Didier Dagueneau Didier Dagueneau2008年に飛行機事故で亡くなったディディエ・ダグノー氏。若い頃から一緒にワイン造りを手伝っていたベンジャマン氏が
ワイナリーを引き継ぎ多少大柄な雰囲気は少し無くなったが品質は更に向上し、
明らかに他を寄せ付けないロワール最高のワインを作り出している。
ダグノーにしか無いような明確な個性を持ち、深みたるやとてもロワールとは思えないほどである。大御所の後を継ぐことがどれほど大変なことか、
しかしベンジャマンはエマニュエル・ルジェやラヤスのエマニュエル・レイノーらと同じように自分なりの世界を築きつつあるようだ。
Didier Dagueneau Didier Dagueneau2008年に飛行機事故で亡くなったディディエ・ダグノー氏。若い頃から一緒にワイン造りを手伝っていたベンジャマン氏が
ワイナリーを引き継ぎ多少大柄な雰囲気は少し無くなったが品質は更に向上し、
明らかに他を寄せ付けないロワール最高のワインを作り出している。
ダグノーにしか無いような明確な個性を持ち、深みたるやとてもロワールとは思えないほどである。大御所の後を継ぐことがどれほど大変なことか、
しかしベンジャマンはエマニュエル・ルジェやラヤスのエマニュエル・レイノーらと同じように自分なりの世界を築きつつあるようだ。
Didier Dagueneau Didier Dagueneau2008年に飛行機事故で亡くなったディディエ・ダグノー氏。若い頃から一緒にワイン造りを手伝っていたベンジャマン氏が
ワイナリーを引き継ぎ多少大柄な雰囲気は少し無くなったが品質は更に向上し、
明らかに他を寄せ付けないロワール最高のワインを作り出している。
ダグノーにしか無いような明確な個性を持ち、深みたるやとてもロワールとは思えないほどである。大御所の後を継ぐことがどれほど大変なことか、
しかしベンジャマンはエマニュエル・ルジェやラヤスのエマニュエル・レイノーらと同じように自分なりの世界を築きつつあるようだ。
Didier Dagueneau Didier Dagueneau2008年に飛行機事故で亡くなったディディエ・ダグノー氏。若い頃から一緒にワイン造りを手伝っていたベンジャマン氏が
ワイナリーを引き継ぎ多少大柄な雰囲気は少し無くなったが品質は更に向上し、
明らかに他を寄せ付けないロワール最高のワインを作り出している。
ダグノーにしか無いような明確な個性を持ち、深みたるやとてもロワールとは思えないほどである。大御所の後を継ぐことがどれほど大変なことか、
しかしベンジャマンはエマニュエル・ルジェやラヤスのエマニュエル・レイノーらと同じように自分なりの世界を築きつつあるようだ。
 2008年に飛行機事故で亡くなったディディエ・ダグノー氏。若い頃から一緒にワイン造りを手伝っていたベンジャマン氏が
ワイナリーを引き継ぎ多少大柄な雰囲気は少し無くなったが品質は更に向上し、
明らかに他を寄せ付けないロワール最高のワインを作り出している。
ダグノーにしか無いような明確な個性を持ち、深みたるやとてもロワールとは思えないほどである。大御所の後を継ぐことがどれほど大変なことか、
しかしベンジャマンはエマニュエル・ルジェやラヤスのエマニュエル・レイノーらと同じように自分なりの世界を築きつつあるようだ。
Blanc etc 2018
ブラン・エトセトラ [2018]
ソーヴィニヨン ブラン種100%。泥灰土、シレックス土壌で4つの区画のアサンブラージュ。4~8ヵ月ステンレスタンクでアルコール醗酵後、12ヶ月間樽熟成されます。 味わいはミネラル質で酸も力強く、フルーティさもがっしりしています。以前に造られていた「EN CHAILLOUX(アン シャイユー)」に代わるものです。
Jurancois les Jardins de Babylone  Sec 2016
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・セック 2016
【プティ クルブ、グロ クルブ、グロ マンサン、カラマレ、ローゼ】
Jurancois les Jardins de Babylone Demi Sec 2016
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・ドゥミ・セック 2016
【プティ クルブ、グロ クルブ、グロ マンサン、カラマレ、ローゼ】

Blanc Fume de Pouilly Pur Sang 2018
プイィ・フュメ・ピュール・サン 2018
ソーヴィニヨン ブラン種100%。粘土シレックス土壌で畑は醸造所から5km離れた所にある1区画の葡萄のみ使われます。シレックス(火打石)の大きさが小さく、雨が浸 透しやすいので平均樹齢20年の木には繊細な葡萄ができます。辛口で酸が豊富、ミネラルもあり繊細な味わいです。その昔、この地方のソーヴィニヨン ブランで造られていたワインは「PUR SANG」と呼ばれており、ディディエ氏は歴史を重んじる意味でその名をこのワインに付けました。
Buisson Renard 2016   1500ml

