ラール・ワインズ Rall Wines骨格のしっかりとしたエキスの詰まったワインで魅力的な味わいが何より目を引きます。現地ではリリース直後に完売になるため世界中で引っ張りだこです。
醸造家としてのセンスは南アフリカ一と言っても良くどうも人垂らしとも言えるような
愛想の良さがあり醸造を任されることが多い。
ラールの2016年は早摘みをしたようで今までになく酸が見事に感じられ表情が全然違います。スタイルの変化が今後大きく期待させる出来映えです。

ラールが醸造を手がけるワイン
クラウズ・エステート
フュールバーグ
カレンダー・ピーク
ラール・ワインズ1 Rall Wines骨格のしっかりとしたエキスの詰まったワインで魅力的な味わいが何より目を引きます。現地ではリリース直後に完売になるため世界中で引っ張りだこです。
醸造家としてのセンスは南アフリカ一と言っても良くどうも人垂らしとも言えるような
愛想の良さがあり醸造を任されることが多い。
ラールの2016年は早摘みをしたようで今までになく酸が見事に感じられ表情が全然違います。スタイルの変化が今後大きく期待させる出来映えです。

ラールが醸造を手がけるワイン
クラウズ・エステート
フュールバーグ
カレンダー・ピーク
ラール・ワインズ2 Rall Wines骨格のしっかりとしたエキスの詰まったワインで魅力的な味わいが何より目を引きます。現地ではリリース直後に完売になるため世界中で引っ張りだこです。
醸造家としてのセンスは南アフリカ一と言っても良くどうも人垂らしとも言えるような
愛想の良さがあり醸造を任されることが多い。
ラールの2016年は早摘みをしたようで今までになく酸が見事に感じられ表情が全然違います。スタイルの変化が今後大きく期待させる出来映えです。

ラールが醸造を手がけるワイン
クラウズ・エステート
フュールバーグ
カレンダー・ピーク
ラール・ワインズ3 Rall Wines骨格のしっかりとしたエキスの詰まったワインで魅力的な味わいが何より目を引きます。現地ではリリース直後に完売になるため世界中で引っ張りだこです。
醸造家としてのセンスは南アフリカ一と言っても良くどうも人垂らしとも言えるような
愛想の良さがあり醸造を任されることが多い。
ラールの2016年は早摘みをしたようで今までになく酸が見事に感じられ表情が全然違います。スタイルの変化が今後大きく期待させる出来映えです。

ラールが醸造を手がけるワイン
クラウズ・エステート
フュールバーグ
カレンダー・ピーク
  骨格のしっかりとしたエキスの詰まったワインで魅力的な味わいが何より目を引きます。現地ではリリース直後に完売になるため世界中で引っ張りだこです。
醸造家としてのセンスは南アフリカ一と言っても良くどうも人垂らしとも言えるような
愛想の良さがあり醸造を任されることが多い。
ラールの2016年は早摘みをしたようで今までになく酸が見事に感じられ表情が全然違います。スタイルの変化が今後大きく期待させる出来映えです。
 
