ドメーヌ・ド・ラ・カデット Domaine de la Cadette醸造所はヴェズレイにあり同地のドメーヌ・ド・ラ・カデットにて、父ジャン・モンタネと働きつつ、母親カトリーヌのドメーヌ・モンタネ・トダンでは醸造責任者として腕を振るう、ヴァランタン・モンタネのネゴシアン。醸造される買いブドウは、ヴェズレイ周辺のブドウだけでなく、ヴァランタンの醸造学校時代や、彼と志を同じくする友人の多い、ボジョレーやマコンのブドウの仕込みもしている。ドメーヌ・ド・ラ・カデット同様、ヴァランタンの父ジャンの設立したネゴシアンだが、2014年ころからは、醸造学校や海外での経験を経て帰ってきたヴァランタンに次第に運営を任せるようになり、近年ではヴァランタンが責任者としてワイナリーを経営している。2019年現在の生産ワインはヴェズレイ、マコン、ボジョレーを主軸にしているが、様々な地域でのワイン造りを経験し、好奇心の強いヴァランタンは、また新たな可能性を探しているようだ。 ドメーヌ・ド・ラ・カデット1 Domaine de la Cadette醸造所はヴェズレイにあり同地のドメーヌ・ド・ラ・カデットにて、父ジャン・モンタネと働きつつ、母親カトリーヌのドメーヌ・モンタネ・トダンでは醸造責任者として腕を振るう、ヴァランタン・モンタネのネゴシアン。醸造される買いブドウは、ヴェズレイ周辺のブドウだけでなく、ヴァランタンの醸造学校時代や、彼と志を同じくする友人の多い、ボジョレーやマコンのブドウの仕込みもしている。ドメーヌ・ド・ラ・カデット同様、ヴァランタンの父ジャンの設立したネゴシアンだが、2014年ころからは、醸造学校や海外での経験を経て帰ってきたヴァランタンに次第に運営を任せるようになり、近年ではヴァランタンが責任者としてワイナリーを経営している。2019年現在の生産ワインはヴェズレイ、マコン、ボジョレーを主軸にしているが、様々な地域でのワイン造りを経験し、好奇心の強いヴァランタンは、また新たな可能性を探しているようだ。 ドメーヌ・ド・ラ・カデット2 Domaine de la Cadette醸造所はヴェズレイにあり同地のドメーヌ・ド・ラ・カデットにて、父ジャン・モンタネと働きつつ、母親カトリーヌのドメーヌ・モンタネ・トダンでは醸造責任者として腕を振るう、ヴァランタン・モンタネのネゴシアン。醸造される買いブドウは、ヴェズレイ周辺のブドウだけでなく、ヴァランタンの醸造学校時代や、彼と志を同じくする友人の多い、ボジョレーやマコンのブドウの仕込みもしている。ドメーヌ・ド・ラ・カデット同様、ヴァランタンの父ジャンの設立したネゴシアンだが、2014年ころからは、醸造学校や海外での経験を経て帰ってきたヴァランタンに次第に運営を任せるようになり、近年ではヴァランタンが責任者としてワイナリーを経営している。2019年現在の生産ワインはヴェズレイ、マコン、ボジョレーを主軸にしているが、様々な地域でのワイン造りを経験し、好奇心の強いヴァランタンは、また新たな可能性を探しているようだ。 ドメーヌ・ド・ラ・カデット3 Domaine de la Cadette醸造所はヴェズレイにあり同地のドメーヌ・ド・ラ・カデットにて、父ジャン・モンタネと働きつつ、母親カトリーヌのドメーヌ・モンタネ・トダンでは醸造責任者として腕を振るう、ヴァランタン・モンタネのネゴシアン。醸造される買いブドウは、ヴェズレイ周辺のブドウだけでなく、ヴァランタンの醸造学校時代や、彼と志を同じくする友人の多い、ボジョレーやマコンのブドウの仕込みもしている。ドメーヌ・ド・ラ・カデット同様、ヴァランタンの父ジャンの設立したネゴシアンだが、2014年ころからは、醸造学校や海外での経験を経て帰ってきたヴァランタンに次第に運営を任せるようになり、近年ではヴァランタンが責任者としてワイナリーを経営している。2019年現在の生産ワインはヴェズレイ、マコン、ボジョレーを主軸にしているが、様々な地域でのワイン造りを経験し、好奇心の強いヴァランタンは、また新たな可能性を探しているようだ。
醸造所はヴェズレイにあり同地のドメーヌ・ド・ラ・カデットにて、父ジャン・モンタネと働きつつ、母親カトリーヌのドメーヌ・モンタネ・トダンでは醸造責任者として腕を振るう、ヴァランタン・モンタネのネゴシアン。醸造される買いブドウは、ヴェズレイ周辺のブドウだけでなく、ヴァランタンの醸造学校時代や、彼と志を同じくする友人の多い、ボジョレーやマコンのブドウの仕込みもしている。ドメーヌ・ド・ラ・カデット同様、ヴァランタンの父ジャンの設立したネゴシアンだが、2014年ころからは、醸造学校や海外での経験を経て帰ってきたヴァランタンに次第に運営を任せるようになり、近年ではヴァランタンが責任者としてワイナリーを経営している。2019年現在の生産ワインはヴェズレイ、マコン、ボジョレーを主軸にしているが、様々な地域でのワイン造りを経験し、好奇心の強いヴァランタンは、また新たな可能性を探しているようだ。
Bourgogne Rouge - Champs Cadet 2018
ブルゴーニュ・ルージュ・シャン・カデ 2018
【ピノ・ノワール100%】
Bourgogne Rouge 2019
ブルゴーニュ・ルージュ [2019]
ブルゴーニュ・ルージュ
品種:ピノ・ノワール100%
植樹:1980年代
土壌:粘土石灰質
ステンレスタンクで10日間マセレーション
ステンレスタンクと木製樽で9ヶ月間熟成
ブドウはマコンの有機のブドウ栽培農家から購入。共にワイン造りを学んだ同世代の友人が多い、ボジョレーやマコンのブドウでワインを造ることは、ヴァランタンにとって楽しみの一つ。マセレーションは自社畑のものに比べて短め。
Bourgogne Vezelay Blanc - La Châtelaine 2018

