種】シャルドネ100%
【畑名】「ラ・プランセ」
【区画】もとはピノ・ノワールが植えられていましたが、土壌との相性を考慮して1985年と2000年にシャルドネに改植した区画
【区画面積】3ha   【立地】南~南東向き   【植樹】1985年、2000年   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール 
【土壌】粘土石灰質   【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて24ヶ月間
【テイスティングノート】クラシックスタイルの「サン・トーバン」で、ピュアな味わいです。
【アルコール度数】13.0%
Bourgogne Les Chataigners 2018
ブルゴーニュ・レ・シャテニエール [2018]
【品種】シャルドネ100%
【産地】サン・トーバン   【畑】[レ・シャテニエール」   【区画】4つのパーセル   【立地】標高340m~380m、急勾配(30%)
【植樹】1990年   【区画面積】1.10ha   【土壌】粘土石灰質   【剪定方法】ギュイヨ・プーサール
【収量】30hl/ha   【収穫】手摘み   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】フレッシュな果実、特に柑橘系の香りが心地よく、フレッシュなテクスチャーで、繊細な酸の伸びとミネラルによって、 華やかさと繊細さのある余韻があります。
【アルコール度数】12.5%
Chassagne-Montrachet Le Concis du Champs 2013

Sold Out

Saint-Aubin 1er Cru Clos de la Chatenière Vieilles Vignes 2018
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2018
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「クロ・ド・ラ・シャトニエール」:「Chateniére/シャトニエール」は「Chêne/樫の木」の古語で、中世の頃から樫の木は王家のシンボルとして王宮の囲いの中に植えられ、家紋にも彫られていました。この畑(クロ)の敷地には樫の木が植えられており、かつては「Clos  Royale/クロ・ロワイヤル」(王家の畑)と呼ばれていました。
【区画面積】1.25ha   【立地】急勾配(40%!)の丘の上部で、南~南西向き、標高280m~300m
【植樹】1964年(ヴィエイユ・ヴューニュ)   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【土壌】硬い石灰岩の岩盤の上に浅い粘土石灰質
【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100% 
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】フレッシュな柑橘類などのアロマやフローラルな香りが魅力的で、ミネラルもしっかりしており、リッチな口当たりはテロワールをとてもよく反映しています。
【アルコール度数】13.0%

Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles 2013

Sold Out

Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles 2018
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・マシュレル [2018]
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「レ・マシュレル」:高く積み上げられた石壁で囲まれています。
【植樹】1988年   【区画面積】0.16ha   【立地】村の北端にある東向きの斜面   【土壌】浅い粘土石灰質
【剪定方法】ギュイヨ・プールサール   【収量】30hl/ha   【収穫】手摘み   【全房使用率】100% 
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】濃い目の色調で、ヴァニラやフレッシュな果実などのアロマ、ロースト香が特徴的です。味わいには丸みがあり、口当たりはリッチで、華やかに長く続く余韻があり、とても長命なワインです。
【アルコール度数】13.0%
Puligny-Montrachet Les Tremblots Vieilles Vignes 2018
ピュリニー・モンラッシェ・レ・トレンブロ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2018]
【品種】シャルドネ100%
【畑】「レ・トレンブロ」:「Tremblot/トレンブロ」とは樹木の名前で、幹は垂直に伸び、滑らかな樹皮を持ち、根は吸水力に優れているのが特徴です。この畑の周辺に多く見られ、葉がそよ風に吹かれてサラサラと心地よい音を奏でる美しい樹です。
【植樹】1946年 と 1970年 (ヴィエイユ・ヴィーニュ)   【区画面積】0.9ha   【土壌】白い泥灰土
【剪定方法】ギュイヨ・プールサール   【収量】30hl/ha   【収穫】手摘み   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】芳醇なアロマ、繊細な酸、豊かな果実味、そして何よりヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)由来の深みと立体感のある味わいが素晴らしく、プルミエ・クリュ以上の存在感を示しています。
【アルコール度数】13.0%
Chassagne-Montrachet Le Concis du Champs 2018
シャサーニュ・モンラッシェ・ル・コンシ・デュ・シャン [2018]
【品種】シャルドネ100%
【畑】「ル・コンシ・デュ・シャン」:「生垣に囲まれた果樹園」という意味
【植樹】2005年   【区画面積】0.92ha   【土壌】深い粘土質   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】アロマはとても魅惑的で、美しい酸、ミネラル、芳醇な果実味に支えられた味わいは豊満すぎないボディで、素晴らしい バランス感覚を保っています。
【アルコール度数】13.0%

