メゾン・カミーユ・ジルー Camille Giroud醸造家のデヴィット・クロワがこのメゾンの醸造超に抜擢されたのが、なんと24歳。まさに100年に一度現れるか現れないかの天才醸造家の誕生です。
そして赤だけではありません。白ワインも興奮を隠せないほどの出来映え。近年これほどの白ワインを私は飲んだことがないかもしれません。
2001年就任以来早15年の時がたち今メゾン・カミーユ・ジルーは早熟でありながら長熟させることで官能的な姿になる実に素晴らしいワインを作り続けています。
あまりにも飲みやすくわかりやすいので一瞬それが物足りなく感じさせてしまう部分もありますがよく落ち着かせて飲んでみてください。
あまりにも構成が完璧で魅力に溢れる素晴らしいワインなのです。
各畑の生産量を見ればわかるように驚くほど数が少ない。世界的に需要にはとても対応できないほどだ。
メゾン・カミーユ・ジルー1 Camille Giroud醸造家のデヴィット・クロワがこのメゾンの醸造超に抜擢されたのが、なんと24歳。まさに100年に一度現れるか現れないかの天才醸造家の誕生です。
そして赤だけではありません。白ワインも興奮を隠せないほどの出来映え。近年これほどの白ワインを私は飲んだことがないかもしれません。
2001年就任以来早15年の時がたち今メゾン・カミーユ・ジルーは早熟でありながら長熟させることで官能的な姿になる実に素晴らしいワインを作り続けています。
あまりにも飲みやすくわかりやすいので一瞬それが物足りなく感じさせてしまう部分もありますがよく落ち着かせて飲んでみてください。
あまりにも構成が完璧で魅力に溢れる素晴らしいワインなのです。
各畑の生産量を見ればわかるように驚くほど数が少ない。世界的に需要にはとても対応できないほどだ。
メゾン・カミーユ・ジルー2 Camille Giroud醸造家のデヴィット・クロワがこのメゾンの醸造超に抜擢されたのが、なんと24歳。まさに100年に一度現れるか現れないかの天才醸造家の誕生です。
そして赤だけではありません。白ワインも興奮を隠せないほどの出来映え。近年これほどの白ワインを私は飲んだことがないかもしれません。
2001年就任以来早15年の時がたち今メゾン・カミーユ・ジルーは早熟でありながら長熟させることで官能的な姿になる実に素晴らしいワインを作り続けています。
あまりにも飲みやすくわかりやすいので一瞬それが物足りなく感じさせてしまう部分もありますがよく落ち着かせて飲んでみてください。
あまりにも構成が完璧で魅力に溢れる素晴らしいワインなのです。
各畑の生産量を見ればわかるように驚くほど数が少ない。世界的に需要にはとても対応できないほどだ。
メゾン・カミーユ・ジルー3 Camille Giroud醸造家のデヴィット・クロワがこのメゾンの醸造超に抜擢されたのが、なんと24歳。まさに100年に一度現れるか現れないかの天才醸造家の誕生です。
そして赤だけではありません。白ワインも興奮を隠せないほどの出来映え。近年これほどの白ワインを私は飲んだことがないかもしれません。
2001年就任以来早15年の時がたち今メゾン・カミーユ・ジルーは早熟でありながら長熟させることで官能的な姿になる実に素晴らしいワインを作り続けています。
あまりにも飲みやすくわかりやすいので一瞬それが物足りなく感じさせてしまう部分もありますがよく落ち着かせて飲んでみてください。
あまりにも構成が完璧で魅力に溢れる素晴らしいワインなのです。
各畑の生産量を見ればわかるように驚くほど数が少ない。世界的に需要にはとても対応できないほどだ。
  醸造家のデヴィット・クロワがこのメゾンの醸造超に抜擢されたのが、なんと24歳。まさに100年に一度現れるか現れないかの天才醸造家の誕生です。
そして赤だけではありません。白ワインも興奮を隠せないほどの出来映え。近年これほどの白ワインを私は飲んだことがないかもしれません。
2001年就任以来早15年の時がたち今メゾン・カミーユ・ジルーは早熟でありながら長熟させることで官能的な姿になる実に素晴らしいワインを作り続けています。
あまりにも飲みやすくわかりやすいので一瞬それが物足りなく感じさせてしまう部分もありますがよく落ち着かせて飲んでみてください。
あまりにも構成が完璧で魅力に溢れる素晴らしいワインなのです。
各畑の生産量を見ればわかるように驚くほど数が少ない。世界的に需要にはとても対応できないほどだ。

2016年まで醸造家だったダヴィット・クロワのドメーヌ
2015年は果実の魅力が突出しています。暑い年だったので酸は果実の影に隠れていますが、状態さえ良ければ素晴らしいバランス感を保つことが出来ます。
早熟な傾向がありますが、熟成することで更なる深みを期待出来ます。

Volnay 2015

Volnay 2015

Charmes-Chambertin Grand Cru 2015

Charmes-Chambertin Grand Cru 2015

Chambertin Grand Cru 2015

Chambertin Grand Cru 2015

2014年はいかにもブルゴーニュらしいワインが出来た年です。酸も見事で若干軽やかな雰囲気のボディーと見事にマッチし、ブルゴーニュ好きにはたまらない年です。これほど理想的なブルゴーニュが出来た年は近年では珍しいと言えます。