Sold Out

Bourgogne Vezelay Blanc - La Châtelaine 2018
ブルゴーニュ・ヴェズレ・ブラン ラ・シャトレーヌ 2018
品種: シャルドネ
樹齢: 25年(2017年現在)
収穫量: 30 hl/ha
アルコール醗酵期間: 20日間
醗酵温度コントロール: 18°C
熟成容器: ステンレスタンク
熟成期間: 9ヶ月
濾過: あり
清澄: なし
醗酵中の亜硫酸添加量: マロラクティック発酵後2g/hl
このキュヴェの生産本数: 20000本
このVTの味わい: 口当たりはまろやかで大変飲み心地が良い。 キュヴェ名は畑名から由来する。
 

Bourgogne Vezelay Blanc - Angelots 2017
ブルゴーニュ・ヴェズレ・ブラン・アンジュロ 2018
【シャルドネ100%】
Bourgogne Chardonnay 2018

Sold Out

Bourgogne Chardonnay 2018
ブルゴーニュ・シャルドネ 2018
品種: シャルドネ
土壌: 粘土石灰質
畑の標高: 152m、南東向き
栽培面積: 1.92ha
仕立て: ギュイヨ式
植樹年: 1992年
植樹密度: 7000本/h
収穫量: 30 hl/ha
選果場所: 畑の中
マセレーション: なし
酵母の添加有無: なし
アルコール醗酵期間: 11日間
醗酵温度コントロール: 18~20°C
熟成容器: バリック
熟成期間:11ヶ月
濾過/清澄: なし
澱抜き:なし
醗酵中の亜硫酸添加: 醗酵後、ビン詰めの際に添加。
年間生産本数:4,000本
コメント:官能的な果実の香り。ミネラルに富んだ味わい
 
 
  

ドメーヌ・ド・ラ・カデットとは

 
 

ドメーヌ解説:

アンリ・ド・ヴェズレ協同組合がシャブリジェンヌに吸収されたため、協同組合をヴァン・ナチュールの醸造方法へと導いたジャン・モンタネ氏が、独立して興したネゴシアン。2007年は、果実味と酸がよく調和した、みずみずしくて澄んだ味わいで、飲み心地の大変よいワインです。アペリティフにはもちろん、様々なお料理にも幅広くおすすめできます。
 
