Guy Breton Guy Bretonギィ・ブルトンは、マルセル・ラピエールに次ぎ、ボジョレで最も古くからヴァン・ナチュレルの栽培・醸造を敢行した先駆的生産者の一人。マコン近郊の醸造学校を卒業後、1985年から87年までマルセル・ラピエールの醸造アシスタントを務める。その後1988年から、祖父の畑を受け継ぎ自らの名で瓶詰めを開始。ボジョレ北部で、最も力強く長命なワインを生むと評されるモルゴン村を中心とする、計6.3haの畑でのビオロジック栽培は、1988年まで遡る。醸造時も可能な限り亜硫酸は使わない。発酵は50hlのセメントタンクが主軸。熟成はDRCの2、3年もののバリックの中で半年から1年。以後、ポリエステルタンクで6ヶ月を経る。畑で瞠目させられるのは古木の多さ。特にモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは1934年植樹の古木の区画。さらに、自らのニックネームを冠したモルゴン・プティ・マックスは、1893年から1957年植樹の古木のみから産し、26日間もの長期マセレーションも手伝って、ワインは傑出した深遠さと奥行きをたたえる。 Guy Breton Guy Bretonギィ・ブルトンは、マルセル・ラピエールに次ぎ、ボジョレで最も古くからヴァン・ナチュレルの栽培・醸造を敢行した先駆的生産者の一人。マコン近郊の醸造学校を卒業後、1985年から87年までマルセル・ラピエールの醸造アシスタントを務める。その後1988年から、祖父の畑を受け継ぎ自らの名で瓶詰めを開始。ボジョレ北部で、最も力強く長命なワインを生むと評されるモルゴン村を中心とする、計6.3haの畑でのビオロジック栽培は、1988年まで遡る。醸造時も可能な限り亜硫酸は使わない。発酵は50hlのセメントタンクが主軸。熟成はDRCの2、3年もののバリックの中で半年から1年。以後、ポリエステルタンクで6ヶ月を経る。畑で瞠目させられるのは古木の多さ。特にモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは1934年植樹の古木の区画。さらに、自らのニックネームを冠したモルゴン・プティ・マックスは、1893年から1957年植樹の古木のみから産し、26日間もの長期マセレーションも手伝って、ワインは傑出した深遠さと奥行きをたたえる。 Guy Breton Guy Bretonギィ・ブルトンは、マルセル・ラピエールに次ぎ、ボジョレで最も古くからヴァン・ナチュレルの栽培・醸造を敢行した先駆的生産者の一人。マコン近郊の醸造学校を卒業後、1985年から87年までマルセル・ラピエールの醸造アシスタントを務める。その後1988年から、祖父の畑を受け継ぎ自らの名で瓶詰めを開始。ボジョレ北部で、最も力強く長命なワインを生むと評されるモルゴン村を中心とする、計6.3haの畑でのビオロジック栽培は、1988年まで遡る。醸造時も可能な限り亜硫酸は使わない。発酵は50hlのセメントタンクが主軸。熟成はDRCの2、3年もののバリックの中で半年から1年。以後、ポリエステルタンクで6ヶ月を経る。畑で瞠目させられるのは古木の多さ。特にモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは1934年植樹の古木の区画。さらに、自らのニックネームを冠したモルゴン・プティ・マックスは、1893年から1957年植樹の古木のみから産し、26日間もの長期マセレーションも手伝って、ワインは傑出した深遠さと奥行きをたたえる。 Guy Breton Guy Bretonギィ・ブルトンは、マルセル・ラピエールに次ぎ、ボジョレで最も古くからヴァン・ナチュレルの栽培・醸造を敢行した先駆的生産者の一人。マコン近郊の醸造学校を卒業後、1985年から87年までマルセル・ラピエールの醸造アシスタントを務める。その後1988年から、祖父の畑を受け継ぎ自らの名で瓶詰めを開始。ボジョレ北部で、最も力強く長命なワインを生むと評されるモルゴン村を中心とする、計6.3haの畑でのビオロジック栽培は、1988年まで遡る。醸造時も可能な限り亜硫酸は使わない。発酵は50hlのセメントタンクが主軸。熟成はDRCの2、3年もののバリックの中で半年から1年。以後、ポリエステルタンクで6ヶ月を経る。畑で瞠目させられるのは古木の多さ。特にモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは1934年植樹の古木の区画。さらに、自らのニックネームを冠したモルゴン・プティ・マックスは、1893年から1957年植樹の古木のみから産し、26日間もの長期マセレーションも手伝って、ワインは傑出した深遠さと奥行きをたたえる。 Guy Breton Guy Bretonギィ・ブルトンは、マルセル・ラピエールに次ぎ、ボジョレで最も古くからヴァン・ナチュレルの栽培・醸造を敢行した先駆的生産者の一人。マコン近郊の醸造学校を卒業後、1985年から87年までマルセル・ラピエールの醸造アシスタントを務める。その後1988年から、祖父の畑を受け継ぎ自らの名で瓶詰めを開始。ボジョレ北部で、最も力強く長命なワインを生むと評されるモルゴン村を中心とする、計6.3haの畑でのビオロジック栽培は、1988年まで遡る。醸造時も可能な限り亜硫酸は使わない。発酵は50hlのセメントタンクが主軸。熟成はDRCの2、3年もののバリックの中で半年から1年。以後、ポリエステルタンクで6ヶ月を経る。畑で瞠目させられるのは古木の多さ。特にモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは1934年植樹の古木の区画。さらに、自らのニックネームを冠したモルゴン・プティ・マックスは、1893年から1957年植樹の古木のみから産し、26日間もの長期マセレーションも手伝って、ワインは傑出した深遠さと奥行きをたたえる。 ギー・ブルトン2 Guy Bretonギィ・ブルトンは、マルセル・ラピエールに次ぎ、ボジョレで最も古くからヴァン・ナチュレルの栽培・醸造を敢行した先駆的生産者の一人。マコン近郊の醸造学校を卒業後、1985年から87年までマルセル・ラピエールの醸造アシスタントを務める。その後1988年から、祖父の畑を受け継ぎ自らの名で瓶詰めを開始。ボジョレ北部で、最も力強く長命なワインを生むと評されるモルゴン村を中心とする、計6.3haの畑でのビオロジック栽培は、1988年まで遡る。醸造時も可能な限り亜硫酸は使わない。発酵は50hlのセメントタンクが主軸。熟成はDRCの2、3年もののバリックの中で半年から1年。以後、ポリエステルタンクで6ヶ月を経る。畑で瞠目させられるのは古木の多さ。特にモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは1934年植樹の古木の区画。さらに、自らのニックネームを冠したモルゴン・プティ・マックスは、1893年から1957年植樹の古木のみから産し、26日間もの長期マセレーションも手伝って、ワインは傑出した深遠さと奥行きをたたえる。
ギィ・ブルトンは、マルセル・ラピエールに次ぎ、ボジョレで最も古くからヴァン・ナチュレルの栽培・醸造を敢行した先駆的生産者の一人。マコン近郊の醸造学校を卒業後、 1985年から 87年までマルセル・ラピエールの醸造アシスタントを務める。その後 1988年から、祖父の畑を受け継ぎ自らの名で瓶詰めを開始。ボジョレ北部で、最も力強く長命なワインを生むと評されるモルゴン村を中心とする、計 6.3haの畑でのビオロジック栽培は、 1988年まで遡る。醸造時も可能な限り亜硫酸は使わない。発酵は 50hlのセメントタンクが主軸。熟成は DRCの2、3年もののバリックの中で半年から1年。以後、ポリエステルタンクで6ヶ月を経る。畑で瞠目させられるのは古木の多さ。特にモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは 1934年植樹の古木の区画。さらに、自らのニックネームを冠したモルゴン・プティ・マックスは、 1893年から 1957年植樹の古木のみから産し、 26日間もの長期マセレーションも手伝って、ワインは傑出した深遠さと奥行きをたたえる。

