クラヴァン Craven Wineライトで実にナチュラル。酒質を追求したワインの姿は実に見事です。じっくりとその繊細さを確かめながら楽しむワインです。
軽やかな中に酒質の高さを求めることを目的にしたワイン造り。
彼のワインを楽しむにはこつがあります。抜栓直後だとただ質感がよく飲みやすいだけと感じてしまうかもしれません。
ヴィンテージが新しいこともありますが、グラスに注いだら温度の上昇と空気に触れることで徐々にその真価がわかり始めます。
白のクレレットは実は南アフリカでは昔ブランデーのベースとして使われていましたが、最近では他の品種に切り替わり現在ではあまり価値のないものになってしまいました。
それを彼がワインにしたのは南アフリカではほとんどないことだったのです。
クレレットと言えばシャトーラヤスなども白ワインで使用している品種で独特の風味とエレガントな雰囲気を持つ品種です。
じっくりと時間をかけるとただ飲みやすいだけだったクレレットがふくよかで魅力的な果実味に変わってきます。
シラーは非常にレベルが高くローヌでもこれほどの上品さを持ったシラーを探すのは難しいのではと思うほどの質の高さを持っています。
彼がワインを作るときはまず畑を見て葡萄品種を知らないままにここに植わっている葡萄でワインを作りたいと思うそうです。
クレレットも最初はそうだったそうです。
大切に育った葡萄を余計な手を加えずに醸造し古樽で寝かせる。
余計な人工的なものを加える、たとえば人工酵母を使ったり新樽を使うことは悪い要素しかないと言います。
そんなクラヴァンワインの真価を是非お確かめください。
2017年は更に進化し特に赤ワインが素晴らしい!
クラヴァン1 Craven Wineライトで実にナチュラル。酒質を追求したワインの姿は実に見事です。じっくりとその繊細さを確かめながら楽しむワインです。
軽やかな中に酒質の高さを求めることを目的にしたワイン造り。
彼のワインを楽しむにはこつがあります。抜栓直後だとただ質感がよく飲みやすいだけと感じてしまうかもしれません。
ヴィンテージが新しいこともありますが、グラスに注いだら温度の上昇と空気に触れることで徐々にその真価がわかり始めます。
白のクレレットは実は南アフリカでは昔ブランデーのベースとして使われていましたが、最近では他の品種に切り替わり現在ではあまり価値のないものになってしまいました。
それを彼がワインにしたのは南アフリカではほとんどないことだったのです。
クレレットと言えばシャトーラヤスなども白ワインで使用している品種で独特の風味とエレガントな雰囲気を持つ品種です。
じっくりと時間をかけるとただ飲みやすいだけだったクレレットがふくよかで魅力的な果実味に変わってきます。
シラーは非常にレベルが高くローヌでもこれほどの上品さを持ったシラーを探すのは難しいのではと思うほどの質の高さを持っています。
彼がワインを作るときはまず畑を見て葡萄品種を知らないままにここに植わっている葡萄でワインを作りたいと思うそうです。
クレレットも最初はそうだったそうです。
大切に育った葡萄を余計な手を加えずに醸造し古樽で寝かせる。
余計な人工的なものを加える、たとえば人工酵母を使ったり新樽を使うことは悪い要素しかないと言います。
そんなクラヴァンワインの真価を是非お確かめください。
2017年は更に進化し特に赤ワインが素晴らしい!
クラヴァン2 Craven Wineライトで実にナチュラル。酒質を追求したワインの姿は実に見事です。じっくりとその繊細さを確かめながら楽しむワインです。
軽やかな中に酒質の高さを求めることを目的にしたワイン造り。
彼のワインを楽しむにはこつがあります。抜栓直後だとただ質感がよく飲みやすいだけと感じてしまうかもしれません。
ヴィンテージが新しいこともありますが、グラスに注いだら温度の上昇と空気に触れることで徐々にその真価がわかり始めます。
白のクレレットは実は南アフリカでは昔ブランデーのベースとして使われていましたが、最近では他の品種に切り替わり現在ではあまり価値のないものになってしまいました。
それを彼がワインにしたのは南アフリカではほとんどないことだったのです。