ドメーヌ創業年:2010
哲学:システマティックにならない事、常習的な手法に留まることなく常に考えてワイン造りを行う。子供を育てるのと同様で、全てのブドウに対し同時期同手法で対応してはまともなブドウは育たない。高品質なブドウを収穫する事を第一とし畑仕事を重要視、蔵に着いてからの醸造と熟成はシンプルに。
 

畑について

自社ブドウ畑面積: 0ha
契約ブドウ畑面積: 21ha
ブドウ品種: シャルドネ、ピノ・ノワール、ムロン・ド・ブルゴーニュ、ガメ
栽培:ビオロジック(1999年より、2002年認証取得)
認証機関:アグリカルチャー・ビオロジック、カリテ・フランス※2002年認証取得
栽培方法の将来的な展望: ビオディナミへの転向等は予定なし、化学薬品は一切使用しないが型にははまらずブドウ樹に付き添い常に進化し続けていく
土壌:粘土石灰質、赤粘土、青粘土
 

醸造について

酵母のタイプ: 野生酵母
圧搾方式:水平式Vaslin二台と空気圧式一台
醗酵容器の素材と容量(L):白は27hl50hlのステンレスタンク、赤は228l400l500lの樽、琺瑯を一台のみデブルバージュ用に所有
熟成容器の素材:キュヴェにより異なる。ステンレスか樽、新樽は一切使用しない。
セラー環境: 自宅地下一階が樽用のカーヴ、ステンレスタンクは併設された建物の2階に設置、収穫用の選果台やプレス機などは数百メートル離れた場所にあり、収穫後は主にそちらで作業する。畑はCuverieを中心として全区画4km圏内
年間生産ボトル本数:約110000本(うち、ブルゴーニュ・ヴェズレイとムロン・ド・ブルゴーニュを3050hl/ha外部から購入)

2016

 今年は難しい年だった、と、この数年毎年のよう書いている気がする。幸運なことにブドウ生産地域は広く、ワインのマーケットもファンも世界中にいるので、皆で助け合っている様子がインターネットを通して見られる。収量がほとんどなくなってしまった生産者の少しでも手助けになればと、Vendanges SolidairesというFacebookグループもあった。このグループの意思に賛同するワインバーやショップは、10月3日から1023日の間、ボトルが売れるたびに2ユーロの寄付をするというもの(ネット上の寄付も受け付けていた)。生産者にとっても消費者にとっても、心温まり勇気付けられるけれど、どのワイン生産地域も問題のない年がそろそろ来て欲しい。スズキ(ショウジョウバエ)の被害を聞くのもうんざりだ。
 
 南部ローヌのジル・アゾーニやドメーヌ・グラムノンは、雨に恵まれたそうだ。特にジル・アゾーニは例年よりも多くのブドウがつき、さらに果汁も多く、この地域からブドウを買う北部生産者も多くいた。北ブルゴーニュの3生産者、カデット、ド・ムール、トマ・ピコはこの地域のビオのブドウの栽培家から一緒にクラレット種を購入。同じく北ブルゴーニュのヴィニ・ヴィティ・ヴィンチでも、タヴェル(グルナッシュ、サンソー、クラレット)、ガール(シラー)、ボジョレー(ガメイ)でブドウを購入した。  
・ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ(ニコラ・ヴォーティエ)、ドメーヌ・ド・ラ・カデット(ヴァランタン・モンタネ)
 どちらも、自分の地域の畑の収量は70%以上の減。南のブドウを買い求めて醸造をしているが、めったにない機会だけに、生産者も楽しそうに話してくれた。
 

ヴァランタン・モンタネ

 自社の畑については残念だけど、経験を積むいい機会だ。実は前からガメイを醸造してみたいと思っていたんだよね。それから、マコンからもシャルドネを買うことができた。ボジョレーもマコンも霜と雹が酷いと思われているけれど、被害は局地的で、ボジョレー南部とマコン北部はブドウの状態も収量も素晴らしかったよ。買いブドウを選ぶにも、いい栽培者をしっているブドウ畑のクルティエがいるんだ。ほとんどはブドウの質を考えず、紹介するだけの人ばかりだけれど、若いクルティエのなかには、興味と情熱を持っていて、少しでも良い状態の畑を探してくれる人がいる。いい出会いがあってよかったよ

 

Wine Shop WINEHOLIC