Saint Aubin 1er Cru Les Frionnes 2018
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・レ・フリオンヌ 2018
【品種】シャルドネ100%
【畑名】1級畑「レ・フリオンヌ」
【区画面積】2.4ha   【立地】南東向きの丘、標高280m   【樹齢】1935年、1960年、1985年
【剪定方法】ギュイヨ・プールサール   【土壌】分解された石灰岩   【収穫】手摘み   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて24ヶ月間
【テイスティングノート】果実や花の甘く華やかなアロマやヘーゼルナッツのピュアな香りがふんだんに広がり、ボディはリッチですがフィネスに満ちていて、きれいな酸が全体をまとめています。
【アルコール度数】13.0%
Saint-Aubin La Princee 2015

Sold Out

Saint-Aubin 1er Cru Rouge Derriere Chez Edouard 2018
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・ルージュ・デリエール・シェ・エドゥアール [2018]
東南東向きの斜面で、約55年のヴィエイユ・ヴィーニュが粘土石灰質土壌に植えられています。ピュリニー・モンラッシェの土壌に非常に良く似ている為か、ミネラル豊富な赤ワインに仕上がります。自然酵母で発酵、新樽率35%で約17か月熟成されます。
Santenay Premier Cru Clos des Gravieres 2018
サントネ・プルミエ・クリュクロ・ド・グラヴィエール [2018]
【キュヴェ】ピノ・ノワールのワインを産出していた区画でしたが、2013年に現当主オリヴィエ・ラミー氏が初めての挑戦として、樹齢 約45年の古木と若木のブドウを合わせて造りあげました。
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「クロ・デ・グラヴィエール」   【区画面積】0.38ha   【畑立地】急勾配(30%!)の丘の上部で、東向き
【植樹】1966年(ヴィエイユ・ヴィーニュ) と 2011年   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【土壌】砂利、小石、石灰質、泥灰土など複雑
【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100% 
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】梨やオレンジ・ピールなどのアロマがあり、果実味と酸味、ミネラル感のバランスが抜群です。
【アルコール度数】13.0%

Saint-Aubin La Princee 2015

Sold Out

Saint Aubin 1er Cru Les En Remilly 2017
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・レ・アン・レミー [2017]
【品種】シャルドネ100%
【平均樹齢】25年程  【土壌】石灰質  【立地】南向きの斜面
【テイスティングノート】ミネラル感豊かでテクスチャーのしっかりとしたサントーバン
アルコール度数:13.0%
Saint-Aubin La Princee 2015

Sold Out

Bourgogne Les Chataigners 2017
ブルゴーニュ・レ・シャテニエール [2017]
【品種】シャルドネ100%
【土壌】石灰質  【熟成】古樽にて15ヶ月
【テイスティングノート】フレッシュな果実や、柑橘系の香りが心地よく、フレッシュなテクスチャー
              繊細な酸の伸びとミネラルと繊細さを感じられる余韻があります。 アルコール度数:13.0%
Saint-Aubin 1er Cru Rouge Derriere Chez Edouard 2016
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・ルージュ・デリエール・シェ・エドゥアール [2016]
東南東向きの斜面で、約55年のヴィエイユ・ヴィーニュが粘土石灰質土壌に植えられています。ピュリニー・モンラッシェの土壌に非常に良く似ている為か、ミネラル豊富な赤ワインに仕上がります。自然酵母で発酵、新樽率35%で約17か月熟成されます。

Saint-Aubin La Princee 2015

Sold Out

Saint-Aubin 1er Cru Derriere Chez Edouard Blanc Haute Densite 2017
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・デリエール・シェ・エデュアール・ブラン・オート・ダンシテ [2017]
【品種】シャルドネ100%
【植樹】2005年
【テイスティングノート】魅力的な香りがあり、ボディは広がりすぎず素晴らしいバランスを保っています。
アルコール度数:13.0%
Saint-Aubin La Princee 2015