Sold Out

Buisson Renard 2018
ビュイソン・ルナール [2018]
ソーヴィニヨン ブラン種100%。平均樹齢は27年で粘土シレックス土壌の1.5haの1区画のみの葡萄が使われます。シレックスの粒が大きく、肥沃な土壌なので凝縮感のある葡萄ができます。フルーティで香りも高く、肉厚でオイリーなワインです。「PUR SANG」とは正反対のキャラクターです。
Jurancois les Jardins de Babylone Demi Sec 2016  1500ml
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・ドゥミ・セック 2016  1500ml
【プティ クルブ、グロ クルブ、グロ マンサン、カラマレ、ローゼ】

Blanc Fume de Pouilly Pur Sang 2017
プイィ・フュメ・ピュール・サン 2017
ソーヴィニヨン ブラン種100%。粘土シレックス土壌で畑は醸造所から5km離れた所にある1区画の葡萄のみ使われます。シレックス(火打石)の大きさが小さく、雨が浸 透しやすいので平均樹齢20年の木には繊細な葡萄ができます。辛口で酸が豊富、ミネラルもあり繊細な味わいです。その昔、この地方のソーヴィニヨン ブランで造られていたワインは「PUR SANG」と呼ばれており、ディディエ氏は歴史を重んじる意味でその名をこのワインに付けました。
Silex Blanc Fume de Pouilly 2016 1500ml

Sold Out

Fume de Pouilly 2017
ブラン・フュメ・ド・プイィ [2017]
ソーヴィニヨン ブラン種100%。泥灰土、シレックス土壌で4つの区画のアサンブラージュ。4~8ヵ月ステンレスタンクでアルコール醗酵後、12ヶ月間樽熟成されます。 味わいはミネラル質で酸も力強く、フルーティさもがっしりしています。以前に造られていた「EN CHAILLOUX(アン シャイユー)」に代わるものです。
Silex Blanc Fume de Pouilly 2018
プイィ・フュメ・シレックス [2018]
ソーヴィニヨン ブラン種100%。醸造所の裏を中心に数区画あり、約4haほどの広さで粘りの強い粘土質の土壌に大きなシレックスがたくさん転がっています。ほとんどが 樹齢80年の古木で、シレックス土壌からくる鉱物的なミネラルを存分に味わうことが出来るワインです。1985年から造っている、当ドメーヌで1番古いア イテムです。

Buisson Renard 2016   1500ml

Sold Out

Sancerre le Mont Danne Chavuignol 2018
サンセール・モンダネ・シャヴィニョール 2018
ソーヴィニヨン ブラン種100%。畑の広さは0.5haで葡萄の樹齢は約6年になります。商品名の「Le Mont DamneChavignol」は畑の区画の名前から取っていて、トラクターが入れないような急傾斜の畑を故ディディエ ダグノー氏が自ら開墾しました。このような環境での畑仕事は大変厳しく、そこから収穫されたソーヴイニヨン ブランで造られるワインは樹齢が若いにも拘らず、果実味、鉱物的なミネラル、そして酸味がバランスよく溶け込み、サンセールとしては非常に凝縮感のある味 わいとなっています。
Jurancois les Jardins de Babylone  Sec 2015
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・セック 2015
【プティ クルブ、グロ クルブ、グロ マンサン、カラマレ、ローゼ】
Jurancois les Jardins de Babylone Demi Sec 2013
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・ドゥミ・セック 2013
【プティ クルブ、グロ クルブ、グロ マンサン、カラマレ、ローゼ】

Buisson Renard 2016   1500ml
ビュイソン・ルナール [2016] 1500ml
ソーヴィニヨン ブラン種100%。平均樹齢は27年で粘土シレックス土壌の1.5haの1区画のみの葡萄が使われます。シレックスの粒が大きく、肥沃な土壌なので凝縮感のある葡萄ができます。フルーティで香りも高く、肉厚でオイリーなワインです。「PUR SANG」とは正反対のキャラクターです。
Silex Blanc Fume de Pouilly 2016 1500ml
プイィ・フュメ・シレックス [2016] 1500ml
ソーヴィニヨン ブラン種100%。醸造所の裏を中心に数区画あり、約4haほどの広さで粘りの強い粘土質の土壌に大きなシレックスがたくさん転がっています。ほとんどが樹齢80年の古木で、シレックス土壌からくる鉱物的なミネラルを存分に味わうことが出来るワインです。1985年から造っている、当ドメーヌで1番古いアイテムです。
Jurancois les Jardins de Babylone 2011 1500ml
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・モワルー [2011] 1500ml
プティ マンサン種100%。土壌は礫岩(プディング土壌)で広さは3ha、葡萄の樹齢は約18年、南西、南東、南向きの畑で醸造には新樽が使用されます。2004年から造り始めたアイテムで、500mlボトルが使われています。味わいはかなり甘口で濃厚ですが、酸もしっかりあってバランスがとれており、複雑さも感じられます。貴腐葡萄を使っているわけではなく、葡萄の房を干し葡萄状にし、糖分を凝縮させてから醸造しています。