ラールが醸造を手がけるワイン
Cinsault Blanc  2017
サンソー・ブラン [2017]
【品種】サンソー・ブラン:おそらく1930年代にサンソー・グリから突然変異を起こしたもので、南アフリカで唯一の畑(品種)で、かつてはブランデー用として栽培されていました。
【産地】ウェリントン  【畑面積】僅か0.2ha  【植樹】1989年
【醸造】72時間の浸漬のち、アンフォラにて醸造と熟成、9カ月間
【アロマ】ライムなどの爽やかな柑橘類、黄色いプラム、アーモンドなど複雑ながらエレガントで美しいブーケ
【パレット】骨格のしっかりした酸味が、レモングラスのニュアンスを伴いながら丸みを帯びた旨味と溶け合う。
アルコール度数:10.5%
Rall White  2019
ラール・ホワイト [2019]
シュナン・ブラン、ヴェルデホ、シャルドネ、ヴィオ二エのブレンド。主にスワートランドのブドウ、一部ステレンボッシュのものを使用。真砂土に小石が混ざった土壌。除梗・非除梗は品種によって選択します。その後フレンチオーク樽に移し硫黄のみ添加。自然酵母で発酵させます。品種によってですが、3~9か月かかります。そのままワインは10か月間シュールリーにしつつバトナージュをします。そのブレンドし瓶詰します。収穫のタイミングが良く、凝縮感がありながらもPHは低め、シュナン・ブラン由来の強固なミネラルが核となります。ヴェルデホ由来のフレッシュな酸とヴィオ二エな味わいがシーフードやアジア系料理とおもしろいマリアージュをします。
Tasting Note
Rall Red  2019
ラール・レッド [2019]
シラーとグルナッシュのブレンド。スワートランドの畑から。シラーは頁岩、グルナッシュは砂質土壌。除梗・非除梗はその時々で変えます。醗酵は何も加えず3~5日後に自然に始まり3か月くらいかけます。醗酵が始まると最初の1週間は柔らかいバトナージュを1日に2回行い、その後は数日に1回、果帽が乾燥しないように行います。適度な抽出具合になったら、バスケットプレスします。その後2年目のフレンチオーク樽で22か月。無濾過・無清澄で瓶詰します。目標はこの大変ドライなスワートランドの地にあってフレッシュでデリケートな赤を造るということでした。それは新樽を使わず熟した茎を入れることでストラクチャーとフレッシュ感の両方を取り出すということです。結果としてワインは芳香豊かになり味覚にも香りにも紫の果実味を感じるようになりました。凝縮感がありながらもシルキーなタンニンがよく調和しています。シスト土壌のシラーからミネラル感のあるフィニッシュさとともになめらかな舌触りが楽しめます。

Grenache Blanc 2017
グルナッシュ・ブラン [2017]
グルナッシュ・ブラン100%。シトラスダルの標高700mの風化した砂岩土壌。手摘みで収穫後、低温に保たれた部屋にて一晩置き、翌朝セラーへ運びます。80%のブドウは全房をプレスし、卵型コンクリートタンクで醗酵、熟成します。残りの20%は除梗し、5日間、開放ステンレスタンクで皮ごと自然醗酵しプレス後、仏古樽で醗酵を完了させます。醗酵には酵母などの添加は一切行いません。7カ月間滓と共に寝かせた後、ブレンド、軽く(または無)ろ過し、瓶詰します。ドノヴァン氏は数年、彼が手掛ける他のプロジェクトでグルナッシュ・ブランを取り扱ってきましたが、数年に渡り、フレッシュで塩味が魅力的なワインを生み出すこの畑に注目してきました。ラールのプロジェクトとしては初めての単一品種のワインです。海風を感じるような深い塩味、黄色の核果、白い花や歯ごたえのある白桃、生き生きしてフレッシュ、ダスティーで複雑なミネラルを感じる、奥深い味わいです。南アフリカで伝統的に造られるグルナッシュ・ブランよりも軽やかで繊細な仕上がりになっています。アルコール度数12.4% 「真に感動的な、グルナッシュの最高傑作。」グレッグ・シャーウッドMVより。
Ava Syrah 2019
エヴァ・シラー [2019]
【土壌】主にシストで、斜面の上部へ行くほどクオーツが含まれる  
【畑】斜面に面した単一畑
【樹】古木のため3本の樹から2房しか収穫できない
【全房使用率】60%  
【発酵】野生酵母による自然発酵で、足で優しくピジャージュを行う
【熟成】フレンチオーク樽使用
【テイスティングノート】
シスト土壌由来の骨格のしっかりしたタンニンがあり、通常なら10~20年寝かしてから楽しめるほどの高いポテンシャルですが、ラール氏の卓越した醸造技術により、豊かな果実味と美しい酸とそのタンニンの骨格が見事に融合しており、今飲んでも十分に楽しめる銘醸シラーです。
アルコール度数:13.5%
Cinsault 2017
サンソー [2017]
サンソー100%。ダーリンの砂質土壌。手摘みで収穫後、早朝にセラーへ運びます。100%全房醗酵後、足によるピジャージュを1日1度、8日間スキンコンタクトを行い、プレス、フランス産大樽へ移され、醗酵を完了します。醗酵は酵母など添加物を加えることなく、自然醗酵を促します。7カ月樽で寝かせた後、ブレンド、軽く(または無)ろ過し、瓶詰します。ラール氏は、シュナン・ブランが南アフリカを代表する白ブドウであるのと同様に、サンソーは赤ブドウを代表するに値する価値のある品種だと考えます。この土壌のように、まだ発見されていないサンソーの古樹が植わる区画はたくさん眠っているそうです。軽やかでとても繊細な赤ワインですが、ジューシーな果実の非常に豊かな風味と複雑味、爽やかな酸味が美しいワインです。アルコール度数13.6%。