Sold Out

Saint-Aubin La Princee 2015
サン・トーバン・ル・ブランセ [2015]
もとはピノ・ノワールが植えられていましたが、土壌との相性をみて1985年にシャルドネに改植した区画です。南~南東向きの粘土石灰質土壌。ピュアで、クラシックスタイルのサントーバンです。
Santenay Premier Cru Clos des Gravieres 2015
サントネ・プルミエ・クリュクロ・ド・グラヴィエール [2015]
この区画からはずっとピノ・ノワールのワインを産出していましたが、グラヴィエール・ブランはオリヴィエ氏の初めての挑戦で2013年がファーストヴィンテージです。45年の古木と、若木の果実を合わせて醸造しています。石灰質土壌の美しいミネラルを味わえます。

Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles 2015

Sold Out

Domaine Hubert Lamy / Saint Aubin 1er Cru Les Murgers des Dents de Chien 2017
ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・レ・ミュルジェ・デ・ダンド・シアン 2017
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン」:ピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュ「シュヴァリエ・モンラッシェ」や1級畑からわずか数メートルに位置しており、最適な日当たりと、ワインに上品な塩分とミネラルを与える石灰岩豊富な土壌という恵まれたテロワールのおかげで、サン・トーバン村において最も重要な畑の一つです。畑名の「Murgers/ミュルジェ」は「小石の山」、「Dents de Chien」は
   「犬の歯」という意味で、この畑に多く見られる   尖った小石の形に由来しています。
【畑立地】南向き、40度の斜面、標高280~300m   【樹齢】55年   【区画面積】0.25ha
【土壌】浅い石灰岩土壌(10~20cm)   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】アロマは非常に華やかで、豊かな果実味とミネラルのバランスがよく、広く奥行きのある味わいです。
【生産量】1260本
【アルコール度数】13.0%
Chassagne-Montrachet Le Concis du Champs 2013

Sold Out


Chassagne-Montrachet Le Concis du Champs 2013
シャサーニュ・モンラッシェ・ル・コンシ・デュ・シャン [2013]
2005年植樹のぶどうから作られます。魅力的な香りがあり、ボディは広がりすぎず素晴らしいバランスを保っています。
Chassagne-Montrachet La Goujonne 2015

Sold Out

Domaine Hubert Lamy / Puligny Montarachet Les Tremblots  VV Haute Densite 2017
ドメーヌ・ユベール・ラミー / ピュリニー・モンラッシェ・レ・トレンブロ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・オート・ダンシテ 2017
【品種】シャルドネ100%
【畑名】「レ・トレンブロ」:「Tremblot/トレンブロ」とは樹木の名前で、幹は垂直に伸び、滑らかな樹皮を持ち、根は吸水力に優れ ているのが特徴です。この畑の周辺に多く見られ、葉がそよ風に吹かれてサラサラと心地よい音を奏でる美しい樹です。
【樹齢】40年    【土壌】粘土石灰質       【剪定方法】ギュイヨ・プールサール 
【収穫】手摘み  【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽で発酵。
【熟成】古樽にて23ヶ月間。MLFあり。  【生産量】430本
【アルコール度数】13%

Chassagne-Montrachet Le Concis du Champs 2017
シャサーニュ・モンラッシェ・ル・コンシ・デュ・シャン [2017]
【品種】シャルドネ100%
【畑】「ル・コンシ・デュ・シャン」:「生垣に囲まれた果樹園」という意味
【植樹】2005年   【区画面積】0.92ha   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】アロマはとても魅惑的で、美しい酸、ミネラル、芳醇な果実味に支えられた味わいは豊満すぎないボディで、素晴らしいバランス感覚を保っています。
【生産量】5400本
【アルコール度数】13.0%
Puligny-Montrachet Les Tremblots Vieilles Vignes 2017
ピュリニー・モンラッシェ・レ・トレンブロ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2017]
【品種】シャルドネ100%
【畑】「レ・トレンブロ」
【植樹】1946年 と 1970年 (ヴィエイユ・ヴィーニュ)   【区画面積】0.9ha
【剪定方法】ギュイヨ・プールサール   【収量】30hl/ha   【収穫】手摘み   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】芳醇なアロマ、繊細な酸、豊かな果実味、そして何よりヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)由来の深みと立体感のある味わいが素晴らしく、プルミエ・クリュ以上の存在感を示しています。
【生産量】4800本
【アルコール度数】13.0%
Saint-Aubin 1er Cru Clos de la Chateni?re Vieilles Vignes 2015