クレレットと言えばシャトーラヤスなども白ワインで使用している品種で独特の風味とエレガントな雰囲気を持つ品種です。
じっくりと時間をかけるとただ飲みやすいだけだったクレレットがふくよかで魅力的な果実味に変わってきます。
シラーは非常にレベルが高くローヌでもこれほどの上品さを持ったシラーを探すのは難しいのではと思うほどの質の高さを持っています。
彼がワインを作るときはまず畑を見て葡萄品種を知らないままにここに植わっている葡萄でワインを作りたいと思うそうです。
クレレットも最初はそうだったそうです。
大切に育った葡萄を余計な手を加えずに醸造し古樽で寝かせる。
余計な人工的なものを加える、たとえば人工酵母を使ったり新樽を使うことは悪い要素しかないと言います。
そんなクラヴァンワインの真価を是非お確かめください。
2017年は更に進化し特に赤ワインが素晴らしい!
クラヴァン3 Craven Wineライトで実にナチュラル。酒質を追求したワインの姿は実に見事です。じっくりとその繊細さを確かめながら楽しむワインです。
軽やかな中に酒質の高さを求めることを目的にしたワイン造り。
彼のワインを楽しむにはこつがあります。抜栓直後だとただ質感がよく飲みやすいだけと感じてしまうかもしれません。
ヴィンテージが新しいこともありますが、グラスに注いだら温度の上昇と空気に触れることで徐々にその真価がわかり始めます。
白のクレレットは実は南アフリカでは昔ブランデーのベースとして使われていましたが、最近では他の品種に切り替わり現在ではあまり価値のないものになってしまいました。
それを彼がワインにしたのは南アフリカではほとんどないことだったのです。
クレレットと言えばシャトーラヤスなども白ワインで使用している品種で独特の風味とエレガントな雰囲気を持つ品種です。
じっくりと時間をかけるとただ飲みやすいだけだったクレレットがふくよかで魅力的な果実味に変わってきます。
シラーは非常にレベルが高くローヌでもこれほどの上品さを持ったシラーを探すのは難しいのではと思うほどの質の高さを持っています。
彼がワインを作るときはまず畑を見て葡萄品種を知らないままにここに植わっている葡萄でワインを作りたいと思うそうです。
クレレットも最初はそうだったそうです。
大切に育った葡萄を余計な手を加えずに醸造し古樽で寝かせる。
余計な人工的なものを加える、たとえば人工酵母を使ったり新樽を使うことは悪い要素しかないと言います。
そんなクラヴァンワインの真価を是非お確かめください。
2017年は更に進化し特に赤ワインが素晴らしい!
ライトで実にナチュラル。酒質を追求したワインの姿は実に見事です。じっくりとその繊細さを確かめながら楽しむワインです。
  軽やかな中に酒質の高さを求めることを目的にしたワイン造り。
彼のワインを楽しむにはこつがあります。抜栓直後だとただ質感がよく飲みやすいだけと感じてしまうかもしれません。
ヴィンテージが新しいこともありますが、グラスに注いだら温度の上昇と空気に触れることで徐々にその真価がわかり始めます。
白のクレレットは実は南アフリカでは昔ブランデーのベースとして使われていましたが、最近では他の品種に切り替わり現在ではあまり価値のないものになってしまいました。
それを彼がワインにしたのは南アフリカではほとんどないことだったのです。
クレレットと言えばシャトーラヤスなども白ワインで使用している品種で独特の風味とエレガントな雰囲気を持つ品種です。
じっくりと時間をかけるとただ飲みやすいだけだったクレレットがふくよかで魅力的な果実味に変わってきます。
シラーは非常にレベルが高くローヌでもこれほどの上品さを持ったシラーを探すのは難しいのではと思うほどの質の高さを持っています。
彼がワインを作るときはまず畑を見て葡萄品種を知らないままにここに植わっている葡萄でワインを作りたいと思うそうです。
クレレットも最初はそうだったそうです。
大切に育った葡萄を余計な手を加えずに醸造し古樽で寝かせる。
余計な人工的なものを加える、たとえば人工酵母を使ったり新樽を使うことは悪い要素しかないと言います。
そんなクラヴァンワインの真価を是非お確かめください。
 
