ソーン・ドーターズ Thorne & Daughtersソーン・ドーターズ、非常にセンス良く作られた味わいで現在南アフリカにおいてサディー・ファミリーに次ぐ実力者として注目すべき存在。
センスの良さは南アフリカ随一!
2013年創業の新進の作り手!年産5000本のブティック・ワイナリー。
クリスタルム、モメントと共にクリスタルムの奥さんの実家で間借りしてワインを作っている。
ソーン・ドーターズ1 Thorne & Daughtersソーン・ドーターズ、非常にセンス良く作られた味わいで現在南アフリカにおいてサディー・ファミリーに次ぐ実力者として注目すべき存在。
センスの良さは南アフリカ随一!
2013年創業の新進の作り手!年産5000本のブティック・ワイナリー。
クリスタルム、モメントと共にクリスタルムの奥さんの実家で間借りしてワインを作っている。
ソーン・ドーターズ2 Thorne & Daughtersソーン・ドーターズ、非常にセンス良く作られた味わいで現在南アフリカにおいてサディー・ファミリーに次ぐ実力者として注目すべき存在。
センスの良さは南アフリカ随一!
2013年創業の新進の作り手!年産5000本のブティック・ワイナリー。
クリスタルム、モメントと共にクリスタルムの奥さんの実家で間借りしてワインを作っている。
 ソーン・ドーターズ、非常にセンス良く作られた味わいで現在南アフリカにおいてサディー・ファミリーに次ぐ実力者として注目すべき存在。
センスの良さは南アフリカ随一!
2013年創業の新進の作り手!年産5000本のブティック・ワイナリー。
クリスタルム、モメントと共にクリスタルムの奥さんの実家で間借りしてワインを作っている。
Tin Soldier Semillon 2017
ティン・ソルジャー・セミヨン [2017]
セミヨン・グリ 100%
(スワートランド)
Alc. 12.74%
ティン・ソルジャーはセミヨン・グリのみを使いスキン・コンタクト醗酵させた非常にユニークなワインです。樹齢5年の若いヴァインは隣接する1964年植樹の畑からマサルセレクションされました。
ワインの色は果皮からくる、明るい銅色を帯びています。このワインのではセイヴォリーと甘みの巧みな相互関係がキーです。乾いていてデリケートで同時に芳醇さの芯と深みがあります。清澄および濾過はしていません。
Cat’s Cradle 2017
キャッツ・クレイドル [2017]
シュナン・ブラン 100%
(スワートランド)
Alc. 12.8%
パールドバーグにある樹齢38年のブッシュ・ヴァインの古木のブドウから作られています。畑は風化した花崗岩土壌です。花崗岩土壌のシュナン・ブランは、ワイナリーを立ち上げて以来ずっと関わって来ましたが、今回が初めての単一品種での瓶詰めとなりました。他のワインと同様につくりはとてもシンプルで、全房のままバスケットプレスにて圧搾し、オークの古樽にて醗酵させます。ワインはとても明るく透き通った印象をあたえ、ノーズにはスグリ、甘いハーブや藁を感じることが出来ます。
Man in the Moon 2017
マン・イン・ザ・ムーン [2017]
クレレット・ブランシュ 100%
(ステレンボッシュ)
Alc. 11.94%
クレレット・ブランシュはウェスタン・ケープではとても長い歴史を持つブドウですが、今日では単一品種でワイが作られることは珍しくなりました。畑はステレンボッシュ地区のポルカドラーイの丘にあり、樹齢35年です。ブドウは除梗してスキンコンタクトするものと、全房プレスするポーションに分けられ(約50%ずつ)、そえぞれ古いオーク樽にて醗酵させます。フルーツ感が表に出て薫り高く、焦げた砂糖、白ネクタリン、オレンジの花、ルイボスの葉、甘いハーブのトーンがしっかりした骨格の中に感じます。