Rall White 2016
ラール・ホワイト[ 2016]
シュナン・ブラン、ヴェルデホ、シャルドネ、ヴィオ二エのブレンド。主にスワートランドのブドウ、一部ステレンボッシュのものを使用。真砂土に小石が混ざった土壌。除梗・非除梗は品種によって選択します。その後フレンチオーク樽に移し硫黄のみ添加。自然酵母で発酵させます。品種によってですが、3~9か月かかります。そのままワインは10か月間シュールリーにしつつバトナージュをします。そのブレンドし瓶詰します。収穫のタイミングが良く、凝縮感がありながらもPHは低め、シュナン・ブラン由来の強固なミネラルが核となります。ヴェルデホ由来のフレッシュな酸とヴィオ二エな味わいがシーフードやアジア系料理とおもしろいマリアージュをします。
Ava Chenin Blanc 2019
エヴァ・シュナン・ブラン  2019
【キュヴェ名】2017年に誕生した愛娘の名前を冠した、ラールのフラッグシップキュヴェ
【品種】シュナン・ブラン100%  【産地】スワートランドの南東エリア  【土壌】シスト(片岩)
【畑】単一畑  【樹齢】20年  【仕立て】ブッシュ・ヴァイン(株仕立て)  【全房使用率】100%
【醸造】フレンチオーク古樽にて野生酵母による自然発酵、熟成
【アロマ】洋ナシ、レモン、タルトタタン、ピーチなど華やかなアロマに加え、酵母のニュアンスやスパイスなどがほのか
     に香り、非常に豊かで複雑なアロマがとても魅力的です。
【味わい】ボリューミーで密度があり、オイリーな食感が特徴的です。絶妙な酸味、熟した果実のニュアンスとともに塩味
     も感じられ、ハチミツやタルトタタンが香る余韻が長く続きます。
【評価】2017年VTGはティム・アトキンMWの「南アフリカ・スペシャル・ワイン・レポート」において、「ホワイトワイン・ディ
    スカバリー・オブ・ザ・イヤー」及びシュナン・ブラン種における「ホワイトワイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞
アルコール度数:13.0%
 
 
  

ラール・ワインズとは

 
 

詳細・歴史

2008年に若いドノヴァン・ラール氏が西ケープ州の中でも、カルトワインのメッカであるスワートランドに設立し運営しているワイナリーで、年産僅か6000本です。手造りの赤白ワイン1種類ずつを地中海ブレンドで、極めてユニークで限りなく古い畑のブドウを使用し、極上のワインを少量造ることがモットーです。
 

スワートランドやステレンボッシュのブドウ生産者と密接に仕事をし、適切に熟しバランスがとれた果実を確保すること重要視しています。畑を選択するにあたって最も大切な要素は、土壌の質とブドウの樹齢です。現在のところ、この2つのワインには主にスワートランドの10か所の畑のブドウを使用しています。白には花崗岩ベース、赤には片岩ベースの畑です。

彼のポリシーである不干渉主義でワインを造るに当たって最も大切なことは、収量が少なく成長のバランスがよいブドウを選ぶことです。こうしたブドウは、補酸もせず、天然酵母のみ使用して造られます。
 

醸造

白は、小さなバスケット・プレスで全房のままプレスし、最小限の澱とSO2とともに樽に移します。発酵が自然に始まり、全体的に澱とともに10か月間熟成させ、その後ブレンドし、瓶詰をします。
赤は全房のまま抽出は最小限に留めつつ、果皮とともに2か月おいておきます。その後、白ワインと同じバスケット・プレスでプレスし、古いフレンチオーク樽に移し、22か月熟成させます。その後ブレンドし、瓶詰をします。

 

Wine Shop WINEHOLIC