Sold Out

Regnie 2019
レニエ 2019
植樹:1930年頃(50%)、1975年(50%)
品種:ガメ100%
位置:標高400m、南東向き
土壌:花崗岩、砂岩土壌
セメントタンクで15日間のマセレーション
古樽で6~8か月熟成
Beaujolais Villages - Marylou 2017

Sold Out

Beaujolais Villages - Marylou 2019
ボジョレ・ヴィラージュ/マリルー 2019
耕作技術:トラクターによる耕作
栽培面積:1ha
畑名:Le Py de Bulliat (ル・ピ・ド・ビュリア)
品種:ガメ100%
樹齢:40年~75年
収穫量:40hl/ha
土壌:砂質・変質岩石
圧搾技術:垂直型木製プレス機
発酵技術:マセレーション・カルボニック法、14日間の低温発酵
清澄:行わない
濾過技術:冷却濾過
熟成:(エポキシ樹脂の)セメントタンク使用
●AOC Morgon – P’tit Max 2007 モルゴン プティ・マックス 
耕作技術:トラクターによる耕作
栽培面積:2ha
畑名:Les Charmes (レ・シャルム)
品種:ガメ100%
樹齢:50年~100年
収穫量:30hl/ha
土壌・方角:砂質・岩石、片岩を含む、南東向き
圧搾技術:垂直型木製プレス機
発酵技術:マセレーション・カルボニック法、25日間の低温発酵
清澄:行なわない
濾過技術:冷却濾過
熟成:樽(228リットル)で発酵の最終段階を向かえ、オーク樽で6ヶ月熟成させる
マックス:ギィ・ブルトン自身の愛称