2017年は更に進化し特に赤ワインが素晴らしい!
Chenin Blanc 2017

Sold Out

Chenin Blanc 2017
シュナン・ブラン [2017]
【シュナン・ブラン種】南アフリカを代表する白ブドウ品種「シュナン・ブラン」を用いて最高のワインを造るという
     長年の思いを経て出会った最良の畑で育ったブドウによる、クラヴァン氏渾身のキュヴェ。
【畑立地】ポルカドラーイの東向きの丘  【植樹】1982年
【土壌】風化した花崗岩  【仕立て】ブッシュヴァイン
【発酵】全房をプレスし500Lの樽にて自然発酵  マロラクティック発酵あり  【シュールリー】4カ月間
【熟成】古樽にて9カ月
アルコール度数:2017年12.5% / 2018年12.5%  無清澄、無濾過
Pinot Noir Faure Vineyards 2017

Sold Out

Pinot Noir Faure Vineyards 2017
ピノ・ノワール・フォール・ヴィンヤーズ [2017]
ステレンボッシュより南西にある海岸からたった3kmのところにある畑で、大西洋からの冷たい風がよく入るエリアの単一畑から造られています。粘土質の多い花崗岩の土壌で、表面には砂質も見られます。樹齢17年のブドウより、果実の糖度が22度に達した時期に手摘みにて収穫、ステンレスタンクで全房で発酵、1日2回軽くルモンタージュを9日間後に、古樽のフレンチオークで9か月熟成後瓶詰されます。 アルコール11.5%
Cinsaut 2017

Sold Out

Cinsaut 2017
サンソー[2017]
【サンソー】フレッシュで軽やかでチャーミングなサンソーの個性を活かすことを目指して造られたキュヴェ
【産地】ステレンボッシュのポットラリーの丘
【除梗】あり:クラヴァン氏は基本的に赤ワインの醸造では除梗を行いませんが、サンソーに関しては低い酸度
    をできるだけ失わないようにするため、除梗を行います。(全房発酵では酸度が下がる傾向にあります)
【発酵】開放式ステンレスタンクにて、足で軽く踏むことにより抽出を最小限に留め、房をなるべく崩さないよう
    ポンピングオーバーは1日に1~2回優しく行います。
【熟成】500Lのフレンチオーク古樽使用
【瓶詰時期】サンソーのフレッシュな個性を引き出すため他の赤ワインよりも早い
アルコール度数:2017年12.5% / 2018年12.0%  無清澄、無濾過

Syrah The Firs Vineyards 2016
シラー・ザ・ファーズ・ヴィンヤーズ [2016]
ステレンボッシュのデヴォンバレーの麓、西向きの斜面の畑で、赤茶や黒い、砂質と泥灰質の土壌の畑から造られています。果実の糖度が22度に達した時期に手摘みにて収穫、ステンレスタンクで全房で発酵、全体の半分のみ別のタンクに移し替え、12日間ルモンタージュ、古樽のフレンチオークで熟成後瓶詰されます。 アルコール12.5%
Syrah Faure Vineyards 2016
シラー・フォール・ヴィンヤーズ [2016]
ステレンボッシュより南西にある地域、フォールの山側の畑で、ゴロっとした花崗岩や玄武岩、頁岩、水晶などゴツゴツとした岩の鉱物が多い、とてもユニークな畑から造られています。果実の糖度が22度に達した時期に手摘みにて収穫、ステンレスタンクで全房で発酵、全体の半分のみ別のタンクに移し替え、12日間ルモンタージュ、古樽のフレンチオークで熟成後瓶詰されます。 アルコール12.5%
 
  

クラヴァンとは

 
 

詳細・歴史

オーストラリアで生まれ育ったミック・クラヴァンが2014年に立ち上げたドメーヌです。南アフリカの前衛的なワインを造り出す若いワイン生産者たちの中のひとりで、同世代の生産者達と自然に対してのリスペクトを掲げ、その年のブドウの出来に合わせた製法を施し、ユニークで唯一無二なワイン造りをしています。オーストラリアの大学で醸造を学び、マーガレットリヴァーのワイナリーで働いていた際に出会った南アフリカ人の妻との結婚を期に、南アに移住をします。妻も別のワイナリーにて醸造長をしており、ワインへの飽くなき追求は底知れない、大注目のホープです。
 

醸造

 
ライトでナチュラルな仕上がりを目指しているミック・クラヴァンのワインは現在クレレット・ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ノワール・シラーの4種類の品種を造っています。土壌の違いや毎年のブドウの出来によって醸造過程を少しずつ変えており、フレキシブルにワイン造りをしていますが、一貫してこだわる点は、軽やかで、柔らかい仕上がりになるようなワイン造りを心掛けています。白ブドウの畑はステレンボッシュの毎年同じ造り手のものを中心に購入し、赤ブドウの畑は妻の家族が所有する畑のもので、いずれも高樹齢のブドウを使用しています。畑作業にも趣き、ブドウ生産者とも密にコミュニケーションを取る事により、上質なワイン造りの原点である、上質なブドウの確保に努めています。全てのキュヴェにおいて自然発酵、清澄、フィルターをかけておらず、SO2も瓶詰時に少量のみ使用する、ナチュラルな造りをしています。

 

Wine Shop WINEHOLIC