テスタロンガ TestalongaTestalonga
南アフリカの自然派パイオニアと言われています。もともと化学肥料も農薬も法律で禁止されている南アフリカでは前提条件が優れているために今注目の存在です!
彼のワインは自然派でありながら嫌みのない実に透明感に溢れながら
果実の凝縮した素晴らしいワインです。
若い時期は一部のキュヴェは硬い場合がありますが、少し待てば多くの魅力を発し始めます。
それは最もリーズナブルなワインを飲めばよく分かります。
彼の写真を見れば分かりますが、優しくふくよかでありながら切れをもったワインです。
テスタロンガ1 TestalongaTestalonga
南アフリカの自然派パイオニアと言われています。もともと化学肥料も農薬も法律で禁止されている南アフリカでは前提条件が優れているために今注目の存在です!
彼のワインは自然派でありながら嫌みのない実に透明感に溢れながら
果実の凝縮した素晴らしいワインです。
若い時期は一部のキュヴェは硬い場合がありますが、少し待てば多くの魅力を発し始めます。
それは最もリーズナブルなワインを飲めばよく分かります。
彼の写真を見れば分かりますが、優しくふくよかでありながら切れをもったワインです。
テスタロンガ2 TestalongaTestalonga
南アフリカの自然派パイオニアと言われています。もともと化学肥料も農薬も法律で禁止されている南アフリカでは前提条件が優れているために今注目の存在です!
彼のワインは自然派でありながら嫌みのない実に透明感に溢れながら
果実の凝縮した素晴らしいワインです。
若い時期は一部のキュヴェは硬い場合がありますが、少し待てば多くの魅力を発し始めます。
それは最もリーズナブルなワインを飲めばよく分かります。
彼の写真を見れば分かりますが、優しくふくよかでありながら切れをもったワインです。
  南アフリカの自然派パイオニアと言われています。もともと化学肥料も農薬も法律で禁止されている南アフリカでは前提条件が優れているために今注目の存在です!
彼のワインは自然派でありながら嫌みのない実に透明感に溢れながら
果実の凝縮した素晴らしいワインです。
若い時期は一部のキュヴェは硬い場合がありますが、少し待てば多くの魅力を発し始めます。
それは最もリーズナブルなワインを飲めばよく分かります。
彼の写真を見れば分かりますが、優しくふくよかでありながら切れをもったワインです。
El Bandito Skin Contact Chenin Blanc 2015
エル・バンディート・スキン・コンタクト・シュナン・ブラン [2015]
スワートランドの高樹齢のシュナン・ブラン100%で造られています。収穫は全て手摘みで、全房30%、除梗70%をプラスチック瓶にて発酵を起こします。古いフレンチオークに写し、20日間スキンコンタクトで成熟の後、別の10年使われたフレンチオークに移されます。清澄、フィルター無し。
El Bandito Cortez Chenin Blanc 2015
エル・バンディート・コルテーズ・シュナン・ブラン [2015]
スワートランドの高樹齢のシュナン・ブラン100%で造られています。収穫は全て手摘みで、全房30%、除梗70%をプラスチック瓶にて発酵を起こします。古いフレンチオークに写し、20日間スキンコンタクトで成熟の後、別の10年使われたフレンチオークに移されます。清澄、フィルター無し。
El Bandito Sweet Cheeks 2015
エル・バンディート・スウィート・チークス [2015]
1960年代に植樹されたブッシュヴァインのマスカット·オブ·アレキサンドリア100%で造られた、最もフローラルな香りに富んだワインです。元来食用として楽しまれている品種ですが、以前スキンコンタクトで試作してみたところ、面白い出来となったことから、スキンコンタクトに向いた、果皮も熟す良年のみワイン造りをします。手摘みにて収穫後、100%除梗にて発酵、21日間スキンコンタクトの後、古樽で熟成させます。

El Bandito Lords of Dogtown Exclusive 2015
エル・バンディート・ローズ・オブ・ドックタウン・エクスクリュジブ [2015]
新しく、テスタロンガ自身が友人と共同で購入、手入れをしている2hの畑で、1981年に植樹されたブッシュヴァインのシュナンブラン100%です。この畑はもともと手入れがされずに放置されたままの状態でしたが、丹念に手入れを施し、ごく少量、小さくはありますが非常に美しいブドウが実るようになりました。手摘みにて収穫後、全房圧搾の後ブルゴーニュ古樽に移し、熟成させます。初リリースの今ヴィンテージは南アフリカと日本のみの限定販売で、次のヴィンテージでは更に実りが増えることを願っています。
 
  

テスタロンガとは

 
 

詳細・歴史

スワートランドの“ラマーシュック”という、南アフリカにおいてナチュラルなワイン造りのパイオニアとして一躍したワイナリーで、醸造責任者として働いていたクレイグ·ホーキンスが2008年、満を持して独立を果たした自身のワイナリーです。拠点を置くパードベルグと同地区に、花崗岩で構成される11haの土地を借り、ビオロジック栽培でシュナン·ブランを栽培するほか、信頼できる農家のブドウを購入したり、共同で畑のケアをするなどしてワインを造っています。毎年ブドウやワインの出来のイメージによってエチケットや名前を変えるなどしており、自身の持つインスピレーションに忠実にワイン造りをする天才肌で、ヨーロッパやイギリス等、各国のナチュラルなワインのマーケットで注目を集めている生産者です。

栽培・醸造

信頼するブドウ農家からの購入や、知人の農家も巻き込んで、西ケープ州に点在する放置された高樹齢の畑を借り、自身で耕作し復活をさせるなどして、有機栽培のブドウを採用しています。ブドウがワインになってゆくプロセスを最小限の干渉で見守り、その年の出来を最大限に生かすワインを造り出します。全ての工程において添加するものは何も無く、条件の良いヴィンテージでは、瓶詰め時のSO2も添加しません。

 

Wine Shop WINEHOLIC