Sold Out

 Morgon - P’tit Max 2018
モルゴン·プティ·マックス 2018
【ガメイ100%】
植樹:1893年~1957年
位置:標高350m、南東向き
土壌:岩石、シストを含む砂質
セメントタンクで26日間マセレーション
古樽で5~12ヶ月の熟成の後、ポリエステルタンクで6ヶ月の熟成
自身の渾名であるプティ・マックス、を名付けた、フラッグシップ・キュヴェ。ギィの所有する畑の中でも最高齢の樹齢の畑で、しっかりと熟させ、抽出も長めに行い、樽熟成と瓶熟成も、彼の他のワインに比べ、一段と長くなっている。

 Morgon - P’tit Max 2018
モルゴン·プティ·マックス 2018
【ガメイ100%】
植樹:1893年~1957年
位置:標高350m、南東向き
土壌:岩石、シストを含む砂質
セメントタンクで26日間マセレーション
古樽で5~12ヶ月の熟成の後、ポリエステルタンクで6ヶ月の熟成
自身の渾名であるプティ・マックス、を名付けた、フラッグシップ・キュヴェ。ギィの所有する畑の中でも最高齢の樹齢の畑で、しっかりと熟させ、抽出も長めに行い、樽熟成と瓶熟成も、彼の他のワインに比べ、一段と長くなっている。
 
 
  

ギー・ブルトンとは

 
 

地域Bourgogne  
地区、村:Beaujolais Morgon  ボジョレ モルゴン
オーナー:Guy Breton  ギィ・ブルトン
醸造・栽培責任者:Guy Breton ギィ・ブルトン
 
創業年: 1988年 Guy Bretonが初代)

ドメーヌ解説

ボジョレーに10あるクリュのなかで、もっとも力強いワインを産み出すと評されるモルゴン村。ギィ・ブルトンは有機栽培を実践し、天然酵母で発酵、酸化防止剤は使わず柔らかく飲み心地のよいワインを造ります。
 ワインアドヴォケイト誌ではマルセル・ラピエール、ジャン・ポール・テヴネ、ジャン・フォアイヤールらと共に『ギャング・オブ・フォー(4人組)』と呼ばれるなど、高い評価を受けています。
Petit Max(プティ・マックス):マックスというのはギィ・ブルトン自身の愛称。
Marylou(マリルー):ギィ・ブルトンの娘さんの名前。
 

本人の略歴

 Macon近くにある醸造学校で一年間就学、BPA取得後1985年から1987年までMarcel Lapièrreの元で醸造(栽培はしていない)、1988年に元詰めを開始。ほかの蔵では働いたことがない。父はワイン関係ではなく、祖父から受け継いだ2.50haの畑から開始。
哲学: 
可能な限り亜硫酸は使わない、醸造段階で科学的な介入はしない。清澄濾過ももちろんしないが、Vin Nouveauのみは時間をかけて澱を引けない理由からフィルターをかけている。
 

畑について

栽培方法:認証は無いが畑に使用するものも可能な限りビオで有機栽培を心がける。
その栽培方法の開始時期:1988年よりずっと。
その栽培方法を適用している畑名:すべて
栽培方法の将来的な展望:もう60歳になるので別にこれから変えるということはないとのこと。
 
土壌:シスト、砂、岩
自社ブドウ畑面積: 4ha
契約ブドウ畑面積: ボジョレ・ヴィラージュ(土壌は花崗岩)0.8h、レニエ1ha
 自社ブドウ畑の数: 8
自社栽培ブドウ品種:ガメのみ
ブドウ以外の自社農作物:なし
主な仕立て方法: ゴブレ
仕立ての支柱の素材:木製
添え木の素材:木製
堆肥:AB認証のものを購入
 

醸造について

酵母のタイプ:野生酵母
圧搾方式:水平式プレス、3000kg~3500kgサイズで15時間程度かかるという。木製の垂直式が壊れたため、ステンレスの水平式を使用、受け皿だけ木製のものをそのまま使っている
醗酵容器:50hlコンクリートタンクが主体、ポリエステルも数台使用する
 熟成容器:DRCの2~3年228L古樽で5~12ヶ月熟成後大きなポリエステル容器に移し6ヶ月熟成。樽の香りを移しすぎないように考慮。MorgonVVで樽内8ヶ月、P'tit Maxで1年。
セラー環境:すべての畑は蔵よりおよそ3km圏内。蔵、醸造施設ともに地階。
年間生産ボトル本数:30000~45000本/年

 

Wine Shop WINEHOLIC