Jurancois les Jardins de Babylone 2011 500ml
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・モワルー 2011 500ml
プティ マンサン種100%。土壌は礫岩(プディング土壌)で広さは3ha、葡萄の樹齢は約18年、南西、南東、南向きの畑で醸造には新樽が使用されます。2004年から造り始めたアイテムで、500mlボトルが使われています。味わいはかなり甘口で濃厚ですが、酸もしっかりあってバランスがとれており、複雑さも感じられます。貴腐葡萄を使っているわけではなく、葡萄の房を干し葡萄状にし、糖分を凝縮させてから醸造しています。
Didier Dagueneau / Jurancois les Jardins de Babylone 2014 500ml
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・モワルー [2014] 500ml
プティ マンサン種100%。土壌は礫岩(プディング土壌)で広さは3ha、葡萄の樹齢は約18年、南西、南東、南向きの畑で醸造には新樽が使用されます。2004年から造り始めたアイテムで、500mlボトルが使われています。味わいはかなり甘口で濃厚ですが、酸もしっかりあってバランスがとれており、複雑さも感じられます。貴腐葡萄を使っているわけではなく、葡萄の房を干し葡萄状にし、糖分を凝縮させてから醸造しています。
Jurancois les Jardins de Babylone 2010 500ml
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・モワルー [2010] 500ml
プティ マンサン種100%。土壌は礫岩(プディング土壌)で広さは3ha、葡萄の樹齢は約18年、南西、南東、南向きの畑で醸造には新樽が使用されます。2004年から造り始めたアイテムで、500mlボトルが使われています。味わいはかなり甘口で濃厚ですが、酸もしっかりあってバランスがとれており、複雑さも感じられます。貴腐葡萄を使っているわけではなく、葡萄の房を干し葡萄状にし、糖分を凝縮させてから醸造しています。

Jurancois les Jardins de Babylone 2010 500ml
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン [2010] 500ml
プティ マンサン種100%。土壌は礫岩(プディング土壌)で広さは3ha、葡萄の樹齢は約18年、南西、南東、南向きの畑で醸造には新樽が使用されます。2004年から造り始めたアイテムで、500mlボトルが使われています。味わいはかなり甘口で濃厚ですが、酸もしっかりあってバランスがとれており、複雑さも感じられます。貴腐葡萄を使っているわけではなく、葡萄の房を干し葡萄状にし、糖分を凝縮させてから醸造しています。
Jurancois les Jardins de Babylone 2015
ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン・モワルー 2015
このジュランソンは2002年に畑を手に入れリーリスは2004年が初ヴィンテージ。本数も極僅か。日本への輸入は5ケースのみ。遅摘みの天然甘口(貴腐菌を付けない)なので、トロリとした甘さではなく口当たりはサラリとして高級食前酒には最高です。セミドライの黄色いフルーツとハーブティーが香り、酸は大変滑らかで豊かです。一番上のキュヴェで超稀少品です。
 
 

ディディエ・ダグノーとは

 
 

2008年に飛行機事故で早世した故ディディエ氏の跡を継いだ息子のベンジャマン氏は、葡萄の成熟を重視しながらヴィンテージごとの個性やテロワールをしっかり表現するワイン造りを行っています。畑の広さは約11haで土壌と環境を尊重し、ビオディナミを取り入れてます。畑の区画によっては馬で耕作を行い、出来る限り機械は使わないような栽培方法が採られています。         
                    

 葡萄は畑で選別作業を行いながら手摘みで収穫されます。醸造所の2階にある除梗機で100%除梗され、1階にある空圧式圧搾機でプレスし、地下のタンクへ葡萄果汁が運ばれます。この間の葡萄の移送はすべて重力によって行われます。そして醗酵前に果汁を冷やし、不純物を取り除くための澱引きを密に行います。醗酵、熟成はステンレスと樽で行われ、純正培養酵母が使われます。320ℓと620ℓの大きさと型の違う2種類の樽を使用し、澱に触れる面積の違いによって味わいにも違いを出し、これをアサンブラージュします。

 

Wine Shop WINEHOLIC