Morey St Denis - Clos Solon 2014

Morey St Denis - Clos Solon 2014

Corton - Le Clos du Roi Grand Cru 2014

Corton - Le Clos du Roi Grand Cru 2014

Charmes-Chambertin Grand Cru 2014

Charmes-Chambertin Grand Cru 2014

Chambertin Grand Cru 2014

Chambertin Grand Cru 2014

2013年は早熟な年ですが熟成することで深みが出てくる年です。強烈なインパクトや明確な主張はそれほど感じられませんが、今飲める状態であることは非常に貴重な存在です。寝かせるほどに深みが期待出来る年です。

Gevrey-Chambertin 1er Cru - Lavaut Saint-Jaques 2013

Gevrey-Chambertin 1er Cru - Lavaut Saint-Jaques 2013

Charmes-Chambertin Grand Cru 2013

Charmes-Chambertin Grand Cru 2013

Chambertin Grand Cru 2013

Chambertin Grand Cru 2013

 
 

メゾン・カミーユ・ジルーとは

 
 

カミーユ・ジルーについて byベッキー・ワッサーマン

カミーユ・ジルー社は1865年に設立されました。祖先はユグノー教徒の迫害期にスイスに移住していましたが、カミーユ・ジルーはフランスに戻り、ブルゴーニュで大土地所有者の女性と結婚しました。現在の居住地に居を構えたのは、1890年代後半のことです。
 私たちは1988年にジルー家の人々と初めて出会い、古いヴィンテッジのワインが数多くセラーに眠っているのに驚嘆しました。 ジルーは10年から15年の熟成を要する「長期熟成型の赤ワイン」を専門にしている、最後の世代に属する小さなネゴシアンです。たとえば、明らかにマロラクティック醗酵を経ていないプイィ・フュイッセ1959年や、深い色調をおびて未だに力強さを秘めるコルトン1947年などの、素晴らしい珍品を抱えていたのでした。私たちは由緒あるカミーユ家の後継者であるLucien Giroud(リュシアン・ジルー)氏と出会いました。氏は、長期熟成のためにタンニンが重要である所以を力説していました。
リュシアンが亡くなった後、2人のジルー兄弟が経営を引き継ぎました。彼らは過去と絶縁して新たな道を選ぶ決意をし、自ら醸造するためにセラーを設立しました。仕上がったワインを購入するという伝統を受け継ぎながら、彼らは購入したブドウでもって自ら醸造を始めたのです。ジルー家にとって1990年代は、実験と発見の年でした。しかし、残念ながらジルーはこのビジネスに必要な資金に事欠いたため、2002年にJoe Wender(ジョー・ウエンダー)氏とAnn Colgin(アン・コルギン)氏が率いる、アメリカ人のグループに売却されました。
現在、ここで専属のワインメーカーを務めている人物は、ダヴィッド・クロワです。 ダヴィッドを強力に推薦したのは、ドメーヌ・クロ・デ・ゼプノーのBenjamin Leroux(バンジャマン・ルルー)氏です。カミーユ・ジルーというメゾンの何よりの魅力は、3世代にわたるブルゴーニュにおける栽培の歴史が、生き続けていることです。

1942年から1989年にわたってメゾンを率いてきたリュシアンは、ブルゴーニュワインは必要な期間の熟成を要すると信じていました。彼は〈ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエクリュ〉のような力強いアペラシオンを好み、1976年や1988年のようなヴィンテッジを心から愛していました。リュシアンのワインは、彼の時代を表現しています。ジルー兄弟は90年代に拡がったあらゆる醸造方法を試み、白ワイン同様赤ワインもバトナージュを施したりしました。が、その一方で、《ジルースタイル》に対して敬意が払われ続けました。
ダヴィッド・クロワは彼の世代、つまりは現代の典型ともいえる人物です。すなわち、彼は〈ハウス・スタイル〉よりも持ち前のテロワールを尊重するだけでなく、アペラシオンの特徴と、各ヴィンテッジから自ずと生まれる特徴をも、直感的に感じとる才能があります。
カミーユ・ジルーはワイン・ジャーナリズムからの評価もきわめて高く、重要なワイン専門誌2誌からも高く評価されています。たとえば、カミーユ・ジルーの赤ワインは、“Wine Spectator”誌では《推薦ブルゴーニュワイン》として2002年と2003年の両ヴィンテッジが選ばれ、“Decanter Magazine”誌においては、2003ヴィンテッジが《特選赤ワイン30本》に選ばれました。のみならずダヴィッドは、“Burghound.com”Allen Meadows(アレン・ミドウズ)、Burgundy-Report.com” Bill Nanson(ビル・ナンソン)の両氏から大変高い評価を受けました。また、Clive Coates(クライヴ・コーツ)氏からは、「ここに若き天才ダヴィッド・クロワあり」 という讃辞を引き出したのです。
創業年:1865
畑面積:1.2ha

醸造について

酵母のタイプ: 野生酵母
圧搾方式:空気圧式プレス
醗酵容器:ステンレスタンク
セラー環境:樽、ビン詰め前に数ヵ月間ステンレスタンク
年間平均生産量:60000

 

Wine Shop WINEHOLIC