Sold Out

Saint-Aubin 1er Cru Clos de la Chateniere Vieilles Vignes 2017
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2017]
【品種】シャルドネ100%
【畑】1級畑「クロ・ド・ラ・シャトニエール」:フランスの古語「Chateniére/シャトニエール」は「樫の木」と同じ語源で、中世には王宮の囲いの中には樫の木が植えられており、この畑はかつては「Clos Royale/クロ・ロワイヤル」(王家の畑)と呼ばれていました。
【区画面積】1.25ha   【植樹】1964年(ヴィエイユ・ヴューニュ)   【剪定方法】ギュイヨ・プールサール
【土壌】粘土石灰質   【収穫】手摘み   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽使用   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽にて23ヶ月間
【テイスティングノート】フレッシュな柑橘類などのアロマやフローラルな香りが魅力的で、ミネラルもしっかりしており、リッチな口当たりで、テロワールをとてもよく反映しています。
【生産量】6420本
【アルコール度数】13.0%

Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles 2013
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・マシュレル [2013]
1988年植樹のぶどうから作られます。淡い色調でヴァニラやフレッシュな果実、ロースト香が特徴的です。丸みがあり、リッチで素晴らしい余韻を持っており、長命なワインです。
Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles 2013

Sold Out

Domaine Hubert Lamy / Criots Batard Montarachet Grand Cru Haute Densite 2017
ドメーヌ・ユベール・ラミー / クリオ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ・オート・ダンシテ 2017
【品種】シャルドネ100%
【畑】特級畑「クリオ・バタール・モンラッシェ」:特級畑「バタール・モンラッシェ」と1級畑「ブランショ・ドゥスー」との間にあり、斜面に位置しています。「Criots」とはフランス語で「小石」を意味し、石が多く散在しています。
【樹齢】40年    【土壌】粘土石灰質       【剪定方法】ギュイヨ・プールサール 
【収穫】手摘み  【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽で発酵。
【熟成】古樽にて23ヶ月間。MLFあり。   【生産量】300本
【アルコール度数】13%
Chassagne-Montrachet La Goujonne 2015
シャサーニュ・モンラッシェ・ラ・グジョンヌ [2015]
東南東向きの斜面で、約60年のヴィエイユ・ヴィーニュが粘土質土壌に植えられています。自然酵母で発酵、新樽率35%で約15か月熟成されます。エレガントで優しく、余韻の長いワインです。

Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles 2013

Sold Out

Domaine Hubert Lamy / Criots Batard Montarachet Grand Cru Haute Densite 2017
ドメーヌ・ユベール・ラミー / クリオ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ・オート・ダンシテ 2017
【品種】シャルドネ100%
【畑】特級畑「クリオ・バタール・モンラッシェ」:特級畑「バタール・モンラッシェ」と1級畑「ブランショ・ドゥスー」との間にあり、斜面に位置しています。「Criots」とはフランス語で「小石」を意味し、石が多く散在しています。
【樹齢】40年    【土壌】粘土石灰質       【剪定方法】ギュイヨ・プールサール 
【収穫】手摘み  【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】600Lと350Lのブルゴーニュ樽で発酵。
【熟成】古樽にて23ヶ月間。MLFあり。   【生産量】300本
【アルコール度数】13%
 
 

ユベール・ラミーとは

 
 

 詳細・歴史

ドメーヌは1640年に、サン・トーバン村でブドウの栽培を始めたという記録があります。最初はネゴシアンだったのですが、1973年にドメーヌ ユベール・ラミーを立ち上げ、90年代に入って、クロ・ド・ラ・シャトニエールなどの1級畑を購入、賃貸契約で手に入れました。今日ではサン・トーバンを中心にピュリニー・モンラッシェ、サントネ、シャサーニュ・モンラッシェなど有名アペラシオンに18ヘクタールの畑を所有するようになりました。 今はユベールは勇退し、息子のオリビエが当主を務めています。
 

18.5haの畑(うちシャルドネ80%、ピノノワール20%)をリュット・レゾネで管理しています。冬期に剪定、5月に摘芽、必要に応じて7月にヴァンダンジュ・ヴェールを行います。過去10年以上化学肥料は一切散布せず、現在では100年前の自然な農法を目指して栽培しています。
 

醸造

過熟にならないよう手摘みで収穫し、選果台で厳しく選果、空気圧によって優しくプレスされます。300Lまたはドゥミ・ミュイと呼ばれる600Lの樽で90日間程度、アルコール発酵とマロラクティック発酵が行われます。樽内(新樽比率30%前後)でその後12~18ヶ月熟成され、瓶詰めは、ワインに負担のかからない重力システムを採用しています。

 

Wine Shop WINEHOLIC