Copper Pot Pinot Noir 2019
コッパー・ポット・ピノ・ノワール 2019
【キュヴェ】妻、ターシャの実家が営むホテル専用に造られた、まさに「お食事と楽しむワイン」。
【品種】ピノ·ノワール100%
【産地】オーヴァーバーグ地域の内陸の山間  【気候】冷涼
【土壌】粘土、頁岩、石英、砂岩、クオーツなどが入り組んだ層で鉄分などの鉱物類を多く含み変化に富む
【収穫】早摘みにより品種特性である酸をしっかり残す  【全房使用率】60~80%
【発酵】軽いパンチングダウンとポンピングオーバーにて優しく抽出しながら、野生酵母による自然発酵を促します。
【スキンコンタクト】18日間
【熟成】小さなフレンチオーク古樽にて9カ月間
【アロマ】赤い果実や柑橘類の皮、柔らかなハーブのニュアンス、シナモンなど非常にアロマティック。
【味わい】口に含むと美しい酸とふくよかで細かいタンニンがバランスよく口中に広がり、赤いベリーやレモンの皮などの
     ニュアンスを伴いながら凝縮した果実味を存分に楽しめます。フィニッシュには乾いたスパイスと共に土の印象
     を感じられます。
アルコール度数:13.0%
Tin Soldier Semillon 2015
ティン・ソルジャー・セミヨン [2015]
セミヨン・グリ 100%
(スワートランド)
Alc. 12.74%
ティン・ソルジャーはセミヨン・グリのみを使いスキン・コンタクト醗酵させた非常にユニークなワインです。樹齢5年の若いヴァインは隣接する1964年植樹の畑からマサルセレクションされました。
ワインの色は果皮からくる、明るい銅色を帯びています。このワインのではセイヴォリーと甘みの巧みな相互関係がキーです。乾いていてデリケートで同時に芳醇さの芯と深みがあります。清澄および濾過はしていません。
Rocking Horse Cape White 2015
ロッキング・ホース・ケープ・ホワイト [2015]
ルーサンヌ 23%(ステレンボッシュ)
シュナン・ブラン 22%(パールドバーグ)
セミヨン・ブラン 21%(フランシュック)
クレレット・ブランシュ 17%(ステレンボッシュ)
シャルドネ 17%(ステレンボッシュ)
Alc. 13.54%
ロッキング・ホースはソーン&ドーターズの基盤となるワインです。名前は娘たちのために古樽から作ったロッキング・ホース(揺り木馬)からとりました。早めに摘んだブドウは全房のままプレスします、果汁には極力手を加えず古樽にて自然醗酵させます。アロマにはライムの葉、白桃、エキゾチックな木片、甘い乾燥ハーブを、パレットではしっかりとした酸を焦げた砂糖やオレンジの花、ルイボスの葉の香りをまとった優しいタンニンがサポートします。
 
  

ソーン・ドーターズとは

 
 

詳細・歴史

ステレンボッシュのテレマ、エルギンのアイオナ、へメル・アン・アルド・ヴァレーのデ・デュー等でワイン造りに携わってきたジョン・セコムが満を持して妻ターシャと2012年に立ち上げたワイナリーです。本物のワインを作り上げるため、世界中を旅した二人は、愛するウエスタンケープの空気と太陽をワインにそそぎ込みます。長いワインの歴史を持つこの地の自然に沿い、それを表現出来るようなシンプルで、正直で、ジェントルに、そして決してシャウトすることのない、優しく物語るワイン造りを目指しています。
 

35年~70年の高樹齢の畑を所有する栽培農家と契約し、2種類のワインを生産しています。ティン・ソルジャーは史実をふまえ、100年ほど前この地域にセミヨンが多く植えられていたことから、セミヨンブランとその自然亜種セミヨングリの古木から得られる果汁を一緒に醸造してみたらというアイデアから生まれました。

また、古い歴史を持つ畑に、ウエスタンケープでは新しい品種(例えばルーサンヌ)を植え、その果汁をブレンドすることにより新しいスタイルのワインを作ることにも挑戦しています。その結果生まれたのがロッキング・ホースです。
 

醸造

 それぞれの畑で、その収穫に最も適したタイミングを見極めることを重要視しています。また、アルコール度数の強いスタイルのワインは求めていないので、糖度バランスにも非常に気を使います。区画ごとに収穫された葡萄は直ちに醸造所へ送られ、プレス後のジュースには酵母やSO2等の添加は一切されません。その後、状態に応じて228Lから600Lの樽(4~8年使用・ブルゴーニュ)に振り分けられマロラクティック発酵までを行います。新樽は一切使用しません。発酵が終わったことを確認後に少量のSO2を添加し、瓶詰されます。

 

Wine Shop WINEHOLIC